楽天カードのメリットは4つ!みんなが絶対に申し込むべき理由

この記事は、楽天カードのメリットを知りたい人向けに書きました。

「楽天カードのメリットって何?」
「楽天カードのメリットを知って、自分に合ったカードなのか判断したい!」

楽天カードについて検討している段階の方の中には、こうした疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

結論、楽天カードは総合力の高さが魅力的なカードです。

記事では、具体的なメリットを挙げながら詳しく解説していきます。

楽天カードはみんなにおすすめできるカード!

楽天カードはみんなにおすすめできるカードです。

それは、次の5つのメリットがあるからです

  • 年会費が永久無料!
  • ポイントが貯めやすい!
  • ポイントが使いやすい!
  • 無料で海外旅行保険までついてくる!
  • 他のカードと併用する場合も相性がいい!

1つずつ詳しくみていきましょう。

楽天カードのメリット① 年会費が永久無料!

楽天カードは年会費永久無料です!!

また、楽天カードはカードの発行にかかる費用も一切ありません

無料でカードが手に入り、その後もタダで使い続けられる点は楽天カードの大きな魅力です。

楽天カードのメリット② ポイントが貯めやすい!

楽天カードはポイントを貯めやすいカードです。

その理由は以下の2つです。

  • 楽天カードはポイント還元率が高い
  • クレジットカード決済以外の支払い方法でもポイントが貯まる

楽天カードはポイント還元率が高い

通常決済でポイント還元率1%はすごい!

楽天カードで決済をすると、支払い額の1%分のポイントが還元されます。

年会費無料永年無料のクレジットカード180枚を調べた所、通常のクレジットカード決済での還元率が1%以上のカードは27枚。

割合にしてたったの15%です!

楽天市場のポイント還元率は3%でさらに高還元!

さらに、楽天市場でクレジットカードを使って買い物をすると、ポイント還元率が3%に上がります

ポイント還元率3%の内訳

楽天カード利用ポイント(1%)

楽天市場利用ポイント(1%)

楽天カードご利用特典ポイント(1%)

楽天市場でよく買い物をする人は、楽天カードを絶対持っておいたほうがいいです(笑)

楽天カードはクレジットカード決済以外の支払い方法でもポイントが貯まることがメリット

現金払いの場合でも、加盟店で楽天カードを提示することでポイントが貯まる!

楽天ポイントの加盟店で、現金払いで買い物をした場合もポイントが貯まります。

還元率はクレジットカードの場合と変わらず1%です。

楽天カードで、現金決済でもポイントをためることのできる加盟店の一例です。

  • マクドナルド
  • ミスタードーナッツ
  • くら寿司
  • リンガーハット
  • 大戸屋
  • すき家
  • デイリーヤマザキ
  • ツルハ
  • サンドラック
  • ビックカメラ
  • てもみん
  • 出光
  • コスモ石油
    などなど

街の店舗で現金払いをすることが多い人には嬉しい仕組みですね。

楽天カードは電子マネー(楽天Edy)の利用でポイントが貯まる!

楽天ブランドの電子マネーである楽天Edy

楽天カードと楽天Edyを紐付けることで、楽天Edyで支払いをした場合も実質1%の還元率を実現できます。

実際には図のように、楽天カードから楽天Edyにチャージで0.5%、さらにEdyを使って買い物をすると支払額の0.5%が還元されます。

楽天カードのメリット③ ポイントが使いやすい!

