プロミスの利用可能額を増やす!【増額方法と条件まとめ】

この記事は、プロミスを利用可能額が0になって限度額を引き上げたい人のために書きました。

プロミスとはじめて契約を結んだ場合、利用可能額(利用限度額)はどれほど高収入であっても、低めの設定になります。

それだけに多くの人は「利用可能額を増額したい!」と思うのですが、現実はそう甘くなく……。

増額できないだけならまだしも、かえって減額されてしまう人もいるんです。

ここでは、そんな目に合わないために必要な「プロミスと利用可能額の増額のすべて(条件・方法・注意点)」をお届けします。

プロミスの利用可能額を増やすには「契約期間」が重要

利用可能額を増額するためには、「収入が最重要」と考える人が多くいます。

しかし、冒頭でもお話した通り、収入と利用可能額はそこまで比例しません。(※もちろん「総量規制」という法律上、利用可能額は必ず年収の3分の1以内にはなります)

プロミスへの増額申請が通るかどうかは、「契約期間の長さ」が最重要です。

それを踏まえた上で、「利用可能額を増やすための条件詳細」などをチェックしていきましょう。

利用可能額を増やすための条件詳細

  • 契約期間
  • 利用態度
  • 収入
  • 借入状況

利用可能額を増やすためには、契約期間の長さのほか、これらの条件も関わってきます。ひとつずつを詳細に見ていきましょう。

契約期間

利用可能額を増やすためには、最低でも半年から1年の契約期間が必要だと言われています。

なぜ契約期間が重要視されるかというと、年収や職歴などの情報だけでは、「本当に信用をおける人物なのかどうか」を見極めることができないためです。

プロミスとのフリーキャッシング契約は、担保や保証人を必要としません。

それだけに万が一、顧客が返済できないといった事態になっては、プロミス自身が経営難となってしまうため、「信用できるか」の見極めはとても慎重におこなっているのです。

利用態度

契約期間がただ長いだけでは、利用可能額の増額申請は通りません。

契約期間中、延滞をしていないかは当然のこと、短期間に何度も何度も借入していないかなど、返済に困窮するほどお金に困っていないかも見られます。

また、たとえばプロミスからの連絡を無視し続ける、連絡に従わないなど、信用に欠ける対応もNGです。

収入

もちろん収入も一切関係ない訳ではなく、昇給していれば増額申請が通りやすいでしょう。

ただ、昇給していても転職したてなど、勤続年数が短かったり、収入の安定しない職に変わったりした場合には、かえって不利になる恐れもあります。

借入状況

プロミスの利用可能額や、プロミスとほか消費者金融の利用可能額を合わせたときに、総量規制の範囲ギリギリだと、増額申請はまず通りません

また、他社借入がある場合は、たとえ総量規制の範囲内であっても、「返済能力を不安視される」恐れがあります。

多くの消費者金融からお金を借りているということは、イコール「お金に困っている」とみなされてしまうためです。

総量規制について詳しくは「カードローンの総量規制ってなに?5分でわかる総量規制」をご覧ください

そのほか

実家暮らしや既婚者は、キャッシング業界において「信用が高い」と評価される傾向にあります。

そのため、一人暮らしから実家暮らしに変わるなどの変化があった場合には、利用可能額の申請が、多少、通りやすくなるでしょう。

利用可能額を増やす方法・流れ

ここでは、プロミスの利用可能額の増額申請方法や、審査の流れを追っていきます。

申請後、仮審査ののちにプロミスから電話が入る

プロミスの増額申請は、公式サイトの会員ページからおこなうことができます。

申請時、「利用可能額の希望が50万円を超える場合」と「プロミス以外の利用残高+希望が100万円を超える場合」には、収入証明書類の提出が必須となります。(※そのほかにも、条件によっては書類提出を求められる可能性があり)

