楽天カードの解約方法と解約の際に気になることを徹底解説

この記事は「楽天カードの解約」について考えている方に向けて書きました。

「楽天カードの解約方法は?」
「楽天カードを解約すると家族カードやETCカードはどうなるんだろう?」
「楽天カードを解約するとポイントは使えなくなるの?」

楽天カードを解約するにあたって、こうした点が気になるかもしれません。

この記事では、楽天カードの解約方法や付帯するサービスがどうなるのかについてまとめています。

楽天カードの解約は電話受付のみ

楽天カードの解約は電話受付のみです。

しかも、コンタクトセンターへの問い合わせのみとなっています。

楽天カードコンタクトセンターの営業時間と電話番号

●楽天カードコンタクトセンター【営業時間9:30~17:30】

電話番号:0570-66-6910(有料)

※↑電話番号がつながらない場合
電話番号:092-474-6287(有料)

手話・筆談を希望の方は【こちら】から

カード番号の入力が必要となりますので、カードを手元に準備して契約者本人が電話してください。

楽天カードを解約する場合11~13時の時間帯は避けよう

楽天カードを解約する場合、11:00~13:00の間はとても混雑しやすいので避けましょう。

また、楽天カードの引落し日となる27日以降の月末は、どの時間帯も繋がりにくいようです。

電話は有料ですし、繋がるまで待つのも面倒という方はこちらを参考に連絡してみてください。

09:30~10:00やや混雑しやすい
10:00~11:00繋がりやすい
11:00~13:00とても混雑しやすい
13:00~15:30やや繋がりやすい
15:30~17:30繋がりやすい

※ 楽天カードの引き落とし日となる27日以降の月末は、どの時間帯も混雑する可能性があります。

楽天カードを解約する際の流れ

楽天カード解約の流れを説明します。

  1. 手元に楽天カードを準備し、楽天コンタクトセンターへ電話する
  2. 音声アナウンスの後、ガイダンスに従ってメニューを選択する
    メニューの選択は、「 5⃣各種機能⇒ 4⃣カード解約のお手続き」の順番になります。
    (メニューを案内するガイダンスが流れ始めてから、ダイレクト番号「5400」を押しても、カード解約の手続きへ移動することができます)
  3. 音声ガイダンスに従って、楽天カード番号16桁、生年月日を入力する
  4. オペレーターに繋がる
    オペレーターからは、解約理由を聞かれるかもしれません。解約理由をきちんと伝えましょう。また、カード解約証明書を発行してもらいたい方は、この時に伝えてください。

