プロミスの瞬フリを他社の振込サービスと比較【最短10秒】

プロミスには24時間対応&最短10秒振り込みの「瞬フリ」サービスがあります。

振込サービスはアコムやアイフルなど他社のカードローンでも実施されています。
ここではプロミスの「瞬フリ」がいかに他社の振込サービスよりも優れているのかを解説します。

瞬フリサービスの利用条件・対応時間

まずは瞬フリサービスの基本的な内容から紹介します。
「瞬フリ」とはプロミスの会員サービスのひとつです。

  • 手数料無料
  • 24時間利用可能
  • 依頼から最短10秒で口座へ振り込んでくれる

3拍子揃った振込サービスですが、瞬フリには利用条件があります。

瞬フリの利用条件

下記いずれかの銀行口座をお持ちの人でないと利用できません。

  • 三井住友銀行
  • ジャパンネット銀行

また、当たり前ですがプロミスの会員サービスにログインする必要があります。

会員サービスへのログイン方法は「プロミス会員サービスにログインしてできること・できないこと」で解説しています。

三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座をお持ちでない場合は、通常の「振込キャッシング」になります。

通常の振込キャッシングでも手数料無料、受付から最短10秒で振り込んでくれます。
しかし、対応時間が瞬フリと違います

「瞬フリ」と「通常の振込キャッシング」対応時間の違い

瞬フリの場合

銀行口座曜日受付振込時間
三井住友銀行全日24時間受付から最短10秒
ジャパンネット銀行

通常の振込キャッシングの場合

銀行口座曜日受付振込時間
その他の銀行口座平日0:00~9:00当日9時半頃
9:00~14:50受付から最短10秒
14:50~24:00翌営業日9時半頃
土日祝日24時間翌営業日9時半頃

24時間対応の瞬フリに対し、通常の振込キャッシングは受付時間によってはすぐに融資を受けられません

最短10秒振り込みは平日9時~14時50分の間に受付をした場合のみです。

平日の早朝や夜中はもちろん、土日祝日でも速攻で振り込んくれる「瞬フリ」はやはり魅力的です。

プロミスの瞬フリを他社の振込サービスと比較

大手カードローン各社とも、WEB手続きによる振込サービスを実施しています。

ここでは、プロミスの瞬フリが他社と比べてどこが優れているのかを詳しく解説します。

アコムも土日祝日の振込に対応!! ただし・・・

数あるカードローンのなかでも、土日祝日に「銀行振込」によってお金を借りられるのはプロミスとアコムだけです。

ただ、アコムは楽天銀行をお持ちの方だけです。
プロミスは三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座をお持ちの方でしたよね。

ジャパンネット銀行はともかく、大手メガバンクの三井住友銀行は口座なら持っている方は多いでしょう。

対して、楽天銀行となると口座を待っている人も少ないのではないでしょうか。

わざわざ口座を開設するのも面倒ですし、“利用しやすい”のはプロミスといえます。

アコムの各金融機関の振込時間

銀行口座曜日受付振込時間の目安
楽天銀行全日0:10 〜 23:50受付完了から1分程度
ゆうちょ銀行平日0:10 〜 9:00当日 正午頃
9:00 〜 14:00当日 17:00まで
14:00 〜 23:50翌営業日 正午頃
土日祝日0:10 〜 23:50翌営業日 正午頃
その他の銀行・信用金庫平日0:10 〜 9:00当日9時半頃
9:00 〜 14:30受付完了から1分程度
14:00 〜 23:50翌営業日9時半頃
土日祝日0:10 〜 23:50翌営業日9時半頃

