プロミスATMの営業時間と設置場所【手数料0円で借入・返済する方法】

プロミスの借入・返済に使えるATMの営業時間や設置場所を紹介します。

手数料無料で利用する方法も解説するのでご参照ください。

プロミス 新キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン

プロミスATMの営業時間は何時まで?

プロミスの借入・返済に利用できるATMの営業時間は次の通りです。

プロミス自社ATMコーナー7:00~24:00※ATMにより営業時間、休日が異なります。
プロミス提携の銀行ATM9:00~21:00(店舗で異なる)
プロミス提携のコンビニATM24時間営業(月0:00~7:00は使用不可)

プロミスATMは手数料無料で利用可能

プロミス自社ATMは7:00~24:00まで借入・返済が可能です。※ATMにより営業時間、休日が異なります。

1月1日は休みですが、それ以外は土日・祝日も7:00~24:00まで営業しています。

デメリットは24時間営業ではないため、夜中に借入や返済を行うことはできません

プロミスATMのメリットが次の2つです。

  • 手数料無料で利用できる
  • プロミスカードなしで返済を行うことができる

    利用方法や操作方法については詳しくは、後ほど「プロミスATMで返済する操作手順」 でご説明します。

    プロミスATMは自動契約機に併設されている

    ※写真左:自動契約機 右:プロミスATM

    自動契約機は土日・祝日を含めて9時~22時 ※契約機により営業時間が異なります。まで営業しています。※1月1日は休み

    自動契約機はその場でプロミスカードが発行されるので、併設されているプロミスATMからすぐにお金を下せます

    プロミスの自動契約機については「プロミス店舗・自動契約機の賢い活用・検索方法【窓口一覧】」で詳しく解説しています。

    銀行ATMは三井住友銀行だけ手数料が無料

    銀行ATMの営業時間は基本、土日・祝日含めて9:00~21:00です。※店舗によります

    なかには24時間営業している銀行ATMもありますが、月曜日0:00~7:00はプロミスのメンテナンスのために利用できません。

    プロミスの提携銀行ATM一覧

    • 三井住友銀行
    • 三菱UFJ銀行
    • 西日本シティ銀行
    • セブン銀行
    • イオン銀行
    • 横浜銀行
    • 東京スター銀行
    • 第三銀行
    • 福岡銀行
    • 熊本銀行
    • 親和銀行(キャッシングのみ)
    • 広島銀行(キャッシングのみ)
    • 八十二銀行(キャッシングのみ)

      提携ATMのデメリットは手数料がかかることです

      お取引額お借入時返済時
      1万円以下108円108円
      1万円超216円216円

      例外として、三井住友銀行ATMだけは手数料がかかりません

      プロミスの提携コンビニATMは24時間利用可能

      コンビニATMは24時間利用できるので便利ですよね

      プロミスと提携しているコンビニATM一覧

      • セブンイレブン(セブン銀行)
      • ローソン(ローソンATM)
      • ファミリーマート(E-net)
      • サークルKサンクス
      • スリーエフ
      • デイリーヤマザキ
      • ミニストップ
      • ニューデイズ
      • コミュニティストア
      • 生活彩家
      • セーブオン
      • ポプラ
      • セイコーマート

        なおコンビニATMも手数料がかかります。金額は銀行ATMの場合と同じです。

        お取引額お借入時返済時
        1万円以下108円108円
        1万円超216円216円

        コンビニで手数料無料で返済する方法

        実は、コンビニのATMではなく次のマルチメディア端末を利用すれば、手数料がかかりません。

        • Loppi(ローソン・ミニストップ)を利用する
        • Famiポート(ファミリーマート)を利用する

        注意すべきは、借入はできないことです。

        返済のみですが、意外と知られていない方法なのでぜひ活用しましょう。

        具体的な返済手順は、後ほど「コンビニのマルチメディア端末での返済 」で紹介します。

        また、プロミスのコンビニ利用については「【コンビニ別】プロミスの返済・借入方法まとめ! 」でも詳しく解説しています。

        土日祝日・年末年始のATM営業時間

        土日祝日や年末年始のATM営業時間は基本的に平日の営業時間と変わりません

        ただ銀行ATMに関しては、店舗により営業時間が異なるので気を付けましょう。

        近くのプロミスATMの設置場所を検索する方法

        店舗・ATM検索(条件から探す)|プロミス公式サイト

        調べ方は次の流れです。

        1.店舗条件を選択
        矢印
        2.都道府県を選択
        矢印
        3.市区町村を選択
        矢印
        4.検索をクリック

