プロミスならネットで申込・借入・返済まで完結!バレずに安心♪

お金を借りたいけど、それを人にバレたくない

キャッシングの利用を悩むのには、こんな理由がありはしないでしょうか。

お金に困っていることを家族や他人に知られるのは、なんとなく弱みを握られるような……いやな感覚ですよね。

でも、そんなあなたにとって、きっと役立つのがプロミスの『ネット完結』!

ネット完結なら誰に知られることもなく、こっそりと気軽に借入ができてしまうんです!

この記事では、そんな便利なプロミスのネット完結について、方法やそのメリットを解説していきます。

プロミス 新キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン

【プロミスのネット申込】メリットや条件とは?

はじめに「プロミスのネット申し込みが自分に合っているかどうか」を概要からチェックしてみましょう。

ネット申込のメリット

  1. 24時間365日いつでも申し込める!
  2. PCやスマホで申し込めるから来店不要!
  3. ネット完結で書類やカードの郵送なしも選べる!
  4. 親や家族、友人などにバレにくい!

まず、ネット申し込みのメリットは上記の通りです。全体を通して、気軽に申し込みやすいといった印象がありますね。

特に、ネット完結という「書類やカードの郵送なし」で契約できる方法はメリットが大。

ただ、こちらについては利用するにあたって、登録できる口座に縛りがあるほか、その口座で本人確認が済んでいることが条件となっています。

ネット完結可能な金融機関名

金融機関名ネット完結可能な口座
三井住友銀行普通預金&当座預金
ゆうちょ銀行web受付方式通常貯金
みずほ銀行インターネットバンキング普通預金&当座預金
みずほ銀行普通預金
三菱UFJ銀行普通預金
北海道銀行普通預金
北洋銀行普通預金
青森銀行普通預金
みちのく銀行普通預金
秋田銀行普通預金
北都銀行普通預金
北日本銀行普通預金
荘内銀行普通預金
山形銀行普通預金
岩手銀行普通預金
東北銀行普通預金
七十七銀行普通預金
仙台銀行普通預金
東邦銀行普通預金
大東銀行普通預金
群馬銀行普通預金
栃木銀行普通預金
足利銀行普通預金
常陽銀行普通預金
筑波銀行普通預金
武蔵野銀行普通預金
京葉銀行普通預金
千葉銀行普通預金
千葉興業銀行普通預金
きらぼし銀行普通預金
横浜銀行普通預金
第四銀行普通預金
北越銀行普通預金
大光銀行普通預金
長野銀行普通預金
山梨中央銀行普通預金
八十二銀行普通預金
北國銀行普通預金
北陸銀行普通預金
福井銀行普通預金
福邦銀行普通預金
静岡銀行普通預金
スルガ銀行普通預金
清水銀行普通預金
大垣共立銀行普通預金
十六銀行普通預金
三重銀行普通預金
百五銀行普通預金
中京銀行普通預金
京都銀行普通預金
池田泉州銀行普通預金
南都銀行普通預金
紀陽銀行普通預金
但馬銀行普通預金
みなと銀行普通預金
鳥取銀行普通預金
山陰合同銀行普通預金
中国銀行普通預金
トマト銀行普通預金
広島銀行普通預金
もみじ銀行普通預金
徳島銀行普通預金
香川銀行普通預金
愛媛銀行普通預金
高知銀行普通預金
山口銀行普通預金
阿波銀行普通預金
百十四銀行普通預金
伊予銀行普通預金
四国銀行普通預金
福岡銀行普通預金
筑波銀行普通預金
佐賀銀行普通預金
十八銀行普通預金
親和銀行普通預金
肥後銀行普通預金
熊本銀行普通預金
宮崎銀行普通預金
鹿児島銀行普通預金
琉球銀行普通預金
沖縄銀行普通預金
西日本シティ銀行普通預金
北九州銀行普通預金
大分銀行普通預金
住吉SBIネット銀行普通預金
イオン銀行普通預金
セブン銀行普通預金
全労働金庫普通預金
信用金庫普通預金