オペレーターとの電話が終了すると、楽天カードの解約も完了です。

電話終了の数分後には、コンタクトセンターから「解約完了」のメールが届きますので、確認してください。

楽天カードを解約する時には家族カード・ETCカードも解約される

楽天カードを解約してしまうと、楽天カードに付随する家族カード・ETCカードも解約されます。

楽天カードを解約するなら、家族カードも使えなくなるということを家族に説明しておきましょう。

また、ETCカードは楽天カード解約後すぐに破棄するようにしましょう。

楽天カード解約後のETCカードを入れたまま、ETCゲートを抜けたりしないよう注意してください。

楽天カードを解約しても楽天ポイントは使える

楽天カードを解約しても、楽天会員である限り楽天スーパーポイントはそのまま使うことができます

また、楽天市場を利用すれば継続してポイントを貯めることも可能です。

楽天カードのポイントカードとしての機能は無くなる

楽天カードを解約すると、ポイントカードとしての機能は使えなくなってしまいます

なので、楽天カードを解約する前に新たなポイントカードを発行するか、ポイントカード機能付のアプリをインストールしておきましょう。

また、前もって楽天ポイントカード機能の停止手続きをしておくと、楽天カードの解約もスムーズにできます。

楽天ポイントカード機能停止手続きをする場合は、【こちら】

【注意】楽天カードを解約するとポイント還元率は下がってしまう

楽天カードを解約すると、楽天市場でのポイント還元率は低くなります。

というのも、楽天市場を楽天カードで利用するだけでポイントが3倍になるからです。

他のカードで利用する場合は100円につき1ポイントです。

たまにしか楽天市場を利用しないという方でも、楽天カードを解約する前にこの点がデメリットにならないか考えてくださいね。

楽天カード解約前に注意したい3つのこと

楽天カードの解約を考える際に、次の3つの点に注意してください。

  • 楽天カード利用金額の返済
  • カードの支払い情報の変更
  • 楽天カード利用期間

なぜ注意すべきなのか、それぞれ説明していきます。

楽天カード利用代金は解約前に返済する

楽天カード解約前に、利用代金を返済しましょう。

なぜなら解約の際に支払い代金が残っていると、解約がスムーズにいかない恐れがあるからです。

その他にも解約すると、リボ払いや分割払いを選択していても、一括請求される可能性もあります。

楽天カードの解約後に返済方法の変更はe-NAVIからできない

楽天カード解約後に返済方法を変更したいと思っても、解約後はe-NAVIから手続きすることはできません。

楽天コンタクトセンターへの連絡が必要になります。

なので、楽天カードの解約をスムーズにさせたいなら、利用代金の支払いは完了させておきましょう。

楽天カードの解約前にカードの支払い情報を変更しておく

もし、公共料金や携帯電話の支払いなどを楽天カードにしているのなら、解約前にカードの支払い情報を変更しておきましょう。

変更を忘れてしまうと、支払日に支払いができず延滞・遅延と判断されてしまうかもしれません。

最悪の場合、延滞料金が発生したり、信用情報に記録されてしまったりする可能性もあります。

楽天モバイルの機種分割払いは楽天カードしかできない

もし、楽天モバイルの機種代金を分割払いにしている場合は、注意が必要です。

楽天モバイル機種代金の分割払いに対応しているのは、楽天カードだけだからです。

なので、楽天カードを解約したいけど機種代金の支払いが残っているという方は、楽天モバイルカスタマーセンターに相談してみてください。

楽天モバイルカスタマーセンター(無料)

電話番号:0900-600-0000
受付時間:9:00~18:00(年中無休)

楽天カードを契約した直後に解約することは止めよう

楽天カードを契約した直後に解約するのは止めましょう。

理由は以下の二つがあります。

  • 短期間での解約はカード会社にマイナスイメージを与える
  • 信用情報に解約情報が残ってしまう

入会特典目当てだと判断されてしまう

楽天カードは、新規入会するとポイントがたくさんもらえる入会特典が充実しています。

そのため契約直後の解約は、入会特典目当てと判断されて、今後の審査に響く可能性が高いです。

信用情報機関に解約情報が残ってしまう

クレジットカードを短期間で解約したという事実は信用情報に記録されます。

この記録は、楽天カードを再発行や他のカードに申込んだ際の審査に影響を与えます。

解約する場合は、発行から少なくとも半年は過ぎているかどうかを確認してください。

楽天カードの国際ブランド・デザインを変更したい場合には一度解約する

楽天カードの国際ブランド・デザインを変更したい場合、一度楽天カードを解約する必要があります。

その際も、半年は待った方が良いかもしれません。

国際ブランドやデザインを変更するだけですが、新規に楽天カードを申込む必要があり、審査があるからです。

ちなみに、国際ブランドやデザインを変更のため、新規に楽天カードを申込む場合は楽天カード解約後2~3営業日後です。

すぐに申込めないので注意してくださいね。

楽天 キャプチャ 楽天の年会費とポイント還元率 ボタン 楽天カード ポイント

楽天カードの解約はきちんと考えてから行おう!

楽天カードの解約は電話一本で完了しますが、注意すべきこともあります。

楽天カードの解約前に次の点をきちんと考えてから、解約してください。

  • 楽天カードを解約すると家族カード・ETCカードも解約される
  • 楽天カードを解約すると、楽天ポイントの還元率が下がる
  • 楽天カードの解約前に利用代金を返済しているか
  • 楽天カードでの支払情報を変更しているか
  • 楽天カードを契約してから少なくとも半年は利用しているか

楽天カードは年会費無料のカードです。

何か1つでも引っかかる点があれば、解決してから解約しても損をすることはないでしょう。