        ATMを手数料無料で利用する方法

        ATMを利用して手数料無料で借入・返済する方法は以下の通りです。

        借入・返済

        • 三井住友銀行のATMを利用する
        • プロミス自社ATMを利用する
        • プロミスの「ポイントサービス」を利用する
        • 借入のみ

        • 瞬フリで銀行口座に振り込んでもらい、自社バンクATMで引き出す
        • 返済のみ

        • Loppi(ローソン・ミニストップ)を利用する
        • Famiポート(ファミリーマート)を利用する
          • 瞬フリとは、銀行の営業時間や振込手数料を気にせずにキャッシングできるサービスです。

            • 振込手数料0円
            • 24時間365日利用可能
            • 最短10秒で振込

              利用条件として、「三井住友銀行もしくはジャパネット銀行の口座を持っている」という条件がある点に注意しましょう。

              瞬フリについて詳しくは「プロミスの瞬フリを他社の振込サービスと比較【最短10秒】 」をご覧ください。

              ポイントサービスを利用して手数料最大2か月無料

              プロミスには「ポイントサービス」があります。

              ある一定の条件を満たすと、ポイントがもらえます。

              そのポイントを利用して、提携ATM手数料を無料にしたり、一定期間無利息にできます。

              ポイントが貯まる条件と獲得ポイント数は以下の通りです。

              対象サービスポイント条件
              プロミスポイントサービス申込み100pt初回登録時のみ
              プロミスインターネット会員サービス ログイン10pt毎月初回ログイン時
              「プロミスからのお知らせ」の確認5~20pt「お知らせ」内容で異なる
              収入証明書類の提出160pt原則毎年初回の提出時
              ご返済日お知らせメール

              各1pt毎月月末に対象サービスに登録している

              提携ATMの手数料無料は40ポイント申込日から翌月末までです。

              ポイントサービスを申し込むだけで、100ポイントもらえるので利用しましょう

              ネットの会員ページ(マイページ)から無料で利用できます。

              ATMで返済する操作手順

              下記6つの返済方法の手順を紹介します。

              • プロミス自社ATM(手数料無料)
              • プロミス提携銀行ATM(三井住友銀行のみ手数料無料)
              • プロミス提携コンビニATM
              • コンビニのマルチメディア端末
              • Loppi(手数料無料)
              • Famiポート(手数料無料)
                • プロミス自社ATMでの返済方法

                  プロミスカードをお持ちの方

                  1.プロミスカードをATMに入れて、「ご返済」を選択
                  矢印
                  2.返済金額を入力し、内容確認
                  矢印
                  3.ATMに返済金を現金で入れる
                  矢印
                  4.手続き完了後、明細書を受け取る

                  プロミスカードをお持ちでない方

                  1.プロミスATMで「カードなし」を選択
                  矢印
                  2.氏名、生年月日、電話番号、暗証番号を入力
                  矢印
                  3.返済金額を入力し、内容確認
                  矢印
                  4.ATMに返済金を現金で入れる
                  矢印
                  5.手続き完了後、明細書を受け取る

                  カードなしで返済できることと、明細書をその場で受け取れることがポイントです。

                  ※プロミスATM画面

                  画面左下の「カードなし」を選択すると、会員番号もしくは氏名及び生年月日を入力するだけ返済できるようになります。

                  プロミスの自社ATMを利用すると、その場で明細書が発行させるので、後日に家に郵送されません。

                  返済できるのは、土日・祝日含めて7:00~24:00までです。

                  プロミスの提携銀行ATMでの返済方法

                  1.プロミスカードをATMに入れて、「ご返済」を選択
                  矢印
                  2.返済金額を入力し、内容確認
                  矢印
                  3.ATMに返済金を現金で入れる
                  矢印
                  4.手続き完了後、明細書を受け取る(ATMによっては明細書郵送)