パッと見ではプロミスの振込サービスと大きく違いはありませんが、細かい点で違いがあります。

当日振込の受付リミット振込スピード
アコム平日14時30分 ※1分
プロミス平日14時50分10秒

※ゆうちょ銀行の口座の場合は14時

微妙な違いですが、プロミスの方が若干便利といえるかもしれませんね。

レイクALSA、SMBCモビット、アイフルは土日に振込できない

プロミス、アコム以外の大手消費者金融(レイクALSA、SMBCモビット、アイフル)はどこも土日祝日の振込融資は対応していません。

レイクALSAの振込対応時間

曜日振込依頼振込時間
平日※0:15 〜 9:00翌営業日
9:00~14:50当日中
14:50~24:00翌営業日
土日祝日0:15 〜 24:00翌営業日

※月曜日はメンテナンスのため0時~1時まで振込依頼できません

当日中に融資してもらうには平日14時50分までに受付を完了させる必要があります。

SMBCモビットの振込対応時間

曜日振込依頼振込時間
平日※0:00 〜 9:00翌営業日
9:00~14:50当日中
14:50~24:00翌営業日
土日祝日24時間翌営業日

※月曜日はメンテナンスのため0時~7時まで振込依頼できません

ほとんどレイクALSAと同じですね。

アイフルの振込対応時間

曜日振込依頼振込時間
平日※0:00 〜 9:00翌営業日
9:00~14:10当日中
14:50~24:00翌営業日
土日祝日24時間翌営業日

当日融資は平日14時10分までなので、レイクALSAやSMBCモビットに比べると若干早いですね。

土日祝日の振込不可でもお金は借りられる

振込ができないからといって、お金を借りられないわけではありません。
ローンカードを使って、各社の提携ATMを利用すればお金を下せます。

最近では、プロミス、レイクALSA、SMBCモビットの3社はカードレスでセブン銀行ATMを利用できるサービスを実施しています。※公式アプリ登録は必要です

大手カードローン5社の振込サービス一覧表

カードローン土日振込当日振込が可能な依頼時間備考
プロミス24時間 ※1瞬フリの場合
アコム24時間 ※2楽天銀行の口座をお持ちの場合
レイクALSA平日14時50分
SMBCモビット平日14時50分
アイフル平日14時10分

※1 三井住友銀行、ジャパンネット銀行以外の口座の場合は14時50分
※2 楽天銀行以外の口座の場合は14時30分(ゆうちょ銀行の場合は14時)

銀行の営業時間に左右されずに振り込んでくれるのは、プロミスとアコムだけです。

ただしアコムは楽天銀行のみ。プロミスは三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座があれば24時間いつでも振り込んでもらえます

プロミス

プロミス 新キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン

瞬フリサービスを利用する方法

プロミスの瞬フリは以下の手順で利用できます。

① 会員サービスにログイン
矢印
② 振込先口座を登録
矢印
③ 瞬フリ(振込キャッシング)のお手続きボタンをクリック
矢印
③ 希望額を入力・実行

上記のカンタン4ステップで完了です。

振込先口座の登録は一度しておけばOKです。

瞬フリは1,000円単位で借りられる

また、瞬フリの利点は1,000円単位で希望額を設定できるところです。

プロミスは借りた金額に対して利息が発生するので、お得に借りるためには必要最低限の金額を借りる必要があります。

プロミスカードを使用してATMからお金を借りる場合、プロミスATM、三井住友銀行ATM以外は万単位でしかお金を借りられないので、余分にお金を借りてしまいがちです。

瞬フリなら手数料もゼロ円なので、手数料も発生するATMに比べるとお得な借入方法なのです。

瞬フリを利用している人の口コミ

土日もスマホで簡単に借り入れできて助かる

プロミスと契約して1年ほど経ちますが、キャッシングはもっぱら「瞬フリ」です。プロミスのカードも一応持っていますが利用したことはありません。土日もスマホで依頼すれば速攻で振り込んでくれるので助かります。

(埼玉県/20代・女性/パート)

瞬フリを知ってプロミスを選びました

プロミスとアコムで悩んでいましたが、ちょうど三井住友銀行の口座を利用していたので瞬フリサービスがあるプロミスを選びました。振込の早さだけでなく、カードレスで利用できる点も気にいっています。

(大分県/30代・男性/会社員)

プロミスの瞬フリ利用者は返済も便利になる

三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座をお持ちの方は、借入だけでなく返済も便利になります。

