プロミス追加融資は在籍確認の電話審査なし&返済額を下げられる!

プロミスの追加融資を検討中の皆さん、今月ピンチでお困り中かと思います。

「プロミスの追加融資って、また在籍確認とかの審査あるの?」
「プロミスで追加融資したら、電話かかってくるんじゃない?」
「追加融資とか増額とか、何が違うの?!」

なんて思って、さらにお悩み中では?

先に答えを言っちゃいますが、プロミスの追加融資は利用限度額までなら何度でも即日融資OK、審査や在籍確認の電話もありません

あえてプロミスの追加融資をすることで、最低返済額を下げることもできます!

ただ、おまとめローン利用中や滞納中の人は、プロミスの追加融資を即日にはできないかも…。

今回はすごいカード相談所が、ピンチを救ってくれるプロミスの追加融資や増額についてズバリ解説していきます!

CHECK

詳しく解説していきますが、プロミスの追加融資ができない→増額申請をするのは、デメリットがあるからおすすめしません!
思い切って他社のカードローン申し込みをした方が、カンタンに借り入れできますよ♪

プロミスの追加融資は在籍確認や電話なし!増額との違いは?

プロミスの追加融資とは、契約時に決められる利用限度額までであれば何度でも追加で即日融資を受けられることです。

また、プロミスの追加融資は以下のような手続きが一切ありません。

「新規申し込みの手続き」
「在籍確認などの審査」
「手続きのための電話」

プロミスはキャッシングの利便性が充実しているため、コンビニや即フリサービスを利用すれば、24時間いつでも即日融資を受けることができます。

ただし、プロミスは追加融資を受けるごとに、毎月の返済額も変動するので気を付けましょう。

プロミスの追加融資と増額(利用限度額)の違い

インターネットのWEBサイトを見ていると、プロミスの追加融資と増額(利用限度額)がごっちゃになっている印象ですがまったく異なるものです。

追加融資増額
審査なしあり
在籍確認なし一部あり
申し込みなしあり
限度額の変更なしあり

プロミスの追加融資とは…

プロミスの追加融資は、初回審査で決められた利用限度額の変更なしで、申し込みや審査なく何度でも借り入れができます

例えば、利用限度額が60万円の人が現在融資を受けているのが50万円であれば、あと10万円の追加融資が可能となります。

もちろん、一気に10万円の追加融資を受けることもできるし、5万円だけ追加融資・3万円を3回に分けて追加融資をすることも可能です。

プロミスの増額(利用限度額)とは…

プロミスの増額は正式には利用限度額増額と呼ばれ、借り入れができる上限金額自体を上げてもらうことです。

増額申込や審査が必要となり、申込時と今の年収や信用情報などのデータをもとに、追加融資の金額が決まります。

増額申請ができるのはプロミス会員ですが、審査結果によっては利用限度額を引き下げられることもあるので注意が必要です。

CHECK

プロミスの増額については、記事の後半で詳しく解説していきます!利用限度額の増額について知りたい人は、コチラをタップすれば早く内容をチェックできます。

プロミスの追加融資可能か確認する方法&追加融資できないケース

プロミスの追加融資が可能かどうかを確認するには、現在の利用残高を調べないといけません。

プロミスの利用残高を調べるには、以下の3つの方法があります。

  1. プロミスのアプリローン
  2. プロミス公式サイトの会員ページ
  3. プロミスコールセンターに電話

プロミス会員専用のマイページやアプリローンにログインできない場合は、プロミスコールセンター(0120-24-0365/全日9-22時)に電話をしましょう。

プロミスの追加融資は即日融資可能

プロミスの利用限度額に余裕があれば、追加融資を受けることができます。

キャッシング方法はこの後解説するので、利便性の良い借り入れ方法を選択しましょう。

ちなみにこれは、限度額が50万円の人のアプリローンのシミュレーションですが、15万円の融資を受けているため、追加融資が可能なのは35万円となります。

プロミスの延滞中などは追加融資できません

プロミスの追加融資は利用限度額までなら何度でも可能ですが、全員がすぐに追加融資できるというわけではありません。

以下の項目に当てはまる人は、少なくとも当日に追加融資はできないので注意をしましょう。

  • 返済を延滞している
  • プロミスカードが一時止められている
  • 短期間に何度も追加融資と返済をした
  • 他社借り入れとの合計額が年収の1/3を超えた
  • 他社でブラックリスト認定されたた
  • 書類の未提出や属性の変更未届けがバレた
  • おまとめローンの契約中