                  プロミス自社ATMとの違いは、次の3つです。

                  • プロミスカード必須
                  • 明細書が郵送になる可能性がある
                  • 手数料がかかる

                    利用手数料に関しては三井住友銀行なら無料です。

                    返済可能時間は9:00~21:00ですが店舗によって変わるので注意が必要です。

                    プロミス提携コンビニATMでの返済方法

                    1.プロミスカードをATMに入れて、「ご返済」を選択
                    矢印
                    2.返済金額を入力し、内容確認
                    矢印
                    3.ATMに返済金を現金で入れる
                    矢印
                    4.手続き完了後、明細書を受け取る(ATMによっては明細書郵送)

                    操作手順に関しては、提携銀行ATMと同じです。

                    しかしコンビニの場合、365日24時間(月0:00~7:00除く)、返済可能なので圧倒的に便利です。

                    コンビニのマルチメディア端末での返済

                    先述した通り、プロミスではLoppiとFamiポートを使って返済できます。

                    Loppiでの返済方法

                    1.「各種サービスメニュー」を選択
                    矢印
                    2.「各種代金・料金お支払い・クレジット等のお支払い」を選択
                    矢印
                    3.「カードローン・キャッシングのご返済」を選択
                    矢印
                    4.「プロミス」を選択
                    矢印
                    5.「休止時間のご案内」画面でカードリーダーへカードを通す
                    矢印
                    6.暗証番号と返済金額を入力
                    矢印
                    7.入力内容を確認
                    矢印
                    8.「各種収納代行申込券」を受け取る
                    矢印
                    9.「各種収納代行申込券」をレジに持参し、返済金額の支払いをする
                    矢印
                    10.控えを受け取って終了

                    Loppiのメリットは手数料無料で返済できる点、明細書がその場で発行される点です。

                    返済可能時間も24時間365日(日23:00~月7:00除く)なので良いとこ尽くしです。

                    ただ少々返済フローが長く、面倒な点がデメリットではあります。

                    Famiポートでの返済方法

                    1.金融サービス「借入金のご返済」を選択
                    矢印
                    2.プロミスを選択
                    矢印
                    3.ファミポートにプロミスカードを挿入
                    矢印
                    4.暗証番号と返済金額を入力
                    矢印
                    5.発券された「申込券」をもってレジで支払い
                    矢印
                    6.お客様控えを受け取り、終了

                    ファミポートもロッピー同様です。

                    返済時間は24時間365日(日23:00~月7:00除く)で、手数料無料、明細書その場発行です。

                    ロッピーと比べる若干ですが、フローが短く感じました。

                    ただ他の返済方法と比べると、やはり面倒です。

                    ATMで一括返済する場合は千円未満の端数に注意

                    プロミスで一括返済する方法は以下の流れになります。

                    1.プロミスコールで返済金額を聞く。(0120-24-0365)
                    矢印
                    2.ATM、店頭窓口、インターネット返済、銀行振込のいずれかで返済する。

                    一括返済の場合、返済する日によって利息が変わり、返済金額が変わります

                    そのためプロミスコールに連絡して、今の返済金額を確認しましょう。

                    そして注意事項はATMでの返済は千円未満の端数が対応していません

                    例えば、55,763円の返済だとしたら、56000円振り込んで、237円のおつりは来ません

                    そのため全額返済では、ATMの利用はやめた方が良いでしょう。

                    ちなみにおすすめはネット返済です。理由は以下の通りです。

                    • ネット環境なら24時間どこでも返済可能
                    • 1円単位までの返済が可能
                    • 手数料も無料

