楽天カードはラウンジで使える!使うための条件と注意点を解説

この記事は、「楽天カードを空港のラウンジで使うには?」という疑問を持つ方に向けて書きました。

  • 楽天カードでラウンジを使うには、何か条件があるの?
  • いくつか楽天カードがあるけど、どれがいい?

結論、楽天カードで空港のラウンジは使えます。しかし、ラウンジで使うには、カードごとに条件があります。

楽天カードでもラウンジを使える。ただしカードの種類によって利用条件が違う

楽天カードがあれば、空港のラウンジを利用できます。

ただし、楽天カードには種類あり、カードごとに年会費やラウンジで使う利用条件が異なります。

今回は、以下4種類の楽天カードを取り上げて解説していきましょう。

  • 通常の楽天カード
  • 楽天ゴールドカード
  • 楽天プレミアムカード
  • 楽天ブラックカード

楽天カードでラウンジを使う条件①通常の楽天カードの場合

まず、「通常の楽天カード」の特徴は、このようになっています。

  • 使えるラウンジはハワイの一ヶ所のみ
  • 年会費は永年無料
  • 利用者本人と同伴者は、無料でラウンジを使える

楽天カードの中でも、最も簡単に持てるのが通常タイプの楽天カードです。

では、ラウンジで使うには、どんな条件があるのでしょうか?

普通タイプの楽天カードだとハワイのラウンジのみ使える

普通タイプの楽天カードは、年会費が無料ということで、他の楽天カードよりも使えるラウンジが少ないのが特徴です。

2019年7月25日現在、ハワイの楽天カード会員専用ラウンジ「楽天カード ワイキキラウンジ」でのみ使えます。

このハワイのワイキキラウンジは、会員本人、同伴者も無料で利用できます。

普通タイプの楽天カードは、ほぼ海外旅行に行かない人向け

普通タイプの楽天カードだと、残念ながらハワイのラウンジ一ヶ所のみでしか使えません。

そのため、頻繁に海外旅行に行く人が、普通タイプの楽天カードを持っていると、メリットを感じないでしょう。

普通タイプの楽天カードは、「普段ほぼ海外旅行に行かない」「年に1回ハワイに行く程度」といった方におすすめです。

楽天カードでラウンジを使う条件②楽天ゴールドカードの場合

「楽天ゴールドカード」の場合、特徴はこのようになっています。

  • 使えるラウンジは国内外46ヶ所
  • 年会費2,160円(税込)
  • 年間2回までラウンジを無料で使える

楽天ゴールドカードは、通常タイプの楽天カードと違い、年会費が発生します。

その分、使えるラウンジが通常タイプの楽天カードよりも多いのが特徴です。

楽天ゴールドカードだと国内外空港ラウンジで使える

楽天ゴールドカードだと、国内外の主要な空港のラウンジで利用可能です。

国内の場合、以下の空港のラウンジ(44ヶ所)で使えます。

北海道新千歳空港
函館空港
東北青森空港
秋田空港
仙台国際空港
北陸新潟空港
富山空港
小松空港
関東成田国際空港
(※)羽田空港
中部中部国際空港セントレア
富士山静岡空港
近畿関西国際空港
伊丹空港
神戸空港
中国岡山空港
広島空港
米子鬼太郎空港
山口宇部空港
四国高松空港
松山空港
徳島阿波おどり空港
九州福岡空港
北九州空港
大分空港
長崎空港
阿蘇くまもと空港
鹿児島空港
沖縄那覇空港

(※ 国際線旅客ターミナルのラウンジは使えない)