上記がプロミスのネット完結申し込みを利用できる銀行です。

ご覧の通り、プロミスの大元である三井住友銀行だけでなく、地方の銀行にも多く対応しています。

収入は少なくてもOK?申し込み条件とは

  1. 年齢が20~69歳である
  2. 安定した収入がある
  3. 本人確認書類が用意できる

プロミスのネット申し込み条件は上記の通りです。来店契約や郵送契約と変わらないため、特別手間が増えるということもありません

収入については、アルバイト・パート・正社員・契約社員など勤務形態は問われません。

ただ、「毎月コンスタントに稼いでいる=安定した収入がある」ことが重要です。

ネット申し込みの流れ

1 プロミス公式サイトにアクセスし、申し込みをおこなう。
矢印
2 スマホのカメラ機能やスキャナを使い、必要書類を送付する。
矢印
3 プロミスにより審査がおこなわれる。
矢印
4 審査通過後、ネット上で本契約へ。
矢印
5 本契約完了後、すぐに借入可能となる。

ネット申し込みは上記の流れで進みます。ネット完結で申し込みたい場合には、本契約時に「口座振替」と「カード不要」を選択してください。

審査通過のお知らせはメール、または電話を希望で選べますがメールであれば本契約締結ページのURLが記載されています。

そちらに必要事項を入力し送信すれば、すぐにネットキャッシング可能といった、とても簡単な流れです。

【プロミスのネット借入】会員ページからサクッとできる

プロミスでは、カードがなくてもネットで借りることが簡単にできます。

カード不要!ネットで借りる流れ

1 プロミス公式サイトにアクセスし、会員ページへログインする。
矢印
2 「瞬フリ(振込キャッシング)」にて、希望額を入力し、借入手続きをおこなう。
矢印
3 登録口座に振り込まれる。

プロミスのネット借入は上記の流れでおこなわれます。

ご覧の通り、手続きはとても簡単。お使いのPCやスマホから、いつでも手軽におこなうことができます。

即日融資OK!プロミスのネット借入は口座振込まで最短10秒!?

プロミスのネット借入は、手続き完了から口座振込までにかかる時間が最短10秒という「瞬フリ」システムも大きなメリットです。

即日融資を希望しているなど、急な入り用時にはとても便利でしょう。

ただ、瞬フリは登録口座の振込実施時間に左右されます。

そのため、「三井住友銀行」「ジャパンネット銀行」「三菱UFJ銀行」のように土・日・祝日も24時間瞬フリが可能な銀行もあれば、「みずほ銀行」のように土・日・祝日は不可、平日も午前9時から午後2時50分以外は不可といった銀行もあるためご注意を。

このほかの銀行については、プロミス公式サイトの瞬フリ(振込キャッシング)解説ページにて検索することができます。

プロミス 新キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン

【プロミスのネット返済】手数料無料&手間いらず!

プロミスでは返済もネットから簡単に済ませることができます。

しかも、ATM返済と違ってネット返済は手数料無料!

さらには、時間や曜日も気にせず返済が可能なため、賢く利用していきたいところです。

インターネット返済の流れ

1 プロミス公式サイトにアクセスし、会員ページへログインする。
矢印
2 「インターネット返済のお手続き」にて、返済額を入力し、返済手続きをおこなう。
矢印
3 返済を希望する金融機関を選択、ログインし、返済を実行する。
矢印
4 返済完了の旨がプロミスの会員ページに表示される。

プロミスのネット返済は上記の流れで、振込によっておこなわれます。

ただ、ネット返済で使用できる金融機関は、「三井住友銀行」「三菱UFJ銀行」「ジャパンネット銀行」「みずほ銀行」「楽天銀行」の5つのみとなっているため、ご注意ください。

また、ネット返済では「一部返済」「全額返済」「金額指定返済」といった3パターンの返済をおこなうことができます。

一部返済とは

一部返済とは、その月の最低返済額のみを返済するパターン。返済負担が一番少ないのはこちらでしょう。

なお、口座振替の返済方法をすでに設定されている場合には、自動的に月々の最低返済額が引き起こされるため、こちらから一部返済を改めておこなう必要がありません。

全額返済とは

全額返済とはその名前の通り、借入残高すべてを返済するパターン。

毎月、最低返済額のみを少しずつ返済していくのも良いですが、余裕があるのなら一気に返済を済ませてしまいましょう。

すると、結果的にかかる利息が減り、得になります。

金額指定返済とは

金額指定返済とは、自分の好きな金額を入力、返済するパターン。

利息額はその時点の借入残高で決まるため、全額を一気に返すことができなくてもなるべく多くを早めに返済できたほうが、利息がぐっと減ります。

【プロミスアプリ】ならもっと楽に申し込みから借入までできる?

