プロミスおまとめローンのメリットは?【審査に落ちた場合はどうする?】

おまとめローンは複数社の借入を1本化する商品で、「銀行」「消費者金融」などいろいろな金融機関で取り扱っている商品です。

そこで、「プロミス」のおまとめローンについての特徴、メリット、デメリット、審査に落ちた場合の対処法など紹介します。また契約違反は一括請求される可能性があるため規約について解説します。

プロミスおまとめローンについての基本情報

大手消費者金融のプロミスでは、フリーキャッシングの他におまとめローンも取り扱っています。

おまとめローンとは、複数社からの借入を1社からの借入ですべて完済してしまい、今後の返済は1社だけに集中して行うことで返済負担を減らすことができる商品です。

銀行や他社の消費者金融でも取り扱っているおまとめローンですが、プロミスのおまとめローンはどのような内容になっているのか、確認していきましょう。

基本スペック

プロミスおまとめローンの限度額や金利は下記の通りです。

借入限度額300万円まで
借入利率6.3%~17.8%(実質年率)
返済方式元利定額返済方式

借入限度額は銀行に比べると低めですが、300万円もの高額な借金をおまとめする人はそれほど多くないと考えると十分な金額でしょう。

その他、申込み条件や審査、毎月の返済額についても順番に確認していきましょう。

申込条件

プロミスおまとめローンの申込条件は、「20歳以上65歳以下の安定した収入がある人」となっています。主婦や学生であっても安定した収入があるのなら、おまとめローンに申し込み可能です。

ただし、収入に応じて借入額が決まるため、主婦や学生でそれほど年収が多くないという場合にはそれほど高額の融資は受けられないと考えておきましょう。

審査

通常おまとめローンの審査は借入額が大きいため、審査も時間がかかることが多いですが、プロミスでは即日融資も可能です。少しでも早くおまとめしたいという人にとっては魅力的ですよね。

ただし、即日でおまとめしたい場合は、なるべく早い時間に申込みを終わらせましょう

おまとめローンでも在籍確認はある

また、プロミスがフリーキャッシングの審査時に行っている、職場への在籍確認ですが、おまとめローンでも基本的には行っています

在籍確認の方法は、プロミスの担当者が申込者の職場に電話をかけて、申込者が本当に在籍しているか確認するものです。

本人が電話口にでると在籍確認が完了します。他にも職場で電話対応者から「申込者は外出しています」などの回答が聞けた場合も在籍確認ができたことになり、再度電話がかかることはありません。

ただし、どうしても在籍確認ができない職場などのときは、事前にプロミスに電話で相談しておくことをおすすめします。

プロミスの在籍確認については、「プロミスは在籍確認なしって本当?職場への電話を回避する方法」で詳しく解説しています。

おまとめローンの返済額

おまとめローンは、複数社の借金をまとめる目的があるため、借入額が大きくなってしまうケースが多いです。

プロミスのおまとめローンを利用すると、現在の返済よりどのぐらいお得になるのか、事前にシミュレーションしておくことが大切です。

3社からの借入(200万円)をおまとめした場合

例えば、以下のようなケースを想定しましょう。

借入額金利
A社70万円18.0%
B社80万円18.0%
C社50万円18.0%

合計200万円借りていて、毎月50,000円返済していたとします。

上記3社分の借金200万円をプロミスのおまとめローンで借りると、利息制限法により金利は15.0%となります

すると、返済額と返済総額は次のように変わります。

毎月の返済額返済総額
おまとめ前50,000円304万7,133円
おまとめ後48,000円284万2,747円

おまとめローンを利用する前の3社からの総返済額はだったことから、毎月の返済額は2,000円低くなり、総返済額は約20万円も減ったことになります。

毎月の返済負担が軽減し、且つ返済総額も減る。これがおまとめローンのメリットです。

毎月の返済額を減らし過ぎるのはNG

おまとめする前よりも大幅に毎月の返済額を減らしてしまうと、返済期間が長期化します。

すると、結果的に返済総額が増えるケースも起こりえます

ですので、事前にきちんとシミュレーションをしておきましょう。

プロミスのおまとめローンの評判や口コミ

プロミスのおまとめローンは、銀行に比べると金利が高いというデメリットがあります。

しかし、利用者の口コミを見てみると・・・

  • 銀行のおまとめローン審査に落ちたものの、プロミスのおまとめローン審査には通った
  • アルバイトでも審査に通った

といって声も多いです。

実際に銀行のおまとめローンの申込み条件には、年収が幾ら以上となっている場合も多いことから、パートやアルバイトでは審査に落ちることが多いでしょう。

その点、プロミスのおまとめローンはパートやアルバイトでも利用可能という条件となっているため、年収が少ないアルバイトでも十分に審査に通る可能性があることが分かります。

