プロミスとアイフルの金利など全てを比較!初めてならプロミスがおすすめ

この記事は、プロミスかアイフルのどちらに申し込もうか悩んでいる人のために書きました。

消費者金融のプロミスとアイフルは、CMや電車広告でよくみかけるようにとても人気があります。

しかし、名前だけはよく目にしますが、実際にどのくらいの金利で、いくら貸してくれるのか?申込方法はどんな方法があるのか?など、しっかりと理解していますか?

ここでは、特に人気のある消費者金融のプロミスとアイフルの全てを徹底比較し、どちらを選べばいいかを検証していきます。

プロミスとアイフルを比較するとプロミスがおすすめ

プロミスとアイフル、両方とも人気のある消費者金融ですが、両社を比較すると金利やサービス展開など便利に利用できるのはプロミスと判断できます。

プロミスはSMBCグループということもあり、きめ細やかなところまでユーザー目線が行き届いており、借入のしやすさ、返済のしやすさなどが高い傾向にあります。

今回は実際にプロミスとアイフルの様々な部分について比較検討していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

プロミス 新キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン

プロミスとアイフルの金利で比較

それでは、プロミスとアイフルの金利を比較していきます。

金利は借入額+αで必ず支払わなければならないお金ですので、出来るだけ低金利で借入が出来る方が有利です

金利(実質年率)
プロミス4.5%~17.8%
アイフル3.0%~18.0%

最低金利を比較するとアイフル、最高金利を比較するとプロミスに軍配があがります。

単純に比較すると最低金利の低いアイフルを選んでしまいがちですが、実は選ぶべきはプロミスです。

プロミスもアイフルも、初めて利用する方は借入金額にもよりますが、ほとんどの方が最高金利を適用されます。

つまり、金利を比較する場合には最高金利が低い消費者金融を選ぶべきなのです。

結果、出来るだけ金利を抑えたい場合にはプロミスを選択するとよいでしょう

プロミスとアイフルの限度額で比較

プロミスとアイフルではどのくらいお金を借りることができるのか?気になりますよね。

プロミスとアイフルそれぞれの限度額について比較していきます。

借入限度額
プロミス1万円~500万円
アイフル1万円~800万円

プロミスが借入限度額500万円なのに対しアイフルは800万円となっていますので、限度額としてはアイフルの勝ちと言えるでしょう。

ただ、気を付けなければならないポイントとして、誰もが最大限度額の500万円や800万円を借りられるわけではありません

実は消費者金融でお金を借りる時には、総量規制といって年収の1/3までしかお金を借りることが出来ないという法律が定められています。

つまり、プロミスの最大限度額を借りるには最低1,500万円以上、アイフルの最大限度額を借りるには最低2,400万円以上の年収がないと借りることができないのです。

もちろん年収クリアしている方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、ちょっと非現実的ですよね。

日本人の平均年収が432万円(平成29年度国税庁民間給与実態統計調査)なので、多くの人が最大でも150万円弱までしか消費者金融で借りられないのが現実です。

そのため、最大限度額ではアイフルの方が有利ですが、実際にはプロミスもアイフルも高額年収&高額借入希望で無い場合にはどちらを選んでも問題はありません

プロミスとアイフルの審査で比較

プロミスとアイフルでお金を借りる場合、申し込み後に必ず待ち受けているのが審査です。

ここでは審査時間と融資時間について比較していきます。

審査時間で比較

審査時間
プロミス最短30分
アイフル最短30分

プロミスもアイフルも審査にかかる時間は最短30分となっています。

あくまでも最短ですので、混雑時や審査の状況によってはそれ以上かかってしまう場合もあるので時間に余裕をもって申し込みをするようにしましょう

融資時間で比較

融資時間
プロミス最短1時間
アイフル最短1時間

申込から融資完了までの時間はプロミスとアイフルともに最短1時間となっており、思っているよりも早く対応してくれるのが分かるかと思います。

ただ、最低でも1時間はかかってしまうため、インターネットで自宅から申し込むなど時間を無駄にしないように申し込むのがよさそうですね

プロミスとアイフルの申込受付時間で比較

次にプロミスとアイフルの申込受付時間を比較していきます。

代表的な申込方法であるWeb、電話、自動契約機での申込受付時間を比較しました。

Web電話自動契約機
プロミス24時間365日9:00~22:00(土日祝OK)9:00~22:00※(土日祝OK)
アイフル24時間365日9:00~21:00(土日祝OK)8:00~22:00※(土日祝OK)

