HOME  消費者金融  プロミスプロミスを借りる理由とは?みんながプロミスを安心して利用できる理由

プロミス
プロミスを借りる理由とは?みんながプロミスを安心して利用できる理由

この記事は、プロミスでお金を借りるにが不安な人のために書きました。

「みんながプロミスを借りる理由ってなんだろう?」
「カードローンってなんとなく怖い…」
「お金を借りるなら知り合いからの方がいいんじゃないか…」

様々な不安や心配があるでしょう。

そうした不安があると、プロミスを使ってみたくても中々踏み切れないと思います。

でも安心してください。プロミスはたくさんの人が日常的に利用している安全なサービスです。

この記事では、実際にプロミスを利用した人が、お金を借りることになった理由について説明しています。

また、プロミスが安心して使えるカードローンである理由や使いやすい理由についても紹介します。

みんながカードローンでお金を借りる理由を紹介

プロミスをはじめとするカードローンの利用には、後ろめたさのようなマイナスのイメージがあるかもしれません。

「なぜみんなはカードローンを利用しているのだろう?」

知りたい人も多いのではないでしょうか。

ここでは、NTTコムリサーチとNTTデータ経営研究所が2017年に共同でおこなった「カードローン借入にいたる消費者行動調査」を元に、カードローンを利用する理由を説明します。

この調査は、実際にカードローンを利用した人から聞き取りをした情報に基づいて行われていますので、非常に信頼性の高い調査結果です。

カードローンを契約したきっかけ

まずはみんながカードローンを契約したきっかけについて説明します。

以下はカードローンを契約したきっかけのトップ3です。

  1. 普段の生活の中で急な支出の予定ができた、支出の予定を思い出したため:43.5%
  2. 出費がかさんだ、または収入が減ったことで、お金が足りなくなったため(不足額が拡大したため):37.2%
  3. 今後お金が必要になった際の備えとして:19.3%

1位と2位の内容からは、ほとんどの人が急な出費の発生や収入の減少が原因で、カードローン契約に踏み切っていることがわかります。

計画的に支出を管理していても、突然お金が必要になることはよくありますよね。

即日借入OKというカードローンのメリットをうまく使っているといえるでしょう。

また3位の内容からは、いざというとき備えとしてカードローンを契約している人も多いとわかります。

事前の準備さえしっかりしていれば、いざというときも落ち着いて対処できるということではないでしょうか。

借入したお金の使い道

次は借入したお金を何に使っているのかを紹介します。

以下はお金の使い道のトップ5です。

  1. 旅行(宿泊、日帰りレジャー等):28.8
  2. 趣味・娯楽:18.4
  3. 病気・怪我:17.1
  4. 各種イベントへの参加(コンサート、展示会、スポーツ、物販、祭事イベント等):15.8
  5. 自動車の修理・買い替え:13.5

