消費者金融って怖い?プロミスが人気の理由【口コミあり】

お金が必要になったとき、消費者金融で借りるのは気が引けるかもしれません。

どこかマイナスのイメージもありますよね。

なかには「怖い」なんて思っている人もいるかもれません。

しかし、ご安心ください。

大手の消費者金融は取り立てや法外な金利でお金を貸すなんてことは絶対にありません。

ここでは、消費者金融について正しい知識を学んでもらい、なかでもプロミスをおすすめする理由を解説します。

消費者金融とは?

生きていく上で、お金が足りなくて困っている状況に直面することは珍しいことではないと思います。

またお金を借りる手段は、実は多く存在します。

そのなかの一つとして、消費者金融のカードローンが挙げられます。

「街金」「サラ金」とも呼ばれ、多くの人がマイナスのイメージを持っていますが、実際のところはどうなのでしょうか。

消費者金融の概要

消費者金融とは「一般の個人を対象に、無担保での融資事業を中心とする賃金業」を指しています。

※消費者金融の特徴については「消費者金融の意味からメリット・デメリットを経験者が分かりやすく解説!」でも詳しく解説しています。

消費者金融のビジネスモデル

消費者金融はどのように利益を出しているのでしょうか?

それは「利子」です。

消費者金融は個人にお金を返してもらう際に、貸した金額に加えて、利子を受け取っています。

この利子が大きいほど消費者金融側の利益は大きいので、消費者金融は常連の顧客になるほど多くのお金を貸したりするのです

消費者金融の悪いイメージは本当か?

消費者金融は多くの人にマイナスのイメージを持たれているのは事実です。

それは、過去の消費者金融は確かにマイナスイメージの強い業務を行っていたからです。

それでは消費者金融がマイナスイメージを持たれてしまった要因を見てみましょう。

高い利率

現在でも銀行カードローン等と比べると高い利率となっている消費者金融カードローンですが、

以前はもっと高利率でした。※30年前には30%以上が普通でした

そのため返済が滞ると、「元本よりも利息の方が高くなる」といったことが今よりも頻発してしまい、

それが消費者金融で借りると高確率で破産するというようなイメージを作り上げてしまいました。

現在ではグレーゾーン金利(利息制限法に定める上限金利は超えるものの出資法に定める上限金利には満たない金利)の撤廃によって、最大でも年20%までとなっています。

※消費者金融の金利について詳しく知りたい方はこちらも参考にどうぞ!
☛「消費者金融の金利って高いの?金利の仕組みを徹底解説

取り立てがありそう

以前は大手も含め、消費者金融は取り立てまがいの行為がある事例がありました。

また映画やドラマなどで激しい取立を行うシーンが流され、怖いイメージが定着してしまいました。

現在は賃貸業法の改正により、法律によって激しい取立は禁止されており、心配はいりません。

ちなみに賃金業法によって規制されている取立内容とは

  • 自宅訪問を行う場合、2名以内で行うこと
  • 債務者の勤務先まで取りに来てはいけない
  • 乱暴な言葉や大声で脅してはいけない

以上3つです。

闇金の存在

消費者金融はその規模に関わらず、国や都道府県から賃金業として認可されている必要があります。

しかし中小の消費者金融のなかには、認可を得ておらず、違法に営業を行っている消費者金融があります。

それが「闇金」です。

闇金は貸金業として登録されていないのに業務を行っている時点で、すでに違法です。

よって彼らは法外に高い金利を求めてきますし、法律で禁止されている激しい取立も平気で行ってきます。

闇金の存在が消費者金融全体のイメージを落としていることは否めません。

大手消費者金融は安心

現在の消費者金融機関、特に大手ではイメージと現実はかなりかけ離れていて、クリーンな業務を行っています

消費者金融で借りるべき人とは?

お金を借りる方法のなかで消費者金融を選ぶべき人とは一体どのような人なのでしょうか?

今回は消費者金融を初めて借りる人を想定して、大手の消費者金融にフォーカスし、貸付条件や消費者金融のメリット・デメリットから探っていきます。

大手消費者金融で借りるための条件

大手消費者金融ではどこも貸付条件があります。

貸付条件はほとんどの大手消費者金融機関で同じです。

  • 20~69歳である
  • 本人に安定した収入がある

この条件を満たしていなければ、そもそも申込みが出来ません。

しかしこの条件を満たしているからといって、必ずしも審査に通るわけではありません。

大手消費者金融で借りるメリット

メリット① 申込みが簡単

どこの大手消費者金融でも申込み方法は多数あり、顧客は状況に応じて最適な申込み方法を選ぶことが出来ます。

主な申込み方法としては

  • インターネット
  • スマホアプリ
  • 電話
  • メール

以上4つがありますが、最も簡単な申込み方法は「インターネット申込み」です。

①インターネット上の申込書に必要情報を打ち込んで消費者金融へ送信
矢印
②必要書類を提出
矢印
③在籍確認や本人確認などの審査が終わるのを待つ
矢印
④審査に合格したら、web上で契約手続きを行う
矢印
⑤消費者金融から自らの銀行口座に振り込まれる