※自動契約機設置場所により営業時間が異なる場合があります。

プロミスもアイフルも申込受付時間にはそれほど大きな差は見られません。

どの方法も土日祝日でも申し込みができるため、非常に便利に活用することができます。

特にWeb申し込みはプロミスもアイフルも24時間365日申し込むことができますので、仕事が終わった後の深夜にも申込できるのがうれしいですね。

プロミスとアイフルの申込方法で比較

先ほどの申込受付時間の比較では代表的な申込方法のみ紹介しましたが、プロミスとアイフルではどのような申込方法があるのでしょうか。

申込方法
プロミスWeb
電話
郵送
自動契約機
店頭窓口
アイフルWeb
電話
自動契約機
店頭窓口

申込方法を比較してみるとプロミスでは郵送での申し込みが可能で、アイフルでは不可となっている違いがあります。

郵送での申込は郵送の時間がかかってしまい、即日融資を受けることは不可能となるため、郵送での申し込みを利用する方は注意が必要です。

ただ、どうしても郵送での申し込みをしたいと希望される方は、プロミスを利用するようにしましょう。

これら申込方法の中でWebを使って申し込みをすると、プロミス、アイフルともにWeb上だけで完結するWeb完結という申込方法を選択することができます。

Web完結特徴利用条件
プロミスカードレス
郵送物なし
口座振替による返済を選択し金融機関で本人確認が完了していること
アイフルカードレス
郵送物なし
口座振替返済を選択し金融機関でお客様の取引時確認が完了しており、その記録が保存されていること

プロミスとアイフルのWeb完結の特徴としては、ローンカードレスとなりローンカードが郵送される手間が省かれます。

また、明細書などもWeb上で確認することができますので、郵送物が送られてくることがありませんので、自宅にプロミスやアイフルからの郵送物が来てほしくない人にはおすすめの申込方法です

ただ、郵送物なしにすることは可能ですが、電話連絡をなしにすることは出来ません。

実は、SMBCモビットのWEB完結ではカードレス、郵送物なしにプラスして電話連絡なしにすることが出来ます

SMBCモビットのWEB完結の詳細については、「SMBCモビットでカード発行するメリット~WEB完結申込との違い~」を参考にしてください。

プロミスとアイフルの借入方法で比較

無事に申込や審査に通過したら、次に行うのは借入です。

プロミスとアイフルの借入方法について比較していきます。

借入方法
プロミスプロミスATM
提携ATM
店舗
インターネットから口座振替(瞬フリ)
電話から口座振替
アイフルアイフルATM
提携ATM
店舗
インターネットから口座振替
電話から口座振替

借入方法についても、プロミス、アイフルともにそれほど大きな差は見られませんが、特筆すべきはプロミスの瞬フリです。

瞬フリとは、借入申し込み後最短10秒程度で指定の口座に振り込みがされるサービスです。

銀行口座の指定はありますが、下記いずれかの銀行口座を用意しプロミスへ申し込むことで、みずほ銀行以外は24時間振込可能となり非常に便利に借入ができるようになります。

●プロミス瞬フリ対応銀行
  • 三井住友銀行
  • ジャパンネット銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • みずほ銀行

借入をしたいと思ったときにすぐにお金を融資してもらえるというのは非常に心強いサービスとなりますので、プロミスを利用するときは上記の銀行口座を用意してから申込することをおすすめします

プロミスとアイフルの無利息サービスで比較

プロミスとアイフルでは、一定期間の利息が無料になる無利息サービスというものを展開しています。

それでは、プロミスとアイフルの無利息サービスを比較していきます。

無利息期間利用条件
プロミス初回出金から30日間
  • プロミスをはじめて利用する方
  • メールアドレスを登録の上、Web明細を利用する
アイフル契約日の翌日から30日間
  • アイフルをはじめて利用する方かつ無担保キャッシングローンを利用する方

