プロミスで今すぐに借りたい!即日融資の方法【土日も即日借り入れOK】

この記事はこんな方向けです

  • プロミスで今すぐにお金を借りたい方
  • 何時までに手続きをすれば当日振込できるか知りたい方
  • 土日や夜でも最短で即日融資を受ける方法を知りたい方
  • お急ぎで本日中にお金が必要な方
  • 来店している暇がないが即日借入したい方
  • 誰とも会わずに話さずに今すぐにプロミスを借りたい

とにかく急いでいる方へ、スピードキャッシングが可能なプロミスから今すぐに借り入れする方法を紹介します。

プロミスで今すぐ借りれる!?即日借入は何時まで!?

消費者金融は日本にたくさん存在しており、Web、来店、電話、窓口と申し込みの方法も多種多様です。

どの会社でどの様な方法で申し込むのが一番早くて確実なのか、各社のHPを見ても全くわからないと思います。

今回は一番融資のスピードが早く、確実性の高いプロミスを紹介します。

そして、ご覧いただいている方の状況別に最も”シンプル”に”最短”で”簡単”に融資を受けれる方法だけをご紹介します。

プロミス今すぐチャート

まずは、下記の銀行口座を持っているかどうかをご確認ください。

持っていない方はこちら

持っている方はこちら。

プロミス今すぐチャートで”A”に進んだ方(当日振込)

プロミスへ今すぐ申し込めば、当日中の振込が可能です。

最短で申し込みから30分で審査、1時間で振込をして貰えます。

手続きも最も楽なWeb完結なので、どこにも行かずに誰とも会わずに融資を受けられます。

三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座をお持ちの方は遅くとも20時迄に申し込みましょう。※曜日は問いません

お持ちでない方は、平日14時までに契約を完了しないと、当日中に振り込んで貰えない可能性が高くなります。

※銀行の営業時間内(平日9時~15時)に振り込み依頼をしなければならない為

推奨する申し込み時間は遅くとも14時の1時間前の13時迄となります。

※記載の時間はあくまで最短です。実際の融資のスピードは混雑状況や審査の状況により変動します

プロミス今すぐチャートで”B”に進んだ方(当日振込)

Bルートも当日中の振込が可能です。

最短で申し込みから30分で審査、1時間で振込をして貰える可能性があります。

但し、当日中に融資を受けるには無人契約機で契約を行い、ローンカードを発行、

ATMに入金して貰う、という手順が必要な為、外出が必要となります。

理由は、平日14時までに契約を完了しないと、当日中に振り込んで貰えない可能性が高くなります。

※銀行の営業時間内(平日9時~15時)に振り込み依頼をしなければならない為

推奨する申し込み時間は遅くとも14時の1時間前の13時迄となります。

振込が明日でも問題無い方はweb契約を選択していただいても問題ありません。

その場合の最短の振込時間はご利用の銀行の翌日の営業開始時間となります。(9時の銀行が多いです)

※記載の時間はあくまで最短です。実際の融資のスピードは混雑状況や審査の状況により変動します

プロミス今すぐチャートで”C”に進んだ方(明日振込)

Cのルートはプロミスに今すぐ申し込めば、最短で明日の振込が可能です。

理由としては、本日は勤務先に電話が繋がらない為、在籍確認が取れずに審査が完了しない為です。

最短での融資タイミングは勤務先の明日の営業開始時間の30分後となります。

※記載の時間はあくまで最短です。実際の融資のスピードは混雑状況や審査の状況により変動します

プロミス今すぐチャートで”D”に進んだ方(勤務先の翌営業日振込)

