楽天カードのボーナス払いの変更方法は?利用期間や支払い月まで解説

この記事は「楽天カードのボーナス払いについて知りたい」という方のために用意しました。

「楽天カードのボーナス払いに後から変更できる?」
「楽天カードのボーナス払いを利用できる期間はいつ?」
「楽天カードボーナス払いの支払い月の設定はどうなっているの?」

楽天カードのボーナス払いを利用しようとする際、こうした点が気になるかもしれません。

この記事では、楽天カードボーナス払いへの変更や利用可能期間、支払い月の設定について説明しています。

楽天カードのボーナス払いは後からの変更ができない

楽天カードのボーナス払いは、後から変更することも別の支払い方法に変更することもできません。

なぜなら、楽天カードが後からのボーナス払いの変更に対応していないからです。

楽天カードのボーナス払いの変更に関する仕組みは次の通りです。

支払い方法変更
1回払い⇒ボーナス払い不可
ボーナス1回払い⇒ボーナス2回払い不可
ボーナス払い⇒分割払い不可
ボーナス払い⇒リボ払い
ボーナス2回払い⇒リボ払い不可

これから、楽天カードのボーナス払いの変更に関する仕組みを説明します。

楽天カードのボーナス払いの設定ができるのは支払い時のみ

楽天カードボーナス払いの設定ができるのは支払い時のみです。

原則として、支払い時に設定した支払い方法を変更することはできません

そのため支払い方法の設定は慎重に行いましょう。

ボーナス1回払いから2回払いへの変更もできない

楽天カードのボーナス払い「1回」を指定し、後から「2回払い」に変更することもできません。

ですから、支払い回数もよく考えて設定しましょう。

楽天カードのボーナス1回払いなら後からリボ払いへの変更はできる

楽天カードのボーナス1回払いに限り、後から「リボ払い」へ変更することはできます。

ただ、リボ払いにはリボ手数料がかかるので、支払い額が多くなってしまうことも忘れないでください。

「リボ払い」への変更は楽天e-NAVIで簡単にできます。リボ払い変更の詳しい内容は【こちら】から確認してください。

【注意】楽天カードのボーナス払いに対応しているかの確認を忘れずに!

楽天カードのボーナス払いは、ボーナス払いに対応しているお店でしか利用できないサービスです。

どのお店でも利用できるわけではないので、支払い時にボーナス払いが可能かどうかの確認するようにしてくださいね。

楽天カードのボーナス払いを利用できる期間は夏季と冬季に2回有り

楽天カードのボーナス払いには利用できる期間があり、夏季と冬季の2回です。

楽天カードのボーナス払い取り扱い期間

夏季2/1~6月末※ボーナス払い取り扱い期間は利用店舗によって異なる場合があります。
冬季8/1~11月末

この期間以外は、楽天カードのボーナス払いを利用することはできません。

楽天カードのボーナス払いを利用したい場合、今がボーナス払い取り扱い期間かどうかの確認も忘れないでくださいね。

楽天カードでのボーナス払いの支払い月はカード利用先によって異なる

楽天カードのボーナス払いの支払い月の設定は、利用先によって異なります。

利用先がカード会社との契約によって支払い月を設定している場合は、その支払い月が優先されるからです。

他方、利用先に支払い月の指定がない場合は、楽天カードが指定する期間内で支払い月を設定できます。

楽天カードボーナス払いに指定できる支払い月

  • 夏季・・・6・7・8月
  • 冬季・・・12・1月
支払日は支払い月の27日
※金融機関が休業日の場合は翌営業日

ボーナス払いを利用するときは、カード利用先に支払い月を確認するようにしましょう。

1度設定した支払い月を後から変更できない

1度設定した楽天カードボーナス払いの支払い月を、後から変更することはできません

ですからボーナスを受け取る日と金額、ボーナス払いで支払う金額を考えて設定するようにしましょう。

楽天カードボーナス払いを利用すると手数料が無料に!ポイントがもらえるチャンスも!

楽天カードのボーナス払いを利用すると、次のようなメリットがあります。

  • ボーナス1回払いなら手数料が無料
  • ポイントがもらえるキャンペーンがある

それぞれ詳しく説明していきますね。

楽天カードのボーナス払いは1回払いなら手数料が無料

楽天カードのボーナス払いは、1回払いなら手数料が無料になります。

同じボーナス払いでも、2回払いだと手数料がかかってしまいます。

なので、ボーナス払いにするなら1回払いがおすすめです。

楽天カードボーナス2回払いにするとどのくらいの手数料がかかる?

楽天カードのボーナス2回払いにかかる手数料は実質年率13.89%です。利用金額100円につき3.5円かかることになります。

仮に10万円の買い物をボーナス2回払いにするなら、どのくらいの手数料が必要になるのか次の表をご覧ください。

支払い回数手数料支払合計金額
ボーナス1回払い無料¥100,000
ボーナス2回払い10万÷100×3.5=3,500¥103,500

当然のことですが、利用金額が多いと手数料も高くなります。

ボーナス2回払いを考えるときは、この手数料のことも考慮に入れてくださいね。

楽天スーパーポイントがもらえるキャンペーンもある

楽天カードは、ボーナス1回払いでポイントがもらえるキャンペーンを開催することがあります。

キャンペーンにはエントリーしないと参加できません。

ボーナス払いをする際には【こちら】からキャンペーン情報を確認し、必ずエントリーしましょう。

楽天カードのボーナス払いの最低利用額は決まっていないが、限度額はある

楽天カードのボーナス払いをいくらから利用できるか、という明確な金額は決められていません。

しかし、ボーナス払いで利用できる限度額は決められています

楽天カードのボーナス払いで利用できる限度額は、楽天e-NAVIから確認してください。

ボーナス払い利用限度額を超えた分は翌月1回払いで請求される

ボーナス払い利用限度額を超えてしまった場合、翌月に1回払いとして自動的に請求されることになります。

ですから、ボーナス払いを利用する際には、利用限度額の残高を確認することも忘れないでください。

ボーナス払いは利用可能枠を圧迫するかもしれない

楽天カードのボーナス払いは、利用可能枠を圧迫するかもしれません。

というのは、利用可能枠にはショッピング1回払い枠、分割・ボーナス・リボルビング払いの枠、キャッシング枠が含まれているからです。

つまり、利用可能枠が100万、ボーナス払いで30万利用した場合、支払いが終わるまで利用限度額は70万です。

楽天カードのボーナス払いを利用する際には、支払い月までの利用限度額のことも考えましょう。

楽天カードのボーナス払いは仕組みを理解したうえで利用しよう

楽天カードのボーナス払いは、ボーナス時に合わせて支払いができるとてもうれしいサービスです。

しかし、楽天カードのボーナス払いの設定は支払い時のみにしかできません。

後からボーナス払いに変更したり、ボーナス払いを分割払いにしたり支払い回数を変更したりすることもできません。

ですから、楽天カードのボーナス払いを上手に活用するためにも、ボーナス払いの仕組みをよく理解したうえで利用してください。

楽天カード

楽天 キャプチャ 楽天の年会費とポイント還元率 ボタン 楽天カード ポイント

CTA

クレカ大バナー

ローン大バナー