プロミス、アイフルともに無利息期間は30日間となっていることが分かるかと思いますが、同じ30日間といっても実は大きな違いがあります。

無利息サービスの開始時期がプロミスは「初回出金から30日間」になっているのに対しアイフルでは「契約日の翌日から30日間」となっています。

借入自体を契約日の翌日にすればアイフルのサービスでも無利息期間30日間をフルで活用できますが、契約日から11日後に初回の借入を行った場合には無利息期間が残り20日間になってしまうのです。

一方、プロミスでは初回出金から30日間になっているため、初回借入を11日後にしようが1ケ月後にしようがその時点から30日間無利息サービスが開始されるため必ず30日間をフルに活用することができます。

初回の借入を契約日の翌日にするのであればプロミスでもアイフルでも違いは発生しませんが、それ以外の場合はプロミスを利用するようにしましょう。

無利息で借りられるというのは通常ありませんので、絶対に損をしないように選択する必要があります。

無利息サービスについて詳しく知りたい方は、「おすすめの無利息カードローンとお得に借りる2つのコツ」を参考にしてください。

プロミスとアイフルの返済で比較

お金を借りたら必ず行わなければならないのが返済。

返済のしやすさというのも消費者金融を選ぶポイントとなります。

ここでは、プロミスとアイフルの返済について(返済方法、返済日、最低返済額)比較してきます。

返済方法の比較

まずはプロミスとアイフルの返済方法について比較をしていきます。

返済方法
プロミスインターネット返済
口フリ(口座振替)
銀行振込み
プロミスATM
提携ATM
コンビニ
店頭窓口
アイフル口座振替
銀行振込み
アイフルATM
提携ATM
コンビニ
店頭窓口

プロミス、アイフルともに多数の返済方法を準備しているのが分かるかと思います。

銀行やATM、コンビニのマルチメディア端末に店頭窓口など、あなたの返済が苦にならない方法を選択することができますね。

基本的には、返済日に自動で返済額が引き落とされる自動引落しにしておくと、返済日忘れがないため便利です。

また、特に便利なのがプロミスのインターネット返済です。

下記のインターネットバンキングを利用でいる環境が必要となりますが、深夜や土日祝日などの金融機関が営業時間外でもパソコンやスマホから簡単に返済をすることができます。

●プロミスのインターネット返済対応ネットバンキング
  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • ジャパンネット銀行
  • みずほ銀行
  • 楽天銀行

