プロミスのキャッシング方法や流れは?利息・手数料無料のATM・口コミ評判は?

今この記事に辿りついたということは、プロミスでキャッシングを始めようと思っていてこんなお悩み中では?

「プロミスキャッシングの審査の流れは?」
「キャッシング方法はATMの他に何があるの?」
「プロミスでキャッシングできないってことはあるの?」

そこですごいカード相談所が、プロミスのキャッシング方法や流れ、利息や無料ATMなどを徹底解説!

店舗の営業時間から電話申し込みの流れ、主婦でも本当に審査に通るのか?!などをまとめました。

CHECK!!

プロミスはキャッシング初心者さんにおすすめ!大手カードローンの中でも特にサービスが優れているし、審査の通過率も最近は右肩上がりです◎

プロミスでキャッシングできない?!体験者の口コミ評判から審査を調査

プロミス 新キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン
プロミスキャッシングの基本情報
グループ会社SMBCコンシューマーファイナンス
借入限度額1~500万円
実質年率4.5~17.8%
無利息期間初めての出金日から30日間(※1)
契約条件一定の収入がある20~69歳
アルバイトやパート借り入れ可能
融資目的生計費に限定
審査通過率47.0%
在籍確認あり
返済方式残高スライド元利定額返済方式
延滞利率(実質年率)20.0%
最低返済額月2,000円~(5万円の借入の場合)
商品一覧・フリーキャッシング
・レディースキャッシング
・貸金業法に基づくおまとめローン
・自営者カードローン
・目的ローン

※1…メールアドレス登録とWEB明細の利用が条件
※2…2018年10月の月次レポートから抜粋

プロミスキャッシングの審査通過率は上昇傾向!

プロミスでキャッシングをする際の審査通過率は、近年右肩上がりで上昇しています!

これは2014年から2018年10月までの審査通過率の推移を、アコム・アイフルと比較した一覧表ですが…

2014年と比較すると、プロミスはなんと7%も審査通過率が向上しています!!

そう、プロミスキャッシングの審査は、ほぼ2人に1人の確率で通過できるというコト。

100%とは断言できませんが、データだけを見ていればアコムやアイフルよりも審査に通りやすいかもしれませんね。

プロミスキャッシングの体験談 良い&悪い口コミ評判

プロミスのキャッシング方法や流れを知る前に、まずは体験者の口コミ評判を知っておくのはとても大切!

すごいカード相談所が、プロミスキャッシングの体験口コミ評判を集めました。

体験者の口コミをチェックしておけば、審査を通りやすくするコツが見えてきますよ♪

プロミスキャッシングの審査に通った人の口コミ評判体験

まずは審査に通ってプロミスでキャッシングをしたことがある人の体験談!

ここをチェックしておくと、キャッシングの大まかな流れが垣間見られますよ♪

他社で限度額いっぱいまで借り入れしている人の口コミもあるので、ぜひ参考にしてください。

希望額より10万円少なくなったが、審査には通過した

ネット完結で申し込みをしましたが、翌日には仮契約のメールがきました。
フォームに必要事項を記載して本契約に進むとオペレーターから連絡がありました。
ここで、記載事項の確認と業務内容を聞かれて、翌日に在籍確認の連絡があり、審査が終了しました。一連の流れはスムーズで、申し込みの翌日には借り入れ可能になりました。

【愛知県/40代・男性/会社員】

1万円だけを借りるためにプロミスに申し込みました

お金を借りる事が初めてだったので、凄く緊張したのを覚えています。私はプロミスの無人機で審査しました。待ち時間はそこそこ長かったですが、ウトウトしてる間に審査は通り、借りる事が出来ました。私は本当に足りなかった1万円だけ借りて、翌日給料が入り次第すぐに返済しました。プロミスはすぐに返せば利息ゼロだったので、助かりました。それ以降は借りてません。

【東京都/30代・女性/主婦】

アコムからの借入がありましたが、審査に通りました

プロミスに借りる前にアコムからすでに借り入りており、限度額一杯まで利用をしていました。WEBで申し込んで1時間程度で仮審査通過の連絡が来ました。その後はすぐに無人契約機に必要書類を持って行き本審査も1時間程度で終わりました。基本的にはWEBで登録した内容以外のことはこと細かく聞かれることはありませんでした。オペレーターは女性の方でしたが丁寧でしたし、全く不快に思うことはありませんでした。

【北海道/30代・男性/派遣社員】

プロミスキャッシングの審査に落ちた人の口コミ評判体験

次に、プロミスキャッシングの審査に落ちた人の体験談!

