プロミスの契約はWEB完結がおすすめ!審査の流れ・時間・必要書類も解説

この記事は、プロミスを契約する流れを知りたい人のために書きました。

プロミスで契約するなら、WEB申し込み(フル入力)+WEB契約の「WEB完結」をおすすめします!

この方法で契約をすると借入・返済方法をローンカード以外から選択できるし、必要書類の提出や契約書類の締結のために無人契約機や窓口へ来店する手間が省けます

今回はすごいカード相談所が、プロミスの契約にまつわる以下の内容をまとめました。

  • どうしてWEB完結での契約がおすすめなのか
  • プロミスのWEB完結で契約する流れ
  • 当日契約できる締め切り時間
  • プロミスの必要書類と提出方法
  • 土日祝の在籍確認の注意点
CHECK

プロミスで即日契約&融資を希望しているなら、絶対にWEB完結を選択してください!
更に借入方法を「振込融資」にすれば、一部銀行ならは24時間いつでも10秒でお金が振り込まれますよ♪

プロミス契約はWEB完結がおすすめ!来店の必要なし

プロミスカードローンの申し込み方法は「WEB」「電話」「来店」「郵送」の4種類があり、選択した申し込み方法によって「契約方法」が変わります

プロミスの審査の流れの中で、申し込み方法によって異なるポイントを比較しました。

WEB電話来店郵送
契約方法WEB/来店来店来店郵送
連絡方法メール/電話電話電話電話
本人確認電話回避OKありありあり
即日審査×
所要時間最短1時間最短1時間最短1時間数日

WEB申し込みは契約方法を「WEB契約」と「来店契約」の2種類から選択OK、連絡方法も基本は電話を選択しない限り全てメールになります。

WEB申し込みフォームを選べば本人確認電話も回避できるし、申し込み時間さえ気を付ければ最短1時間で即日審査ができます。

プロミス契約はWEB完結がおすすめ!スマホだけで借入できる

プロミスで契約するなら、「WEB申し込み(フル入力)→WEB契約」の「WEB完結」がおすすめ!!

「フル入力」でWEB申し込みをすれば面倒な手間は全て省け、本人確認の電話も回避できます。

そしてフル入力の申し込みフォームの中で「WEB契約」を選択すれば、契約やカード発行のために無人契約機へ来店する手間が省け、スマホだけでお金が借りられます

プロミスのWEB完結の流れを解説~フル入力&WEB契約が一番楽~

プロミスのWEB完結で契約するなら、申し込みフォームは「フル入力」申し込みフォームに記載する契約方法は「WEB契約」を選択してください!

「WEB完結」の場合の申し込みから審査までの流れは、以下の通りです。

プロミスの「WEB完結」契約の流れ
  1. WEB申し込みの「フル入力」で35項目を入力
  2. フォーム内で必ず「WEB契約」「連絡はメール」を選択
  3. 一次審査の結果がメールで届く
  4. 必要書類をアップロード
  5. 職場への在籍確認
  6. 二次審査の結果がメールで届く
  7. 貸付金額と契約利率の案内
  8. 契約書類の締結
  9. 希望の方法で借入(キャッシング)

プロミス契約における「審査」に関する注意ポイントなどは、以下のページで詳しく紹介しているので参考にしてください。

WEB申し込みフォームは「フル入力」!本人確認の電話を回避できる

プロミスのWEB申し込みフォームは、「カンタン入力」と「フル入力」の2種類から選択できます。

「フル入力」は入力する項目が35項目と多いものの、ここさえクリアすればあとはメールでやり取りするだけ!

本人確認の電話もないし、あとはプロミスに任せっぱなしで審査に入ることができるのでおすすめです。

「カンタン入力」は入力する項目が17項目のみ、あとはプロミスのコールセンタースタッフから細かい項目のヒアリングがあります。

相談しながら申し込みできるというメリットがあるものの、10分くらい電話で話さなきゃいけないしその内容を誰かに聞かれる可能性もあります。

プロミスのフル入力とカンタン入力の違いについて、詳しくは「プロミスの2種類あるWEB申込方法はどっちがいい?【体験談あり】」をご覧ください。
本人確認の電話の回避方法について、詳しくは「プロミス審査中の電話確認は何回?会社への電話回避できる?」をご覧ください

プロミスの「WEB契約」は借入返済方法を選択できる

プロミスのWEB申し込みフォームには、「ご希望の契約方法」を選択する項目があります。

「WEBでご契約」を選択すると、契約やカード発行のために来店する必要がありません。

それに借入方法や返済方法を、ローンカード以外から選択することができます◎

WEB契約の借入・返済方法
  • 借入(振込融資/アプリローン/ローンカード)
  • 返済(口座振替/アプリローン/ローンカード)

額に「来店でご契約」を選択すると、ローンカードでの借入・返済に限定されます。
更に無人契約機で二次審査の結果待ちをすることになるので、待ち時間がかかります。

CHECK

借入・返済方法は後日変更することはできますが、即日融資を希望しているなら最低限借入方法を申し込みの時点で決めておきましょう。
ローンカードの発行は来店する手間があるため、即日融資を希望するなら振込融資をおすすめします。

プロミスで即日契約できる時間~20時までに申し込み完了~

プロミスのWEB申し込みは24時間いつでもOKですが、審査可能な時間は21時までと決められています。

ということは、即日契約&即日融資を希望するなら、21時までに審査を完了しないといけません!!