返済は、1日でも延滞してしまうと延滞金を支払わなければならないため、絶対に遅れてはいけないものです。

そのため、自分が絶対に返済日までに返済可能な方法を選ぶ必要があります。

返済日で比較

返済において返済方法と合わせて重要なのが返済日。

できれば給料日後などに返済日を設定したいですよね。

それでは、プロミスとアイフルの返済日の比較をしていきます。

返済日
プロミス5日、15日、25日、末日から選択
アイフル毎月一定の返済日を指定可能

プロミスの返済日は指定された4日の中から1日を選択しますが、アイフルでは自分の都合に合わせて毎月一定の返済日を指定することができます。

アイフルの方が自分都合に合わせることが出来、給料日直後の日にちを指定ということも可能ですので便利です。

プロミス、アイフルともに給料日直前などのお金が足りなくなりそうな時期に返済日を設定しないように注意しましょう。

カードローンの返済についてさらに詳しく知りたい方は「カードローンは利息だけで比べてはならない!賢く返済するための計画とは」を読んでおきましょう。

プロミスとアイフルの提携ATMで比較

プロミスやアイフルは自社ATMだけではなく、銀行ATMと提携を行い借入や返済を行うことが出来ます。

では、提携ATMの手数料はどのようになっているのか、プロミスとアイフルを比較しながらチェックしていきましょう。

取引金額入金・出金手数料
プロミス1万円以下
1万円超
108円
216円
アイフル1万円以下
1万円超
108円
216円

プロミス、アイフルともに1万円以下であれば108円、1万円を超えると216円の手数料が発生します。

手数料は1回の金額でいうとそれほど大きく感じませんが、返済回数を重ねていけばいくほど膨らんでいきます。

手数料が無料になる借入、返済方法を選択することや返済回数を可能な限り少なくすることで、手数料の負担を軽減させることも重要です。

ATMで手数料無料を利用するなら、プロミスATM、アイフルATMの自社ATMを利用するといいですよ。

プロミスとアイフルのおまとめローンで比較

複数社からすでに借入を行っており、借金を一本化させるローンをおまとめローンといいます。

場合によっては金利が現在よりも低くなり、月の返済負担が減るメリットがあります。

プロミスとアイフルではおまとめローンとして利用するならどちらがよいのでしょうか。

おまとめローン商品限度額
プロミスおまとめローン300万円まで
アイフル
  • かりかえMAX(アイフルをはじめて利用)
  • おまとめMAX(アイフルをすでに利用)
1万円~800万円

プロミスとアイフル共におまとめローンの商品を取り扱っています。

しかし大きな違いとして限度額の設定についてプロミスが300万円なのに対し、アイフルではさいだい800万円までの融資が可能です。

通常のフリーローンの場合には、前述したように総量規制で年収の1/3までしか借入できないため、限度額の違いはそれほど影響ありませんが、おまとめローンの場合は違います。

おまとめローンの場合は、総量規制に影響されず、プロミスやアイフルが許可した額を借り入れることができます。

ただし、おまとめローンで借入したお金は他社への返済用途としてしか使用することはできないので注意してください。

おまとめローンが総量規制に影響されないため、まとめたい借金が300万円以下の場合はプロミス、アイフルどちらでもOK、300万円以上の場合にはアイフルを選択するのがおすすめです

おまとめローンを詳しく知りたい方は「タイプ別!おまとめローンの比較とおすすめのおまとめローン」も参考にして下さい。

プロミスとアイフルを比較まとめ

以上、プロミスとアイフルの様々な項目について比較検討を行ってきました。

結論として、はじめて消費者金融でお金を借りる場合にはプロミスを利用することで、借入や返済などスムーズに行えます。

一方、アイフルはおまとめローンのようなすでに他社で借入がある人が返済を一本化したい場合に積極的に活用してほしいです。

その他、様々な項目について比較した結果を検討し、あなたの状況によってプロミスとアイフルを使い分けるというのもよいと思います。

消費者金融と聞くとどうしてもマイナスイメージがありますが、上手に付き合うことで様々なメリットもありますので、ぜひ活用してみてください。

プロミス 新キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン

プロミススペック

ご融資額500万円まで
ご契約額お客さまご指定の契約額(極度額)の範囲内で、当社が決定した金額
金利適用方式単一金利
借入利率4.5%~17.8%(実質年率)
※新規契約の方が対象となります。
遅延利率20.0%(実質年率)
返済方式残高スライド元利定額返済方式
ご返済期間・ご返済回数最終借入後原則最長6年9ヶ月・1~80回
担保・保証人不要
お申込みいただける方年齢20歳以上、69歳以下のご本人に安定した収入のある方
※主婦、学生の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合お申込みいただけます。

プロミス

プロミス 新キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン

アイフルスペック

貸付利率3.0%~18.0%(実質年率)
遅延損害金
(賠償額の元本に対する割合)
20.0%(実質年率)
契約限度額または貸付金額800万円以内
※ 当社ご利用限度額が50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要(慎重審査)
返済方式借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式
返済期間及び返済回数1回の支払いにつき35日以内または毎月約定日払い
借入直後最長14年6ヶ月(1~151回)
※500万円を年12.0%(実質年率)で借りた場合
貸付対象者満20歳以上の定期的な収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方
※なお、お取引中に満70歳になられた時点で新たなご融資を停止させていただきます。
担保・連帯保証人担保…不要、連帯保証人…不要

アイフル

アイフル キャプチャ アイフル 金利 ボタン アイフル 3つのポイント