以上のような簡単な手続きとなっており、全てWeb上で完結することが大きなポイントとなっています。

メリット② 申込みから融資までが早い

インターネット申込みの場合のみですが、審査が最短30分で完了します。

申込み完了から銀行での融資受け取りまで最短1時間

金融機関でお金を借りる手段としては最速の形となっています。

大手消費者金融で借りるデメリット

デメリット① 金利が高い

どこの大手消費者金融も、銀行カードローン等で借りることと比べると金利が2~3%程度高く設定されています。

どこの大手消費者金融も大体3.0~18%の年利率となっています。

100万円以下の借入れであれば、上限金利(18%)での貸付となる場合が多いようです。

また中小消費者金融は大手よりもさらに利率が高い場合が多いです。

デメリット② 総量規制の対象

消費者金融で借りる場合は、総量規制(借入れ総額を年収の3分の1までに制限)の対象となるので、高額融資には向いていません。

自らが高年収ではない限り、消費者金融で借りることはおすすめしません。

これまで大手消費者金融の貸付条件、メリット・デメリットを説明してきましたが、

それらを踏まえて大手消費者金融で借りるべき人は、次のような人です。

「20~69歳の安定した収入がある人のなかで、インターネットでの申込みが可能で、今すぐお金が欲しい人」

デメリットである高い金利や総量規制が気になる方は、消費者金融で借りることをおすすめしません。

生活上必要なお金を借りる場所の主な選択肢

ちなみに、消費者金融以外にもお金を借りる手段はもちろんあります。

人によって借りるべき場所は変わってきますので、その他の方法もご紹介します。

家族・知人・友人

まずは身内の人に借りることを考える方は多いかと思います。

場合によっては利子をつけて返す必要はないし、完全な他人に迷惑をかけることはないので借りやすいからと思われます。

しかし身内と言えど、金銭トラブルが起こる可能性が0ではありませんので、注意が必要です。

銀行カードローン

銀行カードローンとは、銀行が個人向けに融資するローンのことです。

個人向けの融資手段のなかでは、下記の特徴があります。

  • 融資限度額が高い
  • 消費者金融カードローンと比べて金利が低い(上限金利は約15%)
  • 消費者金融カードローンと比べて審査が厳しい

クレジットカードのキャッシング

簡単に言えば、クレジットカード会社にお金を借りることです。

上図のように、そもそもクレジットカードとは、お金を商品という形に変えて借りています。

一方、クレジットカードのキャッシングは、お金を商品に変えずにそのまま現金として貸してくれる仕組みになっているのです。

全てのクレジットカードで借りられるわけではなく、キャッシング機能が付随したクレジットカードのみが有効です。

クレジットカードのキャッシングのメリットとしては「申込みが銀行ATMで手軽にできる」ことがあります。

しかし消費者金融や銀行カードローンと比べてデメリットが多いです。

  • 金利が高い(年利率約18%)
  • 審査に時間がかかる(約1週間)
  • 限度額が小さい(平均50万円)
  • カード紛失時の他者のキャッシング利用は補償外
  • キャッシング枠利用分はショッピング枠から差し引かれる
    =キャッシング利用はショッピング枠を圧迫する
  • 審査が厳しい

このようなデメリットがあります。

クレジットカードのキャッシングを利用するよりもカードローンの利用をおすすめします。

※クレジットカードのキャッシングのデメリットについて詳しく知りたい方は「クレジットカードキャッシングの引き落とし返済の裏にある落とし穴」を参考にして下さい。

緊急小口資金貸付

緊急小口資金貸付とは、都道府県や市町村などの各自治体が行っている

一時的に生活費に困窮した方」を対象に融資を行う支援制度です。

融資は10万円以内と少額ですが、無利息で利用でき、緊急的かつ一時的に資金が必要になった方にとって「ありがたい制度」と言えます。

しかし個人ではなく世帯に対して貸すものであり、さらに低所得世帯でないと貸してくれない制度です。

なので、誰にでも借りられるわけではないのがネックです。

また最短5日の審査時間がかかりますので気をつけましょう。

低所得世帯で、生活上やむを得ない少額の出費がある方におすすめです。

質屋

お金を借りるときにあまり選択肢に入っていないことが多いけど、

人によってはとてもおすすめできるのが質屋です。

質屋とは、お金を借りたい人が自身の所有物を預ける代わりにお金を融資する店舗のことです。

質屋でお金を借りる仕組みは下記の通りです。

  1. まずお金を借りたい人が質屋の店舗に出向き、質屋に自身の所有物を預けます。
  2. 次に質屋は預かった品物の価値を査定し、その査定額分を顧客に融資します。
  3. そして顧客は返金期日までに質屋に対して、借りた元本に利子を加えた額を返さなければいけません。