                      ネット返済での返済方法は次の流れです。

                      1.会員サービスにログイン
                      矢印
                      2.インターネット返済の手続きボタンをクリック
                      矢印
                      3.返済金額を指定
                      矢印
                      4.金融機関を選択
                      矢印
                      5.金融機関へログイン
                      矢印
                      6.インターネット返済実行、完了

                      ATMで返済できない時の原因

                      ATMで返済しようとして、返済できない場合は次の原因が考えられます

                      1. 返済可能時間外であった
                      2. プロミス提携ATMではなかった
                      3. 入金限度額を超えてしまっていた
                      4. カードの磁気不良

                        ①返済可能時間外

                        24時間対応のインターネット返済コンビニATMで返済しましょう。

                        ②プロミス提携ATMではなかった

                        まずないと思います。とりあえず有名なコンビニにいれば大丈夫です。

                        ③入金限度額を超えてしまった

                        これは要注意です。ATMには取引限度額があります

                        ATM入金限度額
                        セブン銀行最大50万円or紙幣50枚
                        イーネット最大50万円or紙幣59枚
                        ローソン最大50万円or紙幣59枚

                        もし入金限度額を超えている場合には、「数回に分けて返済する」もしくは「別の返済方法」を利用しましょう。

                        この際、数回に分けて返済する場合には手数料に気を付けましょう

                        ④カードの磁気不良

                        カードが必要ない、プロミス自社ATM店頭窓口で返済しましょう。

                        まずありえないと思いますが、その際にはプロミスカードの再発行もしましょう。

                        プロミスATMでキャッシングする操作手順

                        ATMを使ったキャッシングは次の4つあります。

                        • プロミス自社ATM(手数料無料)
                        • 銀行ATM(三井住友銀行のみ手数料無料)
                        • コンビニATM
                        • セブン銀行ATMをカードレスで取引(スマホアプリ必須)

                          借入の場合、基本的にATMの操作は同じです。

                          スマホアプリを利用した場合のみ異なるので、二つに分けて紹介します。

                          プロミス自社ATMもしくは提携ATMで借りた場合

                          1.ATMにプロミスカードを挿入する
                          矢印
                          2.ATM画面の「ご出金」をタップ
                          矢印
                          3.借入金額を入力し、内容確認
                          矢印
                          4.最後にお金を引き出し、明細書を受け取る

                          借入可能時間や各種のメリット・デメリットは以下の通りです。

                          ATM名借入時間メリットデメリット
                          プロミス自社ATM7:00~24:00 ※ATMにより営業時間、休日が異なります。手数料無料
                          カード無しで借入可能
                          深夜借入不可能
                          提携銀行ATM9:00~21:00(店舗で異なる)特になし手数料かかる
                          (三井住友は無料)
                          コンビニATM24時間営業
                          (月0:00~7:00除く)
                          24時間営業手数料かかる

                          スマホアプリを利用してセブン銀行でキャッシング

                          プロミスのスマホアプリを活用すればセブン銀行をプロミスカードなしで取引できます。

                          方法は簡単、スマホを持ってセブン銀行ATMの画面上で「スマートフォン出金・入金」をタップするだけです。

                          プロミスのアプリについて詳しくは「プロミスのスマホアプリの全機能を徹底解説!!」 をご覧ください。

                          ATMから千円単位で借りる方法

                          プロミスでは千円単位からキャッシング可能なATMと万単位からでないとキャッシングできないケースがあります。

                          千円単位からキャッシング可能・プロミス自社ATM
                          ・三井住友銀行ATM
                          万円単位からキャッシング可能・セブン銀行
                          ・ローソン
                          ・その他提携ATM

                          つまり千円単位からキャッシングするには、プロミス自社ATM三井住友銀行ATMだけです。

                          ATM以外だと「銀行振込」も千円単位からキャッシング可能で、「瞬フリ」を利用すれば、24時間対応でキャッシングできます。

                          プロミスATMでカードを発行できる?