このようなトラブルがある場合、プロミスで追加融資ができません。

仮に追加融資ができない人はATMにカードを入れても「ご利用できません」と出るし、公式サイトのマイページを見ても「お借入れ可能額0円」で記載されるかと思います。

プロミスの追加融資をする方法~土日は?手数料無料なのは?~

プロミスの追加融資が可能と分かれば、さっそく借り入れを行いましょう。

プロミスは豊富な借り入れ方法があり、手数料を無料にすることもできます◎

おすすめは三井住友銀行ATMやプロミスATMですが、全国のコンビニATM・提携銀行ATM・銀行口座振り込み・アプリローンも利用できます。

手数料平日土日
プロミスATM無料7:00~24:007:00~24:00
三井住友銀行ATM無料9:00~21:009:00~21:00
瞬フリ無料24時間24時間
銀行口座振込無料銀行による銀行による
店頭借り入れ無料平日10:00~18:00
提携ATM有料各ATMの営業時間各ATMの営業時間
「瞬フリ」(銀行振り込み)対応銀行

三井住友銀行・三菱東京UFJ銀行・ゆうちょ銀行・ジャパンネット銀行・楽天銀行

提携ATM(銀行・コンビニ)

三菱東京UFJ銀行・東京スター銀行・横浜銀行・八十二銀行・第三銀行・広島銀行・西日本シティ銀行・福岡銀行・親和銀行・熊本銀行クレディセゾン・ゆうちょ銀行・セブン銀行・E-net・ローソンATM・イオン銀行

プロミスで追加融資すると最低返済額が変動!下げることも可能

プロミスは残高スライド元利定額返済方式という返済方法を採用しており、「借入後残高(最終の借り入れ総額)」によって毎月の最低返済額が決まります

これは借入合計によって返済金額を計算する割合や返済回数が変わるためで、プロミスで追加融資を受けることで借入後残高は変動します。

借入後残高返済金額返済回数
30万円以下借入後残高×3.61%~36回
31~100万円以下借入後残高×2.53%~60回
101万円以上借入後残高×1.99%~80回

※1,000円未満切り上げ

計算式を使うと少しややこしいので、プロミスの公式サイトで公開されている1万円~100万円までの最低返済額の一覧表を紹介しておきます。

詳しくみたい方はコチラをご覧ください。

この表を使って、わかりやすく例えてみましょう。

プロミスの追加融資を受けると最低返済額が変動する仕組み

仮に3月にプロミスで5万円借り入れすると、借入後残高5万円となるので最低返済金額は月2,000円となります。

この最低返済金額は追加融資を受けない限り変動しないので、完済まで毎月2,000円が最低返済額となります。

でも、4月に1万円を返済し、さらに5月に10万円の追加融資をしたとします。

【残高4万円+追加融資10万円】で借入後残高は14万円となるため、最低返済金額は6,000円に上がります

プロミスの追加融資をして返済額を下げることもできる

意外かもしれませんが、プロミスの追加融資を受けることで毎月の返済額を下げることができます。

プロミスで3月に14万円を借入すると、最低返済金額は6,000円となります。

これは、4月に10万円の返済(最低返済額+任意返済)をして残高が4万円になっても、借入後残高は14万円のままなので最低返済金額は6,000円となります。

でも、5月に1万円の追加融資を受けると、【残高4万円+追加融資1万円】で借入後残高は5万円となるため、最低返済額は2,000円まで下がります

プロミスの追加融資の借入後残高が30万円前後の人必見

プロミスで追加融資をする時に注意してほしいのが、「借入後残高(最終の借り入れ総額)が30万円前後の人」!!

さっきも紹介しましたが、最低返済額の計算法は利用後残高が1~30万円、30~100万円、100万円~でパーセンテージが変わってくるといいました。

借入後残高が30万円前後で最低返済額を少し抑えたいなら、31万円の借入後残高にするのがおすすめ!

ちょうど計算式の割合が変わるポイントなので、最低返済額を8,000円まで抑えられます。

仮にあなたがすでに20万円の受けていて、10万円追加融資を希望しているとします。

最低返済額を抑えて生活に余裕を持たせたいなら、借入後残高が30万円ではなく31万円にすると、毎月の最低返済額を月3,000円抑えられます。

CHECK

最低返済額はあくまで「毎月この金額は返済してくださいね」という約束です。
利息は借入残高に対してかかってくるため、最低金額で返済しているとなかなか元金は減りません。
任意返済(随時返済)を積極的に行い、元金を減らすことで利息を抑えることができます。
余裕のある時は最低返済額+αで返済をして行くのが、完済までの近道です。

