楽天カードのゴールドとプレミアムどっちがおすすめ?徹底比較!

この記事は、「楽天カードのゴールドとプレミアムについて知りたい!」という人に向けて書きました。

「楽天カードのゴールドやプレミアムのスペックは?」
「年会費やポイント還元率はどのぐらい?」
「ぶっちゃけどっちに契約するのがおすすめなの?」

こんな疑問ってありますよね。

当記事では、楽天カードのゴールドとプレミアムの基本機能からそれぞれのカードをおすすめする人まで一挙に解説していきます。

ぜひご一読ください!

コスパがいいのは楽天カードのゴールド。ただし使い方次第でプレミアムがお得になる

結論から言うと、ポイント還元率の面でコスパがいいのは楽天カードのゴールドです。

というのは、無料カード→ゴールドへランクアップすると、たった2,200円で楽天市場でのポイント還元率が2%も上がるからです。

カードの種類年会費ポイント還元率
楽天カード無料1%
(楽天市場利用時:3%)
楽天ゴールドカード2,200円1%
(楽天市場利用時:5%)
楽天プレミアムカード11,000円1%
(楽天市場利用時:基本5%)
※ただし、サービスを併用すると誕生月には最大7%

※年会費は税込価格。2019年10月1日から、消費税の引き上げに伴い年会費も改定されました。

一方、プレミアムの年会費はゴールドの5倍。

8,000円以上高いのに、基本となるポイント還元率は同じ5%です。

そう考えるとちょっと割に合わない気がしますよね。

しかし、プレミアムは一部の人にとってはメリットが大きいカードです。

具体的には、以下のような人は年会費以上のメリットを受けられる可能性が高いです。

  • 高額な買い物をする人
  • 海外旅行や出張に頻繁に行く人
  • 会社を経営している人

その理由を見る前に、まずは楽天カードのゴールドとプレミアムの基本スペックを一覧で確認しましょう!

楽天カードのゴールド/プレミアムのスペックを徹底比較

楽天カードのゴールド/プレミアムの基本スペックは以下の表の通りです。

イメージとしては、ゴールドのサービスをパワーアップさせたものがプレミアムという感じですね。

楽天プレミアムカード楽天ゴールドカード
年会費11,000円2,200円
ポイント還元率基本1%
(楽天市場で5〜7%)
基本1%
(楽天市場で5%)
ETCカード付帯無料
家族カード付帯可能(1人税込550円)
ビジネスカード付帯可能 (年会費2,200円)不可
空港ラウンジの利用国内31空港で無償利用可
(回数制限なし)
全国31空港で無償利用可
(回数制限:年2回まで)
プライオリティ・パス付帯可能(無料)不可
旅行保険海外旅行:最高5,000万円
国内旅行:最高5,000万円
(自動付帯あり)
海外旅行:最高2,000万円
国内旅行:なし
(利用付帯のみ)
動産総合保険最高300万円なし
その他旅行サービス
  • 海外で使えるWi-Fiレンタルの料金20%OFF
  • 海外でのレンタカー代10%OFF(ハーツレンタカー)
  • 世界38拠点のトラベルデスクを利用可能

※本カード/家族カードの年会費は2019年10月1日に変更になりました。

その他、楽天カードのプレミアムにしかない特典もいくつかあるので確認しておきましょう。

「1か月にいくら使えばゴールドやプレミアムがお得になるのか、今すぐ知りたい!」という方はこちらをどうぞ。

その他楽天カードのプレミアムのみのサービス一覧

楽天カードプレミアム独自のサービスには以下のようなものがあります。

これらは全て、楽天市場をよく利用する人にメリットのあるサービスです。

  • 「楽天プレミアム」が1年間無料
  • 選べる3つの無料サービス付帯
  • 誕生月に楽天市場でのポイントが+1倍

順番に見ていきましょう。

楽天プレミアムが1年間無料

楽天カードのプレミアムに加入すると、「楽天プレミアム」というサービスを1年間無料で利用できます。

概要は以下の通りです。

年会費3,900円(税込)
サービス一覧
  1. 楽天市場での送料分をポイント還元
  2. 楽天市場で送料無料の場合、ポイントが2倍になる
  3. 楽天グループ利用時のポイントが2倍になる
  4. 会員限定クーポンが利用可能になる