Dのルートの最短は勤務先の翌営業日の振込が可能です。

理由としては、本日や明日は勤務先に電話が繋がらないために在籍確認が取れず、審査が完了しない為です。

最短での融資タイミングは勤務先の翌営業日の営業開始時間の30分後となります。

プロミスから今すぐに最短融資を受ける為の注意点

①急ぎの場合はプロミスの申し込み方法に注意

プロミスの申し込み方法は様々で5種類あります。

  • web
  • プロミスコール(電話)
  • 無人契約機
  • プロミス窓口
  • アプリ

このうち、一番楽で素早く融資が可能となるのはweb申し込みとなります。

②急ぎの方の場合、プロミスはwebの申し込み方法も2種類あるので注意

実はプロミスのweb申し込みには2種類の申し込み方法があります。

  1. フル入力
  2. カンタン入力

フル入力はwebのみで申し込みの工程を全て行うことが出来ます。

対して、カンタン入力は入力完了後にプロミスから電話が入ります、 足りない項目のヒアリングがあります。

電話を待つ時間や通話している時間、処理を待つ時間が加わり、フル入力よりも融資に時間がかかってしまいます

パソコンのタイピングスピードに自信の無い方は、カンタン入力でも良いかもしれません。

プロミスのWEB申し込みについて詳しくは「プロミスの2種類あるWEB申込方法はどっちがいい?【体験談あり】」をご覧ください。

③即日融資の為にプロミスの申し込み時に必要な書類を事前に準備しておくこと

必ず必要となるのが「本人確認書類」です。

本人確認書類は、「運転免許証」を持っているなら問題ありませんが、

持っていない場合、「パスポート」または「健康保険証と住民票」が必要です。

条件次第では収入証明書が必要

下記の条件に当てはまる人は収入証明書が必要です。

  • 利用限度額を50万円以上に設定したい場合
  • プロミスの借入れ限度額と他社からの借入れ金額を合わせると100万円以上になる場合

収入証明証とは、次の書類の中から1点です。

  • 源泉徴収票(最新のもの)
  • 確定申告書(最新のもの)
  • 給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)

※賞与がない方は直近2ヶ月の給与明細書のみでOK

④プロミス今すぐチャートでBの方は自動契約機の場所を調べておきましょう

Bルートの方は自動契約機まで行かなければ、当日入金が受けれません。

自動契約機は22時まで営業しているので、その時間内に行ける自動契約機を確認しておきましょう。

最寄りの自動契約機は下記ページで確認できます。

店舗・ATM検索(条件から探す)|プロミス公式サイト

ちなみに、プロミスは三井住友銀行のローン契約機でもカードを発行できるので、大変便利です。

⑤急いでいるからこそ記入ミス、書類の不備がないようにする

記入した内容に不備がある際や、提出した書類の内容と記入した内容に相違がある場合、プロミスから確認の連絡が入ります。

その場合、最短での審査が出来なくなる可能性があります。

申し込み情報の入力は嘘偽りなく、間違いがないように入力することが大切です。

審査中にプロミスから問い合せが来ない様に正しく申告しましょう。

なぜプロミスが一番融資のスピードが早くて確実性が高いのか!?

①プロミスは実際の審査スピードが一番早いといえる理由

即日融資が可能なカードローンのほとんどは「最短30分審査」を掲げています。

当サイト編集部の調査では、各社、審査に大体1時間~2時間は時間がかかるのが実情でした。

そんな中、プロミスが唯一限りなく「最短30分」に近い時間で審査をしているというデータがあります

プロミスは最も即日融資を受けやすいカードローンと言えます。

◎大手消費者金融5社の「最短」と「実際」の審査時間

実際の審査時間ランキングカードローン公表審査時間実際の審査時間 ※
1位プロミス最短30分30分~1時間半
2位アコム最短30分45分~2時間
3位レイクALSA最短60分1時間~2時間
4位アイフル最短30分1時間~3時間
5位SMBCモビット最短30分1時間半~3時間

※当サイトで集めた口コミの審査時間です

公式サイトの審査時間を信用して、20時に申し込んだけど翌日に持ち越された・・・

なんてことが結構起こり得ますが、プロミスでは滅多にありません。

②プロミスは一番審査に通りやすい

審査通過率ランキング

カードローン成約率(審査通過率)
1位プロミス46.40%
2位アイフル46.00%
3位アコム43.70%
4位レイクALSA29.50%
SMBCモビット公表していない

※2018年8月のデータ(レイクALSAは7~9月の平均)

大手の消費者金融のなかで最も審査通過率が高いのはプロミスです。

落ちるかも・・・という不安から何社も申し込む人がいますが、これは逆効果です。

お金に困っていると判断され審査落ちしてしまいますので、

一番審査に通りやすいプロミスで申し込みしましょう。

プロミスなど消費者金融以外で今すぐ確実に借りれるとこはないの?