旅行や趣味、各種イベントの費用といった、娯楽関連への出費を補填するためにカードローンを利用している人が多いようですね。

病気や怪我、自動車の修理や買い替えといった、生活に直結するやむを得ない出費への対応にもカードローンが役立っているようです。

どちらの使い道も計画的な出費ではないという共通点があります。

「必要にかられて」という側面が強いのではないでしょうか。

気軽に必要な金額を借りられるのがカードローンの魅力

データからは、突発的な出費に対応するためにカードローンを利用している人が多いと感じます。

必要にかられてという人もいれば、娯楽のためにという人もいるようです。

想像していたよりも、気軽にカードローンを利用している人が多いとわかります。

無計画な借入はおすすめしませんが、しっかりと返済計画を立てた上でなら、もっと気軽にカードローンを活用してもいいのではないでしょうか。

プロミスからお金を借りるのが安心な3つの理由

「カードローンが怖くないのと借金が不安なのは別問題」と思う人もいるでしょう。

ではなぜ借金に不安感を感じるのでしょうか。

おそらく、カードローンに対するネガティブなイメージが不安の原因と思われます。

以下は代表的なネガティブなイメージの例です。

  • ものすごい金利で苦しみそう
  • 返済が遅れたら怖い人が取り立てに来そう
  • 返せなかったら利息がどんどん積み上がりそう

これらのイメージは悪質な消費者金融のものです。

プロミスのような、大手の業者が経営している優良なカードローンなら心配無用です。

以下にプロミスの特徴をまとめてみました。

  • 金利の上限が低い
  • 違法な取り立てがない
  • 無利息期間がある

詳しく説明します。

金利の上限が低い

悪質な業者でなくても、中小の消費者金融の上限金利は20.0%前後が多いです。

しかし大手の消費者金融が運営しているカードローンなら、設定されている上限金利が低くいので余計な利息を払わずに済みます。

プロミスは大手カードローン3社で最も上限金利が低いです。

以下はプロミス・アコム・アイフルの金利の比較表になります。

業者名金利限度額
プロミス4.5〜17.8%最大500万円
アコム3.0〜18.0%最大800万円
アイフル3.0〜18.0%最高800万円

プロミスの上限金利は17.8%と3社中最も低いです。

「でも他社は金利3.0%だからもっと安いんじゃないの?」と思うかもしれません。

しかし最低金利は上限の限度額が設定されない限りは適用されません。

注目すべきは上限金利です。「他社と比較するとたったの0.2%?」と思うかもしれませんが、金利は低ければ低い方がいいです。

違法な取り立てがない

消費者金融には、厳しい取り立てを行うイメージがあるかもしれません。

たしかにイメージ通りの違法な取り立てを行なっている悪質業者も存在していると思います。

しかし、プロミスのような大手の消費者金融は違法な取り立ては行いません

以下は返済を延滞したときに行われる、プロミスの取り立ての一連の流れです。

1.電話による催促
矢印
2.郵便物による催促
矢印
3.強く返済を求める督促状の送付
矢印
4.督促状より厳しい内容の催告書の送付
矢印
5.一括返済を求める書面の送付
矢印
6.訴訟による法的措置


