楽天カードの初期限度額はいくら?実例も交えて解説

この記事では、「楽天カードの初期限度額はいくらになる?」という疑問を持つ方へ向けて書きました。

  • 楽天カードを申し込んだら、初期限度額はいくらになるのだろう?
  • 楽天カードの初期限度額はどうやって決まるの?

結論をいうと、楽天カードの初期限度額は人それぞれです。

ただし、ある程度予想をすることはできます。

そこで今回の記事では、楽天カードの初期限度額がどのように決まるのか解説していきながら、大体どのくらいの限度額になるのかをご紹介していきます。

楽天カードの初期限度額を決める3つの要素

楽天カードの初期限度額は主に3つの要素で決まります。

  1. 属性(年収や勤め先):信用力に影響
  2. クレジットカードの使用歴:信用力に影響
  3. 楽天カードの種類:種類によって限度額に限界がある

上2つの「属性とクレジットカードの使用歴」を組み合わせた「信用力」で審査が行われ、初期限度額が決まります。

また、楽天カードの種類によって、最大限度額が100万円~300万円と異なるので、カードの種類も初期限度額に影響を与える要素と言えますね!

それぞれの項目について、詳しく深堀りしていきます。

楽天カードの初期限度額を決める項目①属性(年収や勤め先)

楽天カードに限らず、クレジットカードの限度額を決める際に重要な要素のひとつが、「属性」です。

クレジットカードにおける属性とは、その人が持つ社会的な地位や環境に依存する「信用力」のことです。

属性を決めるのは、主に以下のような項目があります。

  • 職業
  • 就業形態(学生、正社員、自営業、アルバイト等)
  • 年収
  • 勤めている会社の規模

これらの内容によって、その人の属性の良し悪しが決まります。

ここで言う、良い属性とは「返済能力が高い」と考えられる人のことです。

例えば、以下のような人たちは良い属性となります。

  • 正社員で10年間同じ会社に勤めている
  • 自営業で5年間売上が上がり続けている
  • 大企業に勤めている

逆に、悪い属性とは、「返済能力が低い」と考えられる人で、例を挙げると以下の通りです。

  • 無職
  • 月収5万円のフリーター
  • 自営業1年目

属性ごとに楽天カードを申し込んだ際の初期限度額の目安については、後述するのでそちらを参考にしてください。

楽天カードの初期限度額を決める項目②クレジットカードの使用歴

クレジットカードの初期限度額は、クレジットカードの使用歴にも依存します。

なぜなら、「クレジットカードの使用歴=信用」に繋がるからです。

クレジットカードの使用歴のことを、専門用語でクレジットカードヒストリー(以下クレヒス)と呼びます。

そして、このクレヒスには、良いクレヒスと悪いクレヒスがあります

違いは、以下の通りです。

良いクレヒス悪いクレヒス
  • カードを毎月使っている
  • 毎月しっかり返済している
  • クレジットカード利用歴が長い
  • カードをたまにしか使わない
  • 返済に遅延や滞納がある
  • クレジットカードを利用したことがない

良いクレヒスがある人ほど初期限度額が高く設定され、悪いクレヒスの人は初期限度額が低く設定されます。(悪いクレヒスの場合、そもそもで審査に通らない可能性もある)

楽天カードの初期限度額を決める項目③楽天カードの種類

楽天カードには、主に6つの種類のクレジットカードがあり、カードによって限度額の最大金額が変わります

限度額
楽天カード5万円~100万円
楽天PINKカード5万円~100万円
楽天ANAマイレージクラブカード5万円~100万円
楽天カード(アカデミー)5万円~30万円
楽天ゴールドカード5万円~200万円
楽天プレミアムカード5万円~300万円

上記6つのカードは、初期限度額をパラメーターにして分類すると、以下の4つに分類することができます。

  1. 限度額が最大30万円:楽天カード(アカデミー)
  2. 限度額が最大100万円:楽天カード、PINKカード、ANAマイレージクラブカード
  3. 限度額が最大200万円:楽天ゴールドカード
  4. 限度額が最大300万円:楽天プレミアムカード

クレジットカードの種類によって初期限度額が変わることはないので、自身が希望する初期限度額と相談してカードを選びましょう。

楽天カードの初期限度額の目安を属性別で解説

楽天カードの初期限度額の目安を「就業形態と年収別」で表にしました。

他にも勤続年数や企業規模、後述するクレジットカード使用歴によって変わるので、あくまで目安として参考にしてください。

就業形態年収初期限度額の目安
学生収入なし10万円~
100万円未満10万円~20万円
100万円以上20万円~
アルバイト100万円未満10万円~20万円
100万円以上10万円~100万円
会社員300万円未満10万円~50万円
300万円以上30万円~300万円
自営業300万円未満10万円~50万円
300万円以上30万円~300万円

楽天カードの初期限度額の目安をクレジットカード使用歴別で解説

クレジットカードの使用歴別に初期限度額の目安をみていきます。

クレジットカードの使用歴は人それぞれなので、3つの実例に沿って解説していきます。

  1. 完全に初めてクレジットカードに申し込む
  2. 楽天カード使用歴がある
  3. 返済の遅延が複数回ある

順番にみていきましょう!