送料がポイント還元されるので、楽天市場をよく使う人ならメリットがありそうですね。

選べる3つの無料サービス付帯

楽天カードのプレミアムには、選べる3つの無料サービスが付帯しています。

コース名サービス内容
楽天市場コース毎週火/木に楽天市場での還元率が+1倍
トラベルコース
  • 楽天トラベルでカード決済すると、還元率が+1倍
  • 年に2回まで手荷物宅配サービスが無料
    (海外旅行時。自宅〜空港)
  • 国内旅行の宿泊予約の代行サービス(電話)
エンタメコース
  • 楽天TV、楽天ブックスの還元率が+1倍

たとえば「楽天市場コース」を選んだ場合、以下の図のようにポイント還元率が6%にアップします(※火/木のみ)。

なお、「楽天市場コース」を選ばなければ、プレミアムと契約しても還元率がゴールドと全く同じになります。

還元率目当てでプレミアムに契約する人は必ず「楽天市場コース」を選びましょう。

誕生月に楽天市場でのポイントが+1倍

楽天カードのプレミアムなら、誕生月に楽天市場での還元率が+1倍になります。

以下の図のように、誕生月は常時6%の還元率になるということですね。

また、先述の「3つの選べる無料サービス」の「楽天市場コース」を併用すると、誕生月の火/木は7%にまで還元率が上がります

無料サービスを最大限に活用するなら、「楽天市場コース」を選ぶのが良さそうですね。

楽天カードのゴールド/プレミアムの損益分岐点

次に、楽天カードのゴールド/プレミアムの損益分岐点を見ていきましょう。

簡単に言えば、「1か月にいくら買い物すればゴールドやプレミアムがお得になるの?」ということですね。

楽天市場以外での還元率はどのカードも同じなので、ここでは楽天市場での利用額に絞って話を進めます。

結論から言うと、各カードが他カードよりお得になるのは以下のような場合です。

楽天市場の利用額
無料の楽天カードがお得になる人年間:110,000円未満
月間:約9,166円未満
ゴールドがお得になる人年間:110,000円〜880,000円未満
月間:約9,166円〜約73,333円未満
プレミアムがお得になる人年間:880,000円以上
月間: 約73,333円以上

※プレミアムの還元率を6%とした場合(=「楽天市場コース」選択時)

つまり、楽天市場での利用額が1か月9,166円以上の人はゴールド/プレミアムの契約を検討すべきということですね!

反対に、1か月9,166円以下なら通常カードで十分ですよ。

※上記の数字は「損益分岐点=2枚のクレカの年会費の差÷ポイント還元率の差」という数式から算出したものです。

ゴールド/プレミアムの年会費の元を取れる利用額は?

ここまで損益分岐点について述べてきましたが、あくまでも上述した内容は「他カードよりもお得になる金額」を示したものでした。

しかし、中には「特典目当てだから、とりあえず年会費分のポイントだけもらえればいい!」という人もいるかもしれませんね。

そんな方のために、ここでは「各カードの年会費分のポイントがもらえる利用額」をまとめました。

具体的には「楽天ゴールドカード=2,200円分のポイント」「楽天プレミアムカード=11,000円分のポイント」がもらえる利用額です。

カードの種類楽天市場以外での利用額楽天市場での利用額
楽天ゴールドカード年額:220,000円
月額:約18,333円
年額:44,000円
月額:約3,666円
楽天プレミアムカード年額:1,100,000円
月額:91,666円
年額:約183,333円
月額:約15,277円

※プレミアムの還元率を6%とした場合(=「楽天市場コース」選択時)

上記の金額をカード決済すれば、ゴールドやプレミアムの年会費を実質無料で使うことができますよ!