実際の生の意見を元に、審査に落ちやすいポイントを分析しましょう。

総量規制ギリギリの金額だったのが問題でした

生活費が必要となり借入をしていたのですが、その借入も苦しくなり新しくプロミスを申し込みました。
自分でも借入額を理解していましたがそれでも借りられるかなと思って申し込みましたがダメでした。年収約300万円で借入希望額は30万円。総量規制の額ギリギリだったのが問題だと思います。

【大阪府/30代・男性/会社員】

転職してすぐだったのがダメだったのかな

転職をして給料日までの生活費がどうしても足りず、10万円でもあれば生活して行けると思い申込みをしました。
審査時間は本当に早かったです。15分くらいで結果を伝えてもらいました。聞かれたことは他にも借り入れがありますかと、年収と勤務先の名前、住所、勤務年数などを聞かれました。年収は600万円で総量規制にもかからない金額だったので通ると思っていましたがダメでした。転職してすぐだったのが原因かなとは思っています。

【京都府/30代・男性/会社員】

過去にクレジットカード払いを送れたことが何度かありました

海外旅行で急にまとまった金額が必要になり申し込みました。
希望額は50万円、その時の年収は370万円でした。また、会社に在籍確認をする場合があるからと勤務先の電話番号も聞かれました。結果的には審査に落ちてお金を借りることはできませんでした。過去にクレジットカード払いを遅れたことが何度かあり、個人情報信用機関に記録されていたのだと思います。

【大阪府/20代・女性/会社員】

う~ん、それぞれ審査に落ちた理由が様々ですね…。

プロミスのキャッシングの口コミ評判に関しては、「口コミ・2chに見るプロミスの審査・増額・おまとめ・レディース評判」で詳しく解説しています。

プロミスでキャッシングできない?!審査に落ちやすい5つのパターン

プロミスでキャッシングできない理由を口コミ評判から分析していると、5つのパターンがありました。

もちろん100%ではありませんが、審査のポイントとして覚えておくと役立つかもしれません。

①借り入れ金額(総額)が総量規制に引っかかっている

プロミスだけではなく消費者金融系のカードローンでキャッシングをする時、貸金業法の「総量規制」で「借り入れできる金額は年収の1/3まで」と定められています。

これは借り過ぎを防ぐための法律で、既に消費者金融系のカードローン複数社から借り入れをしている場合も総量規制が適用されます。

借り入れしたい金額が年収の1/3を超えている、もしくは他社カードローンとの総額が年収の1/3に近い場合は総量規制が原因かもしれません。

②属性が借り入れ条件を満たしていない

プロミスでは安定した所得がある20歳~69歳の人であれば、キャッシング契約をすることができます。

これは正社員雇用だけではなく、アルバイトや主婦のパートも含まれます。

ただし、「仕事をしていれば誰でもOK」というわけではなく、以下の項目に引っかかると審査に落ちる傾向にあるようです。

  • 勤続年数が1年未満
  • 収入が安定しない職種(フリーランス・投資家・水商売など)
  • 収入が年金や生活保護のみ

この他、属性はクリアしていても条件が合わなければ、利用限度額が低く設定されることもあるようです。

審査時に属性を嘘ついちゃダメ!

「勤続年数なんて嘘書いてもバレないでしょ?」なんて思っていませんか?
勤続年数は社会保険の加入日をチェックすれば、すぐにバレます。嘘を書いて審査を通そうとすると、バレた時点で審査に落ちちゃうかも?!
勤続年数や所得や職種などの属性は、絶対に嘘を書かないようにしましょう。

③借り入れ理由が「生活費」「他社返済」

プロミスキャッシングの審査時に、借り入れ理由を聞かれるかと思います。

このときの理由を、「生活費」や「他社返済」と言うと印象が悪くなるので、審査に落ちやすい傾向にあります!!

借り入れ理由を書くならば「海外旅行」「車の修理代」「資格取得のための学費」など、“どうしようもない理由”や“将来のために繋がる理由”が良いでしょう。

④短期間に何社もの審査を通している(既に3社契約している)

プロミスキャッシングの審査に通るか分からないからと、焦って短期間に何社も審査を通すのはNGです!!