申請が済んだあとは、プロミスのほうで自動的に仮審査を始めてくれるため、あとは待つのみです。

仮審査の結果は電話で知らされ、その際に「なぜ増額したいのか」といった理由を聞かれるため、準備しておきましょう。

電話を終えたら、いよいよ本審査が始まります。

本審査の内容

  • 信用情報
  • 年収や住環境などの再確認

本審査は、主にこれらの点で判断されます。

契約時の審査と違うのは、「基本的に在籍確認をおこなわない」という点です。

もちろん転職など勤務先が変わった場合には、改めておこなわれることになりますが、そうでなければ基本的に省略されると考えてよいでしょう。

審査結果の連絡は最短即日

本審査の結果もまた、電話で知らされることになります。

利用可能額の増額申請から、結果通知までの期間は、最短で即日です。

電話がこないときに確認したい点

審査結果の通知は、あくまで「最短」即日のため、場合によっては2、3日かかるケースもあります。

それは、プロミス自体が混雑している場合もあれば、条件的にやや厳しく、慎重に審査をおこなわれているという場合もあるでしょう。

また、プロミスでは増額審査を平日9~18時までにおこなっているため、土日や時間外には連絡がきません。

しかし、「それにしたって電話がこないにも程がある!」といったときには、プロミスコールセンターへ一度確認の電話を入れるようにしましょう。

増額申請前に知っておきたい3つの注意点

利用可能額を増額しようというとき、その胸は期待でいっぱいだと思います。

しかし、場合によってはその期待を裏切られることもあるかもしれないのが増額申請。

後悔しないためにも、申請前には必ずこちらの注意点を確認しておきましょう。

一度の申請で大幅に増額されることはまずない

  • 今の利用可能額が20万円
  • 年収は300万円
  • 契約期間は1年半、利用態度も良好

たとえば、上記のようなケースだったとしても、一度目の増額申請で、総量規制MAXの100万円まで利用可能額が増えることはありません。

ほとんどの場合は、「増額申請をする度に10万ずつ増えていく」程度

(※30万円、50万円がひとつの壁となり、そこまでは順当に増える人も多いが、それ以降は10万円ずつなど少額になる傾向にある)

「一気に何倍も利用可能額を増やし、金利を大幅に引き下げよう」というのは、不可能なのです。

再審査によりかえって減額になることもある

増額申請時には、改めて審査をおこなうことになりますが、その結果いかんによっては、利用可能額の増額どころか減額になる恐れもあります。

とはいえ、収入や職などが変わっておらず、利用態度にも問題がないようであれば、早々、減額されることはありません

しかし、心当たりのある方は注意しておきましょう。

プロミスから増額案内があっても審査に落ちることはある

プロミスを利用し続けていると、プロミス側から「利用可能額を増額しませんか?」といったお誘いのメールが届くこともあります。

しかし、お誘いが届いたからといって、確実に増額できる訳ではありません。

もちろん届いた以上は利用態度などに問題がないと思われている証拠のひとつではありますが、増額されるかどうかはあくまで審査の結果によるものです。

利用可能額を増額できた人・できない人

最後に口コミをチェックしていきましょう。

利用可能額が30万になった

  • 利用可能額:10万⇒30万
  • 契約期間:1年
  • 年収:200万

申請したのが夜中だったので、なかなか審査通過の連絡が来ず、ドキドキしましたが、20万への増額を希望したところ、30万で通りました!

長野県/20代・男性/フリーター

即日で利用限度額の増額ができた

  • 利用可能額:30万⇒50万
  • 契約期間:2年
  • 年収:300万

2度目の増額申請です。申請から、およそ2時間で審査通過の連絡が入りました。増額希望額通りの50万です。

東京都/30代・女性/会社員

利用可能額を増やすこと叶わず

  • 利用可能額:10万
  • 契約期間:5ヶ月
  • 年収:450万

はじめてプロミスへ増額申請をしてみたものの、審査落ちしました。結果の連絡がすぐにきたのは良かった。

東京都/40代・男性/会社員

これらの口コミを見ても、増額申請が通るかどうかは「年収以上に契約期間が重要」であることが分かります。

利用可能額を増額できないときは時期尚早かも

たとえ利用可能額の増額審査に落ちてしまっても、「収入が低いせいか……」などと落ち込む必要はありません。

増額審査に落ちる人の多くは、「契約期間」がネックになっているもの。

そのため、一度、審査落ちしていても時期を改めるだけで通る可能性は高いでしょう。

「今すぐもっとお金を借りたい」というのであれば、プロミスへの増額申請ではなく、ほか消費者金融の新規契約へ

プロミスの増額ではなく新規で借りる際のおすすめは「プロミスの増額審査をおすすめしない3つの理由と限度額を増やす方法」をご覧ください

「金利を減らしていきたい」のであれば、プロミスを長く、誠実に使い続けましょう。