楽天カードとヤフーカードはどっちが良い??2枚持ちこそが最高の選択

この記事は、「楽天カードとヤフーカード、どちらがお得なの?」と考えている人に向けて書きました。

楽天カードとヤフーカードはスペックが似ているだけに、どっちがお得なのか気になりますよね。

結論この二つは非常に甲乙つけがたく、状況によっておすすめ度は変化します。

そのため両方とも作ることで、状況に応じて使い分けることが最も賢い選択です。

楽天カードとヤフーカードを両方作ることに大きなメリットがある

楽天カードとヤフーカードの基本スペックは以下の通りです。

楽天カードヤフーカード
入会費/年会費無料無料
ポイント還元率1.0%(通常)
3.0% (楽天市場)
1.0%(通常)
3.0%
(Yahooショッピング、LOHACO)

共通点も多いですが、両者でどっちがおすすめなのか?は甲乙つけがたいです。

結論から言うと楽天カードとヤフーカードは両方作るのがオススメです

なぜなら、2枚持ちには以下のようなメリットがあるからです。

  • 楽天カードとヤフーカードはお互いの弱点をカバーできる
  • 楽天カードとヤフーカードを2枚作ると使える場面が広がる
  • 楽天カードとヤフーカードに新規入会で合計15,000円以上もらえる

順番に見ていきましょう。

楽天カードとヤフーカードはお互いの弱点をカバーできる

楽天カードとヤフーカードを両方作ると、お互いの弱点をカバーできます。

なぜなら、楽天カードとヤフーカードがお得になる場面はそれぞれ異なっているからです。

具体的には以下の通りです。

おすすめのカード使用する場面
楽天カード
  • 少額な買い物をするとき
  • 海外旅行をするとき
  • ETCカードを利用するとき
ヤフーカード
  • 高額な買い物をするとき
  • カード非対応の税金を払うとき
  • ペイペイを利用するとき

まずは楽天カードを使うとお得な場面を確認していきましょう。

楽天カードがヤフーカードよりもお得になる場面

楽天カードを使うとお得な場面は以下の通りです。

  • 少額な買い物をするとき
  • 海外旅行をするとき
  • ETCカードを利用するとき

少額な買い物をするとき

還元率は2枚とも同じですが、少額な買い物は楽天カードの利用がお得です

というのは、楽天カードを使うとポイントをムダなく貯められるからです。

楽天カードとヤフーカードのポイントのシステムを比較してみましょう。

楽天カード:1か月のカード利用額の合計に対してポイント付与
ヤフーカード:1回の買い物ごとにポイント付与

たとえばヤフーカードで130円の買い物をした場合、端数の30円は切り捨てられてしまいます。

一方、楽天カードであれば130円が月間利用額として丸々カウントされるのでお得にポイントが貯まります。

海外旅行をするとき

海外旅行のチケットを購入する時は楽天カードがお得です。

なぜなら、楽天カードでチケットを購入すると最高2,000万円までの傷害死亡保険を受けられるからです。

一方で通常のヤフーカードには海外旅行保険はついていません。

ETCカードを利用するとき

「ETCカードを無料で利用したい」という場合も楽天カードがお得です。

というのは、「楽天プラチナ会員」になればETC年会費が無料になるからです。

「過去6か月で2,000ポイント以上」を実際の利用額に換算すると以下のようになります。

  • 楽天市場以外でお買い物(還元率1%):6か月で200,000円カード利用
  • 楽天市場でお買い物(還元率3%):6か月で約66,666円カード利用

楽天市場を1か月に約12,000円利用すればOKなので、ハードルは高くありませんね。

一方、ヤフーカードにはETCカードが無料になる制度はありません。

楽天カードよりもヤフーカードを使うとお得な場面

ヤフーカードを使うとお得な場面は以下の通りです。

  • 高額な買い物をするとき
  • カード非対応の税金を支払うとき
  • ペイペイを利用するとき

高額な買い物をするとき

高額な買い物をするときはヤフーカードの利用がお得です。

なぜなら、ヤフーカードには以下のようなショッピング保険がついているからです。

  • 購入商品の破損/盗難/火災などに対し限度額100万円まで保証
     (Yahooショッピングでの購入なら200万円まで)
  • 購入日から90日経過するまで保証

年会費無料の楽天カードにはショッピング保険はありません。

カード非対応の税金を支払うとき

ヤフーカードを利用してカード非対応の税金や公共料金を支払うとお得です。

というのは、以下のような方法で各種料金を支払えば0.5%分のポイントがもらえるからです。

ヤフーカードを使ってnanacoにチャージ
(200円につき1ポイント付与)