完全に初めてクレジットカードに申し込む

クレジットカードを初めて申し込むAさんの初期限度額の実例をみていきます。

  • 初期限度額の目安:20万円
  • 就業形態:会社員
  • 年齢:30代

Aさんの場合、30代になってクレジットカードデビューをするため、楽天カードを申し込んだところ、3日で審査結果が届き、初期限度額は20万円でした。

楽天カード使用歴がある

楽天デビットカードの使用歴があるBさんが、楽天カードへ申し込んだときの初期限度額の実例をみていきます。

  • 初期限度額の目安:100万円
  • 就業形態:会社員
  • 年齢:30代
  • 楽天デビットカードは毎月10~20万利用していた

楽天デビットカードの使用歴が良かったため、初期限度額から最大の100万円に設定されています。

返済の遅延が複数回ある

過去に返済の遅延をしたことがあるCさんが、楽天カードへ申し込んだときの初期限度額の実例をみていきます。

  • 初期限度額の目安:0万円(審査否決)
  • 就業形態:会社員
  • 年齢:20代
  • 楽天カード使用歴あり、遅延を2回
  • 退会後に再度申し込み

やはり過去に返済の遅延があると、悪いクレヒスが蓄積され、審査結果や初期限度額に悪い影響を与えます。

楽天カードの初期限度額をカードの種類別で解説

楽天カードの初期限度額は、前述した通り「信用力」によって決まります。

しかし、初期限度額の上限は、クレジットカードの種類によって異なることも覚えておきましょう。

初期限度額100万円未満ならどのカードでも同じ

利用限度額の上限が100万円と一番低い楽天カード(又はPINKカード、ANAマイレージクラブカード)では、初期限度額が100万円だったという口コミも多く存在します。

逆に、初期限度額が300万円と一番高い楽天プレミアムカードでも、初期限度額が20万円だったという口コミも存在します。

要するに、楽天カードの初期限度額は属性やクレヒスなどの信用力に依存し、どの楽天カードの種類を選んでも初期限度額への影響は低いということです。(アカデミーカードは除く)

初期限度額100万円以上を目指すならゴールドカードorプレミアムカードカード

初期限度額100万円以上であれば、カードの種類によって初期限度額は左右されます。

例えば、初期限度額が150万円に設定できる信用力を持っていたとしても、限度額が100万円の楽天カードを申し込んでしまったら、初期限度額は100万円です。

しかし、限度額が200万円の楽天ゴールドカードを申し込めば、初期限度額が150万円に設定することができますね。

  • 楽天カードに申し込んだときの初期限度額:100万円
  • 楽天ゴールドカードに申し込んだときの初期限度額:150万円

要するに、カードの種類によって初期限度額が変わることもあるということです。

もしも、信用力に自身があって、初期限度額から100万円以上を目指すのであれば、楽天ゴールドカード(上限200万円)、もしくは、楽天プレミアムカード(上限300万円)を申し込むようにしましょう。

初期限度額が希望に合う楽天カードを申し込んでみよう

楽天カードには様々な種類のカードがあり、どのカードを申し込むべきか迷いますよね。

そんな人は、「初期限度額」を選ぶ際の指標にしてみましょう。

前述した通り、楽天カードは種類によって限度額が変わる場合があるので、自身が希望する初期限度額と相談して申し込むカードを決めるのもアリです。

初期限度額で申し込む楽天カードを決める場合、2つのパターンに分類できます。

  1. 初期限度額100万円未満を希望するパターン
  2. 初期限度額100万円以上を希望するパターン

それぞれ詳しく解説していきます。

初期限度額100万円未満を希望するなら楽天カードが無難

楽天 キャプチャ 楽天の年会費とポイント還元率 ボタン 楽天カード ポイント

初期限度額100万円未満を希望する場合は、一般的な楽天カードがおすすめです。

理由としては、以下の通りです。

  • 年会費が無料
  • 限度額が100万円を超えることがない
  • 審査難易度も低い
  • 限度額を100万円以上にしたければアップグレードもできる

楽天カードの中でも一番ポピュラーなクレジットカードで年会費がかかりません

また、後述するゴールドカードやプレミアムカードと比べると審査難易度も低いので、属性に自信の無い方でも気軽に申し込むことができます。

初期限度額も100万円を超えることはありませんし、もしも100万円以上にしたければ、いつでもゴールド・プレミアムカードへのアップグレード申請も可能です。

審査に自信あり&初期限度額100万円以上を希望するならゴールドorプレミアムカード

楽天ゴールドカード

楽天 ゴールド キャプチャ 楽天 ゴールド 年会費 ボタン 楽天カードゴールド紹介文言画像

審査難易度は少し上がりますが、初期限度額を100万円以上にしたければ、楽天ゴールドカード又は楽天プレミアムカードを申し込む以外に道はありません。

  • 初期限度額100万円~200万円を希望:楽天ゴールドカード
  • 初期限度額100万円~300万円を希望:楽天プレミアムカード

実際に、楽天プレミアムカードを新規で申し込み、いきなり300万円の限度額に設定された方もいます。

ただし、楽天ゴールドカードや楽天プレミアムカードを申し込んだからといって、初期限度額が100万円を超えるとは限らないので注意しましょう。

楽天カードの限度額の増枠は自分で決められない

楽天カードの初期限度額は、「利用」と「返済」を繰り返すことによって、増枠が見込めます。

増枠する方法は主に3つあります。

  1. 楽天e-NAVIで限度額を引き上げる
  2. 楽天カードコンタクトセンターへ電話
  3. 自動的に上がる

ただし、増枠する金額は自分で決めることができないので注意が必要です。

楽天カードの限度額の減枠は10万円単位で決めることができる

楽天カードは、限度額の増枠だけでなく減枠も可能です。

また、減枠に関しては増枠時と異なり、10万円単位で減枠金額を決めることができます

カード紛失時の他者利用や自身の使いすぎが不安な人は、自ら減枠を希望して、必要最低限の限度額に設定するようにしましょう!