プロミスでお金を借りた時の返済金額とおすすめの返済方法

プロミス 返済金額

プロミスでお金を借りた後、最低いくら返済すればいいのか気になる人は少なくありません。

その中でも、急な出費がかさみ返済が厳しくなった月になると気になる人は、非常に多いです。

そこで今回は、借入金額毎のプロミスの最低返済金額返済期限おすすめの返済方法などをご紹介していきます。

目次
1.プロミスの返済金額について
プロミスの最低返済額
最低返済金額の計算方法
返済シミュレーション
2.プロミスの返済日
3.プロミスの返済期限
4.選べる5つの返済方法
インターネット返済
口座振替
提携ATM
銀行振込
窓口返済
5.よくある返済に関する3つの疑問
6.まとめ

1.プロミスの返済金額について

最低返済金額とは、返済の際の最低限の支払金額のことで、借入残高に応じて設定されています。

プロミスの場合、他のカードローンと比べると少し変わっており、借入残高に対して一定の割合を掛けて、最低返済金額が決まります

プロミスの最低返済金額

後ほど計算方法をご紹介しますが、まずは10万円~130万円までの最低返済金額をご紹介します。

プロミス 返済金額1

プロミスは、このように一定の割合をかけて最低返済金額を決定する方式をとっているので、100万円を借りた時の方が110万円借りた時より最低返済金額が大きくなるという、少し変わった形になっています。

最低返済金額の計算方法

最低返済金額は、借入残高に一定の割合をかける事で、導き出します。

注意点としては、1,000円未満は全て切り上げという形になっている点です。

プロミス 返済金額2

例えば、計算結果が950円だった場合は1,000円1,002円だった場合は2,000円になります。

また、一定割合は下記のようになっています。

プロミス 返済金額3

実際に借入残高が10万円だった場合の計算方法は次のようになります。

プロミス 返済金額4

プロミスで借入を行う際の事例のご紹介と返済方式についてご説明します。

返済シミュレーション

それでは、簡単にプロミスの返済シミュレーションをご紹介していきます。

今回はイメージがつきやすいように10万円・30万円・50万円を借りた場合の返済金額と期間、合計返済金額をご紹介していきます。

まずは、最低支払金額で返済した場合を見ていきましょう。

プロミス 返済金額5

次が、1年間で返済した場合になります。

プロミス 返済金額6

最後が、1年で返済した場合と最低返済金額で返済した場合の合計返済金額の違いになります。

プロミス 返済金額7

2.プロミスの返済日

プロミスでは、5日・15日・25日・月末の中から、ある程度自由に返済期日を選ぶことができます。

返済期日は初回の返済日によって決まり、コールセンターに問い合わせ返済期日を変更しない限り、返済期日は毎月同じになります。

ただ、プロミスの休業日である土日祝日・年末年始と返済期日が被った場合は、翌営業日が返済期日となります。

借入日に応じて、選択できる返済期日が異なりますので、下記の表を参考にしてみてください。

また、すでにプロミスでお金を借りて返済をしている場合は、コールセンターに電話する事で、返済期日を変更する事ができます。
コールセンター:0120-24-0365

プロミス 返済金額8
http://cyber.promise.co.jp/Pcmain/APD64Control/APD64003

3.プロミスの返済期限

プロミスは、最長で6年9ヶ月以内に返済する事を前提としています。

これは最終借入日からの期間ですので、返済の途中で再度借入を行った場合は、その日から6年9カ月以内に返済することになります。

プロミス 返済金額9

また、借入金額に応じて、支払回数(返済回数)の制限は変わってきますので、下記表を参考にしてみて下さい。

プロミス 返済金額10

ただ、先ほどもお伝えした通り、1度借入を行うことで、この返済期限や返済回数の上限はリセットされますので、そこまで気にする必要はありません。

4.選べる5つの返済方法

プロミスには、次の5つの返済方法があります。

  • インターネット返済
  • 口座振替
  • 提携ATM
  • 銀行振込
  • 窓口返済

インターネット返済

対応している銀行のインターネットバンキングを利用している人であれば、この方法が最もおすすめです。

パソコンやスマートフォンから返済できるので、非常に簡単です。

しかも、24時間365日返済ができるので、ATMの営業時間外でも対応でき、手数料もかかりません。

唯一のデメリットとしては、口座情報にプロミスを利用しているという履歴が残ってしまう点になります。

プロミス 返済金額11

口座振替

返済日を忘れがちな方には、口座振替が最もおすすめです。

設定する口座を給料の振込口座にすれば、返済忘れは100%おこりません

ただ、インターネット返済と同様に口座に返済情報が残ってしまうので、注意が必要です。

また、口座振替は最低返済金額を毎月返済していく事になるので、余裕があれば提携ATMやインターネットを使って追加返済を行いましょう。

提携ATM

面倒な手続きをしたくないという方には、提携ATMを使った返済をおすすめします。

自分の口座に入金する感覚で返済できるので、難しい手続きを一切することなく返済する事ができます。

しかも、プロミスのATMだけでなく、三井住友銀行のATMを利用しても手数料が一切かかりません

ただ、その他のATMを利用した場合は、1万円以下の利用で105円、1万円を超える利用で210円の手数料がかかるので、注意が必要です。

プロミス 返済金額12

銀行振込

よほどの理由がない限り、銀行振込はおすすめしません。

  • 面倒
  • 手数料がかかる
  • 通帳に情報が残る

とメリットがありません。

窓口返済

窓口返済は、店舗が近くにある相談しながら返済を受けたい方に向いていますが、利用する人はほとんどありません。

窓口の営業時間は、10:00~18:00ですので、利用する場合はその時間内に行く必要があります。

※店舗により営業時間、休日が異なります。
事前に確認してから行くのが良いでしょう。

5.よくある返済に関する3つの疑問

それでは、返済に関する3つの疑問を最後にご紹介していきます。

Q1.毎月返済日を教えてくれるの?
Q2.一括返済はどうすればいいの?
Q3.返済金額は減らせる(増やせる)の?

Q1.毎月返済日を教えてくれるの?

A.返済日を通知してくれるサービスはあります。
プロミスの担当者から返済に関するアナウンスを受けることはできませんが、メールアドレスを設定する事で、返済日を通知してくれるサービスはあります。

Q3.一括返済はどうすればいいの?

A.提携ATM以外から返済する必要があります。
プロミスのATMは別ですが、通常ATMでは小銭を返済する事ができませんので、一括返済をする場合は、プロミスのATMを利用する銀行振込を利用する事になります。
また、返済する前にプロミスコール(0120-24-0365)へ電話をして、残高を確認しましょう。

Q2.返済金額は減らせる(増やせる)の?

A.どちらも可能です。
返済金額は最低返済金額までであれば減らすことができます
それ以上減らす場合は、プロミスに電話して必ず相談するようにしましょう。
逆に、返済金額を増やす場合は、特に制限はありませんので、いくらでも増やせます。

6.まとめ

プロミスの返済に関して計画的に行うことが大切です。

支払期間の長期化により利息が増え過ぎないように自分に合った返済方法を選んで無理のない返済をしてください。

CTA

クレカ大バナー

ローン大バナー

プロミス 返済金額