CIC(割賦販売法・貸金業法指定情報機関)の信用情報に審査履歴が残ってしまうため、「短期間に数社に申し込み=お金に困っている」と判断されてしまいます。

また、貸金業者から4社以上の借り入れがある人も、同じくCICに記載されるため審査に落ちます!!

⑤金融事故を起こしている・グループ会社で過去に問題があった

これは当たり前の話ですが、過去に金融事故(債務整理や自己破産や長期滞納)を起こしている場合、CICのデータに記載されてしまうため確実に審査に落ちます。
※5~10年はデータが残ると言われています

意外と見落としがちですが、スマホ代の滞納もアウトですよ!!!

CIC公式サイトで、自分の信用情報を確認できる!

過去に金融事故を起こしたことがある人や、数年前の滞納が引っかからないか気になる人は、以下リンクから自分の信用情報を確認してみましょう。
手数料は1,000円かかりますが、パソコンやスマホで簡単に自分の信用情報をチェックすることができます。

<リンク>CIC(割賦販売法・貸金業法指定情報機関)公式サイト

プロミスのキャッシング方法や流れは?申込みから審査まで最短30分

プロミスキャッシングの審査に通りやすくするポイントを頭に入れたら、次は実際に必要な書類や申し込み方法(流れ)を知っておきましょう。

プロミスキャッシングの申し込みの必要書類は2種類

プロミスキャッシングをどの方法で契約にする場合にも、「本人確認書類」や場合によっては「収入証明書」が必要となります。

①プロミスキャッシングの本人確認書類

プロミスキャッシングを始める人は、本人確認書類(以下の3つのうちのどれか)の提出が必要となります。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 健康保険証+住民票
    (外国籍の人は在留カードか特別永住者証明書)

②50万円以上の借り入れなら収入証明書類も提出

プロミスでのキャッシング希望額が50万円を超える、または他社での借り入れとの合計金額が100万円を超える人は収入証明書類の提出が必要となります。
※該当しない人は不必要

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給料明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)
プロミスの必要書類については、「プロミスの必要書類って?収入証明書を提出する3つのメリット」で詳しく解説しています。

プロミスキャッシングの申し込み方法は5種類

プロミスキャッシングの申し込み方法は以下の5種類があり、平日・土日祝によって受付時間が異なります。

平日の受付土日祝の受付
インターネットWEB24時間365日24時間365日
電話9:00~22:009:00~22:00
自動契約機9:00~22:009:00~22:00
店頭窓口10:00~18:00×
郵送いつでもOKいつでもOK
プロミスの土日祝の営業時間に関しては、「【プロミス】土日祝日の営業時間は?申込・借り入れ・返済方法を図解!」で詳しく解説しています。

インターネットで申し込みの流れ

プロミスキャッシングのインターネットWEB申し込みは「フル入力」と「カンタン入力」の2種類あり、事前の入力項目の多さで流れが少し変わってきます。

カンタン入力の流れ
  1. プロミス公式サイトへアクセス
  2. カンタン入力を選択
  3. 一次審査完了後に電話連絡
  4. 本審査用の質問
  5. 本人確認書類の提出
  6. 審査(在籍確認)
  7. 契約完了
  8. 希望の方法でカードを発行
フル入力の流れ
  1. プロミス公式サイトへアクセス
  2. フル入力を選択(約35項目)
  3. 本人確認書類の提出
  4. 審査(在籍確認)
  5. 契約完了
  6. 希望の方法でカードを発行

カンタン入力は入力の手間が省けますがその後電話で確認があり、口コミ体験談などを見ていると所要時間は20分が目安のようです。

また、フル入力は入力の手間がかかるものの、不備がなければ電話連絡がないので楽!
口コミ体験談を見ていると、15~20分で完了するようです。

ちなみに、家族にバレたくない人はウェブ申し込みがおすすめ!「プロミスの郵便物をなくす方法【封筒が届いても家族にバレない?】」で詳しく解説しています。

自動契約機や店頭で申し込みの流れ

自動契約機や店頭での申し込み
  1. 必要書類を準備
  2. プロミスの店舗・自動契約機へ来店
  3. 申し込み内容を入力(記入)
  4. 審査
  5. 契約完了
  6. その場でカードの受け取り

プロミスのキャッシング申し込みを自動契約機や店頭ですると、来店の手間はかかるもののその場でカードが発行されるのでおすすめです!

