楽天カードのランクをダイヤモンド会員にするには?ランクの意味から解説

この記事は、楽天カードのランク、特にダイヤモンド会員に関心がある方へ書きました。

「楽天カードのランクって一体何?」
「楽天カードのランクをダイヤモンド会員までアップするにはどうすればいいの?」
「楽天カードのダイヤモンドランクをキープしたいけどどうすればいい?」

など、楽天カードのランクに関して疑問を持っている方も多いのではないでしょうか?

この記事では、楽天カードのランクの仕組み、ダイヤモンド会員までランクアップ&キープする方法について説明します。

楽天カードのランクをダイヤモンド会員にするのは厳しくない

楽天カードの最高ランク「ダイヤモンド会員」には、楽天ヘビーユーザーしかなれないと思っていませんか?

実は、楽天カードのランクをダイヤモンド会員にするのは厳しくないです。

楽天ヘビーユーザーでなくても、楽天カードを持っていれば誰でもダイヤモンド会員になることは可能です。

まずは、楽天カードのランクとは何かから説明しますね。

楽天カードのランクとはそもそも何??

楽天カードのランクとは、ポイント数とポイント獲得回数に応じて会員を5つのランクに分ける制度です。

楽天カードのランクは次の5つに分けられています。

  • ダイヤモンド
  • プラチナ
  • ゴールド
  • シルバー
  • レギュラー

各ランクにはポイント数とポイント獲得回数の条件があり、その条件を満たせば自動的にランクが上がります。

ダイヤモンド会員はその最高ランクで、他のランクでは得られない特典や優待サービスを受けることができます。

今の自分の会員ランクを知りたい方は【こちら】から確認できます。

楽天カードのランクアップはポイント数とポイント獲得回数の両方が必要

楽天カードのランクアップにはポイント数とポイント獲得回数の両方で条件があります。

こちらの表でランクアップ条件を確認してください。

ランク必須条件
レギュラー
  • 楽天会員になること
シルバー
  • 過去6カ月間で獲得ポイント数200ポイント以上
  • 過去6カ月間で獲得ポイント回数2回以上
ゴールド
  • 過去6カ月間で獲得ポイント数700ポイント以上
  • 過去6カ月間で獲得ポイント回数7回以上
プラチナ
  • 過去6カ月間で獲得ポイント数2000ポイント以上
  • 過去6カ月間で獲得ポイント回数15回以上
ダイヤモンド
  • 過去6カ月間で獲得ポイント数4000ポイント以上
  • 過去6カ月間で獲得ポイント回数30回以上
  • 楽天カードを持っている

注意したい点は、どちらの条件もクリアしている必要があるという点です。

例えば、獲得ポイント数が4000ポイント以上でも、ポイント獲得回数が30回未満であればダイヤモンド会員にはなれません。

さらにランクアップに関するポイント条件について注意点があります。

【注意】楽天カードのランクアップ条件に当てはまらないポイントもある

楽天カードのランクアップ対象外となるポイントがあるので注意が必要です。

例えば以下のようなポイントがランクアップ対象外となります。

  • キャンペーンでもらえるボーナスポイント
  • アンケートでもらえるポイント
  • 広告クリックでもらえるポイント
  • 楽天チェックでもらえるポイント

つまり期間限定ポイントや支払いが生じていないポイントがランク対象外となります。

楽天カードのランクアップ条件や対象ポイントについては【こちら】で詳しく説明されています。

楽天カードを持つと、獲得ポイント数を稼ぐのに有利となる

楽天会員のランクアップを目指すなら、楽天カードを持つことをおすすめします。

なぜなら、楽天カードを持つと獲得ポイント数が増えるからです。

例えば、楽天カードがあると、楽天加盟店でポイント2重取りができたりします。

また、ダイヤモンド会員を目指す場合には、楽天カード保有は条件の1つです

まだ楽天カードを持っていない人は、すぐに作っておきましょう。

楽天カードでランクアップするためにポイント獲得回数を増やす方法

楽天カードでランクアップするためには、ポイント獲得回数も重要になります

実は、獲得ポイント数よりも、ポイント獲得回数を満たす方が苦戦する人が多いです。

というのは、ポイントを獲得する支払いの回数=ポイント獲得回数とはならないからです。

どういうことなのかを説明します。

楽天カードでの支払いは、ポイント獲得回数として月に1回にしかカウントされない!

楽天カードで複数回の支払いをしたとしても、ポイント獲得回数は月に1回としかカウントされません。

それは、楽天カードで買い物した時のポイントは、1ヵ月に1度まとめて付与されるからです。

そのため、仮に毎日楽天カードで支払いを行っても、ポイント獲得回数は月に1回となるのです。

では、ポイント獲得回数を月に2回以上に増やすためにはどうすれば良いのでしょうか?

