プロミスの即日融資って何時まで?確実に借りる方法を解説【土日OK】

プロミス 即日融資 メイン

今すぐプロミスからお金を借りるために注意したいポイントを解説していきます。

プロミス 新キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン

プロミスは何時までに申込めば即日融資してくれる?

結論から言うと、遅くとも20時までには申し込みを完了させましょう

審査は21時まで、審査にかかる時間は最短30分です。

契約手続きに30分ほどかかるので、申し込みから少なくとも1時間はかかるのです。

なので、審査対応が終わる1時間前の20時までには申し込む必要があります。

20時申し込みでも即日融資は厳しい!?

実は、20時はギリギリのラインです。

審査が30分で終わればいいですが、あくまでも最短の時間なので通常は1時間程度はかかってしまいます。※それでも他社よりも審査は早い

もっと余裕を持って、19時までには申し込みを完了させておくのがいいでしょう

プロミス担当者に聞いた「確実に即日借りる方法」

19時に申し込んだのに即日融資できなかった

なんて人もたまにいます。

要因として考えられるのは申し込みが多くて審査が後回しになったことです。

18時に申し込めば確実に即日融資が可能!!

では、確実に即日融資してもらうためには何時に申し込めばいいのか?

プロミスの担当者に実際に聞いたところ・・・

プロミス担当者回答

18時までに申し込めば“ほぼ確実に”即日融資が可能と考えていいでしょう。

即日融資を実現するための理想的な流れ

プロミスで即日融資をしてもらうためには時間をクリアするだけではダメです。
申込みをスムーズにこなすのも大事です。

そこで、申込みの流れを確認しておきましょう。

申込方法はWEBが一番

プロミスの申込方法はいくつかありますが、おすすめはWEBです。

プロミスのWEB申し込みは「カンタン入力」と「フル入力」がありますが、「フル入力」の方が確認電話がないので、融資は早いです

2種類の申込フォーム
プロミスのWEB申し込みについて詳しくは「プロミスの2種類あるWEB申込方法はどっちがいい?【体験談あり】」をご覧ください。

またプロミスのWEB完結が可能なので、「来店」「郵送手続き」が一切不要です。

WEB完結にした場合は、ローンカードも発行されないため、カードが自宅に届けられることがありません。家族に内緒で申込みをしたい人にはうれしいサービスでしょう。

※Web完結の場合は基本的に平日14時50分までに契約が必要です(詳しく後述)

来店契約もOK

来店や自動契約機で手続を行いたい場合でも、事前にWEBから申込みましょう。審査の段階まで手続をすすめておくことで、来店時や自動契約機での作業を減らし待ち時間を短縮することができます。

ただし、WEB契約で返済方法を「ATMによる返済」にした場合は、カードなどが自宅に届くため注意が必要です。

必要書類を事前に準備しておく

プロミスでキャッシングを行う場合、用意しなければならない必要書類があります。まず、必ず必要となるのが「本人確認書類」です。

本人確認書類は、運転免許所を持っているなら問題ありませんが、持っていないときにはパスポートか健康保険証が必要です。ただし、健康保険証の場合は単独ではなく住民票などと合わせて2点を提出する必要があります