海外だと以下2つの空港で使えます。

ハワイダニエル・K・イノウエ国際空港
韓国仁川空港

楽天ゴールドカードは、年間2回の範囲で旅行に行く人向け

2019年7月25日現在、楽天ゴールドカードは、ラウンジを無料で使えるのが「年間2回まで」と決まっています。

そのため「年に何度も旅行に行く」「国内外を何度も往復する」という方は、あまりメリットを感じないカードといえるでしょう。

楽天ゴールドカードは、「年間2回くらいまで旅行に行く」という方におすすめします。

楽天カードでラウンジを使う条件③楽天プレミアムカードの場合

「楽天プレミアムカード」の特徴はこのようになっています。

  • 国内外46ヶ所(楽天ゴールドカードで使えるラウンジ)+1,200か所(プライオリティ・パスで使えるラウンジ)で使える
  • 年会費10,800円(税込)
  • 利用者本人は、回数無制限・無料でラウンジを使える

楽天プレミアムカードは、年会費1万円以上だけあって、楽天ゴールドカード以上に使えるラウンジが多いのが特徴です。

楽天プレミアムカードだと、プライオリティ・パス所有で国内外1,200ヶ所以上のラウンジが使える

楽天プレミアムカードの魅力は、なんといっても「プライオリティ・パス」を発行できることです。

プライオリティ・パスがあると、世界143ヶ国500以上の都市や地域、1,200ヶ所以上のラウンジが使えます。

楽天プレミアムカードだと、プライオリティ・パスを無料で申し込める

楽天プレミアムカードがあると、プライオリティ・パスを無料で発行できます。

本来、プライオリティ・パスに申し込むと、ランクにあわせて年会費が発生します。

プライオリティ・パスの年会費と、ラウンジ利用料金は以下のとおりです。

会員ランク年会費ラウンジ利用料金
スタンダードUS$99
  • 会員:US$32
  • 同伴者:US$32
スタンダード・プラスUS$299
  • 会員:無料利用10 回(その後の利用US$32)
  • 同伴者:US$32
プレステージUS$429
  • 会員:全て無料
  • 同伴者:US$32

楽天プレミアムカード経由でプライオリティ・パスを発行すると、上記会員ランクの「プレステージ会員」に該当します。

本来、年会費にUS$429(2019年7月25日現在で約46,000円)かかるところが、楽天プレミアムカードだと無料になります。かなりお得といえるでしょう。

プライオリティ・パスは、別途申し込む必要がある

注意していただきたいのは、プライオリティ・パスの発行には、別途申し込む必要があることです。

楽天カード会員専用オンラインサービス「楽天e-NAVI」から申し込むと、2週間ほどで手元に届きます。

楽天プレミアムカードを手に入れた後、忘れず申し込むようにしましょう。

楽天プレミアムカードは、よく海外に行く人向け

楽天プレミアムカードは、「年に何度も旅行に行く」「国内と海外を何度も行き来する」方におすすめします。

たとえば、羽田空港の国内線ターミナルのラウンジ、「POWER LOUNGE NORTH」は一般利用料1,080円(税込)です。

年会費(10,800円)の元を取りたいなら、往復で利用するとして年間5回以上旅行に行くと、十分元は取れるでしょう。

楽天カードでラウンジを使う条件④楽天ブラックカードの場合

「楽天ブラックカード」の特徴はこのようになっています。

  • 国内外46ヶ所(楽天ゴールドカードで使えるラウンジ)+1,200か所(プライオリティ・パスで使えるラウンジ)で使える
  • 年会費32,400円(税込)
  • 利用者本人と同伴者も回数無制限・無料でラウンジを使える