また、プロミスのおまとめローンは即日融資可能というのも、利用者の口コミで評価が高いポイントです。

銀行のおまとめローンでは少なくとも数日は審査にかかるため、即日でおまとめできるプロミスのおまとめローンにメリットを感じる人が多いようです。

プロミスのおまとめローンを実際に利用した人の口コミは「口コミ・2chにみるプロミスの審査・増額・おまとめ・レディースの評判」に掲載しています。

プロミスおまとめローンの申込時の注意点

プロミスのおまとめローンを利用する場合、十分に契約内容などを確認しておかないと損をする場合や契約違反になるケースもあります。

プロミスのおまとめローンで注意すべき点について解説していきます。

申し込みは店頭窓口または自動契約機のみ

プロミスのフリーキャッシングは、Web完結申込みが可能です。

そのため、おまとめローンもWeb完結できるのかと考えてしまいますが、おまとめローンは店頭窓口または自動契約機での申込みに限られます

日頃忙しい人はなかなか店頭に行くことが難しいかも知れません。

しかし、即日でおまとめローンを利用できるところは少ないのも現実です。

即日融資希望でなければいいですが、どうしても急ぎでおまとめしたい場合は、店頭に出向く手間をかけて契約する必要があることを覚えておきましょう。

おまとめローンでまとめられるのは元本の範囲内

おまとめローンを利用すれば、すべての借金がおまとめできて楽になると考える人も多いでしょう。

しかし、実はおまとめできる借入の種類は決まっています

おまとめローンで利用できる借入の種類などについて確認していきましょう。

他社借り入れ分を全部借り換えできない

プロミスのおまとめローンは、他社借入を完済することで借金を1本化できるものです。

しかし、他社借入の種類によってはおまとめすることができません。プロミスのおまとめローンでまとめられない借入は下記の通りです。

  • 銀行カードローン
  • クレジットカードのショッピング枠

おまとめできるのは、他社貸金業者からの借入やクレジットカードのキャッシング枠のみです。

利息分は自分で用意する必要がある

おまとめローンでは、すべての借金をおまとめすることができると考えてしまいがちです。

しかし、おまとめできるのは借金の元金分のみで、利息分は自分で用意しなければなりません。

他社借り入れは返済後解約しないと契約違反になる?

おまとめローンでは、他社での借入分をおまとめローンで完済後に、解約しなければ契約違反になるという金融機関もあります。

プロミスの場合はどうなのか、確認していきましょう。

利用規約をしっかり確認

結論から言うと、プロミスのおまとめローンでは、他社借入分を完済しても解約する義務はありません

利用規約にも記載されていません。そのため、おまとめローンで完済後も他社で借りることは実質可能となります。

ただし、せっかくおまとめローンで借金を1本化したにもかかわらず、再び他社での借入が増えるとおまとめした意味がなくなり、再び借金が増えていくきっかけとなってしまいます。

そのためプロミス側からも、強制ではないですが解約をすすめられます。今後の借金返済のためにも、完済分は解約しておくようにしましょう。

おまとめローンの審査に落ちた!どうすればいい?

おまとめローンで借金を1本化しようと考えたけれど、審査に落ちたという人も少なくありません。

プロミスのおまとめローンに落ちた原因は何か、またおまとめローンに頼らずに借金を返済していくにはどうすればいいのか、順番に見ていきましょう。

審査に落ちた理由│他社借入件数?借入額が問題?

おまとめローンは、通常のキャッシングに比べて審査が厳しいと言われています。

その理由は簡単、申込者が既に複数社から借金をしているからです。

おまとめローンを利用しようとする人は、既に3社や4社など複数社から借金をしてしまっている人です。

このような状態になっていると、1社でまとめて借りられずに少しずつ複数社で借りなければ、審査に通らない状態なのかと思われる原因となります。

借入額も当然重視される

また、おまとめローンは総量規制の対象外ですが、年収に対して余りにも他社借入額が多すぎると返済不能とみなされて審査落ちの原因となるのです。

このように、幾ら借金をおまとめしようと思っても、年収に対して返済不可能な借入額の場合や、おまとめする借入件数が6社以上などといった場合には、審査に落ちる可能性が高いことを覚えておきましょう。