その他年会費を割安にする方法についてはこちらをどうぞ。

楽天カードのプレミアムよりゴールドをおすすめする人

楽天カードのゴールドをおすすめするのは、上述した通り「楽天市場を1か月に約9,166円〜約73,333円利用する人」です。

また、「国内やハワイ/韓国の空港ラウンジを年に1〜2回利用する人」もお得になりやすいです。

なぜなら、楽天カードのゴールドを持っている人なら国内やハワイ/韓国の空港ラウンジの利用が年に2回まで無料になるからです。

ラウンジの利用料の相場は1,000円前後なので、2回使えば余裕で年会費の元が取れます。

しかも、家族カード会員もラウンジを無料利用できるので、家族旅行するなら非常にお得ですよ。

ラウンジ利用の詳細については、公式サイトをご覧ください。

楽天カードのゴールドよりプレミアムをおすすめする人

損益分岐点のところでも見た通り、楽天カードのプレミアムがお得になるのは「楽天市場でのカード利用額が1か月約73,333円以上の人」です。

しかし、プレミアムをお得に使える人はそれだけではありません。

以下のような人もプレミアムを使った方がお得になる可能性が高いです。

  • 国内外の旅行や出張に頻繁に行く人
  • 会社を経営している人
  • 1万円以上の買い物を頻繁にする人

順番に見ていきましょう!

国内外の旅行や出張に頻繁に行く人

国内外の旅行や出張に頻繁に行く人は、楽天カードのゴールドよりもプレミアムをおすすめします。

というのは、以下4項目の理由があるからです。

  • プライオリティ・パスが無料付帯
  • 国内やハワイ/韓国のラウンジが無制限で利用可能
  • 充実した旅行保険サービスが受けられる
  • 手荷物宅配サービスが受けられる

ひとつずつ確認していきましょう!

プライオリティ・パスが無料付帯

楽天カードのプレミアムなら、年会費45,000円相当の「プライオリティ・パス」を無料で申し込みできます(1ドル=107円で計算)。

4,5000円のサービスが付帯しているなら、年会費11,000円を差し引いても30,000円以上お得になる計算になりますね。

プライオリティ・パスというのは、「世界143カ国500以上の都市や地域で、1,200カ所以上の空港ラウンジがご利用いただける会員制サービス」です(公式サイトより引用)。

本来なら1回4,000円以上するラウンジも無料になるので、年に2〜3回以上利用すれば余裕で年会費を回収できる計算になりますね!

利用できるラウンジはプライオリティ・パスの公式ページから確認できますよ。

国内やハワイ/韓国のラウンジが無制限で利用可能

楽天カードのプレミアムなら、国内31空港やハワイ/韓国の空港ラウンジを回数無制限で無料利用できます。

1回1,000円として計算しても、1年に何回もラウンジを利用する人ならお得に使えますね!

充実した旅行保険サービスが受けられる

楽天カードのプレミアムに契約すると、他カードよりも充実した旅行保険を受けることができます

①国内旅行のとき②海外旅行のときに分けて見ていきましょう。

国内旅行のとき

国内旅行保険はゴールドにはなく、プレミアムのみの特典です。

以下のような手厚い補償を受けることができます。

保険金の種類受けられる最高額
傷害死亡保険金5,000万円
傷害後遺傷害保険金最高5,000万円
傷害入院保険金日額5,000円
傷害通院保険金日額3,000円
傷害手術保険金
  1. 入院中に手術を受けた場合:入院保険日額の10倍
  2. それ以外で手術を受けた場合: 入院保険日額の5倍

楽天カードのプレミアムで宿泊施設などの料金を支払っていない場合にも補償を受けられるのでお得ですよ!

