楽天カードの種類はどれがおすすめ?初めてなら一般カードでOK!

この記事は、「楽天カードにいくつか種類があるけど、どれがおすすめ?」という疑問を持つ方へ向けて書きました。

  • 楽天カードはたくさん種類があって、どれを選べばいいかわからない。
  • 自分に合った楽天カードの種類を知りたい!

結論を言うと、初めて楽天カードを申し込むなら一般的な「楽天カード」で十分です。

ということで今回の記事では、その理由について解説していきます。

※例外の場合もあるので、シチュエーション別でおすすめのカードもご紹介していきます。

楽天カードの種類年会費還元率限度額国際ブランド海外保険付帯
楽天カード無料1.00~3.00%100万円VISA/Mastercard/JCB/アメックス
楽天PINKカード無料1.00~3.00%100万円VISA/Mastercard/JCB
楽天ゴールドカード2,160円1.00~5.00%200万円VISA/Mastercard/JCB
楽天プレミアムカード10,800円1.00~5.00%300万円VISA/Mastercard/JCB/アメックス
楽天ビジネスカード2,160円1.00~5.00%楽天プレミアムと共通VISA
楽天ブラックカード32,400円1.00~5.00%1000万円Mastercard/JCB
楽天ANAマイレージクラブカード540円1.00~3.00%100万円VISA/Mastercard/JCB
楽天カードアカデミー無料1.00~3.00%30万円VISA/JCB
楽天銀行カード無料1.00~3.00%100万円JCB
楽天銀行デビットカード無料0.20~1.00%VISA/JCB

初めて楽天カードに申し込むなら「一般カード」がおすすめ!

楽天カードには全部で10種類のカードがありますが(冒頭の表の通り)、その中でも最もおすすめのカードは、一般カードの「楽天カード」です。

特に、初めて楽天カードを利用する人におすすめで十分すぎる機能が備わっています。

  • 年会費無料
  • 最高限度額100万円
  • 海外旅行付帯あり
  • 全国際ブランドを選べる

ですので、「とりあえず、おすすめの楽天カードの種類を教えて!」という人は、一般カードを申し込めば、まず間違いありません

その理由について後述していくので、気になる人はこのまま読み進めていってくださいね!

楽天カードの種類でおすすめは一般カード!一般カードを選ぶ4つの理由

楽天カード(以下、一般カード)をおすすめするのには、主に4つの理由があります。

  • 年会費が無料だからリスクがない
  • 楽天カード(一般)はいつでもグレードアップできる
  • クレヒスが貯まって上位カードの審査にも通りやすくなる
  • カードデザインの種類を選べる

それぞれ順番に解説していきます。

一般カードを選ぶべき理由①年会費が無料だからリスクがない

一般カードは、年会費が無料です。

楽天カードの種類年会費
楽天カード,楽天PINKカード,楽天カードアカデミー,楽天銀行カード,楽天銀行デビットカード無料
楽天ゴールドカード2,160円
楽天プレミアムカード10,800円
楽天ビジネスカード2,160円
楽天ブラックカード32,400円
楽天ANAマイレージクラブカード540円

※税込み(8%)

年会費が無料なので、所有するにあたっての金銭的リスクがありません

楽天カード最上クラスのブラックカードを持っていても、使わなければ毎年3万円以上の固定費になるだけですからね。

ですので、まずは年会費無料の一般カードが無理なく所持できるのでおすすめです。

一般カードを選ぶべき理由②楽天カード(一般)はいつでもグレードアップできる

一般カードは、いつでもグレードアップの申請を行うことができます

  • 一般カード→ゴールドカード
  • 一般カード→プレミアムカード

とりあえず一般カードを申し込んで、物足りなくなった時に切り替えるのでも遅くはありません。

ただし、ブラックカードについては招待制なので、こちらから申し込むことができません。

一般カードを選ぶべき理由③クレヒスが貯まって上位カードの審査にも通りやすくなる

楽天カードは、カードごとに審査難易度が変わります。

楽天カードの種類審査難易度
楽天カード,楽天PINKカード,楽天カードアカデミー,楽天銀行カード,楽天銀行デビットカード,楽天ANAマイレージクラブカード
楽天ゴールドカード★★
楽天プレミアムカード★★★

もともと楽天カードの審査難易度は低いと言われていますが、ゴールドカードやプレミアムカードは、一般カードに比べ審査難易度が高いです。

ですので、上位カードを狙っていて審査が不安な人は・・・

  • ✖:直接上位カードへ申し込み
  • ◎:一般カード→クレジットヒストリーを積む→上位カード申し込み

一般カードでクレヒスを積むことにより、上位カードへの審査が通りやすくなるのは間違いありません。

※クレジットヒストリーについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

一般カードを選ぶべき理由④カードデザインの種類を選べる

カードデザインにこだわりたい方は、一般カードがおすすめです。

楽天カードには、様々な種類のカードデザインがありますが、デザインを選べるのは一般カードのみとなります。(楽天PINKカードは独自のデザインを選べる)

  • お買い物パンダデザイン
  • バルセロナデザイン
  • 楽天イーグルスデザイン
  • ヴィッセル神戸デザイン

などなど、上記のデザインを希望する方は、一般カード一択です。

楽天カードの他の種類がおすすめなこともある。シチュエーション別に解説

ここまで、一般カードがおすすめ!と解説してきましたが、人によっては、その他の楽天カードを申し込む方が得策の場合もあります

ということで、ここではシチュエーション別に選ぶべき楽天カードの種類をご紹介していきます。

限度額を100万円以上にした人は、楽天ゴールドカード

クレジットカードの限度額を100万円以上にしたい方は、楽天ゴールドカードもしくは、楽天プレミアムカードなどの上位カードを申し込みましょう。

楽天カードの種類限度額
楽天カード,楽天PINKカード,楽天カードアカデミー,楽天銀行カード楽天ANAマイレージクラブカード100万円
楽天ゴールドカード200万円
楽天プレミアムカード300万円

上表の通り、ゴールドカードでは最大200万円まで、プレミアムカードなら300万円まで限度額を設定することが可能です。

ただし、限度額は審査によって決まるので、ゴールドカードにしたから限度額が高くなるわけではないことは、理解しておきましょう。

海外旅行へよく行く人は、楽天プレミアムカード

海外旅行へ頻繁に行く人は、楽天プレミアムカードがおすすめです!

理由としては、2つあります。

  • 充実の海外旅行保険付帯(しかも自動)
  • プライオリティパスが無料で付帯(4万円以上価値がある特典)
楽天カード,楽天PINKカード,楽天ゴールドカード,楽天カードアカデミー,楽天銀行カード楽天プレミアムカード
利用条件利用付帯自動付帯
傷害死亡・後遺障害2,000万円5,000万円
(内1,000万円は利用付帯)
傷害治療費用200万円300万円
疾病治療費用200万円300万円
賠償責任2,000万円3000万円
携行品損害20万円50万円
(内20万円は利用付帯)
救援者費用200万円200万円

