【コンビニ別】プロミスの返済・借入方法まとめ!

プロミスといえばTVのCMでもおなじみの大手消費者金融です。

ちょっとピンチな時にはとても心強いキャッシング(融資)サービスですが、コンビニごとの利用状況の違いは意外と知られていません。

この記事ではプロミスをコンビニで利用しようか悩んでいる方向けに、コンビニ別の特徴と注意点を徹底解説します!

プロミス 新キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン

プロミスは全国のコンビニで借入・返済できる

プロミスはセブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップ、サークルKサンクス・・・。全国のコンビニエンスストアで借入・返済ができます。

コンビニによって特徴が異なるので、それぞれを詳しく解説してます。

【コンビニ別】プロミスの返済・借入方法~営業時間、手数料まとめ~

セブンイレブンはカードレス利用と千円単位の入出金が可能!手数料は発生

日本一の店舗数を誇るコンビニといえば「セブンイレブン」
セブンイレブンでプロミスを利用するには店内に設置されている「セブン銀行ATM」を使用することになります。

セブン銀行ATMでプロミスを利用する際、営業時間はプロミスの営業時間とセブン銀行の営業時間が重なっている時となります。

基本的にはどちらも24時間対応です。
しかし、以下の時間帯はセブン銀行ATMとプロミスそれぞれのシステムメンテナンスのため、ATM自体が利用できなくなったり、キャッシング全般を利用できなくなります。

メンテナンス時間

セブン銀行ATM毎月第3日曜日の翌日(月)0:30~5:30
プロミス毎週月曜日0:00~7:00

またセブン銀行ATMからキャッシングを利用する場合は、利用額別に以下の手数料が発生します。

1万円以下108円
1万円超216円

セブン銀行ATMの他のコンビニにない2つの特徴

特徴① カードレスで使える

一つは「プロミスのカードを使用しなくても利用可能」であること。

専用アプリでプロミスを利用すればカードの持ち歩きが不要であるため、普段持ち歩きたくない方や、申込みが旅行先でカードの受取が行えない方などは重宝するでしょう。

返済と借入いずれも利用可能で、プロミスを申し込んでからカードが発行されるのを待たずに即利用ができるようになるので、スマートフォンを持っているならぜひ利用したいサービスです。

特徴② 千円単位で引き出せる

二つ目は全てのATMの中で唯一「出金(引き出し)に限り千円単位の利用が可能」なコンビニATMであること!

セブン銀行ATM以外のコンビニATMは万単位の取引しか出来ないので、少額を借りたいときにはセブン銀行が便利ですね。
以上の2点は他のコンビニにはないセブンイレブンだけの大きな強みといえます。

セブンイレブンのデメリット

  • 手数料無料で借入・返済できる方法がない
  • 沖縄に店舗がない

後ほど解説しますが、ファミリーマートやローソンの「マルチメディア端末」ではプロミスの返済が可能です。

そして、マルチメディア端末は手数料は無料です。

しかし、セブンイレブン専用マルチメディアステーション(MMS)「マルチコピー機」は、プロミスのキャッシングに未対応です。

沖縄にもセブンイレブンが!!

2019年をめどに100店舗の出店予定がすでに公表されており、以降5年以内に250店舗まで店舗数を拡張する計画があります。
すでに現地法人の「セブン-イレブン・沖縄」が設立され、出店のための建設計画など環境づくりに着手している状態なので、このデメリットもいずれはなくなると考えて良いでしょう。

ファミリーマートはファミポート利用で入金(返済)手数料が無料!