自動契約機にはコールセンター直通の電話があるし、店頭だとスタッフに任せられるので安心ですね。

自動契約機は土日含めて22:00まで営業していますが、店頭は平日18:00までとなるので気を付けましょう。

電話で申し込みの流れ

電話申し込み
  1. コールセンターに電話
  2. ・0120-24-0365(プロミスコール)
    ・0120-86-2634(レディースコール)

  3. 審査に必要な項目の質問
  4. 審査(在籍確認)
  5. 店頭か自動契約機へ来店
  6. 契約書類の作成
  7. 審査(在籍確認)
  8. 契約完了
  9. カードの受け取り
  10. ※④以降は郵便対応可能

融資を急いではおらず、インターネットでの申し込みが苦手な人におすすめなのが電話での申し込みです。

ただし郵送だけで済ませようとすると時間がかかるし、すぐにカード発行をしたければ来店の手間はかかります。

郵送で申し込みの流れ

郵送での申し込み
  1. ネットか電話で申込書請求
  2. 申し込み書類を記入
  3. 必要書類のコピーを準備
  4. ②③を同封して郵送
  5. 審査(在籍確認
  6. 契約の完了
  7. カードの郵送

「プロミスキャッシングを誰にも会わずに契約したいけど、ネット操作は苦手」という人におすすめなのが、郵送からの申し込みです。

どちらにせよ申込書の請求でネット操作や電話があるので、あまり現実的ではないかも?

どうしても自動契約機に行くのが嫌な人限定で、郵送での申し込みを検討しましょう。

プロミスキャッシングの審査可能時間(9:00~21:00)に注意!

また、審査の可能時間は平日も土日も9:00~21:00なので、即日融資希望の人は間に合うように申し込みしないといけません。

即日融資希望の場合、余裕を持つなら午前中までに必ず申し込み完了しておきましょう。

ちなみに、すごいカード相談所スタッフがプロミスのコールセンターに問い合わせたところ、

「混雑状況によるので確実とは言い切れないですが、18:00までにはお申し込みいただければ大丈夫かと思います」との事でした。

そして、22:00までに自動契約機でカードの発行を済ませましょう。

プロミスの即日融資に関しては、「プロミスの即日融資って何時まで?確実に借りる方法を解説【土日OK】」で詳しく解説しています。

プロミスキャッシングの審査(在籍確認)について

プロミスキャッシングの申し込みには、必ず審査(在籍確認の電話)があります。

「勤務先に在籍確認をされるとバレるんじゃ…」なんて不安に思う人も多くいると思いますが…

「プロミスのコールセンタースタッフのレベルは高い」との口コミ評判が多いので、まずバレることはないかと思います。

まず「プロミス」と名乗らずに個人名で電話がかかってくるし、事前にコールセンタースタッフの性別を事前に指定するともできます。

プロミスは消費者側の目線で細やかな気遣いをしてくれるので、安心してください。

どうしても電話での在籍確認が嫌な人は…

同じ三井住友銀行グループのSMBCモビットなら、WEB完結を選択すれば書類での在籍確認ができます!

在籍確認なしのSMBCモビットの書類審査に関しては、「SMBCモビットの3つの特徴と他のカードローンにはない強み」で詳しく解説しています。

プロミスは即日キャッシングOK!借り入れ方法は?手数料無料のATMは?

プロミスキャッシングの審査に通ってカードを発行できれば、即日キャッシングOKです◎

キャッシング方法は沢山あり、手数料無料の方法とかかる方法があるので注意が必要です。

プロミス借り入れ時の手数料一覧
プロミスATM無料7:00~24:00
三井住友銀行ATM無料9:00~21:00
銀行口座振込(※)無料24時間即振込
店頭借り入れ無料平日10:00~18:00
提携ATM有料要問合せ

※三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・ゆうちょ銀行・ジャパンネット銀行・楽天銀行は手数料無料、その他の銀行は手数料が発生
※ATMの営業時間は、店舗によって異なる場合もあります

プロミスキャッシングの詳しい借り入れ方法に関しては、「プロミスATMの営業時間と設置場所【手数料0円で借入・返済する方法】」で詳しく解説しています。

プロミスATMと三井住友銀行のATMなら手数料無料でキャッシングOK

プロミス店舗や自動契約機の隣にある自社ATM、そしてグループ会社の三井住友銀行のATMから手数料無料でキャッシングができます。

ちなみに、プロミスATMは全国に1,157台、三井住友銀行は全国に442店舗あるため、必ず立ち寄れるATMがあるかと思います。

指定の銀行口座振り込みも手数料無料、24時間対応OK!