プロミスで返済を滞納した場合、まずは電話による返済の催促が行われます。

催促といっても怖い取り立てのようなものではありません。

延滞理由の聞き取りと、返済時期を丁寧な口調で確認されるだけです。

電話に出られなければ、次は支払いが遅れていることをお知らせする内容の郵便物が届きます。

この時点で現在の状況を正直に伝え、返済を行う意思があることを伝えれば、大きな問題にはならないです。

電話や郵便の催促を無視した場合、延滞開始から1ヶ月程で督促状が届きます。

督促状も無視した場合、催告書が内容証明郵便で届きます。

催告書に記載されているのは、「法的措置も辞さない」という内容です。早急にプロミスに連絡を取らなければいけません。

催告書も無視した場合、「期限の利益の喪失」を宣言される書面が届きます。

この書面の意味は、「分割による返済の契約が無効になった」というもので、一括返済を求める内容です。

それでもプロミスに連絡しなかった場合、訴訟に持ち込まれることになります。

返済していない利用者側に非がある以上、申し立てを取り下げてもらえるよう交渉し、返済を進めて和解に持ち込むしかないでしょう。

このように、プロミスのような大手の消費者金融は、法律に則った手段で返済を求めるだけです。

会社のブランドイメージもありますので、違法な取り立てを行うことはありません。

無利息期間がある

プロミスは初回借入から30日間を無利息期間としています。

大手の消費者金融は大抵無利息期間を用意していますが、そのほとんどがカードローンを契約してから〇〇日というものです。

しかしプロミスは実際に借入するまでは無利息期間が開始しません

カードローン初心者にも、他社のカードローンを使ったことがある人にも非常に嬉しいサービスですね。

利用者のことを第一に考えているカードローンという印象です。

プロミスは万人におすすめできるカードローンといえるでしょう。

プロミス

プロミス 新キャプチャ

ボタン

プロミスが便利な3つのポイント

いかがでしたでしょうか。消費者金融は正体不明の怖いものでありません。

特にプロミスは国内有数のメガバンクである、三井住友銀行グループのカードローンですので信頼感がありますよね。

さらにプロミスは以下のような便利なサービスを提供していますので非常に使い勝手がいいです。

  • 審査が早いから即日の借入が可能
  • 最短10秒でお金が振り込まれるからいつでも借入できる
  • WEB完結でカードレスだから利用がバレない

審査が早いから即日の借入が可能

プロミスの審査は非常に迅速です。申し込みから結果が出るまで最短30分

このスピードであれば、お金が必要になったその日の内にお金を借りることができます。

またプロミスは審査の受付時間が長いです。

平日・土日・祝日の9時〜22時まで受け付けていますので、早めに仕事を切り上げれば家に帰る前に申し込めます。

注意したいポイントは、審査結果の回答時間が21時までという点。

当日借入をしたいなら早めに申し込みをしましょう。

ギリギリの時間に申し込むと、審査結果の連絡が翌日になってしまい、当日中の借入ができません。

最短10秒でお金が振り込まれるからいつでも借入できる

プロミスはカードローンの契約さえ済ませておけば、最短10秒で振り込みが完了します。これは業界最速です。

方法も非常に簡単で、スマホアプリやインターネットから借入の申し込みをするだけ

これは「瞬フリ」というサービスで、24時間いつでもどこでも利用可能です。

瞬フリを利用する条件は、三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、全国約200の金融機関のいずれかの口座を振込先に設定するだけでOK。

注意点はメンテナンスが行われる毎週月曜日0時~7時は受付ができない点です。

また下記の時間帯に申し込んだ場合、振込予約になってしまう点です。

振込予約になる受付時間

受け時間振込時間
毎週土曜23:30~24:00翌日8:45~9:30頃
毎週日曜0:00~4:00当日8:45~9:30頃
18:50~24:00翌日8:45~9:30頃
毎週月曜7:00~8:00当日8:45~9:30頃

予約になるとはいえ、基本的には当日、遅くとも翌日の午前中までには振り込まれます。

大型休暇の対応

  • 1月1日、1月2日は00:00〜7:00は受付停止
  • 12月31日18:50〜1月4日8:00の受付分は1月4日8:45以降の振込
  • 5月2日18:50〜5月6日8:00の受付分は5月6日8:45以降の振込