本人確認書類

ほかにも、利用限度額を50万円以上に設定する場合や、プロミスの借入れ限度額と他社からの借入れを合わせて100万円以上になるときには収入証明書も必要になります。

収入証明書

また収入証明書は、源泉徴収票や直近の給与明細を用意しなければならないので、申込時に手間取らないよう準備をしておきましょう。

自動契約機の場所を調べておこう

Web完結(振込キャッシング)でないかぎり、Webで申し込んだ後は自動契約機でカードを発行してATMでお金を下ろす必要があります。

自動契約機は22時まで営業しているので、その時間内に行ける自動契約機を確認しておきましょう。

最寄りの自動契約機は下記ページで確認できます。

店舗・ATM検索(条件から探す)|プロミス公式サイト

ちなみに、プロミスは三井住友銀行のローン契約機でもカードを発行できるので、大変便利です。

プロミスで即日中に振込キャッシングする条件

プロミスで即日融資するなら遅くとも20時までには申し込みましょうといいました。

しかしそれは自動契約機でカードを発行し、ATMでお金を借りる場合です。

銀行振込によるキャッシングだと、それでは間に合いません。

即日振込は平日14時50分までに契約が完了する必要あり

銀行振込(ネットバンキング)をしてもらうわけですから、銀行の営業時間内(平日9時~15時)までに手続きする必要があります。

振込時間は15時までと決まっているので、プロミスでは銀行より早めに締切りをします。

そのため、14時50分以降の借入れ申込みは、原則として即日融資ができません。14時50分以降の申込は翌営業日の午前中に銀行振り込みとなります

14時50分前には契約が完了している必要があるので、遅くとも13時には申し込みましょう

申込は「午前中」が理想

繰り返しますが、即日融資を確実に受けるためには“余裕”を持って申し込む必要があります。

なので即日振込を希望する場合は原則午前中に済ませることをおすすめします。

「瞬フリ」なら20時までに申し込めば即日振込OK

三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座を持っている方は、平日14時50分を過ぎても即日振り込んでもらえます

これはプロミス独自のサービス「瞬フリ」と呼ばれるもので、24時間受付で、依頼から最短10秒で振り込んでくれるからです

24時間振り込みOKでも、審査は21時までに完了する必要があるので20時までには申し込みましょう

プロミスは土日祝日でも即日融資を受けられる

ここまで即日融資を受ける方法について紹介してきましたが、もちろん土日祝日でも即日融資を行うことは可能です

プロミスで土日祝日でも即日融資を受けるには?

基本は銀行振込ができないので自動契約機でカードを発行してATMでお金を下す必要があります。

WEB申し込みでも、電話申込みでも、最終的に自動契約機に出向いて手続をしならないのです。

自動契約機は9時から22時まで営業しています。※一部21時まで

土日祝日でも即日振り込みできる「瞬フリ」

先述した「瞬フリ」サービスなら、土日祝日でも審査後の振り込みが週明けの平日にならずに即日融資を受けることが可能です。

瞬フリ可能な銀行口座(三井住友銀行、ジャパンネット銀行)を持っていない場合は自動契約機で手続をするしかありません。

ただし、どの借入れ方法を利用したとしても、土日祝日の場合は在籍確認ができない職場が多いため、事前に在籍確認なしで対応してもらえるかどうか確認をしておくことをおすすめします。

プロミスの審査に通らないと即日融資は受けられない【原因と対策】

プロミスは審査時間、融資までの時間が短く、即日融資が受けやすいカードローンです。

しかし、審査に通らないことには即日融資はおろか借り入れ自体できません

ここでは審査に落ちる原因と対策を解説していきます。

原因① 個人信用情報に事故情報がある

個人信用情報とは、自分の過去に借入れ等をしたときの金融取引情報のことです。個人信用情報は、金融機関が取引ごとに信用情報機関に提出をしていつでも確認ができるようにしています。

取引の情報には返済はもちろん、延滞をした場合も記録されてしまいます。特に長期間の滞納や債務整理などの記録は事故情報と呼ばれ、審査落ちをしてしまう大きな原因となってしまいます。

長期間の滞納や債務整理の情報は最低でも5年間は記録が残ります。

原因② 申込み条件にあっていない

プロミスのキャッシングは幅広い人が利用できるようになっていますが、申込み条件は設定されています。

  • 20〜69歳
  • 安定した収入がある

20歳未満は収入がしっかりとある場合でも、プロミスのキャッシングを利用することはできません。

また、職業の制限は基本的にはないため、フリーターやパートを行っている主婦でも申込みは可能ですが、専業主婦など本人に収入がない人は残念ながら利用できないので注意が必要です。

原因③ 現在の他社借り入れ状況は多すぎる

プロミスで借りる前に他社で既に借りている人もいるでしょう。しかし、他社からの借入れが多い人は、審査落ちをしてしまう可能性が高いです。

さらに、他社からの借入れで重要なことは、借入金額よりも借入件数です。他社からの借入件数が3社を超えてくると、1社ずつの借入金額が少額だとしても審査に通りにくくなります。