次にポイント獲得回数を増やす方法を紹介します!

楽天カードでポイント獲得回数を増やす方法①楽天サービスを利用する

ポイント獲得回数を増やす方法1つ目は、ショッピングや旅行、美容院の予約などで楽天サービスを利用することです。

楽天サービスの利用は毎月1回ではなく、サービスを利用するたびに1回としてカウントされます。

楽天サービスは、わたしたちの身近なお店のほとんどと提携しています。

なので、ポイント獲得回数を増やすためにわざわざ利用せずとも、普段使いで自然と回数を稼ぐことが出来ると思います

楽天サービスで利用できるサービス内容や店舗は【こちら】から確認してください。

楽天カードでポイント獲得回数を増やす方法②楽天ポイントカードを利用する

ポイント獲得回数を増やすもう一つの方法は、楽天ポイントカードを利用することです。

楽天ポイントカードは、ポイント加盟店で提示すればポイントがもらえるカードです。

楽天ポイントカードは楽天サービス同様に、利用するたびにポイント獲得回数がカウントされます。

楽天ポイント加盟店も全国にあり、お店のジャンルも豊富にあります。

ですから、楽天ポイントカードの活用もポイント獲得回数を自然と増やせると思います。

楽天カードでポイント獲得回数を増やす方法③楽天Edyを活用する

ポイント獲得回数を増やす方法には、楽天Edyを活用することもおすすめです。

楽天Edyも利用するたびに、ポイント獲得回数をカウントしてくれます。

特に楽天Edyは利用できる店舗も多く、利便性が高いので、ポイント獲得回数を増やすのに最適な方法です。

しかし楽天Edyのポイント付与率は1%ではなく、0.5%です。

ですから、1ポイントを得るために200円の支払いが必要なので注意してください

楽天カードのランクをダイヤモンド会員にする&キープする方法

獲得ポイント数とポイント獲得回数を増やす方法がわかれば、ダイヤモンド会員も夢ではありません。

ただ、ダイヤモンド会員になる条件は、獲得ポイント数とポイント獲得回数だけでは不十分です。

楽天カードのランクをダイヤモンド会員になるには楽天カードが必須

もう一度楽天カードのランクをダイヤモンド会員になる必須条件を確認しましょう。

  • 過去6カ月間で獲得ポイント数4000ポイント以上
  • 過去6カ月間でポイント獲得回数30回以上
  • 楽天カードを持っている

他のランクでは、獲得ポイント数とポイント獲得回数だけでした。

しかしダイヤモンド会員では、楽天カードを持つことが必須条件に含まれています。

ですから、ダイヤモンド会員を目指したいなら、まずは楽天カードに申込みましょう。

楽天カードのランクをダイヤモンド会員でキープする条件

楽天カードのランクがダイヤモンド会員になっても、ランクダウンすることはあります。

楽天カードのランクをダイヤモンド会員でキープする条件は、ダイヤモンド会員になる条件と同じです。

楽天カードのダイヤモンド会員が得られる特典は賛否両論ある

楽天カードのダイヤモンド会員が得られる特典が気になるところですが、実はこの特典に関しては賛否両論あります。

例えば、楽天カードのダイヤモンド会員は次のような特典が得られます。

  • 誕生月に700ポイントもらえる
  • 特別優待セールへの招待
  • 毎月お得なクーポンがもらえる
  • ETCカードの年会費が無料
  • 楽天モバイルの月額基本料が500円引き

さらに、ダイヤモンド会員を1年キープすると豪華特典が得られるといいます。

お得に見える特典ですが、一方でダイヤモンド会員の方のこんな意見があるのも事実です。

「お得なクーポンは自分が利用したい内容じゃないと意味がない」
「誕生月にもらえるポイントの利用期間が短かすぎる」
「1年キープしてもらえる豪華特典にお得感がない」
「結局エントリーして当選しないと意味がない特典が多い」

ダイヤモンド会員になって得られる特典を「お得」と感じるかどうかは個人差があるようです。

楽天カードのランクをダイヤモンド会員を目指すならば、自分にとって「お得」な特典なのか?を確認しましょう。

楽天カードのランクを意識するのではなく、使いこなすことを考えよう

楽天カードでポイント数やポイント獲得回数を増やして、ランクアップしていく方法について説明しました。

しかし、楽天カードのランクアップを意識しすぎると、無駄な買い物などをしてしまいがちです。

まずは、楽天カードや楽天サービスを使いこなすことを考えてみてください。

そのうち、いつも通り使っていたらダイヤモンド会員になっていた、となるはずです。

「楽天カードのおすすめの使い方」に関して詳しくは「楽天カードポイント還元率」の記事をご覧ください。