おまとめローンに頼らず返済を続ける方法

おまとめローンの審査に落ちたら、もう多重債務を解消する手段はないと思ってしまうかも知れません。

しかし、他にも方法はあります。おまとめローンに頼らず確実に完済を目指す方法を見ていきましょう。

借入残高の少ないものから優先的に返済し借入本数を減らす

3社4社と複数社への返済を毎月していると、どの金融機関がいつ返済日なのか、管理がしにくいことでうっかり延滞をしてしまうこともあるかも知れません。

そのため、まずは1社でも完済して借入件数を減らすことを考えてみましょう。

優先しなければいけないことは、複数社の中で一番借入残高が少ないものです。

ただし、無理に追加借入れをすると返済できなくなる可能性があるため、無理なく計画的に返済をしていきましょう。

月々の元本充当額内で借り入れ他社の返済にまわす

複数社から借入れをしている人は、集中して1社へ返済を行うことで早期完済が目指せるという話は先にしました。

実は借金を増やさずに、1社へ集中して返済できる方法があります。

それは毎月の返済が終わったあとに、3社のうちの2社で元本充当額内を追加借入れして1社への返済にまわすという方法です。

例えば、3社から借入れをしていて毎月10,000円の返済をしていて、そのうちの元本充当額が8,000円だった場合で考えてみましょう。

まずは毎月の返済額10,000円の返済を3社とも行います。

そして、そのうちの2社で月の返済額のうちの元本充当額8,000円を追加借入れします。追加借入れした16,000円を、残る1社への返済に充てるという方法です。

この方法を利用すると、借金が増えずに1社へ集中して返済することができるのです。

また、追加借入れした16,000円のうち6,000円は貯蓄にまわすなどすることで、少しでも貯蓄を殖やすことができます。少しずつでもたまった貯蓄で、生活費の補塡などにも利用できるでしょう。

プロミスのおまとめローンで損をしないために

おまとめ後に、毎月の返済額を減らし過ぎると返済総額が増えるリスクがあることは先述しましたね。

他にも、プロミスのおまとめローンを利用する前に注意すべきポイントがあります。

プロミスおまとめローンのデメリット

プロミスのおまとめローンには、他社借入をまとめるというメリットがある一方でデメリットもあります。どのようなデメリットがあるのか具体的に見ていきましょう。

他社解約が条件の場合もある

プロミスのおまとめローンでは、基本的には他社解約をしなければならないという条件はありません。

しかし、他社のおまとめローンでは、他社解約をしなければ契約違反になる場合があります。

プロミスのおまとめローンでは強制されませんが、解約をするようにすすめられます。

基本的にはおまとめして完済した他社は解約しておきましょう。

おまとめローンは返済専用だから追加融資が受けられない

プロミスのおまとめローンは、他社の借入を1本化することができますが、返済専用の商品となっています。そのため、追加で借りることができません

おまとめローンは多重債務の負担を軽減するための商品であるため、追加で借入すると借金が増えてしまうことになります。

そのため、少しでも返済に集中するために返済専用の商品となっているのです。

しかし、おまとめ後に借入れをしなければならない場合もあるでしょう。その場合は、新規の他社で借りることはできます。

ただし、再び多重債務者に逆戻りの危険性があることを認識しておきましょう。

アコムはアルバイト・パート・派遣社員・自営業でも審査に通る

もし、プロミスのおまとめローンを利用中に追加借入れをしたい場合などには、即日融資可能なアコムの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

アコムは、プロミスのおまとめローンよりは審査に通りやすく、派遣社員はもとより、自営業者やパート、アルバイトでも審査に通る可能性があります。

また、プロミス同様に30日間無利息サービスがあってお得です。

ただし、他社での借入を延滞していたり、余りに他社借入額が多すぎたりする場合には審査に通らない可能性があることも覚えておきましょう。

アコム

アコム キャプチャ ボタン

詳細

アコムでは、正社員ではなくパートやアルバイトで安定した収入を得ているのであれば、主婦や学生であってもお金を借りれる可能性があります。

最大手だけあり、他社カードローンが提供しているほとんどのサービスを提供しており、最大手という安心感やサービスの細かさがアコム最大の魅力になります。

プロミスおまとめローンの【まとめ】

  • プロミスのおまとめローンは即日融資も可能
  • アルバイトでも利用可能
  • おまとめ後に毎月の返済額を減らし過ぎは注意
  • おまとめ前よりも借金が増えないよう、事前にシミュレーションしよう

CTA

クレカ大バナー

ローン大バナー