西武ホールディングスや西武鉄道と提携し、一般的なコンビニ設置とは別に関連鉄道内の駅中コンビニとしても広がりを見せるファミリマート(駅中の店舗名はTOMONY)。

ファミリーマートやTOMONYでプロミスのキャッシングを利用する場合は、店内の「E-netATM」もしくは「ゆうちょ銀行ATM」を使用することになります。

※ゆうちょ銀行ATMを利用する場合はプロミスの公式サイトで「WEB明細の事前登録」 をしておく必要があります。

それぞれのATMとプロミスの営業時間が重なっている間は利用ができますが、毎日若干のメンテナンス時間や営業時間外が発生し、その間は利用ができないため注意が必要です。

E-netATM営業時間外毎日23:55~0:05
ゆうちょ銀行ATMメンテナンス毎日3:00~5:00の間で15分間程度
プロミス営業時間外毎週月曜日0:00~7:00

また、E-netATM・ゆうちょ銀行ATMからキャッシングを利用する場合は、利用額別に以下の手数料が発生します。

1万円以下108円
1万円超216円

Famiポートなら手数料がかからない

各ATMの利用には入出金いずれも手数料が発生しますが、ファミリーマートの利点として入金(返済)に限り、店内のマルチメディアキオスク端末(MMK)「Famiポート」を利用することで手数料が無料になります。

1円単位で返済できる

出金(引き出し・借入)には利用できませんが、返済手続きをFamiポートで申し込み、任意の金額を選択後、発券されたレシートを普通の買い物と同じ様にレジに出すとレジでの現金精算が可能です。
1円単位での精算ができるため端数なく入金(返済)できる上、手数料無料はとても便利!

Famiポートのデメリット

  • プロミスの支払いであることがバレる
  • 入金(返済)が即反映されない
  • メンテナンス時間がある

デメリットとしてはFamiポートでの精算なので、映画やアミューズメントチケット、その他ウェブマネー購入と全く同じ様に「プロミスの返済」であることがはっきり書かれた大きな専用の控えが発行されてしまうこと。

記載内容に誤りがないかの確認を求められる事は勿論、店員さんに押印を頂き封筒に入れて渡されるので、他人に消費者金融の利用を知られたくない人にとってはとても抵抗感があるかもしれません。控えを店員さんに見られても別に構わないという場合は、オススメできる入金(返済)方法です。

Famiポートの画面操作もたったの4ステップ。手数料も無料になるなどお得で便利な入金(返済)方法なので、是非活用しましょう。

残高反映時間&メンテナンス時間にも注意

Famiポート利用での入金(返済)記録は翌営業日に確認されます。 なので、入金日はコンビニで支払った日付で記録されるものの、その入金(返済)履歴自体をすぐには確認できないのです。

レジでの支払いが終わった当日は反映されていないので、特に土日祝を挟むなどの場合は慌てず反映されるのを待ってみましょう。

そしてATMとは別にFamiポート自体のメンテナンスがあるため、以下の時間帯はFamiポート経由の入金(返済)は利用できなくなります。

メンテナンス時間
Famiポート毎週月曜日2:30~5:00、及び毎日早朝に40分程度

ローソン&ミニストップはLoppi利用で返済手数料が無料!

様々な系列コンビニやオリジナルブランド商品の展開などが活発な三菱グループに属するローソン。そして、イオングループに属し店内調理・店内イートインコーナーを設置するコンビニの先駆けであるミニストップ。

いずれもプロミスのキャッシングを利用するためには店内の設置ATMである「ローソンATM」や「E-netATM」を使用することになります。

一般的なATMと異なり、ローソンAMTは全店舗のメンテナンスを一斉に行わず順繰りに実施することから、利用できない時間を事前に公式サイトでチェックする必要があります。

また、ローソンとミニストップは店舗によって設置されているATMが金融機関直営のケースがあるので、その場合は各金融機関ごとに利用不可の時間帯が発生します。

ATMを利用できない理由と時間帯
 理由時間帯
ローソンATMメンテナンス公式サイトで該当店舗をチェック
E-netATM営業時間外毎日23:55~0:05
各種金融機関直営メンテナンス等各金融機関のWEBサイトをチェック
プロミスメンテナンス毎週月曜日0:00~7:00

また、各種ATMからキャッシングを利用する場合は、利用額別に以下の手数料が発生します。

1万円以下108円
1万円超216円

Loppiは手数料無料で返済できる

各ATMの利用には入出金いずれも手数料が発生しますが、店内設置のMMK「Loppi」を使用した入金(返済)に限り手数料が無料に!

