プロミスでの借入は住宅ローン審査に影響する!まずは完済が必須!

プロミスでの借入が住宅ローンの審査に影響するのか心配な人のために書きました。

「プロミスで〇〇万円借りているけれど、家を買いたいので住宅ローンを組みたい!」

「でも、プロミスでお金を借りていると住宅ローンの審査に通過しないのかな…。」

と心配になっていませんか?

実際のところ、現在プロミスで返済中の方が別途住宅ローンを組むのはかなり厳しい状況です。

では、どのようにすれば住宅ローンの審査を通過することができるのでしょうか。

ここでは、プロミスでの借入と住宅ローン審査との関係や、住宅ローンの審査に通過するための最低条件などについて詳しく解説していきます。

プロミスでの借入は住宅ローンの審査に影響する

住宅ローンを組みたいと思った場合、気になるのが過去もしくは現在のプロミスでの借入が住宅ローンの審査に影響してくるのかということですよね。

結論を先に行ってしまうと、プロミスでの借入は住宅ローンに影響します

ただし、プロミスでの借入をすでに完済している場合には、影響しない場合もあります。

なぜプロミスでの借入が住宅ローンに影響するかについて、次の項目から解説していきますね。

プロミスで借入=返済能力が低下している

プロミスで現在借入しており毎月返済を行っている場合、その分住宅ローンへの返済能力が低下しているとみなされてしまいます。

住宅ローンはかなりの高額の借金となりますので、確実に返済することができないと住宅ローン審査に通過することができません。

また、住宅ローンは最低限の審査基準として、返済比率という指標を利用しています。

返済比率とは、すべての借入に関して年収に占める年間合計返済額の割合のことです。

住宅金融支援機構の住宅ローン「フラット35」を例とすると、返済比率は下記のようになっています。

年収返済比率
400万円未満30%以下
400万円以上35%以下

例えば、年収が350万円の人が住宅ローンを組みたい場合、年間105万円以下で返済をしていくことになります。

この年間105万円というのは住宅ローンだけではなく自動車ローンや教育ローン、もちろんプロミスなどの消費者金融からの返済も含まれます。

つまり、すでにプロミスで借入してしまっている人はこの105万円を圧迫させてしまい、十分に住宅ローンが返済できないとみなされてしまうのです。

ローン関係で一番大切なのは返済能力ですので、他へ返済中という時点で返済能力に疑問を持たれてしまいます。

プロミスで金融事故を起こしていると致命的

プロミスでの借入が原因で過去、現在において金融事故を起こしている人は、住宅ローンの審査に通過する可能性はほぼありません。

金融事故とは、延滞や任意整理、自己破産などのことをいい、一般的にはブラックと呼ばれその履歴が信用情報機関に登録されています。

この金融事故を起こしているということは、前項でも解説した返済能力がないとみなされてしまいます。

例えその事実を隠して住宅ローンに申込んだとしても、信用情報機関に問い合わせることで金融事故の履歴がすぐにバレてしまうので言い逃れをすることはできません。

ただし、信用情報は最長5年で信用情報機関から消える仕組みになっています。

そのため、過去の金融事故を起こしたことがある人は、一度信用情報機関で自分の信用情報がどうなっているのかを確かめるとよいでしょう。

信用情報や信用情報機関については、「キャッシングをしても信用情報に傷はつかない!信用情報に傷がつく原因とは?」で詳しく解説しているので参考にしてください。

プロミスで過去に借りた履歴はプラスになることも

プロミスに過去に借入し、延滞などの金融事故を1度も起こさず返済をし、完済まで済んでいる場合、その履歴がプラスになるケースもあるようです。

プロミスのような消費者金融からお金を借りるというのはどうしても負のイメージがつきまといますが、実際に返済できているということは返済能力がある証拠にもなります。

住宅ローンでの審査時に信用情報を照会された際、過去の完済履歴でペナルティを受けることはありませんので安心してください。

つまり問題なのは、現在返済中の借入と金融事故というわけですね。

プロミスで借りていることを黙っていても必ずバレる

住宅ローン業者へ今現在プロミスで借入をしていることを黙っておけば大丈夫じゃないか?と思ってはいませんか?

先ほどから少し出ていていますが、キャッシングやローン、携帯電話の月賦返済など、これらの情報はすべて信用情報機関という場所へその履歴が保管されています。

誰がどこでいくら借りて、毎月返済はいくら、延滞などの履歴など、非常に多くの情報を保有しています。

さらに、信用情報機関の情報を住宅ローン業者は紹介することができますので、あなたが例えプロミスでの借入を内緒にしておいても必ずバレてしまいます。

そのため、現在のプロミスへの借入を隠し通すことは100%無理なので、住宅ローンを申し込む際には必ず申告をするようにしましょう

信用情報についての詳細は「キャッシングをしても信用情報に傷はつかない!信用情報に傷がつく原因とは?」を参考にしてください。

住宅ローンを組みたいならプロミスの借入は完済後解約をする

ここまでは、プロミスでの借入と住宅ローンとの関係について解説してきました。

しかし「プロミスの返済が残っているけれど、どうしても住宅ローンが組みたい!」という人もいらっしゃるかと思います。

プロミスでの返済が残っているのに住宅ローンに申込みたいという人は、まずプロミスでの返済を完済しましょう

プロミスでの借入が残っていると、どうしても住宅ローンでの審査に不利になってしまうのは避けられません。

また、例え住宅ローンが組めたとしても、現在よりも多くの額の返済を毎月行っていかなければならなくなります。

住宅ローンが組みたいと思うのであれば、プロミスへの毎月の支払いを増やすなど積極的に完済を目指すようにするのが一番の近道です。

完済し終えたら、可能な限りプロミスを解約しましょう。

プロミスとの契約がそのままになっていると、住宅ローン契約後再度プロミスから借入をするかもしれないと思われる可能性があります。

ただし、プロミスを一度解約すると、次回プロミスから借入をする場合には再度審査を受ける必要があります。

引き続きプロミスから借入をするか住宅ローンに申込むか、どちらがあなたにとって優先事項なのかをしっかりと考えて進めていきましょう。

早急に住宅ローンを組みたい人はプロミスへ一括返済をする

プロミスでは、毎月返済を行う以外にも一括返済という返済方法があります。

一括返済とは、現在の借入額を一度に返済する方法になります。

早急に住宅ローンに申込むためには、早急にプロミスでの借入を返済する必要があります。

プロミスで一括返済をする際には、一度プロミスに連絡を入れ現在の残りの残高を間違いなく把握しましょう。

プロミスの借入は住宅ローンに影響するまとめ

以上、プロミスの借入は住宅ローンに影響するのかについて詳しく解説してきました。

プロミスでの借入がすでに完済しているのであれば住宅ローンへの影響はありませんが、借入が残っていたり過去に金融事故を起こしたりしていると大きな影響が出てきます。

借入が残っている人は出来るだけ早く完済をしプロミスを解約、金融事故を起こしている人は信用情報機関で自分の信用情報を確認し、金融事故の履歴が消えるまでは住宅ローンを控えるのがよいでしょう。

返済に少しでも無理が生じると困るのがあなた自身です。

しっかりと自分の返済能力を考え、キャッシングやローンを利用していきましょう。

プロミス

プロミス 新キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン