楽天カード2枚目を作る意味って?作るのにピッタリな人を解説!

この記事は、「楽天カードって2枚目を作れるみたいだけど、作る意味あるの?」という疑問を持つ方に向けて書きました。

  • 楽天カードって2枚目を作れるみたいだけど、どんな人にメリットがあるの?
  • 楽天カードの2枚目って審査は関係あるの?

楽天カードの2枚目について、こんなことが気になっている方は多いのではないでしょうか?

そこで、この記事では楽天カードの2枚目について「2枚目を作るメリットがある人」「注意点」など解説していきます。

楽天カードの2枚目を作るメリットがある人はこの3パターン!

楽天カードの2枚目を追加で作る場合、こういった人にメリットがあります。

  • クレジットカードの無駄遣いを減らしたい人
  • 女性向けのクレジットカード保険に手軽に入りたい人
  • どうしても欲しいデザインのクレジットカードがある人

ただ、作る前に知っておいていただきたいのは、楽天カードで2枚目を作るには条件があることです。

【注意】そもそも楽天カードの2枚目には作れる条件がある

楽天カードの2枚目を作る条件は、1枚目の楽天カードが「普通の楽天カード」かつ、国際ブランドが「VISA」であることです。

そのため、1枚目が楽天ゴールドカードや楽天プレミアムカードなどの場合は、残念ながら2枚目は作れません。

国際ブランドも、1枚目が「JCB」や「マスターカード」などだと、2枚目は作れないので注意が必要です。

楽天カードの2枚目を作ることで無駄遣いを減らすことが出来る理由

クレジットカードでは、利用者やカードに合わせ使える利用限度額が定められています。

楽天カードの2枚目を作る場合、その利用限度額を活かして無駄遣いを減らすことが可能です

楽天カードでは2枚目を作っても限度額が増えないので、無駄遣いはできない

楽天カードの2枚目を作っても、「1枚目と2枚目の利用限度額が合計されて増える」ということはありません。

楽天カードの2枚目作成時では、1枚目2枚目いずれかで比べたときに「利用限度額の多い方が適用される」仕組みです。

たとえば「1枚目のカード50万円」「2枚目のカード100万円」だとします。

この場合、後者の2枚目の100万円のカードの方が、利用限度額として適用される、ということです。

【注意】限度額を使い切っている方のカードは使えない

すでに利用限度額を使い切っている場合、そのカードでは使えなくなってしまいます。

先ほどの例で出した1枚目のカードですでに50万円を使っていた場合、この1枚目のカードで決済はできない、ということです。

無駄遣いはできない仕組みなっているとはいえ、使い過ぎには注意しましょう。

支払いを目的別に分けることで無駄遣いの理由を特定できる

2枚クレジットカードを所有しているなら、「仕事用」「プライベート用」とカード別に分ける方法があります。

楽天カードの2枚目で支払いを分けていると、支払い先の経路が確認しやすくなるため、無駄遣いの理由も特定しやすくなります。

楽天カードの明細は「楽天e-NAVI」で確認できるので便利

楽天カードの明細は、1枚目も2枚目も会員専用ページ「楽天e-NAVI」一ヶ所で確認可能です。

対して、別々のクレジットカード会社で2枚目を作っていると、わざわざ別サイトにログインして明細を確認しないといけません。

その点、楽天カードで2枚目を作っていると、別々の場所で確認する手間もないので便利です。

楽天カードの2枚目で楽天PINKを作ることで手軽に女性向け保険に入れる

楽天カードの2枚目は、楽天PINKカードも作ることができます。楽天PINKカードは、女性の方だととくに嬉しい特典がつく特徴があります。

楽天PINKカードの女性向け特典おすすめ

楽天PINKカードの特典はいくつかあるのですが、女性にとくに注目していただきたいのが、女性のための保険『楽天PINKサポート』です。

楽天PINKサポートとは、楽天PINKカード会員限定の団体保険のことです。

楽天PINKサポートの補償には、こういった特徴があります。

  • 特長1:女性特有の疾病(乳がん・子宮筋腫など)や妊娠・出産時のリスクと、入院・手術・放射線治療などをサポート
  • 特長2:54歳以下なら月払い500円以下から入れる保険

無理なく続けられる保険料ですし、保険料も月々のクレジットカードで決済されます。

楽天PINKカードで受けられるその他特典

楽天PINKカードには他にもこういった特典を受けられます。

  • 楽天グループ優待サービス:楽天市場の割引クーポンなどの利用(月額サービス料税込324円)
  • ライフスタイル応援サービス『RAKUTEN PINKY LIFE』:飲食店や映画チケット、介護や育児サービスなど割引・優待特典の利用(月額サービス料税込324円)

これらも、女性に嬉しい特典となっているのでぜひ注目していただきたいです。

楽天カードの2枚目なら1枚目の実績があるので審査も通りやすい

楽天PINKカードのような特典目的でカードが欲しくても、新規申し込みだとやや審査ハードルが高くなります。

なぜなら、そのクレジットカード会社での実績がないためです。

対して、楽天カードで2枚目を作ると、1枚目ですでに楽天側に実績を積んでいる状態なので、審査ハードルがやや低めになります。

楽天カードなら2枚目でもデザインカードを作れる

楽天カードで2枚目を作る場合、自分の好きなデザインを選べるのもメリットです。

どんなデザインがあるのか紹介しましょう。

2枚目で選べる楽天カードのデザイン一覧

楽天カードの2枚目で選べるデザインは、以下の3種類です。

  • 通常デザイン
  • お買いものパンダデザイン
  • バルセロナデザイン

留意していただきたいのは、楽天カードだとデザインによってカードの種類と選べる国際ブランドが異なること。1枚目と2枚目の組み合わせの確認をしておくといいでしょう。

ここでは、「カードの種類」「デザイン」「国際ブランド」に分けて、2枚目で選べる組み合わせを一覧表にしました。ぜひ2枚目選びの参考になさってください。

組み合わせ2枚目のカード
カードの種類デザイン国際ブランド
1楽天カード通常JCB
2楽天カード通常マスターカード
3楽天カードお買いものパンダJCB
4楽天カードお買いものパンダマスターカード
5楽天カードバルセロナJCB
6楽天カードバルセロナマスターカード
7楽天PINKカード通常JCB
8楽天PINKカード通常マスターカード
9楽天PINKカードお買いものパンダJCB
10楽天PINKカードお買いものパンダマスターカード
11楽天ゴールドカード(通常のみ)JCB
12楽天ゴールドカード(通常のみ)マスターカード
13楽天プレミアムカード(通常のみ)JCB
14楽天プレミアムカード(通常のみ)マスターカード
15楽天カード通常JCB
16楽天カード通常マスターカード
17楽天カードお買いものパンダJCB
18楽天カードお買いものパンダマスターカード
19楽天カードバルセロナJCB
20楽天カードバルセロナマスターカード
21楽天PINKカード通常JCB
22楽天PINKカード通常マスターカード
23楽天PINKカードお買いものパンダJCB
24楽天PINKカードお買いものパンダマスターカード
25楽天ゴールドカード(通常のみ)JCB
26楽天ゴールドカード(通常のみ)マスターカード
27楽天プレミアムカード(通常のみ)JCB
28楽天プレミアムカード(通常のみ)マスターカード

【注意】ディズニーデザインの楽天カードを作ることはできない

楽天カードではディズニーデザインも発行していますが、残念ながらディズニーデザインは2枚目の申込みでは対象外です。

ディズニーデザインは、新規入会者である1枚目の発行のみ対象です。

また、ディズニーデザインは、国際ブランドもJCBしか扱っていません。

1枚目の条件はVISAなので、JCBのみのディズニーデザインを1枚目に選ぶと、2枚目は作れないことになります。

楽天カードの2枚目を楽天e-NAVIから申し込もう

楽天カードの2枚目は、楽天カード会員向けサービス「楽天e-NAVI」から申し込めます。作り方はとても簡単です。

  1. 楽天e-NAVIのトップページにアクセス
  2. 「お申込み(カード/サービス)」を選択
  3. 「カードの追加・切り替え」を選択
  4. 追加したいカードを選択
  5. 「現在お持ちのカード」の情報・「追加でお申し込みされるカード」の表示
  6. 本人情報の確認
  7. 2枚目カードの基本情報入力(国際ブランドとカードデザインの選択など)
  8. 申込完了

2枚目の申し込み後は、翌日までに申込み手続き完了メールが配信され、1週間~10日ほどで到着します。

ぜひとも、楽天カードで2枚目を追加作成して、楽天カードならではのメリットを活用しましょう。

【補足】楽天カードの2枚目の申込でも審査に落ちる場合があるので注意

楽天カードの2枚目申込時に注意していただきたいのが、2枚目の申込みでも審査があることです。

そのため、結果によっては2枚目のカードが審査落ちする場合もあります。慎重に申し込まなくてはなりません。

審査落ちすると1枚目のカードも利用できなくなる場合もあるので注意

2枚目の審査結果によっては、1枚目のカードもあわせて利用できなくなる場合があります。

そのため、楽天カードで2枚目を申し込む際には、1枚目のカードの使い方で問題がないかくれぐれも注意しておきましょう。