しかし、もし返金が出来なかった場合は「質流れ」といって、預けていた商品が質屋で他の客に販売されることになります。

質屋の特徴は下記の通りです。

  • 預けた商品分のみ融資が受けられる
  • 返済できなくても信用情報が傷つかない
  • 少額の借入れの場合、消費者金融や銀行カードローンよりも利子が高い
  • 初めての利用の場合、最初の月の利息が0円の場合がある
  • 価値のある品物さえあれば限度額がない
  • 返済出来なくても、利子に苦しめられることがない
  • 返済期間が原則3か月と短い
  • 返済催促がこない

このことから質屋で借りるべき人は下記の人たちです。

☑ 短期間での返済を計画している人

☑ 返済できなくなることにより、信用情報が傷つくことや利子に苦しむ可能性、催促を受ける恐怖が気になる人

☑ 高額な品物を所有している人

消費者金融大手のなかでプロミスの人気が高い理由

ここでは大手消費者金融のなかでも特に人気と知名度の高いプロミスに注目していきたいと思います。

なぜ数ある消費者金融のなかでプロミスは人気なのでしょうか。

プロミスの基本情報

プロミスとは会社名ではなくブランド名

実はプロミスという名前は

SMBCコンシューマーファイナンスという会社の金融商品のブランド名のことです。

SMBCという名前からわかる通り、プロミスという名前で知られるSMBCコンシューマーファイナンスは、大手メガバンクである三井住友銀行グループです。

つまりプロミスはメガバンクの後ろ盾がある、安心感の高い消費者金融機関なのです。

商品

プロミスではお客様のニーズに合わせて様々な金融商品を扱っています。

  • 最も一般的な商品である☛「フリーキャッシング」
  • 女性向けサービスである☛「レディースキャッシング」
  • 複数社からの借入れを一本化することで、返済額を減らす☛「おまとめローン」
  • 個人ではなく自営業者向け商品である☛「自営者カードローン」
  • 使い道が決まっているお客様にフリーキャッシングよりも低い利子で融資を行う☛「目的ローン」

今回の記事では、これ以降、最も一般的なフリーキャッシングに重点を置いて説明していきたいと思います。

プロミスはその他大手消費者金融(アイフル・アコム)と比べて、どこが優れてるの?

プロミスは大手消費者金融のなかでも、トップクラスの人気を誇っている消費者金融機関です。

なぜプロミスは多くの人に選ばれているのでしょうか。

そこで今回はプロミスと大手消費者金融の一角であるアコム・アイフルを徹底比較して考えていきたいと思います。

プロミスアコムアイフル
金利4.5%~17.8%3.0%~18.0%3.0%~18.0%
無利息期間30日間利息0(初回利用のみ)30日間利息0(初回利用で返済期日35日ごとの契約のみ)30日間利息0(初回利用のみ)
限度額500万円800万円800万円
審査時間最短30分最短30分最短30分
主な提携金融機関・ATM三井住友銀行三菱UFJ銀行三菱UFJ銀行
セブン銀行セブン銀行セブン銀行
EnetEnetEnet
ローソン銀行ローソン銀行ローソン銀行
イオン銀行ゼロバンクイオン銀行
三菱UFJ銀行イオン銀行
ゆうちょ銀行
ATM手数料〇三井住友銀行☛無料1万円以下☛108円1万円以下☛108円
〇その他金融機関ATM1万円越☛216円1万円越☛216円
1万円以下☛108円/1万円越☛216円
返済期日毎月5,15,25,末日のいずれか35日ごとor自ら設定する毎月の指定日自ら設定する毎月の指定日
店舗+無人契約機数有人店舗18有人店舗22有人店舗25
自動契約機995自動契約機1020自動契約機850
三井住友銀行カードローン契約機約700
[合計] 約1683[合計] 1042[合計] 875
カードのデザイン