仮に21時を過ぎてからの申し込みだと、翌営業日の朝一の取り扱いになります。

「じゃあ具体的に何時までに申し込みを完了すればいいの?」

という意見に答えるべく、すごいカード相談所がプロミスに電話取材をしたところ、このような回答が得られました。

編集部
編集部

何時までに申し込みをすれば即日契約(即日融資)ができますか?

コールセンター
コールセンター

20時までのお申込み完了でしたら、即日のご融資が可能かと存じます。

ただし20時までの申し込みというのは、あくまで「即日契約&融資が可能な最終ライン」!

確実にプロミス当日契約するなら、18時までの申し込み完了が理想です。

プロミスは土日や遅い時間の場合、書類提出で在籍確認できるかも

プロミスは平日だけではなく、土日祝も20時までに申し込み完了すれば即日契約がでる可能性が高いです。

ただ、土日祝や平日の遅い時間は会社に誰もいないケースが多く、在籍確認が取り辛い傾向にあります

どうしてもその日のうちにお金を借りたいのに、会社に誰もいない状況だと契約できないですよね。

プロミスの在籍確認は「原則職場への電話確認」ですが、すごいカード相談所が電話取材をしたところ、このような証言を得ています。

編集部
編集部

プロミスは職場への電話でしか、在籍確認は取れないのでしょうか?

コールセンター
コールセンター

原則お客様の職場へ電話で在籍確認を取らせていただきますが、場合によっては書類提出での在籍確認をさせていただきます。

そう、土日祝や遅い時間で職場に誰もいない場合、書類提出での在籍確認ができる可能性があります!!

プロミスの書類提出での在籍確認の場合、本人確認書類(この後で解説します)の他に以下の書類が必要となるので念のため準備しておきましょう。

  • 健康保険証
  • 最新の源泉徴収票

プロミス契約の必要書類と書類提出方法

プロミス契約の審査時に提出する必要書類は、基本「顔写真つきの本人確認書類(運転免許証)」となります。

運転免許証がない人はパスポートとなりますが、パスポートもない場合は「健康保険証+住民票」などで対応が可能。

本人確認書類に記載されている住所と現住所が異なる場合、現住所が記載された「公共料金の領収書」や「社会保険料の領収書」の提出が必要となります。

この他、借入希望金額が50万円以上の場合、収入証明書(源泉徴収票や確定申告書など)の提出が必要となるので準備しておきましょう。

プロミス契約の必要書類について、詳しくは「プロミスの必要書類って?収入証明書を提出する3つのメリット【キャンペーン実施中】」をご覧ください
CHECK

プロミスでは借入金額を問わず収入証明書を提出すると、プロミスポイントが160ポイント付与されます!
貯まったポイントは提携ATMの手数料や無利息サービスの復活などに利用できるので、積極的に貯めることをおすすめします。

プロミスの書類提出方法は専用ページにアップロードするだけ

プロミスのWEB契約を選択した場合、審査で必要な必要書類は一次審査通過メールに記載されているURLからアップロードするだけ!

細かい部分が目で確認できるように注意をして、撮影をするだけでOKです。

来店契約でローンカードを発行する人は無人契約機で必要書類を読み取ることもできますが、本人確認書類を提出してから二次審査通過まで無人契約機内で待たなくてはいけません。

時間のロスにしかならないので、WEB契約を選択してスマホでアップロードをすることをおすすめします。

プロミス契約するならWEB完結!まずはフル入力で申し込みを

プロミスの契約が一番手軽なのは「WEB完結」!!

WEBの「フル入力」で申し込みをすれば本人確認の電話も回避できるため、周りに会話内容を聞かれる心配もありません

更に審査完了までプロミス任せでメールチェックさえすればOKなので、仕事の片手間でお金を借りられます。

そしてフル入力のフォーム内で「WEB契約」を選択すれば、借入・返済方法を自由に選択できるだけではなく、カード発行の手間を省くことができます!

もちろんカード発行をすることもできるし、カードそのものを郵送で送ってもらうことも可能です。

プロミスは様々な選択肢があるからこそこんがらがってしまう人が多いですが、「フル入力」と「WEB契約」この2つさえ覚えておけば楽にプロミスの契約ができます。

プロミスは審査通過率上昇中!利便性は大手No1

近年のプロミスは審査通過率が上昇しており、比較的審査に通りやすい傾向にあります。

それに借入・返済の利便性は大手NO1、こんなにもサービスが充実しているんです♪

自社ATM借入も返済もOK(手数料無料)
三井住友銀行ATM借入も返済もOK(手数料無料)
口座振込・振替(※)借入も返済もOK(手数料無料)
コンビニマルチメディア端末返済のみOK(手数料無料)
提携銀行ATM借入も返済もOK
コンビニATM借入も返済もOK
アプリローン(セブン銀行ATM)借入も返済もOK

プロミスは、三井住友銀行・ジャパンネット銀行・三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行口座を登録すれば「瞬フリサービス」が適用!!

手数料無料で24時間いつでも10秒で振込融資を受けることができます◎

プロミスで契約しようかと考えている人は、まずは3項目だけ入力すれば借りられるかがわかる「3秒診断(簡易診断)」をしてみましょう!

そして「ご融資可能と思われます」と表示されたら、迷わずWEB申し込みをおすすめします♪

プロミス

プロミス 新キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン

CTA

クレカ大バナー

ローン大バナー