もちろん1円単位で返済できる

画面操作は8ステップとFamiポートよりやや煩雑になりますが、発券されたレシートをレジに持っていけば1円単位での現金精算が可能です。

Loppiのデメリット

  • プロミスの支払いであることがバレる
  • 入金が残高に当日反映されない
  • メンテナンス時間が分からない

マイナス点としては、Famiポートと同じく大きめの控えが発行されてレジの店員にプロミスの支払いであるとバレてしまうことです。 人知れずプロミスを利用したい方は注意しましょう。

入金(返済)履歴の確認が当日に行えない点にも要注意です。

そしてATMとは別にLoppi自体のメンテナンスが稀にあるのですが、メンテナンスが行われる日時は決まっていません。メンテナンスを実施する際は公式サイトでアナウンスされ、メンテの間はLoppiの機能がほとんど利用できなくなります。

この時間帯は毎回長時間に及ぶようで、全国一律で操作ができなくなり、ローソンでLoppiを使おうとして初めてメンテナンス中であることがわかった、なんてことも起こりえます。

急いでいるときはパニックになる可能性もあるので公式サイトでご確認下さい。

ローソン公式ページ

その他コンビニは大きな違いなし。ATMの種類に注意

ファミリーマートと繋がりの深いサークルKや、Dailyヤマザキ、スリーエフやポプラなど、その他チェーン店を持つ全国展開のコンビニや地域密着型の中小規模のコンビニの場合、設置されているATMは地域信金型から地方銀行型など多岐にわたります。

これらのコンビニでプロミスのキャッシングを利用する場合は、プロミスと提携している各種ATM(セブン銀行ATM・E-netATM・ローソンATM・ゆうちょ銀行ATM)が設置されている店舗を探す必要があります

なお、ファミリーマートと提携しているサークルKのMMK「Kステーション」ですが、現時点ではプロミスの入金(返済)には対応していません
手数料無料の入金(返済)が行えないことに注意しましょう。

プロミスユーザーのチェックリスト!!【コンビニ別利点と注意点まとめ】

ここまでプロミスを利用する際の各コンビニの違いをご紹介してきました。

改めてそれぞれの違いを簡潔にまとめると以下のようになります。

コンビニ名ATM・MMK名利点と注意点
セブンイレブンセブン銀行ATMアプリ連携でカードレス利用が可能。
出金(引き出し・借り入れ)が低額(千円)から出来る。
全国店舗数No.1だが、2018年時点で沖縄県には店舗がない。
ファミリーマートE-netATM
ゆうちょ銀行ATM
Famiポート
Famiポート利用での入金(返済)は手数料が無料。
駅中コンビニにもATM・Famiポート設置あり。
Famiポートの画面操作は簡単。
ローソン
ミニストップ
ローソンATM
E-netATM
Loppi
ローソンATMとLoppiのメンテナンスが不定期。
Loppi利用での入金(返済)は手数料が無料。
まれにLoppiのメンテナンスが長時間になる。
その他コンビニ店舗によるプロミス対応のATMがあれば利用できる。

少額の出金(引き出し・借り入れ)を行いたい場合や、カードレスのATM利用ができるのはセブンイレブンだけの強みですが、手数料無料のサービスはありません。

入金(返済)に限ればファミリーマートか、ローソン・ミニストップを利用すると手数料が無料になってお得です!