海外旅行のとき

海外旅行保険は無料の楽天カードやゴールドにも付帯していますが、プレミアムの最高補償額の方が3,000万円ほど高いです。

以下の表で具体的な補償内容を確認しましょう。

なお、「利用条件」というのは楽天カードでチケットなどを決済しなければ受けられない保険、「自動付帯」というのは特に条件なく受けられる保険です。

補償内容保険金額
死亡、後遺傷害合計:最高5,000万円
自動付帯:4,000万円
利用条件:1,000万円
傷害治療費用自動付帯:300万円
疾病治療費用
賠償責任自動付帯:3,000万円
携行品損害合計:50万円
※1点につき最高10万円
※1回につき3,000円支払う必要あり
自動付帯:30万円
利用条件:20万円
救援者費用自動付帯:200万円

充実した保険内容なので、楽天カードのプレミアムに契約しておけば海外旅行の際も安心ですね!

手荷物宅配サービスが受けられる

楽天プレミアムカードなら、自宅〜空港、または空港〜自宅までの手荷物宅配サービスを年に2回まで無料で利用できます。

旅行や出張の際、大荷物で移動する必要がなくなりますね!

ただし、手荷物宅配サービスが無料になるのは「3つの選べるコース」でトラベルコースを選んだ人のみです。

会社を経営している人

会社を経営している人も楽天カードのプレミアムをお得に使えます。

というのは、子カードとして法人用の「楽天ビジネスカード」(年会費2,200円)を発行できるからです。

楽天ビジネスカードを発行するメリットは大きく分けて、以下2つです。

  • 経費をビジネスカードで決済すると、プレミアムカードに楽天ポイントが貯まる
  • etcカードを何枚でも発行できる

会社の経費にポイントがつけば、年会費分ぐらい余裕で取り戻せそうですね!

また、etcを何枚でも発行できるため、社用車等に利用できるのも大きなメリットです。

ただし、etcカードが無料なのは最初の1枚のみで、2枚目からは1枚につき550円(税込)の年会費がかかります。

注意しておきましょう!

1万円以上の買い物を頻繁にする人

1万円以上の買い物を頻繁にする人も楽天カードのプレミアムがお得になる可能性があります。

というのは、1万円以上の商品を楽天カードのプレミアムで購入すると、最高300万円までの「動産総合保険」という補償を受けられるからです。

「動産総合保険」とは、購入してから90日以内に事故や盗難で損害が起きた場合に補償が受けられる保険です。

高額な商品は事故や盗難などのリスクが高いので、きちんと補償がついているのは嬉しいですね!

詳細については「公式サイト」をご覧ください。

楽天カードのゴールド/プレミアムの年会費を割安にする方法

ここまで「楽天カードのゴールドやプレミアムは人によってはお得になるよ」という内容をお伝えしてきました。

しかし、いくら楽天カードのゴールド/プレミアムがお得だとは言え、年会費が安く済むに越したことはないですよね。

そこで、ここでは楽天カードのゴールド/プレミアムを少しでも割安に使う方法をいくつかご紹介していきます!

入会特典を利用する

楽天カードには、入会特典があります。

常時5,000ポイント以上もらえるので、普通に契約するだけでもある程度年会費をカバーできますよ。

しかも、ゴールド/プレミアムなら期間によっては10,000ポイント〜13,000ポイントの入会特典がもらえる場合があります。

公式サイトから現在開催のキャンペーンを確認して、割安に契約しましょう!

車を持っている人はETCカードに申し込む/提携店で給油する

車を持っている人は、ゴールド/プレミアムを契約した際にはぜひETCカードを申し込みましょう。

無料カードでは550円(税込)の年会費がかかりますが、ゴールド/プレミアムなら無料で利用できます。

本来有料のETCカードを使うことで、少しでも年会費の元を取ることができますよ!

また、楽天カードの提携店であるENEOSでガソリンを入れれば、ポイント還元率が1.5%にアップするので年会費の元を取りやすくなります。

公共料金を楽天カードでまとめて支払う

楽天カードで公共料金を支払えば、そちらにもポイントがつきます。

公共料金のポイントを年会費に充てれば、割安に有料カードを使えますよ。

なお、楽天カードでの公共料金支払いについてはこちらのページで詳しく解説しています。

お得な楽天カードのゴールド/プレミアムにぜひ申し込もう!

