楽天カードが突然使えないときに考えられる原因とは?大切な確認事項を説明

この記事は、「楽天カードが使えない原因を知りたい!」という方のために用意しました。

「楽天カードが突然使えなくなった!」
「楽天カードがネット決済で使えないんだけど…?」
「楽天カードが他の店では使えたのにこの店では使えない?」

楽天カードを利用していると、このような経験をしたことがあるかもしれません。

そこで、楽天カードが突然使えなくなった場合に考えられる原因をまとめてみました。

楽天カードが使えないときにまず確認してもらいたい項目

楽天カードが使えないときにまず確認してもらいたい項目があります。

確認してもらいたい項目と確認方法
  • カードの有効期限は切れていないか?
  • カード切り替え前の古いカードでは?
  • 紛失・盗難届を出したカードではないか?
  • カードの利用可能額を超えていないか?
  • 支払日に引き落としができているか?
  • 使えないのはお店の端末だけか?(ネット決済では使える?)
  • カードの暗証番号を間違えなかったか?
  • e-NAVIにログインすると「エラーコード2」が表示されていないか?

楽天カードが使えない理由①利用限度額を超えてしまった

楽天カードが突然使えなくなった場合、考えられる理由の1つは利用限度額の超過です。

楽天カードの利用限度額は、e-NAVIのトップページですぐに確認できます。

楽天カードが突然使えなくなった場合は、まず利用限度額を超えていないかを確認しましょう。

楽天カードの利用限度額が戻るのは支払いが確認された後

楽天カードの利用限度額が戻るのは、支払いが確認された後です。

楽天銀行を引き落とし先にしている場合は、支払日の27日もしくは翌日です。

他の銀行の場合は、翌営業日~4営業日後となっています。

楽天カードを利用するときは、限度額と支払日までの期間のことも考えるようにしてくださいね。

【注意】27日が土日・祝日だと支払日が変わるので気を付けましょう

27日が土日・祝日だった場合、引き落としは翌営業日となります。

そのため、楽天カードの利用限度額が戻るのも遅れるので気を付けましょう。

楽天カードが使えない理由②不正利用の疑いをかけられている

楽天カードが使えない別の理由は、不正利用の疑いがかけられるためです。

楽天カードはカードの不正利用防止のために不正検知システムを導入し、楽天カード利用者の利用状況をチェックしています。

このチェックで過去の不正利用のパターンと類似していると判断された場合、カードにロックがかかってしまうのです。

次のような状況は、不正利用の疑いがかけられやすいようです。

  • 高額商品の購入
  • 航空券・テーマパークのチケットをネット購入
  • 海外での利用

なぜ不正利用の疑いがかけられやすいのかそれぞれ説明します。

楽天カードで高額商品の購入

楽天カードで高額商品を購入しようとすると、自動的にロックがかかってカードが使えないことがあります。

特に、普段は楽天カードで高額商品を購入しないという場合です。

なぜなら「普段購入しないような高額商品を購入しようとしている」という点で、不正利用を疑われてしまうからです。

この場合、楽天カードのセキュリティーセンターから、登録した電話番号またはメールに「不正利用の疑いがある」といった内容の連絡が入っているはずです。

本人が使用しているという確認が取れればすぐにロックは解除してもらえるので、早急に連絡を取るようにしてください。

楽天カードで航空券やテーマパークのチケットをネット購入

航空券やテーマパークのチケットをネットで購入する際に、決済の段階でエラーになることがあります。

それは、航空券やテーマパークのチケットは換金性が高いため、現金化を疑われることがあるからです。

なので、家族や友人の分をまとめて購入する場合、短期間に続けて購入する場合は気を付けてください。

この場合は、ネット決済できない時点でコンタクトセンターに問い合わせすることをおすすめします。

楽天カードを海外で利用

楽天カードを海外で利用する場合も、セキュリティが働いて一時的にロックがかかることがあります。

特に普段は日本でしか使用していないのに、突然海外で使用した場合です。

楽天カード会社は、「カードが第三者の手に渡ったのではないか」と疑い、不正利用の防止のためにロックをかけてしまうのです。

こうしたトラブルを避けるためには、海外旅行のチケットを楽天カードで購入するなどしておくと良いかもしれません。

楽天カードが使えない理由③カードまたは店側端末の不具合

楽天カードが使えない理由として、カードまたは店側の端末の不具合を挙げることができます。