プロミスの増額申請は在籍確認などの審査もあるのでおすすめしません

プロミスの利用限度額がいっぱいで追加融資が無理となると、利用限度額を引き上げる増額変更申込(増額申請)をすることになります。

プロミスの増額申請の申し込み方法は以下の4種類ありますが、デメリットがあるのでおすすめしません

  • プロミス会員専用ページ
  • プロミスコールセンター
  • 自動契約機
  • 店頭窓口(お客様サービスプラザ)

ここでは、プロミスで増額申請をするデメリットを紹介します。

プロミスで増額申請をすると在籍確認などの再審査がある

プロミスの増額申請をすると、利用限度額の見直しをするために増額審査を行います

これは年収や勤続年数などの個人属性はもちろん、個人信用情報や契約からの利用実績、契約から増額申請までの他社での借り入れ状況などを審査します。

転職した人は在籍確認の電話もあるし、増額審査に落ちたら大打撃を受ける可能性が高くなります。

プロミスの増額審査落ちすると利用限度額が下がる

プロミスの増額審査で「最悪返済能力に問題あり」と判断されれば、現在の利用限度額を下げられる可能性があります。

増額申請によって利用限度額が下がるケース
  • 初回申し込み時より年収が下がっている
  • 他社消費者金融での借り入れ金額が増えている
  • プロミスで返済遅れがあった
  • 引っ越しや転職情報を報告していなかった

利用限度額が下がるだけならまだマシですが、利用停止となる可能性もないとは言い切れません。

また、年収や勤続年数などの個人属性に変更がなく、利用実績が半年以内であれば増額審査には通りづらいです。

個人属性に変更がない人は、プロミスからの増額案内を待つか、利用実績を半年~1年以上良好な状態を保ちましょう。

プロミスの増額審査を通過しても5~10万円程度の増額

プロミスの増額審査に通過しても、口コミ評判を見ていると5~10万円くらいの融資枠しか付きません。

もちろん、初回申し込み時から年収がドカンと上がった・役職がついたという個人の属性がアップしている人や、プロミス側から増額案内が来た人はもう少し多くなります。

プロミスの増額申請よりもアイフルやアコムのカードローンへ!

プロミスの増額申請をしてリスクを抱えて再審査を受けて5~10万円程度の増額なら、他社のカードローンへ申し込みをする方が簡単です。

アイフルはお急ぎ専用ダイヤルあり!優先的に審査してくれる

アイフルは融資を急いでいる人専用の「お急ぎ専用ダイヤル」があり、WEB申し込みを完了させれば優先的に審査をしてくれます。

特に申し込み時のサービスが充実しているので、会社への在籍確認の電話が嫌な人やこちら側目線の対応を希望する人におすすめです。

アイフル キャプチャ アイフル 金利 ボタン アイフル 3つのポイント

アコムはプロミスと同レベルの利便性!会員数もNo1

アコムは自社ATMや提携ATMの数が多く、新規申し込みの電話申し込みや問い合わせは24時間365日対応!

さらに、年会費無料のクレジットカード機能(MASTER)が付いたカードローンもあり、海外旅行でのキャッシングだって可能です◎

アコム キャプチャ ボタン
「デメリットは関係ない!」「プロミスの増額申請の流れや口コミ評判を知りたい…」という人は、「プロミスの増額審査をおすすめしない3つの理由と限度額を増やす方法」をご覧ください。

仮にプロミスの増額申請をして審査落ちした場合、次のカードローンに申し込む前にやっておくべきことがいくつかあります!

焦って片っ端から新規申し込みをする前に、「プロミスの審査に落ちた原因とは?解決策やおすすめカードローンは?」の解決策をご覧ください。

プロミスの追加融資は利用限度額内であれば何度でも即日融資OK

プロミスの追加融資は在籍確認電話などの審査はなく、利用限度額以内であれば何度でも即日融資が可能です。

さらに借入後残高(最終の借り入れ総額)を追加融資して調整すれば、毎月の最低返済額を下げることもできます◎

プロミスは三井住友銀行ATMも手数料無料で使えるし、返済時の利便性も大手トップクラスなので本当におすすめです。

また、プロミスの追加融資をしたいけど利用限度額いっぱいになっている人は、増額申請よりもアコムやアイフルのカードローン新規申し込みがおすすめ!

デメリット付きの増額審査をして5~10万円の増額であれば、他社カードローンを申し込んだ方がメリットは大きいです。

まずはプロミスの追加融資ができるか利用限度額を確認し、最適な方法でピンチから逃れましょう♪

プロミス 新キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン

CTA

クレカ大バナー

ローン大バナー