プロミスキャッシングは、都合のいい銀行口座を指定すれば手数料無料で口座り込みをすることもできます。

更に、以下の銀行口座があれば“即フリ”サービスを利用できるため、24時間いつでも口座振り込みを無料で利用できます!!

即フリ対応銀行口座
三井住友銀行24時間
三菱東京UFJ銀行24時間
ゆうちょ銀行24時間
ジャパンネット銀行24時間

手続きをしてから振込されるまでは、なんと約10秒!!

この4行であれば誰でも口座を持っていると思うので、気軽に利用できますね♪

プロミスキャッシングの瞬フリに関しては、「プロミスの瞬フリを他社の振込サービスと比較【最短10秒】」で詳しく解説しています。

店頭での借り入れも、もちろん手数料無料

プロミスキャッシングは、店頭での借り入れも手数料無料!

ATM操作が苦手な人でも利用ができますが、平日10:00~18:00しか営業していないのでご注意を!

提携ATMでの借り入れは手数料がかかるけど、利便性は抜群

プロミスキャッシングでは、手数料はかかるものの提携ATMから借り入れも可能です!

1万円以下の利用だと手数料は108円、1万円以上の利用だと手数料は216円となります。

提携ATMは以下の銀行なので、「すぐにキャッシングしたいけど無料ATMが近くにない!」という時に利用しましょう。

提携ATM(手数料有料)
ゆうちょ銀行・E-net・ローソンATM・セブン銀行・東京三菱UFJ銀行・西日本シティ銀行・イオン銀行・横浜銀行・東京スター銀行・第三銀行・福岡銀行・熊本銀行・親和銀行・広島銀行・八十二銀行・クレディセゾン

※ゆうちょ銀行はWEB明細の利用が必要

セブンATMなら、カードなしでアプリ借り入れができます!!

手数料はかかるもののカードレスで借り入れできるので、手元にカードがない時でもスマホさえあればキャッシングできます◎

プロミスキャッシングの利息は?最低返済額(約定返済額)とは?

プロミスキャッシングの金利(実質年率)は、4.5~17.8%と公式発表されています。

初回のキャッシングでは基本最大金利である17.8%が適用されますが、プロミスはアコムやプロミスよりも最大金利の実質年率が低いです!

金利
プロミス4.5~17.8%
アイフル3.0~18.0%
アコム3.0~18.0%
レイクALSA4.5~18.0%
SMBCモビット3.0~18.0%

0.2%の差なのでそこまで利息差はありませんが、同じ返済シミュレーションで同じ金額を同じ期間で返済していくなら、少しでも安いに越したことはありません♪

アイフルやアコムの方が3.0%と金利が安いけど…

プロミスの最低金利は4.5%となっていて「アイフルやアコムの3.0%の方がお得なんじゃないの?」なんて思っちゃいますが…

これは借入できる最大金額がプロミスは500万円、アコムやアイフルは800万円と、借り入れ上限額の差によるものです。

そもそも消費者金融で500万円借り入れできるのは年収が1500万円以上、更に長期的に借り入れをしている人限定となるのであまり気にしなくていいです。

プロミスは無利息期間が実質長い

消費者金融系のカードローンキャッシングといえば、「〇日間無利息」が魅力的なサービスですよね。

プロミスの無利息サービスは「初めての借入日から30日間無利息」になるので、他社の「契約の翌日から30日間無利息」よりも実質期間が長くなります!!

プロミスなら自分のタイミングで借りられるので、無利息期間を無駄にすることがありません◎

将来的にキャッシングをするかもしれない…という人は、予めお守り代わりにプロミスの契約をしておくのもアリかもしれませんね。

プロミスキャッシングの最低返済額(約定返済額)は低い

プロミスキャッシングは自分で毎月の返済額を決められますが、「毎月最低返済額(約定返済額)」が決められています。

これは「毎月最低でも〇円は返済してくださいね」という意味で、余裕があるときは上乗せして返済をすればOKです。

残高最低返済額
5万円2,000円
10万円4,000円
30万円11,000円
50万円13,000円

残高が少なくなればなるほど最低返済額は安くなり、返済が楽になります。

だからと言って最低返済額で返済し続けると、利息が膨れ上がるのでおすすめしません!