プロミスは公式アプリを配信中。このアプリのみで申し込み・借入・返済ができる優れものです。

申し込みに関しては、撮った書類をそのままアプリ内で提出できるため、一気に手間が減るでしょう。

そのほかにもあるプロミスアプリのメリット!

  1. ただのネット完結とは違い、ATMからも現金の入出金ができる!
  2. 会員向けクーポンサービスを随時配信中!
  3. ログイン方法に「生体認証」が追加!

プロミスアプリにはこれらのようなメリットも。ただのネット利用以上にお得なポイントが多くあります

<リンク>プロミスアプリについて詳しくは「プロミスのスマホアプリの全機能を徹底解説!!」をご覧ください。

【ほかの借入方法と比較】ネットキャッシングならではのデメリットとは?

ここまではプロミスのネットキャッシングについてメリットばかりを解説してきました。

しかし、ここではあえてほかの借入方法と比較したときに気になるデメリットをチェックしてみましょう。

プロミスをネットで使うデメリット

  • 現金が欲しい場合には二度手間になる
  • その場でスタッフには相談できない

プロミスをネットキャッシングのみで利用した場合には、上記のようなデメリットが生まれます。

ただ、アプリを使えばカードレスのネットキャッシングであっても、ATMから直接現金を引き出せるようになり、このデメリットは解消されたといっても過言ではないでしょう。

唯一、その場で面と向かってスタッフに相談することができないというデメリットは残っていますが、いざというときにはフリーダイヤルのコールセンターもあります。

困ったときにはそちらを活用するようにしましょう。

【プロミスVS他消費者金融】ネット完結を比較

>

今度はプロミスのネット完結サービスについて、ほか大手消費者金融のネット完結と比較してみましょう。

今回こちらをまとめるにあたって調査した消費者金融は「アイフル」「アコム」「レイクALSA」「モビット」の4社です。

ただしこの内、アコムではネット完結をおこなっていなかったため、省略しております。

【アイフルと比較】プロミスのほうが再考金利が低い

アイフルのネット完結申し込みもまた、「24時間365日の申し込みが可能」・「郵送物一切なし」・「スマホアプリあり」というように使い勝手はプロミスに劣りません。

ただ、プロミスの金利が「4.5~17.8%(実質年率)」なのに対して、アイフルは「3.0~18.0%」となっています。

最低金利に関してはアイフルのほうが低いですが、最低金利で借りようと思うとアイフルの借入限度額である800万円にほど近い金額でないとまず難しいもの。

そのため、お小遣い程度の借入をおこなうようであれば、プロミスのネット完結のほうが良いでしょう。

【レイクALSAと比較】プロミスのほうが金利が低い

レイクALSAもまた、使い勝手においてはプロミスに劣りません。

しかし、やはりレイクALSAも金利が「4.5%~18.0%」と高め。最低金利もプロミスと変わりません。

ただ、レイクALSAには金額が5万円までとはいえ、180日間の無利息サービスが選べるのがポイント。

プロミスの無利息サービスは金額指定がないものの30日間となっているため、借入金額や期間によってはレイクALSAのほうがお得になることもあるでしょう。

【モビットと比較】プロミスのほうが利用条件がゆるい

モビットもまた、金利が「3.0~18.0%」となっており、プロミスよりも最高金利が高めです。

また、モビットのネット完結は、「三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行の口座でないとNG」や「社会保険証や組合保険証を提示できなければNG」というように条件がほか消費者金融よりも厳しいのが特徴。

上記を満たせないのであれば、プロミスをはじめとしたほか消費者金融のネット完結を選ばなくてはいけません。

比較をまとめると…ネット完結で選ぶならプロミス!!

