楽天カードをコンビニで使わないともったいない!お得な使い方解説!

この記事は、「楽天カードはコンビニでも使えるのか?」という疑問を持つ方に向けて書きました。

  • 楽天カードをコンビニで使いたい!
  • コンビニでも楽天ポイントって使えるの?

こんなことが気になっている方は多いのではないでしょうか?

楽天カードは、コンビニでもクレジット払いで問題なく使えます。

ただし、そのままだと基本的に楽天ポイントでの支払いはできません。

楽天カードはコンビニの支払いでも使える!ただし楽天ポイントは基本的に使えない

楽天カードは、コンビニの支払いでもクレジット払いで使えます。

ただし楽天ポイントを貯めることはできますが、楽天ポイントを使って支払うことは基本的にできません。

楽天カードでコンビニ支払いは可能です

楽天カードは、コンビニでも普通のお店と同じように使って問題ありません。

具体的な使い方を解説しましょう。

楽天カードをコンビニで使うならクレジット払いをしよう

コンビニで楽天カードを使うときは、クレジット払いをしましょう。

ポイント還元率は、100円(税抜)の支払いにつき楽天ポイント1ポイントです。

楽天カードを利用できる代表的なコンビニは以下の通りです。

  • ローソン(ナチュラルローソン・ローソンストア100)
  • ファミリーマート
  • セブンイレブン
  • ミニストップ
  • デイリーヤマザキ
  • ポプラ
  • セイコーマート

コンビニは日常でよく使うので、楽天カードで楽天ポイントを貯めていくと絶対にお得です。

楽天カードをコンビニで使う際、クレジット払いならサイン不要!少額の買い物でも問題なし

コンビニで少額だからといって、楽天カードでクレジット払いしても問題ありません。

また、コンビニでは高額(大体4,000円~1万円以上)でない限り、サインまたは暗証番号が不要です。

そのため、クレジット払いでも気軽に支払いができます。

【注意】楽天カードを使ってコンビニで支払いができないケースもある

コンビニでクレジット払いができないケースもあります。主に以下の商品が支払いできません。

  • 公共料金等の収納代行
  • 切手・はがき・印紙類
  • ギフトカード
  • プリペイドカード類(QUOカード・テレホンカード等)
  • 宅急便
  • ゴミ処理券・自治体指定のゴミ袋
  • コピー・FAX
  • チケット

これらの商品は、コンビニで楽天カードが使えないので注意しましょう。

楽天カードをコンビニでそのまま使うと、楽天ポイントでの支払いができない

楽天カードは、クレジット払いすることでコンビニでも使えますが、残念ながら楽天ポイントでの支払いは限られています。

ローソンやファミリーマートなど、楽天カードを大手コンビニで使うとポイントを貯めることしかできない

ローソンやファミリーマートなどは、楽天カードでクレジット払いすれば、「決済分」として楽天ポイントが付与され貯まります。

しかし、これらのコンビニは、残念ながら楽天ポイント自体を使うことはできません。

現在、楽天ポイントが使えないコンビニは以下のとおりです。

  • ローソン(ナチュラルローソン・ローソンストア100)
  • ファミリーマート
  • セブンイレブン
  • ミニストップ
  • セイコーマート

デイリーヤマザキやポプラだと、楽天ポイントが貯まるだけでなく、ポイント支払いができる

対して、現在以下のコンビニだと、楽天カードの提示で楽天ポイントを貯めるだけでなく、直接使うこともできます

  • デイリーヤマザキ
  • ポプラ
  • 生活彩家(ポプラグループ)
  • くらしハウス(ポプラグループ)
  • スリーエイト(ポプラグループ)

還元率は、いずれも100円(税抜)につき1ポイントです。

デイリーヤマザキやポプラでクレジット払いをするとポイントの二重取りも可能

デイリーヤマザキやポプラなどのコンビニでは、「ポイントカード機能」分のポイントだけでなく「決済分」も付くので、ポイントの二重取りが可能だからです

  • ポイントカード機能分ポイント:100円(税抜)につき1ポイント
  • 決済分ポイント:100円(税込)につき1ポイント

つまり、税込110円の買い物をするだけで2ポイント付くことになります。かなりお得です。

デイリーヤマザキやポプラで、楽天ポイント払い対象外商品

ただし、デイリーヤマザキやポプラなどのコンビニでも、楽天ポイントが使えない商品もあるため、注意しましょう

主に、こういった商品に楽天ポイントが使えません。

  • 公共料金等の収納代行
  • 切手・はがき・印紙類
  • ギフトカード
  • プリペイドカード類(QUOカード・テレホンカード等)
  • 宅急便
  • 自治体指定のゴミ袋
  • コピー・FAX
  • チケット
  • たばこ

