プロミスの利用に年齢はどう影響する?年齢制限でプロミスを使えない場合は?

この記事はプロミスを検討している人で、自分の年齢を気にしている人のために書きました。

消費者金融の利用には年齢制限がありますが、年齢によって審査の内容は変わってくるのか、プロミスを例に解説します!

また年齢制限でプロミスを借りられない人のためのアドバイスも伝授!

プロミスを使える年齢は20~69歳

プロミスの申込条件は年齢20~69歳で安定した収入がある人となっています。

まずは、申し込み条件としての年齢について詳しく解説します。

申し込みにはっきり条件が決まっているのは年齢だけ

数字で明確に条件が定められているのは年齢だけです。

仮に19歳以下や70歳以上で安定した収入があったとしても、年齢が条件から外れているのでプロミスを申し込むことはできません。

未成年と70歳以上はプロミスに申し込めない

19歳以下は、つまり未成年です。

一般的に未成年は自分ひとりでは契約を結べず、親権者の同意が必要になります。

しかしプロミスなど消費者金融では、親権者の同意があっても申し込み契約は結べません

70歳以上が契約できないのは、高齢のため返済能力に不安のある人が割合として多いからです。

すでに仕事を退職していたり、収入が年金のみだったりすると返済能力が低く、消費者金融にとってはリスクのある貸し出しといえるのです。

年齢以外にプロミスの申し込み条件はない

申し込み条件の年齢であれば、プロミスに申し込むことは可能です。

20歳になってすぐの人でも、70歳になる直前の人でも、どちらも変わらずプロミスに申し込めます。

それ以外に必要な申し込み条件はありません。

収入が安定しているかどうかを審査される

収入については、申し込み後の審査でしっかりチェックされます。

その方法は、借入額に応じて収入証明書が必要になったり、職場の在籍確認が行われたりといったものがあります。

この審査をパスして、プロミスからお金を借りることができるのです。

在籍確認について詳しくは「キャッシングの在籍確認の内容とは?いつどうやっておこなわれるの?」をご覧ください。

年齢が低いとプロミスの審査に影響はあるのか

プロミスは20歳から申し込めますが、申し込めるようになったばかりの年齢では、審査に影響はあるのでしょうか。

ここでは、若い人におけるプロミスの審査について解説していきます。

20代前半くらいはまだ収入が安定しているとはいいにくい

プロミスをはじめ消費者金融の審査では、安定した収入があることが大切です。

働き始めてまだ間もない20代前半ごろは、まだ収入が安定しているとはいえない人が多くいます。

給料の額がまだ低いことや、転職して仕事を変える人も多いためです。

あまり高額な借り入れは審査に通らない可能性が高いといえます。

20代後半以降は一定の返済能力があると見なされる年齢

20代も後半になってくると、仕事歴もある程度の長さになるので、収入も安定してきたといえます。

20代前半に比べるとプロミスの審査にも通りやすくなっているので、少し高めの借り入れを希望しても通りやすくなるでしょう。

これが30代、40代と年齢が上がっていくごとに、さらに返済能力が高まっていくと見なされていきます。

ローンやクレジットカード返済の経験がないと返済能力が証明できない

20代前半のうちは、ローンやクレジットカードの利用経験が少ない時期です。

ローンやクレジットカードの利用経験は、スムーズに返してトラブルがなければ、その人の返済能力の証明になります。

ローンやクレジットカードを使ったことがなければトラブルも起きませんが、返済実績もないということなので、プロミスも審査で返済能力をしっかりとチェックします。

未成年は親権者の同意があっても借り入れできない

プロミスは申し込み可能な最低年齢を20歳以上としているので、19歳以下の未成年は借り入れできません

どんなに収入があっても申し込めないので、未成年の人は20歳になるまで待つか、学生ローンなどほかの方法を検討しましょう。

年齢が高いとプロミスの審査に影響はあるのか

反対に年齢が高くなると、どのような影響がプロミスの審査に出るのでしょうか。

ここでは、高齢者におけるプロミスの審査について解説していきます。

30~40代は働き盛りで返済能力がもっとも充実している年代

働き盛りと呼ばれる30〜40代の人は、10年以上の社会人経験からくる収入の安定によって、もっとも審査に通りやすい年齢といわれています。

住宅ローンなど高額なローンを組み始めるのもこの年代が多いので、返済能力が非常に高いのです。

50代以降になると病気のリスクなどが出てくる

50代に入って中高年と呼ばれる年齢層になると、生活習慣病や大病など、生活に支障が出るレベルの病気のリスクが高まります。

住宅ローンのような高額な借り入れではそうしたリスクも込みで審査されますが、プロミスなど消費者金融では、現時点で病気になっていなければ、そこまでリスクとは見なされないでしょう。

年齢が高くなるほど返済能力は下がっていく

若い頃は20代、30代と年齢が上がっていくにつれて収入も多くなり、返済能力が高くなっていきます。

しかし、50代から60代とさらに年齢が高くなると、収入も頭打ちになり病気のリスクなども出てくるので、返済能力が下がる場合もあるのです。

高い収入を維持していれば審査に通過するかもしれませんが、よほど重要な理由がない限り、高齢になってからの消費者金融の借り入れは、あまり無理のない金額にとどめておきましょう。

収入が年金だけでは審査に落ちる可能性が高い

消費者金融の審査において、年金は収入と見なされません

収入が年金だけの人は消費者金融から見ると無収入になるので、審査に通ることはまずないでしょう。

年齢制限でプロミスを使えない人がお金を借りるには

プロミスの年齢制限に引っかかってしまう19歳以下の人と70歳以上の人は、お金が必要になったらどうすればいいのでしょうか?

