楽天カードをApple Payに紐づける方法は?登録方法完全ガイド

この記事はApple Payを使ってみたいけれど、楽天カードは登録できるのかなぁ?と疑問をお持ちの方に向けて書きました。

楽天カードをApple Payに紐づける方法や注意点を解説しています。

登録方法は手順を追って説明しているので、読めば簡単に利用できるようになりますよ。

これから楽天カードでApple Payを使いたいと思っている方は必見です。

楽天カードはApple Payに対応。登録はネットで簡単にできる!

楽天カードはApple Payに対応しているので、登録をすれば決済に使えます。

登録はWeb上で簡単にでき、即時反映されるのですぐに使い始められますよ。

この後紹介する登録方法をチェックしていきましょう。

楽天カードはApple PayのQUIC Payに紐づけられる

Apple payはQUIC PayもしくはiDというキャッシュレス決済のシステムを利用して、支払いをする方法です。

そしてどちらのシステムを利用するかは、登録するクレジットカードによって決まります。

楽天カードをApple Payに登録すると、利用されるのはQUIC Payのサービスです。

そのため、QUIC Payに対応しているお店でApple Payを使えるようになりますよ。

楽天カードは2種類の方法でApple Payに紐づけられる

楽天カードをApple Payに紐づける方法は2通りあります。

  • 楽天カードアプリを使う
  • Walletアプリを使う

おすすめは楽天カードアプリを使う登録方法です。

操作がシンプルで入力する項目が少ないので、迷わずに登録しやすいですよ。

それぞれの登録方法を解説していきます。

楽天カードアプリから紐づける方法を解説

iPhoneに楽天カードアプリをインストールしていれば、簡単に紐付けができます。

登録の途中で楽天カードの情報が必要になるので、手元にカードを準備してから登録を始めましょう。

登録の手順は以下の通りです。

  1. 楽天カードアプリを起動し、「その他」を開く
  2. 画面の下の方にある「Apple Payをはじめる」を選択する
  3. 「Pay 設定」を選択する
  4. 「ワンタイムパスワードを送信する」ボタンを選択する。
  5. 楽天カードに登録しているメールアドレスに届いたパスワードを入力する
  6. 楽天カードの裏面を確認し、3桁のセキュリティコードを入力してカードを登録する
  7. Apple Payにカードを追加という表示が出るので、カード名義と番号を確認する

以上の手順を踏んで利用規約に同意するとカードの追加が完了します。

WalletアプリからApple Payを設定する方法を解説

次にWalletアプリからApple Payを設定する方法を解説していきます。

  1. Walletアプリを起動し、「カードを追加」を選択する
  2. カードの種類を聞かれるので、「クレジットカード/プリペイドカード」を選ぶ
  3. カードをカメラで読み込み、ナンバーを入力する
  4. 読み取られたカード情報を確認し、「次へ」を選択する
  5. 楽天カードの有効期限と3桁のセキュリティコードを入力する
  6. 利用条件を確認し、同意する
  7. カード認証方法をSMSもしくは電話から選択する

SMSを選択した場合は、メッセージにパスコードが届きます

このパスコードを入力すれば認証完了です。

電話を選択した場合は、表示されたナンバーにかけると楽天カードのオペレーターにつながります。

Apple Payを利用したいと伝えれば認証してもらえます。

なお、楽天カードに携帯電話の番号を登録していない場合は、SMS認証を選択できません

電話にて認証を進めましょう。

認証が完了すればApple Payを利用できます。

楽天カードならばApple Payの支払いでもポイントが貯まる

楽天カードといえば、楽天スーパーポイントを貯めやすいのが特徴ですが、Apple Payの支払いもポイント付与の対象になります。

Apple Payには8枚カードを登録できますが、ポイントがつく楽天カードをメインカードにしておくのがお得ですよ。

メインカードは「設定」アプリの「WalletとApple Pay」から設定できます。

楽天カードはApple Payの支払いで100円あたり1ポイント貯まる

楽天カードでApple Payの支払いをおこなうと100円あたり1ポイントが付与されます。

普通に楽天カードで決済するのと還元率は変わらないので、Apple Payをどんどん利用しましょう。

【注意】Apple PayでSuicaのチャージをしてもポイントは貯まらない

SuicaやICOCAのチャージにApple Payを使っても、ポイント付与の対象外となります。

その他、下記の利用ではポイントが付与されません。

  • カードの年会費支払い
  • セブンペイ、nanacoのチャージ
  • カードショッピングにかかった手数料

せっかくApple Payを使ったのにポイントが貯まっていなくて驚かないように、あらかじめ把握しておきましょう。

Apple Payの登録はポイントの貯まる楽天カードを使おう!

Apple Payにクレジットカードを登録するならば、ポイントがしっかり貯まる楽天カードがおすすめです。

キャッシュレスで財布を出さずに支払いができて、ポイントも貯まるなんて便利ですよね。

ぜひ楽天カードをApple Payに登録して、お得に簡単に買い物してみてください。

楽天カード

楽天 キャプチャ 楽天の年会費とポイント還元率 ボタン 楽天カード ポイント

【注意】VISAの楽天カードではApple Payの機能が一部制限される

楽天カードのブランドがVISAの方は、Apple Payの機能が一部制限されます。

制限されるのは以下の2つの機能です。

  • Suicaのチャージ
  • アプリやWebサイト内での決済

JCBもしくはマスターカードならば機能の制限は受けません。

これらの機能を利用したい方でこれから楽天カードを作る場合は注意しましょう。

Suicaをチャージすることができない

VISAカードではApple PayからSuicaに直接チャージすることができません。

SuicaへVISAカードを使ってチャージをしたい方は、「モバイルSuica」のアプリを利用しましょう。

アプリやWebサイト内でApple Payを使えない

Apple PayはWebサイトやアプリ内での課金にも使えるサービスですが、VISA カードには対応していません。

オンライン決済をよくする方は少し不便ですよね。

これから楽天カードを作ってApple Payを利用する方は、他のブランドを選ぶのがおすすめです。

CTA

クレカ大バナー

ローン大バナー