2017年までは他にも即日融資が可能なカードローンとして、銀行カードローンという選択肢もありました。

銀行の過剰貸付が社会問題となり、2018年1月から審査時に警察庁のデータベースへ照会が義務付けられました

銀行カードローンは即日融資できない

ゆえに、現在は当日融資が可能な銀行はありません。

ここでは、プロミスと代表的な銀行カードローンの最短融資時間を比較してみます。

実際の審査時間ランキング

カードローン最短融資時間
1位プロミス最短1時間
2位三井住友銀行カードローン元々口座を持っていれば最短で翌営業日
2位三菱UFJ銀行 カードローン元々口座を持っていれば最短で翌営業日
2位横浜銀行カードローン元々口座を持っていれば最短で翌営業日
5位楽天銀行カードローン最短で申込後2~3営業日
5位セブン銀行カードローン最短で申込後2~3営業日
7位みずほ銀行カードローン最短で申込後3~4営業日
7位住信ネット銀行カードローン最短で申込後3~4営業日
9位ジャパンネット銀行カードローン最短で申込後1週間

銀行カードローンはその銀行の口座を持っているかどうかで融資時間が大きく変わります。

口座を持っていれば、翌営業日にお金を借りられるケースもありますが、即日融資はできません。

また、消費者金融と比べて審査の難易度は高くなり、審査期間も数日から1週間を要します

やはり即日対応可能で一番審査に通る可能性の高いところを選択するのが重要です。

プロミスと銀行の安心感は全く同じ

「銀行の方が安心できる」

という理由で銀行カードローンを選ぶ方がいますが、大手消費者金融のほとんどは大手銀行傘下に属する“銀行系カードローン”です。

サービスブランドが違うだけで銀行のグループである「安心感」は変わらないのです。

  • プロミス、SMBCモビット ⇒ 三井住友銀行グループ
  • アコム ⇒ 三菱UFJフィナンシャル・グループ
  • レイクALSA ⇒ 新生銀行グループ

プロミスが早くて確実なのはわかったけど、他の面でのプロミスってどうよ?

スビードと並び重要な利息も優秀

最大金利の低さランキング

カードローン最大金利金利
1位プロミス17.80%4.5%~17.8%
2位アイフル18.00%3.0%~18.0%
2位アコム18.00%3.0%~18.0%
2位SMBCモビット18.00%3.0%~18.0%
2位レイクALSA18.00%4.5%~18.0%

100万円以下の借り入れの場合は最大金利が適用される為、一番重要な最大金利を見ていきましょう。

プロミスが他よりも金利が安く、お得に借り入れが出来きます。

プロミスは銀行よりも利息がかからない!?

「消費者金融は銀行で借りるよりも利息がかかる」 なんて考えている方は多いのはないでしょうか。

実は必ずしもそうではありません。

なぜなら、プロミスの「30日間無利息サービス」を利用すれば、低金利の銀行ローンよりも得するケースがあるからです。

プロミスの無利息サービスなら銀行カードローンよりもオトク?

例として、プロミスと三井住友銀行カードローンで10万円を借りた場合を比較しましょう。

借り入れ金額10万円の場合

金利無利息サービス
プロミス17.8%30日間
三井住友銀行カードローン金利14.5%なし
返済期間プロミス三井住友銀行どっちがオトク?
1ヵ月¥0¥1,191プロミスの方が ¥1191円 お得
2ヵ月¥747¥1,815プロミスの方が ¥1068円 お得
3ヵ月¥1,500¥2,425プロミスの方が ¥925円 お得
6ヵ月¥3,771¥4,269プロミスの方が ¥498円 お得
7ヵ月¥4,535¥4,887プロミスの方が ¥352円 お得
8ヵ月¥5,303¥5,510プロミスの方が ¥207円 お得
9ヵ月¥6,075¥6,133プロミスの方が ¥58円 お得
10ヵ月¥6,851¥6,760三井住友銀行の方が ¥91円 お得

※各社のサイトにてシミュレーションツールを利用し試算

9ヶ月以内であれば利息はプロミスの方が低くなっています。

無利息サービスを利用し、30日以内に完済すれば利息は全くかかりません。

短期間で完済出来る金額であれば、無利息期間があるカードローンのほうが断然お得です。

※そもそも年利で3%しか変わりませんので、そこまで大きな差はありません

プロミスの金利・利息に関しては「プロミスの金利って高いの?実際に発生する利息とお得に返済する方法」でもっと詳しく解説しています。

プロミスで今すぐにお金を借りたい【まとめ】

一番融資のスピードが早く、融資の確実性が高いのはプロミス!!

プロミスの即日融資に関しては「プロミスの即日融資って何時まで?確実に借りる方法を解説【土日OK】」でもっと詳しく解説しています。
プロミス 新キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン

CTA

クレカ大バナー

ローン大バナー