いちばんおすすめなのは親や親族、友人などに借りることですが、中には近しい人にお金を借りたくないという人もいるでしょう。

ここでは、年齢制限でプロミスに申し込めない人がお金を用意する方法について解説します。

クレジットカードのキャッシング枠を使う

クレジットカードのキャッシング枠とは、クレジットカードで現金を借りられる機能のことです。

支払い以外で急に現金が必要になったときに役立ちます。

クレジットカードはカードローンとは異なり、18歳から申し込めるところも多いため、未成年でもカードを持っていればキャッシング枠でお金を借りることができるのです。

あらかじめクレジットカードを持っており、そのカードにキャッシング枠が設定されている必要があるので、その条件を満たしていない場合は、クレジットカードのキャッシング枠でお金を借りることはできません。

クレジットカードのキャッシング枠について詳しくは「クレジットカードのキャッシング枠とは?仕組みや注意点まで徹底解説」をご覧ください。

19歳以下の人も借りられる学生ローン

学生ローンは、その名の通り学生専用のカードローンです。

学生が使えるように、未成年でも利用することができます

奨学金と違って学生ローンは利用目的が決まっていないので、借りたお金は自由に使えるのもメリットです。

親やアルバイト先へ知られない対策も整っているので、バレる可能性も低くなっています。

学生ローンについて詳しくは「学生におすすめの消費者金融はどこ?5大消費者金融を比較」をご覧ください。

一部のカードローンは70歳以上も申し込みできる

プロミスなど消費者金融をはじめ、多くのカードローンは70歳以上の申し込みを受け付けていません。

ただし、銀行系を中心に一部のカードローンは70歳以上でも利用できるサービスを提供しています。

おもにセカンドライフ向け、資産運用向けといった高齢者向けの名前がついていることが多いので、探してみましょう。

公的機関の融資を利用する

民間の消費者金融のほかに、公的機関による融資制度があります。

このうち、若者や高齢者でも利用できる制度を紹介します。

生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸付制度は、低所得者や高齢者、障害者世帯の生活を支えて在宅福祉と社会参加をうながすための制度です。

低所得者や障害者、支援が必要な高齢者の世帯という条件があるため、誰でも利用できるわけではありません

若者が利用するには低所得者か障害者の世帯が条件となります。

年金担保融資制度

年金担保融資制度は、国民年金や厚生年金を担保として融資を受けられる制度です。

年金受給者、つまり高齢者に限って使える制度なので、若者は使うことができません。

年金は一定期間ごとに定められた金額が受給される制度ですが、この融資制度を使うとまとまった金額を手に入れることができるのがメリットです。

公的機関からの借り入れについて詳しくは「お金を借りる最終手段は公的機関?カードローン?~安全にお金を借りる」をご覧ください。

年齢詐称は通用しないので絶対にやめよう

消費者金融や公的融資のいずれも、定められた年齢制限に合わないからといって年齢詐称をすることは絶対にやめましょう

どんな契約でも年齢を含む本人確認はしっかりと行われるので、年齢詐称はほぼ確実にバレてしまいます。

年齢詐称をした申込者には一方的な契約解除が可能なので、むしろその後の申し込みも含めてお金を借りられる可能性がゼロになってしまうかもしれません。

年齢が審査に与える影響の解決策

年齢によって人それぞれ置かれている状況が変わるので、プロミスなど消費者金融の審査でも、何らかの影響があるといえます。

そこで、どの年齢でも役立つ審査対策を解説します。

プロミスの申し込み年齢制限

プロミスに申し込める年齢は20〜69歳です。

アコムやアイフルなどほかの大手消費者金融も同じで、申し込み可能年齢は20〜69歳としています。

年齢が審査に影響を与えるかどうかが公表されていない

申込者の年齢が審査にどう影響するかは、プロミスからの公式な情報はありません。

年齢制限は、申込者を安定した返済能力を持っている年齢範囲に絞るためのものといえます。

審査に通るためには、年齢よりも安定した返済能力を身につけることのほうが大切でしょう。

プロミス

プロミス 新キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン

安定した収入をつくる

安定した返済能力を身につけるためには、収入を安定させることが必要です。

同じ職場で一定期間以上働いて、給料をもらい続ければ収入が安定しているといえます。

あまり無理のある返済プランにしない

融資希望額も審査に通るかどうか重要なポイントです。

収入に対して融資希望額が高すぎると返済の負担が大きくなるので、プロミスに貸し倒れるリスクが高いと見なされてしまいます。

貸し倒れのリスクを減らすには融資希望額を低めにして、無理のない返済プランにすることです。

返済中に年齢制限を超えても大丈夫

年齢制限の上限である69歳は、申込時の年齢となります。

69歳で融資を受けて返済中に70歳になっても、その融資に対して遅延なく返済できていれば、何も問題はありません。

次回の契約は受け付けてもらえない

69歳の時に借りた融資を70歳以降で完済したら、それ以降プロミスで借りることはできません。

年齢制限を超えてしまっているからです。

さらにお金を借りたい場合は、70歳以上でも申し込めるカードローンなどを検討しましょう。

まとめ

年齢はプロミスの利用において、唯一はっきりと数字で定められた利用条件です。

そのため、申し込める・申し込めないがきちんと分かれます。

その一方で、年齢は審査にそれほど大きな影響はないと思われます。

若者も高齢者も、プロミスを利用できるかどうかは安定した収入があるかどうかなのです。

プロミスを利用できない年齢の人は、利用できる年齢まで待つか、他のサービスの利用を検討しましょう。