随時返済をしよう!

随時返済とは、毎月の約定返済とは別で任意の金額を返済することです。
カードローンは元金に対して利息がかかるため、随時返済することで効率的に元金や利息を減らすことができます。

プロミスキャッシングは返済方法が豊富!コンビニ返済の手数料無料!

プロミスキャッシングは返済時の利便が良く、手数料無料の返済方法が沢山あります。

ちなみに、大手カードローンの中でも、プロミスの返済時の利便はズバ抜けて優れています!

借り入れは1度でも、返済は毎月だからから、手数料なしや利便性はとても大切です。

これから手数料無料と有料に分けて、プロミスの返済方法を紹介していきます。

プロミスキャッシングの返済方法に関しては、「プロミスATMの営業時間と設置場所【手数料0円で借入・返済する方法】」で詳しく解説しています。

プロミスキャッシングの手数料無料の返済方法

プロミスキャッシングの手数料無料の返済方法は、以下の8種類があります。

プロミス借り入れ時の手数料一覧
WEB返済無料24時間
ローソンLoppi無料24時間※
ミニストップLoppi無料24時間※
ファミマFamiポート無料24時間※
プロミスATM無料7:00~24:00
三井住友銀行ATM無料9:00~21:00
店頭返済無料平日10:00~18:00
口座振替無料

※日曜23:00~月曜7:00までは利用できません
※一部店舗では営業時間が異なることがあります

コンビニのマルチメディア端末での返済が便利


【画像左:LOPPI 画像右:Famiポート】

コンビニのマルチメディア端末を使った返済方法は24時間いつでもOK、更に手数料も無料になります◎

コンビニのマルチメディア端末とはコンビニのレジ横にあるコンサートチケットなどの支払いでも利用される機械のことで、銀行ATMとは違うのでご注意を!
※コンビニATMは手数料がかかります

自分のタイミングでコンビニに行って返済できるので、返済日を取り逃すことなく利便性も抜群!

あえてデメリットを書くとすれば、コンビニ返済はレジで支払いをするため店員さんに「プロミスの返済か」とバレてしまうことです。

プロミスATMや三井住友銀行ATMも利便性は◎

プロミスキャッシングの返済は、自社ATMや三井住友銀行のATMも手数料無料で利用できます。

人と顔を合わせることもなく返済が可能、消費者金融のATMに行くのが嫌なら三井住友銀行のATMが利用できます◎

記事の中盤でも紹介しましたが、プロミスATMは全国に1,157台、三井住友銀行は全国に442店舗あるので確実に足を運べる範囲にATMがあります。

手数料はかかるけど、返済可能な提携ATMも沢山ある

プロミスキャッシングは、手数料を支払えば提携ATMから返済OK!

1万円以下の利用だと手数料は108円、1万円以上の利用だと手数料は216円となります。

提携ATMは、以下の銀行となります。

提携ATM(手数料有料)
ゆうちょ銀行・E-net・ローソンATM・セブン銀行・東京三菱UFJ銀行・西日本シティ銀行・イオン銀行・横浜銀行・東京スター銀行・第三銀行・福岡銀行・熊本銀行・クレディセゾン

プロミスは、これからキャッシングを始める初心者さんにおすすめ!

プロミス 新キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン

プロミスのキャッシングは、大手カードローン会社の中でも特にサービス面が優れています!!

プロミス・アコム・アイフルのサービス比較に関しては、「プロミス・アコム・アイフルのカードローン比較~審査・借り入れ・返済・金利」で詳しく解説しています。
プロミスキャッシングをおすすめする理由

・審査通過率は年々上昇
・「在籍確認がバレにくい」との口コミ多数
・最高金利が他社よりもちょっと低くてお得
・借り入れや返済時の利便が良く、手数料無料が多い
・無利息期間が他社よりも実質長い

プロミスは大手消費者金融系カードローンの中で特にサービスが優れているため、これからカードローンを始めたい初心者さんにおすすめです!

プロミスは初めてキャッシングをするまで利息無料期間が継続するので、カードローンを考えているならまずは持っておいて損はないですよ♪

CTA

クレカ大バナー

ローン大バナー