どちらの場合も、カード情報が正しく読み取られないためカードが使えません。

もしカードを使えない原因が店側の端末の不具合であれば、利用する側はどうすることもできません。

しかし、カードの不具合の場合は再発行または作り直しが必要となります。

そこで、カードの不具合の場合にはどんなケースがあるのか、対処方法と共に説明します。

楽天カードの磁気不良

カードの不具合でよくあるのは磁気不良です。

磁気不良を起こすと、磁気ストライプ部分のカード情報が読み取れなくなってしまうため、店頭で使用できません。

磁気不良は、保管方法や使用頻度により磁気ストライプ部分が傷つくことで引き起こされます。

e-NAVIから手続きを行って、再発行を行いましょう。

ICチップの読み取り決済で暗証番号を3回入力ミス

楽天カードが突然使えなくなる不具合として、暗証番号の入力ミスがあります。

ICチップを読み取る決済で暗証番号入力を3回間違えると、自動的にロックがかかりカードが使えなくなってしまいます。

前回の間違いからどんなに時間が経っていても、3回間違えた時点で使えなくなりますので気を付けてください。

【注意】ICチップにかかったロックは解除できない

ICチップにかかったロックは解除することができません

コンタクトセンターへ連絡して作り直しの手続きをする必要があります。

楽天カードの暗証番号に自信がないという方は、e-NAVIの「カード暗証番号の照会」から確認しましょう。

楽天カードが使えない理由④強制解約をされている

楽天カードが突然使えなくなってしまう別の理由は強制解約です。

楽天カードは定期または不定期に再審査を実施して、楽天カードを含むクレジットカードやローンの支払い・利用状況を確認しています。

そしてこの再審査の結果、カード利用の継続が不適切と楽天カード会社が判断した場合、強制的に利用を停止されてしまうのです。

では、楽天カードを強制解約されてしまう原因とは何でしょうか?その原因を説明したいと思います。

カードやローンの支払い遅延がある

楽天カードだけでなく、他のカード会社の支払いやローン返済の遅延は強制解約の原因となります。

カードやローンの支払い遅延をする人は信頼できない、と判断されるからです。

支払い遅延という情報は信用情報機関にしっかり記録されています。

たとえ他のカード会社やローンの支払い遅れであっても隠すことはできません。

高額ローンの新たな契約をした

高額ローンの新たな契約をした場合も、強制解約されることがあります。

それは返済能力を疑われてしまうからです。

これには、収入や他社の借り入れ状況、これまでの支払い状況などが関係しています。

突然の強制解約を避けたいなら、高額ローンを組む前に余裕のある返済ができるかどうかをよく計画しましょう。

キャッシング枠や限度額の増額申請

キャッシング枠の申請や限度額の増額申請のタイミングで、強制解約になることがあります。

強制解約になったほとんどの人は、キャッシング枠の申請や限度額の増額申請の審査に落ちています。

それは、楽天カードが「キャッシング枠の申請や限度額の増額申請をする人=お金が必要な人」と判断し、厳しい審査を行うからかもしれません。

楽天カードの判断によるため理由は良く分かりませんが、審査落ちと同時に強制解約になる可能性は高そうです。

楽天カードを何年も利用していなかった

楽天カードを何年も利用していない場合も、強制解約となります。

それは、「楽天カードを使う意思のない人=顧客としてのメリットがない」と判断されるからです。

この場合、突然強制解約されるというよりも、更新日に解約されて新しいカードが届かないことが多いです。

楽天カードを保持したいのであれば、少額でも定期的に楽天カードを利用するようにしましょう。

楽天カードが使えない原因が分からない場合はカスタマーセンターに問い合わせしよう

楽天カードが使えない原因を説明しましたが、当てはまる原因がないという場合は、カスタマーセンターに問い合わせてください。

楽天カードコンタクトセンターの電話番号

営業時間:9:30~17:30

電話番号:0570-66-6910(有料)092-474-6287(有料)

※手話・筆談を希望の方は【こちら】から

コンタクトセンターへ連絡すると音声アナウンスが流れます。

その後、ガイダンスに従ってメニューを選択してください。

メニューの選択は、「③各種照会⇒⓪その他カードが使えない、ご利用覚えのない請求に関するお問い合わせ」の順番です。

楽天カード

楽天 キャプチャ 楽天の年会費とポイント還元率 ボタン 楽天カード ポイント