矢印

nanacoを使って、セブンイレブンで支払い

この方法ならカード非対応の料金でもポイントがもらえるのでお得ですよ。

なお、楽天カードからnanacoにチャージしてもポイントはつきません。

ペイペイを利用するとき

ペイペイを利用するときもヤフーカードの利用がお得です。

というのは、支払い方法にヤフーカードを選べば、ペイペイ利用額の3%が翌月返ってくるからです。

しかも20回に1回の確率で最大1,000円分のポイントが当たります。

このような特典が受けられるのはクレジットカードの中でヤフーカードのみです。

楽天カードとヤフーカードを2枚作ると使える場所が広がる

楽天カードとヤフーカードを2枚とも申し込んでおくと、使える場所が広がります。

異なる国際ブランドを選ぶと使える場所が広がる

楽天カードとヤフーカードを異なる国際ブランドで申し込んでおくと、使える場所が広がります。

というのは、国や店舗によって使える国際ブランドが異なるからです。

たとえばVISAとmasterCardの国際シェアの合計は97.2%なので、この2つのブランドのカードを作っておけば世界中どこへ行っても安心ですね。

ポイントを貯められる場所が広がる

楽天カードとヤフーカードを両方作っておけば、ポイントを貯められる場所も広がります。

というのは、それぞれのポイントを貯められるお店は異なっているからです。

貯められるお店の例
楽天ポイント
  • サークルK
  • マクドナルド
  • 大丸
  • 楽天市場
Tポイント
  • ファミリーマート
  • ドトールコーヒー
  • 蔦屋書店
  • ヤフーショッピング

2枚のカードを作っておくことで、ポイントを貯められる場所が一気に広がりますよ!

楽天カードとヤフーカードに新規入会で合計15,000円以上もらえる

楽天カードとヤフーカードに新規入会すると、以下のように合計15,000円以上のポイントがもらえるのでお得です。

  • 楽天カードは新規申し込みで最低5,000ポイントもらえる
  • ヤフーカードは新規申し込みで常時10,000ポイントもらえる

2枚とも入会費/年会費無料のカードなので、とりあえず両方申し込んでおくのがオススメですよ!

ここではそれぞれのポイントについて見ていきましょう。

楽天カードは新規申し込みで最低5,000ポイント

楽天カードでは、新規申し込みで合計5,000ポイントもらえるキャンペーンを常時行っています。

内訳は以下の通りです。

  • 入会するだけでもらえる2,000ポイント
  • 楽天カードを使って1円以上のお買い物を1回すれば3,000ポイント

時期によっては7,000〜8,000ポイントもらえる場合もあるので、それを狙うのも良いでしょう。

ヤフーカードは新規申し込みで常時10,000ポイント

一方、ヤフーカードは新規申し込みで10,000ポイントもらえるキャンペーンを常時開催しています。

内訳は以下の通りです。

  • 入会するだけでもらえる4,000ポイント
  • ヤフーカードを使ってお買い物を3回すれば6,000ポイント
    (1回につき2,000ポイント付与)

このように、無料申し込み&少額の買い物だけで合計15,000円ものポイントがもらえるのはお得ですね!

楽天カードとヤフーカードの両社はポイントをまとめて使える

楽天カードとヤフーカードのポイントは、実は1つにまとめることができます。

そのため、「ポイントが2種類に分散するのはちょっと・・・」とお考えの方も心配いりません!

具体的な手順を見ていきましょう。

Tポイントを楽天ポイントに交換する手順

Tポイントは、以下の手順で楽天ポイントに交換することができます。

  1. ヤフーショッピングで「楽天ギフトカード」をTポイントを使って購入
  2. コードがメールで送られてくる
  3. コードを【こちら】から登録して利用する

メールでコードが送られてくるため、お手軽にポイントをまとめられますよ!

ぜひ楽天カードとヤフーカードを2枚申し込もう!

楽天カードとヤフーカードにはお役立ち機能やお得なキャンペーンが満載です。

年会費無料なので、ぜひ2枚とも申し込みましょう!

順番としては楽天カードから申し込んで、次にヤフーカードを申し込む方が、審査には通過しやすくなります。

楽天カード

楽天 キャプチャ 楽天の年会費とポイント還元率 ボタン 楽天カード ポイント

【補足】楽天カードとヤフーカードを両方申し込む際の注意点

楽天カードとヤフーカードを2枚同時に申し込む際には注意点があります。

具体的には以下のような点です。

  • 2枚同時に申し込まないのがおすすめ
  • キャッシング枠は0円にするのがおすすめ

2枚同時に申し込まないのがおすすめ

楽天カードとヤフーカードは同時に申し込まないのがおすすめです。

同時に複数のカードに申し込むと「この人はお金に困っている」と判断される場合があるからです。

そのため「1枚作った後は30日ほど間隔を空ける」など、時期をずらすと審査通過率がアップします。

クレヒスが悪い人は絶対に同時に申し込まない

クレヒスが悪い人は絶対に同時に申し込まないようにしましょう。

なぜなら、クレヒスが悪い人は審査落ちの可能性がさらに高まるからです。

たとえば以下のような人です。

  • 携帯電話(本体料金)などの分割払いを延滞した経験がある
  • カードローンの返済を延滞した経験がある
  • 現在多額の借り入れがある

キャッシング枠は0円がオススメ

申し込む際、キャッシング枠は0円に設定しておくのがオススメです。

なぜなら、キャッシングに申し込まない方が、審査通過率がアップするからです。

どうしても必要な人は、「キャッシング枠の合計が年収の3分の1以下」になるよう申し込みましょう。

CTA

クレカ大バナー

ローン大バナー