新たなカードローンの申込みをしたい場合は、他社からの借入件数を減らしてから申込みをする方が審査には通りやすくなるでしょう。

原因④ 在籍確認に出られなかった

審査は書類審査のほかにも在籍確認という審査項目があります。在籍確認では会社に電話連絡して、申込者が会社に在籍しているかを確認されます。

在籍確認で会社が休みなどで電話を受け取れなかったり、在籍していることを伝えてもらえなかったりする場合は、確認が取れずに審査に通過できません。

また、会社の電話がとれないために融資が翌日に持ち越されるケースもあります。

在籍確認で会社と連絡がつながれば、簡単な内容で審査は完了します。

プロミスの在籍確認について詳しくは「プロミスは在籍確認なしって本当?職場への電話を回避する方法」をご覧ください。
審査に「落ちる人の特徴」をチェック

審査に落ちやすい人には、ここまで話をしてきたこと以外にもいくつかの特徴があります。
例えば・・・

  • 自営業やフリーランスで働いていて、安定した収入がない
  • 短期間で複数回キャッシングの申込みを行っている
  • 転職を何度も繰り返している

審査に落ちやすい人の特徴は共通して、借入れをできるほどの信用がないという共通点があります。プロミスの審査に通るためには、「この人ならお金を貸しても大丈夫」だという信用を得ることが重要です。

審査に通過するためにできる2つの対策

信用情報に傷があったり、他社借入が多い人はすぐに対策できません。

ここでは、審査に通過する可能性を上げるためにできるちょっとした対策を紹介します。

対策① 利用限度額は必要最低限に抑える

即日融資を希望するときは、借入れの利用限度額を必要最低限に抑えることもポイントのひとつです。

利用限度額を必要以上にあげてしまうと、審査の基準があがってしまい審査に通らない可能性もでてきます。不必要に利用限度額を高額に設定しないようにしましょう。

対策② 勤務年数が1年以上経ってから申し込む

即日融資とは少しずれてしまいますが、確実に審査に通るためなら、1年以上は同じ職場で働いてから申し込みましょう

というのも、プロミスの審査では「勤続年数」が重要視されるからです。

少なくとも半年以上は働いているのが理想です。

近々転職する予定がある場合は、転職前に申し込むのも審査に通過するコツです。

プロミスの審査について詳しくは「プロミス審査に落ちないコツと即日融資を受ける条件を解説」をご覧ください。

プロミスで即日融資をクリアするためのコツ

プロミスの審査は、最短30分というとても短時間で終わります。ただし、状況によっては1時間以上経っても審査が終わらない場合もありえます。

ここでは、審査の基準や短時間で審査を終わらせるためにできるコツを紹介します。

① 自分の信用情報を確認しよう

先ほども紹介しましたが、審査に通るためには申込者の個人信用情報の内容が大切です。

個人信用情報には他のキャッシングの申込みについても記録されます

何度もキャッシングの申込みを行う人は、「よほどお金に困っているのだな」と金融機関から判断され審査に悪影響を与えてしまいます。

申込みの前に自分の個人信用情報に問題がないかを確認して、もしも問題がある場合はしばらく期間を置いてから申込みをしましょう。

② 記入ミス、書類不備が起こらないようにする

審査中にプロミスから問い合せがこないようにきちんと申告するのがコツとなります。

例えば、記入した内容に不備があるときや、提出した書類の内容と記入した内容が違ったときには確認の連絡が来るため、最短での審査ができなくなる可能性が増えます。
とくに他社からの借入れがある人は注意しましょう。

書類の記入は正確に間違いがないように行うことが大切です

③ 在籍確認の電話がとれる時間を確認しておく

在籍確認の電話が取れずに、審査が翌日に持ち越されるケースは多いです。

審査前に、確実に会社で連絡が取れる時間帯か確認しておき、スムーズに在籍確認を通過できるようにしましょう。

④ 不安なことがあれば即相談!