WEB完結でカードレスだから利用がバレない

プロミスは申し込みから契約、借入まで、全ての手続きをWEBで完結させることができます。

さらにローンカード不要でサービスを利用できるカードレスに対応しているので、プロミスの利用を誰かに知られることもありません。

在籍確認の電話はありますが、収入証明書を用意するなどすれば、電話による在籍確認を省略してもらえることもあります。

本人確認書類はWEBページからアップロードで提出できますし、「口座振替&カード郵送なし」を選択すればローンカードも送られてきません。

さらに「WEB明細」を選択しておけば、明細書の郵送もなくなります。

明細はインターネットから閲覧できますので、必要に応じて確認しましょう。

プロミスは、「カードローンは内緒で使いたい」と利用者が考えていることをよく理解しています。

バレたくないならプロミスがおすすめです。

バレずに借りる方法について、もっと詳しくは「プロミスをバレずに利用する方法~家族・友人、職場にバレない借り方」をご覧ください。

プロミスに申し込む方法は5つ

プロミスに申し込む方法は以下の5つです。

  • インターネットで申し込む
  • 自動契約機で申し込む
  • 電話で申し込む
  • 店頭窓口で申し込む
  • 郵送で申し込む

どの方法から申し込んでも審査結果に影響はありません。

インターネットで申し込む

一番おすすめしたいのはインターネットから申し込む方法。

思い立ったらすぐに申し込めますし、ローンカードも不要なのでとても使い勝手がいいです。

自動契約機や店舗まで移動する必要がないですし、審査中の待ち時間も有効活用できます。

WEB完結スピーディーで手間もかかりません。

審査結果が出たら、瞬フリですぐにお金を振り込んでもらえますので、急いで借入したい人にもおすすめです。

自動契約機で申し込む

プロミスが全国に設置している無人契約機から申し込む方法を紹介しましょう。

全国に1,100台以上設置されているので、インターネットから調べればすぐに設置場所を見つけることができます。

プロミスの自動契約機は、同じグループの三井住友銀行のローン契約機と併設されていることも多いです。

また三井住友銀行のローン契約機からプロミスに申し込むこともできます。

自動契約機から流れる音声ガイダンスに従って手続きを進めるだけで申し込みは完了。

一見使い勝手が良さそうですが、自動契約機の場所をインターネットで検索するくらいなら、そのままインターネットから申し込む方法がスピーディーです。

電話で申し込む

プロミスはプロミスコールという窓口を設置していますので、電話で申し込むこともできます。

以下はプロミスコールの電話番号です。
  • 通常窓口:0120-24-0356
  • 女性専用窓口:0120-86-2634

どちらもフリーコールですので通話料無料で申し込み可能です。

審査に必要な情報をオペーレーターに口頭で伝えると、30〜60分後には審査結果の連絡がもらえます。

審査に通過した場合は、プロミスの店頭窓口か自動契約機に行き、契約書類の作成や必要書類の提出、ローンカードの受け取りを行います。

契約書類の作成やカードの受け取りを郵送で済ませることもできます。

電話だけでは全てが完結しないので結局手間がかかる印象ですね。

やはりインターネットからWEB完結で申し込む方がスピーディーです。

店頭窓口で申し込む

プロミスの店頭窓口「お客様サービスプラザ」で申し込む方法もあります。

店頭窓口で申し込む最大のメリットは、不明点や不安に思っていることを対面で質問できる点です。

必要書類を持参して窓口に向かい、店舗スタッフの指示に従って申し込めばOK。

審査に通過すればその場でローンカードが発行され、すぐに借入できるようになります。

しかし肝心の店舗数は全国18店舗と非常に少ないです。自宅や職場の近くに窓口がない人の方が多いでしょう。

これならインターネットから申し込む方が便利です。

郵送で申し込む

プロミスは郵送で申し込むことも可能です。

申込書に必要事項を記入し、必要書類のコピーと一緒に郵送するだけでOK。

プロミスに申込書が届き次第審査が開始され、審査結果の通知後に契約書類とローンカードが返送されます。

申込書を手に入れる方法は以下の3通り。

  • インターネットからダウンロード
  • プロミスコールから電話で取り寄せ
  • 店頭窓口設置の申込書を持ち帰る

インターネットから申込書をダウンロードするくらいなら、そのまま申し込んだ方がいいでしょう。

特にメリットのない申込方法です。

おすすめの方法はWEB完結

一番おすすめなのはWEB完結でプロミスに申し込む方法です。

ここではWEB完結のメリットと申し込みから借入までの流れを紹介します。

WEB完結のメリット

WEB完結のメリットは以下の通りです。

  • スピーディーに審査結果が出る
  • 即日借入に強い
  • カードレスで利用できる

WEB完結なら、審査に必要な情報と必要書類をインターネット経由で送信できますので、無意味な待ち時間はありません。スピーディーに審査結果が出ます。

審査に通過したらすぐに瞬フリが使えるようになるので、申し込みから1時間程度でお金を振り込んでもらうことも可能です。

今すぐお金が必要という人には嬉しいサービスですね。

またカードレスなら、カードを紛失するリスクはありませんし、人にカードを見られてしまうようなアクシデントも起こらないです。

WEB完結の申込手順と借入までの流れ

最後にWEB完結の申込手順と借入までの流れを紹介します。

1.プロミスのホームページから申し込む
矢印
2.審査結果をメールか電話で受け取る
矢印
3.返済方法を口座振替にしてカード不要を選択する
矢印
4.瞬フリで借入を申し込む
矢印
5.振り込まれたお金を確認する


実際にお金を受け取るまでたったの5ステップです。

手続きがスムーズに進めば、申し込みから借入までにかかる時間は1時間程度。

アコムやアイフルといった、他のカードローンと比較しても非常にスピーディーで簡単に借入できます。

プロミスのWEB完結についてもっと知りたい人は「プロミスの契約はWEB完結がおすすめ!審査の流れ・時間・必要書類も解説」をご覧ください。

まとめ

プロミスがいかに安心して利用できるかお分かり頂けたでしょうか。

多くの人が気軽に利用している身近なサービスです。

申し込み方法が簡単で使い勝手もよく、急ぎの借入にも強いです。

あまりにも簡単すぎるので、無計画に使わないように気をつけることをおすすめします。

プロミス

プロミス 新キャプチャ

ボタン