上の表は、プロミス、アコム、アイフルを様々な項目で比較した一覧表になっています。

3社とも大手というだけあって基本的なスペックに大きな違いはありませんが、細かい部分でいくつか違いが見受けられます。

そのなかでも他の2社と比べて、プロミスが勝っている点は黄色、逆に劣っている点は赤色になっています。

プロミスがアコム・アイフルより優れている点は主に下記の4つです。

  • 上限金利が少しだけ低い
  • 三井住友銀行ATMでのご利用は手数料無料
  • ゆうちょ銀行が利用できる
  • プロミスと契約する際、三井住友銀行カードローンの無人契約機が利用出来る

逆に、プロミスがアコム・アイフルより劣っている点は2つです。

  • 限度額が低い

プロミスはその限度額がアコム・アイフルより低く、500万円までとなっています。

ただし、消費者金融の借入れでは総量規制(年間で収入の3分の1までしか融資を受けられない)が適用されるため、限度額の上限まで借りられるのは、高所得者の方に限られます。

高所得で、500万円以上の借入れを目的とする方以外は問題なくプロミスで借りられます。

  • 消費者金融であることがすぐバレてしまうカードのデザイン

プロミスのカードのデザインセンスは悪くないですが、

カードのど真ん中に「SMBC CONSUMER FINANCE PROMISE」と書かれているため、

人に見られたら一発でバレてしまうデザインになっています。

以上のことから考えるプロミスで借りるべき人とは下記の人たちです。

☑ 少しでも金利を安くしたい方
☑ 三井住友銀行の口座を持っている
☑ ゆうちょ銀行の口座を持っている
☑ 近くにプロミスか三井住友銀行カードローンの無人契約機がある方

3社の比較については「プロミス・アコム・アイフルのカードローン比較~審査・借り入れ・返済・金利~」でもっと詳しく解説しています。
プロミス 新キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン

三井住友銀行(SMBC)とプロミスの関係は?

プロミス=SMBCコンシューマーファイナンスのこと

先述しましたが、プロミスは会社名ではありません。

SMBCグループの一企業であるSMBCコンシューマーファイナンスのブランド名なのです。

しかし元々はプロミスとは社名であり、SMBCグループではありませんでした。

2004年、まだ企業であったプロミスは三井住友フィナンシャルグループと戦略的提携を始め、

2012年にSMBCグループの完全子会社となり、会社名をSMBCコンシューマーファイナンスに変更しました。

なぜプロミスはSMBCグループになったのでしょう。

それは2010年に施行をされた改正賃金業法の影響により、消費者金融業を営む企業は軒並み経営が厳しくなってしまったことが原因です。

かねてより銀行カードローンの審査のノウハウを欲していたSMBCは

経営難のプロミスを買収することで、そのノウハウを得たのです。

SMBCコンシューマーファイナンス=三井住友銀行カードローンの保証会社

プロミス(SMBCコンシューマーファイナンス)だけではなく、三井住友銀行もカードローンを行っています。

しかし元々三井住友銀行は、カードローン事業において重要な部分である「審査」に関するノウハウが足りていませんでした。

「誰に貸したら利益になるのだろう」「どんな人が踏み倒す可能性が高いのだろう」

といったことは長年の経験と蓄積データがないとわかりません。

その経験やデータを持っているのが、長年消費者金融業を営んできたプロミスです。

上の図は三井住友銀行カードローンとSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)の関係性を表した図です。

まず資金需要者が三井住友銀行に対して、融資の申込みを行い、

次に三井住友銀行に代わって、SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)が融資可能かどうかを代理で審査を行い、

もし審査に通れば、三井住友銀行が資金需要者に対して融資を行います。

つまりSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)とは、三井住友銀行に代わって三井住友銀行カードローンの審査を行う存在であり、

三井住友銀行の保証会社という立ち位置なのです。

まとめ

☑ 消費者金融とは「一般の個人を対象に、無担保での融資事業を中心とする賃金業」

☑ 消費者金融の利益は「利子」

☑ 消費者金融は厳しい取立てはしない

☑ 消費者金融は昔ほど高利ではない

☑ 消費者金融で借りることのメリットは「申込みが簡単」「申込みから融資までが早い」

☑ 消費者金融以外にもお金を借りる手段はたくさんある

☑ プロミスが人気な理由は

  • 上限金利が低い
  • ゆうちょ銀行と提携している
  • 三井住友銀行で融資を受け取れば手数料が無料
  • 三井住友銀行カードローンの無人契約機でも契約できるので、無人契約機の数が圧倒的に多い
  • オペレーターの質が高い

☑ コールセンターは「プロミスコール」と「レディースコール」の2か所

☑ プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランド名

☑ プロミスは三井住友銀行の保証会社

CTA

クレカ大バナー

ローン大バナー