基本的に、クレジット払いで買えないものと同じです。

たばこだけ異なるので注意しましょう。

楽天カードをコンビニで利用して楽天ポイントをどんどん貯めよう

楽天カードは、通販や普通のお店でも使えるように、コンビニでもクレジット払いで問題 ありません。

また、ポプラやデイリーヤマザキのコンビニだと、決済分に加えポイントカード機能分もポイント付与されるため、二重でお得です。

ぜひとも、コンビニでも楽天カードをガンガン使って、楽天ポイントをどんどん貯めていきましょう。

楽天カード

楽天 キャプチャ 楽天の年会費とポイント還元率 ボタン 楽天カード ポイント

コンビニ支払いで楽天ポイントを使って・さらに貯めたいなら楽天Edyと楽天ペイ

楽天Edyや楽天ペイを使えば、ローソンやファミリーマートなどのコンビニでも、楽天ポイントを使えます。

楽天Edyと楽天ペイについて、それぞれ分けて解説しましょう。

楽天Edyの使い方・特徴

楽天Edyについて簡単にまとめると、このようになります。

  • プリペイド型(前払い型)の決済
  • 機能付帯のカード・スマートフォン(アプリ)など端末を使うこと
  • 使えるコンビニが多い
  • ポイント還元率が基本1.0%(現金チャージだと0.5%)
  • 楽天ポイント1ポイント分と、楽天Edy1円分と相互交換できる

現在楽天Edyが使えるコンビニは多い

現在、楽天Edyが使えるコンビニは以下のとおりです。

  • ローソン(ローソンストア100)
  • ファミリーマート
  • セブンイレブン
  • ミニストップ
  • デイリーヤマザキ
  • ポプラ
  • セイコーマート
  • 生活彩家(ポプラグループ)
  • くらしハウス(ポプラグループ)
  • スリーエイト(ポプラグループ)
  • アンスリー
  • スリーエフ

マイナーなコンビニまで網羅しているため、楽天Edyはコンビニの種類にこだわらずに使えるのが魅力といえるでしょう。

楽天Edyはポイントチャージにすると楽天ポイントを使うことも可能

楽天カードに貯まった楽天ポイントを楽天Edyで使うには、チャージ方法を「ポイントチャージ」に設定しましょう

そうすることで、楽天カードで貯まった楽天ポイントも、ローソンやファミリーマートなどのコンビニで自由に使えます。

楽天ペイの使い方・特徴

楽天ペイについて簡単にまとめると、このようになります。

  • ポストペイ型(QRコード・バーコード決済で後払い型)の決済
  • スマートフォン(アプリ)など端末を使うこと
  • 使えるコンビニはまだ少ない(ただし増えてきている)
  • ポイント還元率は基本1.5%

現在楽天ペイが使えるコンビニは、楽天Edyと比べるとまだ少ない

楽天ペイは、現在以下のコンビニで使えます。

  • ローソン(ナチュラルローソン・ローソンストア100)
  • ファミリーマート
  • ミニストップ
  • セイコーマート
  • ポプラ
  • 生活彩家(ポプラグループ)

楽天ペイは、まだ採用していないコンビニもありますが、今後さらに増えていくでしょう。

楽天ペイもポイントチャージにすると、楽天ポイントを使うことが可能

楽天ペイも、ポイントチャージでも設定できるため、楽天ポイントを使えます。

コンビニで使う際には、楽天ペイも楽天カードで貯めた楽天ポイントを使うサイクルを作っておくといいでしょう。

楽天ペイだと期間限定ポイントも使える

楽天ペイと楽天Edyの違いはいくつかありますが、もっとも大きな違いは「楽天の期間限定ポイント」も使えることです

楽天Edyでも、工夫をすれば期間限定ポイントを使えるのですが、そのままでは使えません。

対して、楽天ペイだと、工夫しなくても直接期間限定ポイントを使えるため、期間限定ポイントを使うにはピッタリです。

CTA

クレカ大バナー

ローン大バナー