海外旅行保険については、上表の通り手厚い保障が受け取れます。

また、プライオリティパスでは、全世界500都市、1200以上の空港の有料ラウンジが無料で利用できるサービスです。

ラウンジによっては、軽食やアルコールをとることができます。

ですので、ちょっとリッチな海外旅行にしたい!という方にとって、楽天プレミアムカードがコスパ最強のカードです。

楽天市場で毎月9,000円以上の買い物をする人は楽天ゴールドカード

楽天市場をよく利用する人で、毎月9,000円(もしくは毎年108,000)使う人には、楽天ゴールドカードがおすすめです。

なぜなら、一般カードとゴールドカードでは、楽天市場を利用した際に付与されるポイントが変わってくるからです。

楽天カードの種類楽天市場でのポイント還元率
楽天カード(一般カード)3%
楽天ゴールドカード5%

ただし、楽天ゴールドカードは年会費が2,160円かかってきます。

それを加味しても楽天ゴールドカードの方が得になるタイミングが、“毎月9,000円の利用”なのですね。

独自のサービスを利用したい人は楽天PINKカード

楽天PINKカードには、以下のような独自のサービスが付帯しています。

  • 楽天グループ優待サービス
  • ライフスタイル応援サービス『RAKUTEN PINKY LIFE』
  • 女性のための保険『楽天PINKサポート』

詳しくは、下記の記事で解説しているので、そちらをご覧ください。

一般カードともそこまで差異がないので、上記の特典を利用したい人に楽天PINKカードはおすすめです。

楽天カードの種類をおすすめ順に並べてみた

ここまでの解説を踏まえて、結局どの楽天カードがおすすめなのか、おすすめ順に並べてみました。

おすすめの楽天カード①楽天カード

楽天カード(一般カード)
年会費無料
還元率1.00~3.00%
限度額100万円
国際ブランドVISA/Mastercard/JCB/アメックス
海外保険付帯

この記事の冒頭でも書きましたが、一般カードが年会費も無料で一番おすすめです。

  • 年会費が無料だからリスクがない
  • 楽天カード(一般)はいつでもグレードアップできる
  • クレヒスが貯まって上位カードの審査にも通りやすくなる
  • カードデザインの種類を選べる

まずは、一般カードで様子を見つつ、物足りなく感じたら上位カードへの切り替えを検討しましょう!

楽天カード

楽天 キャプチャ 楽天の年会費とポイント還元率 ボタン 楽天カード ポイント

おすすめの楽天カード②楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカード
年会費2,160円
還元率1.00~5.00%
限度額200万円
国際ブランドVISA/Mastercard/JCB
海外保険付帯

楽天ゴールドカードは、年会費こそかかるものの、楽天市場でのポイント還元率が最大5%と高いのが特徴です。

  • 楽天市場で毎月9,000円以上の買い物をする
  • 限度額を100万円以上にしたい

上記のような人は、ゴールドカードに申し込むことをおすすめします!

楽天カードゴールド

楽天 ゴールド キャプチャ 楽天 ゴールド 年会費 ボタン 楽天カードゴールド紹介文言画像

おすすめの楽天カード③楽天プレミアムカード

楽天プレミアムカード
年会費10,800円
還元率1.00~5.00%
限度額300万円
国際ブランドVISA/Mastercard/JCB/アメックス
海外保険付帯

楽天プレミアムカードは、楽天カードの中でも敷居の高いカードで、海外旅行へよく行く人におすすめのカードです。

  • 海外旅行保険が手厚い(自動で付帯)
  • プライオリティパスが無料でついてくる
  • 限度額・ポイント還元率も高い

年会費は他の楽天カードと比べると高いですが、プライオリティパスなどの特典を考えるとコスパの良いクレジットカードです。

【補足】楽天カードを申し込む際におすすめのブランド種類は「VISA」

楽天カードを申し込む際、クレジットカードの国際ブランドも同時に決める必要があります。

楽天カードで選べる国際ブランドは全4種類ですが、楽天カードの種類によって、選べないブランドもあるので注意が必要です。

楽天カードの種類国際ブランド
楽天カードVISA/Mastercard/JCB/アメックス
楽天PINKカードVISA/Mastercard/JCB
楽天ゴールドカードVISA/Mastercard/JCB
楽天プレミアムカードVISA/Mastercard/JCB/アメックス
楽天ビジネスカードVISA
楽天ブラックカードMastercard/JCB
楽天ANAマイレージクラブカードVISA/Mastercard/JCB
楽天カードアカデミーVISA/JCB
楽天銀行カードJCB
楽天銀行デビットカードVISA/JCB

国際ブランドによって使えるお店などで若干の違いはありますが、ほとんど違いはありません。

ですので、もしもブランド選びに迷ったら全世界シェア数No1の「VISA」を選ぶことをおすすめします!