審査の内容は、詳細に明かされていないこともあり不安に思う場合もあると思います。

相談や希望があるときには、申込み前にフリーコールでプロミスに直接相談しましょう

プロミスのフリーコール:0120-24-0365

また、WEB申込の「カンタン入力申込」なら、申し込み完了後にプロミスから電話連絡が来るので、その時に相談するのもいいでしょう。

プロミス

プロミス 新キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン

詳細

プロミスは、最短即日でお金を借りることができるので、急いでいる方でも安心です。審査時間は最短30分であり、申込~借入までは最短1時間で終わります。

また、最大金利が17.8%と他の消費者金融より低くなっているので、少しでもお得にお金を借りたいという人にも人気です。

プロミスから即日融資を受けた人の口コミ

●申し込みから2時間で借りれた

9時ごろに申し込んで、11時過ぎには口座に振り込まれてました。とにかく早かったのと、在籍確認が不安でしたがあっさりと終わって良かったです。

兵庫県/30代・男性/会社員

●瞬フリを知って迷わずプロミスに!!

休日にお金が必要になり、消費者金融を利用することにしました。正直どこでもいいなと思っていましたが、プロミスの「瞬フリ」が土日でも銀行振込してもらえると知り、申し込みました。当日に自分の三井住友銀行の口座に振込まれていたので良かったです。

福岡県/20代・男性/会社員

即日融資だけではない!プロミスのサービス

プロミスの魅力は即日融資が可能なところだけではありません。他にも、魅力的なサービスがたくさんあるので、代表的なものを紹介します。

無利息サービス

初めてプロミスと契約する人は「30日間無利息サービス」を利用できます。※メールアドレスとWEB明細の登録が必要です。

プロミスは無利息期間が「お金を借りてから30日間適用」されます。

他社の無利息サービスだと、契約日から無利息サービスがスタートするので、契約日から5日後にお金を借りると25日間しか無利息になりません。

その点、プロミスの無利息サービスは30日間フルで活用できます。

瞬フリサービス

24時間対応、最短10秒で振り込んでくれるサービスであることは先に紹介しました。もうひとつの紹介しきれなかった魅力があります。

それは手数料が一切かからないことです。

振込時間、利用時間、手数料の三拍子そろったサービスなので、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を持っている人は是非利用してください。

ポイントサービス

プロミスでは、大手消費者金融でも珍しいポイントサービスを導入しています。ポイント会員やインターネット会員になるとポイントがもらえるほか、お知らせの確認や確認メールを利用すると毎月コツコツポイントをためることができます。

そして、貯まったポイントは手数料無料サービスとして使えたり、ポイントに応じて日数が変わる無利息サービスをとして利用できたりします。

インターネットの会員ページから、ポイントサービスの申込みは簡単にできるため、気軽に利用してみることをおすすめします。

会員サービス「おとくらぶ」

プロミスは「おとくらぶ」というキャッシング利用者が、誰でも受けることができる会員サービスを行っています

「おとくらぶ」のサービスは、全国各地20万か所以上のレストランやレジャースポットで利用できます。中には、ドミノピザやガストなどの有名レストランやホテルオークラ等のホテル、八景島シーパラダイスなどのレジャースポットもサービスの対象施設になります。

「おとくらぶ」の会員申込みも、プロミスのインターネット会員ページからでき、登録費用や年会費は一切かからずに利用可能です。会員ページのトップに特設ページがあるので、ログイン後にバナーをクリックして申込みをしてみてください。

プロミスの即日融資【まとめ】

プロミスは、利用できる自動契約機が多かったり、「瞬フリ」があるなど、即日融資を受けやすいカードローンです。

ただし、申込者の個人信用情報などによっては融資を受ける前に審査に落ちたり、申込時間が遅いと即日融資を受けられなかったりする場合があります。

申込み方法や締切り時間などをよく確認して、確実に即日融資ができるように手続をしましょう。

プロミス

プロミス 新キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン

CTA

クレカ大バナー

ローン大バナー