                          勘違いしている人が多いですが、プロミスのATMでカードを発行することはできません

                          自動契約機が併設されているので、そこで手続きをしてカードを発行しましょう。

                          プロミスカードの発行手順と時間の関係をまとめました。

                          方法時間
                          自動契約機でカードのみ発行15分ほど
                          書類提出、契約、発行を自動契約機で行う30分~1時間ほど
                          自動契約機で申込みから行う1~2時間ほど
                          ネット申込み後に郵送で受け取る申し込み完了後3日~1週間ほど

                          最も早いのはカードのみを自動契約機で発行する方法です。

                          しかし今はカードが無くとも、振込キャッシングプロミスATMスマホアプリなど様々な方法で借り入れができます。

                          プロミスのカードレス利用について詳しく知りたい人は「プロミス「カードなし(レス)」で利用は危険?再発行の手順も解説 」をご覧ください。

                          プロミスATMで引き出せる限度額はいくらまで?

                          プロミスのような消費者金融は1日でATMから引き出せる上限金額はありません

                          しかし提携ATMでは一回に引き出せる限度額には上限があります

                          提携ATM一回の引き出し限度額
                          セブン銀行50万円まで
                          イーネット20万円まで
                          ローソン20万円まで
                          三菱UFJ銀行50万円まで
                          みずほ銀行(Icチップ)100万円まで
                          (磁気ストライプ)50万円まで
                          三井住友銀行50万円まで

                          三井住友銀行以外は手数料がかかりますので、何度かに分けて引き出す際には注意しましょう

                          プロミスATMで増額する方法

                          プロミスで増額する際には、次の2つの場合があります。

                          • 限度額内で追加融資する
                          • 限度額を変更して増額する

                            限度額の範囲内で追加融資する方法

                            限度額の範囲内であれば、審査なしで追加で借入可能です。

                            いつも通り、プロミスATMもしくは提携ATMでお金を借りればOKです。

                            限度額を変更して増額する方法

                            限度額を変更して増額するには、審査を受けなければいけません

                            増額審査の申し込みはネットもしくは電話、自動契約機から可能です。

                            ここでは、プロミスATMに併設されている自動契約機から申し込む方法を解説します。

                            流れは次の通りです。

                            1.自動契約機へ行く
                            矢印
                            2.備え付けの電話で担当者に連絡
                            矢印
                            3.担当者からの質問(年収や希望限度額、職業など)に答える
                            矢印
                            4.申し込み完了

                            ちなみに、プロミスの増額審査はハードルが高いのであまりオススメしていません。

                            新規で他社に申し込んだ方がお金を借りられる可能性は高いです。

                            その他の申し込み方法などプロミスの増額については「プロミスの増額審査をおすすめしない3つの理由と限度額を増やす方法 」で詳しく解説しています。

                            プロミスATMのまとめ

                            ATM営業時間手数料
                            プロミスATM9:00~22:00(契約)※契約機により営業時間が異なります。
                            7:00~24:00※ATMにより営業時間、休日が異なります。(返済・借入)
                            無料
                            三井住友銀行9:00~21:00(返済・借入)無料
                            その他銀行9:00~21:00(返済・借入)有料
                            コンビニ24時間営業有料

                            手数料がかからない最もシンプルな返済・借入は、プロミスATMか三井住友銀行ATM

                            ATMの設置場所の検索は、公式サイトが一番便利です。

                            店舗・ATM検索(条件から探す)

                            プロミス

                            プロミス 新キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン

                            詳細

                            プロミスは、最大金利が17.8%と他の消費者金融より低くなっているので、少しでもお得にお金を借りたいという人にも人気です。

                            しかも、プロミスの30日間の無利息サービスは、「お金を借りてからサービスが適用」されるので、無利息サービスを30日間フルで活用する事ができます。

                            他社の無利息サービスは、契約日から無利息サービスがスタートしてしまうため、契約日から10日後にお金を借りると無利息サービスは20日分しか受けることができません。

                            また、プロミスなら正社員でなくても安定した収入さえあれば審査対象になるので、パートをしている主婦、アルバイトの学生でも審査に通る可能性があります。

                            もちろん、最短即日でお金を借りることができるので、急いでいる方にも安心です。

                            CTA

                            クレカ大バナー

                            ローン大バナー