プロミスは年収100万以下でも審査に通る!嘘はつかずに誠実に申込もう

この記事は、プロミスを利用したいけど自分の年収に不安がある人のために書きました。

プロミスは年収で審査合格・不合格を決めません。

プロミスが年収で決めるのは、借入限度額のみです。

つまり、たとえ年収が100万円以下でも審査に通る可能性はあります!

この記事では、それらを解説するとともに、申し込み時や増額時など、年収が関わってくるすべてについて解説していきます。

プロミスは年収100万円以下でも審査に通る

そもそもプロミスは申込の条件として、年収額を挙げてはいません。

最低限必要なのは、「収入が安定していること」「年齢が20~69歳であること」の2つだけ。

この2つを満たしているのなら、年収100万円以下でもプロミスの審査に通ることはできます。

大切なのは「収入の安定性」

プロミスが特に重要視しているのは、「収入の安定性」。

プロミスでお金を借りた場合、毎月の最低返済額が決められます。

その額を毎月コンスタントに返せるだけの「返済能力」があるかどうかが重要なのです。

Q.正社員でなくても、アルバイトやパートでも大丈夫?

A.プロミスはアルバイトやパートでも、もちろん派遣社員でも大丈夫です!

収入が安定しているかどうかは、収入額の高さで決められません。

そのため、毎月数万稼いでいる程度の低収入だったとしても、プロミスの審査には通る可能性が高いです。

フリーターのプロミス利用について詳しくは「プロミスはフリーターでも借りられる!?【職業別に限度額を大予想】」をご覧ください。

ただし、新卒など働き始めは不利になりがち

では、収入が安定しているかをプロミスはどこで見極めるのかというと、「勤続年数」はかなり重要なポイントとなります。

勤続年数が長ければ長いほど、収入は安定していると見られ、審査には有利です。

逆に正社員であっても新卒で働き始めたばかりなどであれば、見込み年収がどれだけ高くても審査には不利となります。

Q.自営業者や水商売は不利になりがち?

A.残念ながら自営業者や水商売はプロミスの審査に不利だと言われています。

どれだけ年収が高くても、これらの職業はいきなり収入がなくなる恐れも高いため、安定して収入を得ているとはみなされないのです……。

もちろん自営業者や水商売、そのほか収入の安定していない職であってもプロミスの審査に通る人はいます。が、不利であることは知っておいてよいでしょう。

なお、自営業者に関しては、プロミスの「自営者カードローン」を利用するといった方法もあります。

<リンク>水商売のプロミス利用について詳しくは「プロミスなら水商売でも借りられた!キャバ嬢が伝えたい審査体験談」をご覧ください。

年収は審査の可否でなく借入限度額に影響する

プロミスの審査に通るか落ちるかに年収は関係ありません。

ただ、「借入限度額」というものには、深く関わってくるためこちらもチェックしておきましょう。

借入限度額=借りられる金額の上限

借入限度額とはその漢字が表す通り、借りられる金額の上限です。

プロミスの審査に通ったからといって、いくらでも好きなだけ借りられる訳ではありません。

審査通過後に借入限度額を通知され、その範囲内でお金を借りることになります。

借入限度額は誰であっても年収の3分の1まで

借入限度額はどれほど高くても、年収の3分の1までに抑えるように法律(総量規制)で決められています

計算例)年収400万のときの借入限度額

400万円÷3=約133万円

上記のように単純に年収を3で割れば、簡単に計算ができます。

なお、この金額は一社から借りられる金額の借入限度額ではありません

たとえば、プロミス以外からも借りている場合には、その借入限度額の合計が年収の3分の1までになるように調整されます。

Q.初回契約時の借入限度額は年収に関わらず低め?