以上のように比較検討すると、ネット完結の申し込みも難しくなく、使い勝手もよし。

さらには金利が低くて負担の少ないプロミスが、ネット完結を条件に選ぶのなら◎といえるでしょう。

<リンク>プロミスと他社のネット完結比較について詳しくは「プロミスのWEB完結を他社と徹底比較!一番便利に申し込めるのは?」をご覧ください。

【口コミ・体験談】プロミスのネット借入や返済はどう便利?

次に、プロミスのネット借入やネット返済を実際に利用している人たちの口コミをチェックしてみましょう。

夫や子どもにバレなくて安心

プロミスをネット完結で申し込みましたが、本当に自宅へと何も配送されることがありませんでした。おかげで家族にバレることもなく、ホッとしています。

北海道・40代・女性・主婦(パート勤務)

急ぎでしたが、即日融資をしてもらい満足です

家賃の支払いが間に合わないことにギリギリで気づき、プロミスのネット完結に慌てて申し込み。でも、タイミングが良かったのか1時間もしないで審査が終わり、すぐに借入ができるようなりました。借入手続きのあとも、本当にものの数十秒で口座に振り込まれたのがちょっと爽快でした。

長崎県・20代・男性・正社員

ちょっと欲しいときに都度、使ってます

正社員なものの手取りが16万円と少ないので、ちょっと飲み会や友人との集まりが続くと、「給料日前で昼飯代にも困るぐらいお金がない」ということになりがちで……。そんなときにもう少し自由なお金があったらなあと思ってプロミスを使い始めたんですが、便利です!ほぼ毎月、給料日前にちょこっと借りては給料日後に返す流れで使っていますが、スマホですぐに借入ができるのでいきなり入った飲み会の予定にも対応できますね。

東京都・20代・男性・正社員

人目を気にしなくて良いのがいい

キャッシングを使ってるって人に知られるのがいやだったんですが、プロミスはお金を借りるときも返すときもネットでできるから、人目を気にしなくて良いですね。

東京都・40代・男性・フリーター

プロミスの口コミについて詳しくは「プロミスの評判を口コミ・2ch・知恵袋から考察~審査・増額・おまとめ」をご覧ください。

【Q&A】困ったときはネットかプロミスコールセンターで万事解決!

キャッシングしていてふと困ってしまうこんなときでも、プロミスならほとんどのことがネットで解決できてしまいます。

Q.プロミスの借入残高はネットで確認できる?

A.会員ページへログインすれば、そちらに表示されています。

また、借入残高はネットのほか、コールセンターへの問い合わせ、ATMの利用明細票にて確認することが可能です。

Q.プロミスへの増額審査手続きはネットでできる?かかる時間は?

A.ネットから申し込み手続きが可能です。増額審査にかかる時間は時と場合にもよりますが、即日から3日程度だとされています。

かかる時間については、ケースごとにかなり差異がありますが、特にはじめての契約から年数がほとんどなっていない場合には長引くと言われています。

逆に契約後、長期に渡って延滞などもなく安定して利用している場合には、プロミス側から「増額審査しませんか」といった通知が届くことがあります。

この場合には、「利用態度に問題がなく信用できる」とすでに判断されているため、比較的増額審査にも時間がかからないでしょう。

Q.プロミスの解約手続きはネットでできる?

A.残念ながら、解約はネットからできません。

プロミスの解約はコールセンターか店頭でおこなうことになります。

スタッフと直接となると「無理に引き止められるのでは」と不安になってしまうかもしれませんが、そんなことはありませんのでご安心ください。

【まとめ】プロミスのネットキャッシングはとっても便利!

  • 家族や友人にバレづらい!
  • 24時間365日、PCやスマホから気軽に申込むことができる!
  • 借入も返済もネットからいつでもどこでも!

プロミスのネットキャッシングはこの通り、メリットが盛りだくさん!ネットが使えるのなら、使わない手はないでしょう。

ぜひあなたも気軽にプロミスのネットキャッシングを利用してみてくださいね。

プロミス 新キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン

ローン大バナー