楽天カードを使うことで貯まる楽天スーパーポイントは使いやすいことが大きなメリットです。

その理由は3つあります。

  • 自分の好きなものに交換できる
  • 1ポイント単位でムダなく効率的に使える
  • 楽天Edyにチャージすることで電子マネーとしても使うことができる

楽天ポイントスーパーポイントは自分の好きなものに交換できる

楽天ポイントは、楽天スーパーポイントに交換でき、楽天市場や楽天ポイント加盟店で使うことができます。

楽天スーパーポイントを使用できる楽天市場は商品の品揃えが充実しているので、楽天ポイントを自分の好きなものに交換することが可能です。

楽天スーパーポイントは1ポイント単位でムダなく効率的に使える

楽天スーパーポイントは楽天市場や街の加盟店でポイントを1ポイント(=1円)単位で使うことが可能です。

そのため、せっかく貯めたポイントをムダなく使い切ることができます。

楽天Edyにチャージすることで電子マネーとしても使うことができる

楽天スーパーポイントは、楽天Edyにチャージすることが可能です。

楽天ポイントを楽天Edyにチャージすることで、電子マネー決済を導入している多くの店舗で利用することができます。

普段ネットであまり買い物をしない人も、楽天カードと楽天Edyと併用することで、ポイントの使いみちが広がります。

楽天カードのメリット④ 無料で海外旅行保険までついてくる!

楽天カードは年会費が無料であるにもかかわらず、追加費用なしで海外旅行保険までついてきます

また、その保証内容は年会費が有料のクレジットカードと比較しても、遜色ないほど充実したものです。

楽天カードと三井住友VISAカード(年会費1500円)を比較した結果がこちらです。

REX CARD三井住友VISAクラシック
傷害死亡・後遺障害
(最高額)
2000万円2000万円
傷害治療費用
(1事故の限度額)
200万円50万円
疾病治療費用
(1事故の限度額)
200万円50万円
賠償責任
(1事故の限度額)
2000万円2000万円
携行品補償
(年間限度額)
20万円15万円
救援者費用
(1年間の限度額)
200万円100万円

楽天カードの海外旅行保険は、年会費有料の三井住友VISAクラシックよりもむしろ充実していることがわかります。

無料でここまでの補償がある点は心強いですね。

楽天カードのメリット⑤ 慣れてきたら他のカードとの併用も◎

楽天カードは他のカードと併用する場合の相性もバツグンです!

楽天カードはバランス力に優れたカードであることが特徴的です。

バランスのとれた楽天カードと、特化型の他のカードを組み合わせることで、自分にあった使い方が可能になります。

例① 楽天カード+オリコ・ザ・ポイント=ネットショッピングの強い味方!

ネットショッピングの利用が多い人には、楽天カードとオリコカードの組み合わせがおすすめです。

なぜなら、2つを組み合わせることで、アマゾン・楽天市場・ヤフーショッピング全てでポイント還元率3倍を実現できるからです。

また、オリコ・ザ・ポイントを使うことで貯まるオリコポイントは、楽天スーパーポイントに交換することが可能です。

そのため、それぞれのモールで獲得したポイントをまとめて管理できてたいへん便利です。

例② 楽天カード+セゾンブルーで旅行への補償強化!

旅行が好きな人におすすめする組み合わせは、楽天カードとセゾンブルーの組み合わせです。

高還元率の楽天カードで、航空券や宿を手配し、ポイントの大量キャッシュバックを狙います。

旅行先には楽天カードとセゾンブルーを持っていくことで、海外旅行保険の補償額の充実を図ります。

また、セゾンブルーには国内の旅行保険もついてくるため、この組み合わせは国内旅行が多い人にもおすすめです。

セゾンブルーについて詳しく知りたい人は「セゾンブルーを学生が作るべき7つの理由。年会費無料で充実した保険」も参考にしてみてください。

楽天カードは年会費永年無料!とりあえず持っておくにはコスパ最強のカード

年会費が永久無料で、パフォーマンスの質とバランスに優れている楽天カードは、全員におすすめできるカードです。

また、申込み完了までの所要時間が10分程度である手軽さも魅力です。

お財布にとりあえず入れておくクレジットカードとして申し込んでみてはどうでしょうか。

楽天 キャプチャ 楽天の年会費とポイント還元率 ボタン 楽天カード ポイント

CTA

クレカ大バナー

ローン大バナー