A.基本的に、相場は10~20万円になると言われています。

年収がどれほど多くても、初回契約時の借入限度額は低めに設定されることがほとんどです。

プロミスからすると実際に利用してもらうまでは、「きちんと返済してもらえるか」といった利用態度の誠実さが分からないためでしょう。

なお、初回契約時の借入限度額は申請をすることで増額(増枠)審査へと進むことも可能です。

総量規制対象外のローンもプロミスにはある

個人の借入れは年収の3分の1までと定めている法律「総量規制」ですが、プロミスの取り扱っている「自営者カードローン」と「おまとめローン」には適用されません。

お金を借りたい理由や条件によっては、これらを利用するのもよいでしょう。

自営者カードローン

融資限度額300万円まで
借入利率6.3%~17.8%(実質年率)
申込条件年齢20歳以上、65歳以下の自営者
担保・保証人不要

プロミスの自営者カードローンは、通常のフリーキャッシングと比べ、融資限度額が200万円、年齢上限が4歳ほど低い設定となっています。

また、担保や保証人は不要ですが、必ず事業実態を証明できる書類を提出しなくてはいけません。

書類例としては、営業許可証や受注書・発注書・納品書・請求書・領収書・報酬明細に類する書類などが当てはまります。

これらの書類によって、返済能力があると認められた場合には、年収に関係なく借入れが可能です。

おまとめローン

融資限度額300万円まで
借入利率6.3%~17.8%(実質年率)
申込条件年齢20歳以上、65歳以下
担保・保証人不要

プロミスのおまとめローンは、その名前の通り、ほかのキャッシング会社やクレジットカードキャッシングにて借りているローンをプロミスに一本化するというものです。

多数のローンをプロミスにまとめることで、その金額によっては利息負担が減るほか、返済の手間や心的な負担を減らすことができます。

こちらはあくまで「今ある借入額を返済するためのローン」のため、新たな借入はできないため注意してください。

<リンク>プロミスのおまとめローンについて詳しくは「プロミスおまとめローンのメリットは?【審査に落ちた場合はどうする?】」をご覧ください。

年収100万円以下でもプロミスの審査に通ったという口コミは多数

年収はプロミスの審査に大きく影響しません。

しかし、本当に年収100万円以下程度でもプロミスは利用できるのかどうか。

こちらでは口コミをチェックしていきましょう。

年収90万程度ですが通りました

大学生です。飲み会の会費工面のためプロミスに申し込んでみましたが、何事もなくスッと契約できました。借入限度額は5万でした。

東京都/20代・男性/アルバイト

年収はギリ100万いかないぐらい

プロミスの審査通過しました。年収は96万、100万に少し足らないぐらいです。借入限度額は5万。もう少しほしかったけど仕方ないですね。

北海道/20代・女性/フリーター

年収でも70万しかありませんが

短時間のパートのため、月6万円程度。年収にしても70万ぐらいしかありません。審査に通ればいいなぐらいの気持ちでプロミスに申込ましたが、通りました!審査結果が返ってくるのも申込から1時間程度で早かったです。

神奈川県/30代・女性/パート

【注意】年収の虚偽申告は審査に落ちる

イメージから「年収が高いほうが審査に有利だろう」と考える人は多く、年収を虚偽申告するケースも少なくはありません。

しかし、何度も言いますが、年収そのものは審査に大きく関係しません

むしろ、虚偽申告することで「嘘をつくような信頼のおけない人」と思われ、審査に落ちてしまうでしょう。

プロミスでは年収と勤続年数や企業規模などを照らし合わせ、申込情報に嘘がないかをしっかりと確認します。

そして、少しでも怪しい内容があれば、収入証明書類などの証拠提出を求められるため、年収は正しく伝えるようにしてください。

それでも年収に不安があるなら、簡易審査を試そう

審査に年収は関係ないと聞いても、「自分の年収でもプロミスの審査を通過できるだろうか」と不安に思う方はいるでしょう。

そんなときには、プロミス公式サイトで「お借入シミュレーション」を試してみてください。

プロミスのお借入シミュレーションでは、生年月日と年収、現在の他社借入金額の3つを入力するだけで簡易審査をおこなってくれます。

この審査結果で「融資可能と思われます」の表示が出たなら、少なくとも年収に問題はないことが分かります。

プロミス 新キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン

そのほかプロミスの年収にまつわるQ&A

最後にプロミスの年収について、寄せられることの多い疑問に回答していきます。

Q.申し込み時に申告する年収は手取り?総支給額?

A.年収総支給額を申告してください。

Q.増額審査には年収が関係してくる?

A.審査の可否には関係しません。

増額する際の上限額は、総量規制の関係上、年収が影響します。

しかし、審査の結果については年収ではなく、これまでの利用態度が重要です。

つまり、それまでに延滞など不誠実なことをしておらず、利用歴が長ければ長いほど、増額審査に通過しやすくなります。

Q.利用中に年収が上がったり下がったりしたときは申告がいる?

A.必要です。公式サイトの会員ページから申告しましょう。

CTA

クレカ大バナー

ローン大バナー