駅中での利用や、可能な限り楽な入金(返済)操作を希望する場合はファミリーマートの利用がオススメです。

その他のコンビニはプロミス対応ATMがある店舗を利用しましょう。

どのコンビニATMもメンテナンス時間には注意

プロミス対応コンビニATMは原則24時間対応と提示されていますが、システムメンテナンスや営業時間外で利用できない時間帯が発生します

プロミスのメンテナンス時間以外で利用できなくなるタイミングは以下のとおりです。

各金融機関を利用できない時間

 利用できない時間
セブン銀行ATM毎月第3日曜日の翌日(月)0:30~5:30
E-netATM毎日23:55~0:05
ローソンATM不定期。公式サイトで該当店舗をチェック
ゆうちょ銀行ATM毎日3:00~5:00の間で15分間程度

手数料は全てのATMの入出金で一律です。

1万円以下108円
1万円超216円

出金(引き出し・借り入れ)を無料にする方法はありませんが、入金(返済)はATMではなくメディア端末(MMK)のFamiポートかLoppiを使えば回避できます。

ATMの営業時間やプロミスの営業時間とは別に、FamiポートやLoppiにも別途利用できないタイミングがあるため、利用時間には注意しましょう。

特にLoppiはいつメンテナンスが実施されるかが決まっていないので、慌てずに公式サイトでメンテナンス情報を確認しましょう。

メディア端末が利用できない時間帯

Famiポート毎週月曜日2:30~5:00、及び毎日早朝に40分程度
Loppi不定期。公式サイトでアナウンスあり

プロミスを利用できるATMはコンビニだけじゃない‼

メディア端末を使わない場合、コンビニATMでの入出金には必ず手数料が発生してしまいます。

この手数料がなかなかの曲者です。

というのも、入金(返済)時の手数料は「支払った額から手数料分を差し引く」仕組みだからです。

分かりやすくいうと、手数料を支払った分だけ元金が減らないのです。

可能な限り、手数料無料の返済方法を選びましょう。

プロミスの返済については「プロミスでお金を借りた時の返済金額【おすすめの返済方法も紹介】」をご覧ください。

プロミスには自社ATMがある

プロミス専用のATMは全国に約980台あり、全ての手数料が無料です。

しかし、消費者金融の店舗やATMに入るのは恥ずかしい人もいますよね。

そんなときは「三井住友銀行の直営ATM」を利用しましょう!

三井住友銀行ATMは手数料無料

プロミスは三井住友銀行系列の消費者金融であるため、三井住友銀行ATMを利用すれば全ての入出金手数料が無料です。

三井住友銀行内にあるATMでもいいですし、駅中や大型スーパー・デパート等にあるATMコーナーでも三井住友銀行直営のATMであれば同様です。

手数料はかかるものの、ご利用自体はその他の銀行系ATMでも可能となっています。

プロミスはポイントでATM手数料を無料にできる

また、プロミスにはプロミスポイントというものがあり、これはプロミスポイントサービスの利用を始めたりなど様々な場面で溜まっていくポイントになっています。

このポイントを利用することで特典サービスを受けることが出来るのですが、その中にはプロミスの提携ATMを利用した際の手数料を無料にするものもあります。

プロミスポイントはプロミスポイントサービスに申し込むだけでも100P手に入る他、プロミスインターネット会員画面へ毎月1回ログインするだけでも10Pを獲得できます。

プロミスインターネット会員サービスのお知らせを受け取るだけでもポイントは貯まっていくので、ポイントが余っているなら「提携ATM手数料無料サービス(40P)」の利用を検討してみるのもいいかもしれませんね。

最後に、ご紹介したATMやメディア端末は年末年始・大型連休において営業時間が変更になる場合がありますので、お休み前は各公式サイトで確認を忘れないようにしましょう!

プロミス

プロミス 新キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン

詳細

プロミスは、最大金利が17.8%と他の消費者金融より低くなっているので、少しでもお得にお金を借りたいという人にも人気です。

しかも、プロミスの30日間の無利息サービスは、「お金を借りてからサービスが適用」されるので、無利息サービスを30日間フルで活用する事ができます。

CTA

クレカ大バナー

ローン大バナー