インターネット返済を利用できる

インターネット返済を利用するには対象の銀行口座が必要です。

三井住友銀行とジャパンネット銀行はもちろん、次の3つの銀行口座の方も利用できます。

  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • 楽天銀行

それぞれの銀行口座を持っている、かつインターネットバンキングを利用していることが条件となっています。

ネット返済のメリット

インターネット返済の利点は次の4つです。

  • 手数料無料
  • 24時間365日利用できる
  • 場所を選ばない
  • 返済がすぐ残高へ反映されるので追加融資を受けやすい

数あるプロミスの返済方法のなかでも、最もオトクかつ便利です。

口フリ返済なら返済日を選べる

プロミスの返済方法のなかには、口座振替(口フリ)もあります。

設定した返済日に自動的にお金を引き落としてくれるので、返済忘れをする心配はありません
もちろん、手数料は無料です。

口フリはインターネット返済と違って、指定の銀行口座はありません。

しかし三井住友銀行、ジャパンネット銀行の口座をお持ちの方には次の2つのメリットがあります。

  • 返済日を5日、15日、25日、末日から選べる
  • 残高への反映が当日中に行われる

通常、口フリで返済する場合は強制的に返済日が5日になります。
それが5日、15日、25日、末日から選べるので、自分の都合のいい日に設定できます。

また、通常は返済しても残高へ反映されるのは3日後ですが、三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座の場合は当日中に反映されるので、追加融資を受けやすいです。

まとめると、次のようになります。

金融機関選べる返済日残高への反映
三井住友銀行
ジャパンネット銀行
5日、15日、25日、末日当日
その他の銀行5日だけ3営業日後

オススメの返済方法はインターネット返済ですが、返済忘れしてしまいそうな人は口フリ(口座振替)を利用するのもいいでしょう。

その他、プロミスの返済方法については「プロミスの返済額を最大○○万円も節約できる?理想の返済方法を紹介」でより詳しく解説しています。

瞬フリサービスはキャンセルできない

瞬フリサービスは申し込み後、最短10秒で振り込まれるのでキャンセルはできません

本当にお金を借りる必要があるかを考えてから利用しましょう。

瞬フリを利用できない・振りこまれないときの対処法

「瞬フリを利用できない」
「依頼したのに振り込まれていない」

そういったトラブルは結構多いようです。

まず、利用できない原因として考えられるのはメンテナンス時間内だったケースです。
毎週月曜日0時~7時はプロミスの会員サービスが一切利用できないので注意しましょう。

また、三井住友銀行を利用している方は毎週日曜日21時から翌月曜日7時まで利用できません

振り込まれない原因としては、既に限度額いっぱいまで借りている場合が考えられます。また、口座番号の入力ミスという可能性もあります。

ともあれ、原因が分からないのであれば、プロミスコールに電話して聞いてみましょう。

プロミスコール:0120-24-0365

瞬フリサービスは正月やお盆休みでも利用可能?

瞬フリサービスは24時間365日利用可能です。

なので、銀行営業日ではない正月やお盆休みの期間中も変わらずに利用できます
※元日のみ利用できません

ご安心ください。

プロミスの瞬フリを利用すれば土日も来店不要で即日融資OK

繰り返しますが、プロミスの瞬フリサービスは土日祝日も振込融資が可能です。

つまり、土日祝日も来店不要で審査・契約、そのまま融資を受けられるのです。

他の大手消費者金融も土日に即日融資が受けられますが、来店必須です。

「どうしても今日中にお金を借りたい」
「誰にもバレずに借りたい」
「自動契約機まで遠い」

そんな方にとって、プロミスの瞬フリはありがたいですよね。

21時までに契約すればOK

通常どのカードローンも、振込による即日融資を希望する場合は平日の13時までには申し込み、14時には契約を完了しないといけません。

それが、瞬フリを利用できるなら21時までに契約を完了できれば「即日」&「振込」で融資してもらえます。

三井住友銀行、ジャパンネット銀行の口座をお持ちの方はぜひご利用下さい。

プロミス

プロミス 新キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン

CTA

クレカ大バナー

ローン大バナー