楽天ブラックカードは、年会費3万円以上とかなり高額です。

使えるラウンジ自体は、楽天プレミアムカードと変わりないものの、楽天プレミアムカードよりさらに条件が広がるのが特徴です。

楽天ブラックカードは原則、楽天側から案内を受けた人だけ申し込める

まず、楽天ブラックカードを持つには、原則として以下の条件を満たしている必要があります。

  • 楽天カードが発行しているカードを持っている
  • 楽天側から案内を受けた人のみ、申込案内が届く

楽天ブラックカードは、楽天カードの中で最上位といわれるだけあって、限られた人だけが持てるのが特徴です。

楽天ブラックカードもプライオリティ・パスを発行できる

楽天ブラックカードがあると、楽天プレミアムカードと同じようにプライオリティ・パスを持てます。

ただし、楽天プレミアムカード経由のプライオリティ・パスとは異なる点があります。

楽天プレミアムカードと違うのは、同伴者2名まで無料でラウンジを利用できること

楽天ブラックカードだと、同伴者2名までならラウンジ利用料が無料になります。

もし、同伴者2名で一緒にラウンジを使った場合、プライオリティ・パスの利用料US$64(約6,900円)得することになります。

楽天プレミアムカードでは、利用者本人でしか無料にならないため、大きな違いです。

楽天ブラックカードは、海外旅行に行くときに同伴者がいる人向け

楽天ブラックカードは、「よく海外旅行に行く」かつ「同伴者がいる」人におすすめします。

同伴者2名、本来のプライオリティ・パス利用料を考慮すると、年間3回以上の旅行で年会費(32,400円)の元は取れるでしょう。

楽天カードをラウンジで使うときの注意点

利用条件を解説してきましたが、楽天カードをラウンジで使うには以下の注意点もあります。

  • 楽天ゴールドカードの改悪で、ラウンジが無料で使える回数は年間2回までに変更
  • 普通タイプ以外の楽天カードだと年会費が発生するので、国内外の旅行によく行く人でないと意味がない
  • 羽田空港国際線旅客ターミナルのラウンジだと、どの種類の楽天カードでも使えない
  • ラウンジの利用時、同行者は別料金が発生する

それぞれ解説しましょう。

楽天ゴールドカードの改悪で、ラウンジが無料で使える回数は年間2回までに変更

以前は、楽天ゴールドカードも回数に制限なくラウンジを利用できました。

しかし、2018年9月1日の改定に伴い、「ラウンジの利用は(※)年間2回まで無料」に変更されました。よく、「楽天ゴールドカードの改悪」といわれる変更点です。

(※ 毎年9月1日から翌年8月31日を1年として)

楽天ゴールドカードだと、3回目以降各ラウンジの一般料金が発生するので注意が必要です。

国外の一部ラウンジは、変わらず回数無制限で無料のまま利用できる

国内外主要空港は2回までとなりましたが、韓国の仁川国際空港ラウンジだと、回数に制限なく無料で使えます。

普通タイプ以外の楽天カードだと年会費が発生するので、国内外の旅行によく行く人でないと意味がない

普通タイプ以外の楽天カード以外だと、持っているだけで年会費が発生します。

そのため、海外旅行に頻繁に行く人以外、楽天プレミアムカードなどを持っていてもあまり意味がありません。

わざわざ年会費を払うのですから、どれだけラウンジを利用するのか計算してからカードに申し込みましょう。

羽田空港国際線旅客ターミナルのラウンジだと、どの種類の楽天カードでも使えない

楽天カードは、どの種類のカードでも、羽田空港国際線旅客ターミナルのラウンジに対応していません。

羽田空港国際線旅客ターミナルのラウンジは、プライオリティ・パスでも対応していないため注意しましょう。

ラウンジの利用時、同行者は別料金が発生する

通常タイプの楽天カードで使えるハワイのワイキキラウンジを除き、同伴者がいると別途料金が発生します。

楽天ゴールドカードでも、プライオリティ・パスでも同じです。

どうしても、同伴者も無料にしたいのなら、2名まで無料可能な楽天ブラックカードのみになります。

楽天カードの種類にあわせてラウンジをどんどん使おう

楽天カードをラウンジで使うには、年会費や無料で使える回数など、カードごとに条件が異なります。

自分の目的にあわせて楽天カードを選び、ラウンジをどんどん使いましょう。

楽天 キャプチャ 楽天の年会費とポイント還元率 ボタン 楽天カード ポイント
その他にも、楽天カードのメリットを詳しく知りたい人は「楽天カードのメリットは4つ!みんなが絶対に申し込むべき理由」をご覧ください。
また、楽天カードを申し込む時に必要なものや注意点など不安を解消したい人は「楽天カードの作り方を写真で解説!これを読めば申込の悩みは解決」をご覧ください。