楽天カードのゴールド/プレミアムは、使う人によっては非常にお得で優秀なカードです。

この機会にぜひ契約しましょう!

楽天カードゴールド

楽天 ゴールド キャプチャ 楽天 ゴールド 年会費 ボタン 楽天カードゴールド紹介文言画像

楽天カードプレミアム

楽天プレミアムカード メイン 楽天プレミアムカード 年会費 ボタン 楽天プレミアムカード ポイント

楽天カードをゴールドやプレミアムに切り替える方法

「無料の楽天カードにもう契約しちゃったけどゴールドやプレミアムに切り替えたい!」
「ゴールドを持っているけど、プレミアムに切り替えたい!」

そんな方のために、ここでは以下2項目に分けて楽天カードの切り替え方法をご紹介していきます。

  1. 1枚目が無料の楽天カードかつVISAブランドの方
  2. それ以外の方

1枚目が無料の楽天カードかつVISAブランドの方

1枚目のカードが、無料の楽天カードかつVISAブランドの方は、①2枚目としてゴールド/プレミアムを作る②既存のカードをゴールド/プレミアムに変更するという2つの選択肢があります。

いずれにしても手順は以下の通りです。

  1. 楽天e-naviにログイン
  2. 「お申し込み(カード/サービス)」を選択
  3. 「2枚目のカードの作成/切り替え」を選択
  4. その後、画面の指示に従って手続きを行う

簡単に追加&切り替えできますね!

それ以外の方

1枚目が無料の楽天カードかつVISAブランド以外の方は、ゴールド/プレミアムを2枚目として作ることはできません。

そのため、既存のカードを新しいカードに切り替える必要があります。

切り替えの手順は「1枚目が無料の楽天カードかつVISAブランドの方」と同様です。

切り替え/追加を行う際の注意点

楽天カードを新しいカードに切り替え/追加する際には、以下の点に注意が必要です。

  • カード番号が変わるので、公共料金などの支払いを行っている場合はカードを登録し直す必要がある
  • 発行までに1週間ほどかかる
  • 楽天Edyの残高は使い切ってから古いカードを破棄する

なお、楽天Edyの残高に関しては、専用の機器を使えば新カードに移行することも可能です。

詳しくは公式サイトをご覧ください。

楽天カードのゴールド/プレミアムに関する豆知識

「楽天カードのゴールド/プレミアムのことをもっと知りたい!」

そんな方のために、ここではゴールド/プレミアムに関する豆知識を2つご紹介します。

ひとつずつ見ていきましょう!

楽天プレミアムカードが他社のゴールドカード相当だと言われる理由は?

「楽天プレミアムカード」が他社のゴールドカード相当だと言われるのは、年会費が他社のゴールドカードと同レベルだからです。

たとえば「三井住友VISAゴールドカード」「三菱UFJ-VISAゴールドカード」なども、プレミアムと同じ年会費(税抜10,000円)です。

ただし、還元率の面で言えば、上記2枚のカードよりも楽天カードのプレミアムの方が圧倒的に高いです。

楽天市場でお買い物をよくする方なら、楽天カードに契約する方がお得ですよ。

楽天カードのゴールド/プレミアムならブラックカードの招待を受けやすくなる?

楽天カードには、ゴールド/プレミアムの上位カードである「ブラックカード」が存在します。

ただし、ブラックカードは楽天からの招待状がなければ契約できません。

招待状が送られる基準は公開されていないので正確なことは言えませんが、楽天カードのプレミアムに契約している方が招待状をもらえる確率が高いようです。

また、さらに以下のような条件を満たすことで招待状がもらえる確率が上がります。

  • 年額300万円以上利用する
  • 楽天トラベルを通じて高級ホテルを予約する
  • 楽天銀行や楽天証券など、楽天系列のサービスを多く利用する

「ブラックカードが欲しい!」という方はぜひ参考にしてみてくださいね!

※ブラックカード関連の情報はネット上の口コミに基づいたものです。招待状の獲得を確約するものではありませんのでご注意ください。

CTA

クレカ大バナー

ローン大バナー