読むだけでお得に!キャッシングの利用方法

キャッシング 利用方法

急に出費がかさんでしまったとき、すぐに利用できるクレジットカードでのキャッシングは頼りになりますよね。

ただ、いざ使おうと思っても「どうやってお金を借りるの?」「本当に使っちゃって大丈夫?」と不安になる人がほとんどだと思います。

今回は、クレジットカードでキャッシングをする方法と、どんなときに利用するべきなのか解説していきたいと思います。

カードローンのことも合わせて紹介しますので

「キャッシングとカードローンはなにが違うの?」
「どっちを利用するべき?」

と迷っている人にもおすすめの内容となっています!

目次
0.クレジットカードのキャッシングとは?
1.キャッシングの利用方法
1-1.借入方法
1-2.返済方法
2.キャッシングのメリット・デメリット
2-1.キャッシングのメリット
2-2.キャッシングのデメリット
3.キャッシングとカードローンは何が違う?
4.キャッシングとカードローンで迷ったら?決めるポイント
4-1.キャッシングに向いている人
4-2.カードローンに向いている人
5.お得な利用方法
5-1.キャッシングのお得な利用方法
5-2.カードローンのお得な利用方法
6.おすすめのカードローン
6-1.プロミス
6-2.モビット
6-3.みずほ銀行カードローン
7.まとめ

0.クレジットカードのキャッシングとは?

クレジットカードのキャッシング機能でお金を借りることを言います。

カードローンと違い、クレジットカードにキャッシング機能が付いていれば、借入前の審査は必要なく、すぐに利用することができます(キャッシング機能が付いていない場合は別途審査が必要です)。

クレジットカードには、ショッピング枠キャッシング枠というものがあり、キャッシングはこのキャッシング枠の範囲で借りることができます。

普段、買い物や飲食店を利用した際の支払いなどで使用しているのは、ショッピング枠になります。

ショッピング枠 キャッシング枠
キャッシング枠を利用するとショッピング枠を圧迫する

少し難しい仕組みになりので、「ショッピング枠とキャッシング枠、合わせてクレジットカードの限度額分利用できる」という認識だけあれば問題ありません。

詳しく解説すると、クレジットカードの限度額は、イコールでショッピング枠になります。

たとえば、「クレジットカードの限度額が50万円」というのは「ショッピング枠が50万円」ということなので、買い物の支払いなどで50万円まで利用できるということになります。

キャッシング枠はショッピング枠の中にあるものなので、キャッシングを利用するとそれだけショッピング枠を圧迫することになります。

限度額50万円 キャッシング枠

1.キャッシングの利用方法

借入方法はATM口座振込の2パターン、返済方法は一括返済リボ払いの2パターンがあります。

キャッシングの利用方法

1-1.借入方法

基本的にATM口座振込で借りることができます。

利用しているクレジットカードによって多少手順が違ってきますが、ここでは一般的な手順を紹介します。

ATMは、自社ATM、コンビニ・金融機関の提携しているATMから、普段お金を引き出すのと同じように借りることができます

借入方法

口座振込の場合は、インターネットや電話から申し込みを行うと直接銀行口座に振り込んでもらうことができます

借入方法 口座振込

1-2.返済方法

キャッシングの場合、基本的に一括返済が主ですが、現在ではリボ払いを利用できるものも増えています。

どちらも、各クレジットカード会社が指定した日に、ショッピング利用分(クレジットカードで買い物や料金の支払いをした分)と合算して口座から引き落とされる仕組みになっています。

一括返済は翌月一回で全額を返済、リボ払いは毎月定額で分割返済していく方法になります。

5万円 キャッシング 返済イメージ

一括返済は返済時の負担は大きいですが利息を抑えやすく、リボ払いは返済時の負担は軽いですが完済までに時間がかかる分利息もかかりやすくなります

一括返済 リボ払い 比較

2.キャッシングのメリット・デメリット

キャッシングを利用する上でのメリット・デメリットを解説していきます。

2-1.キャッシングのメリット

キャッシングのメリット

クレジットカードの契約時にキャッシング機能を付けていれば、必要なときにすぐ引き出すことができます

また、自社ATMのほかに、コンビニや金融機関の提携しているATMを利用することができるため、どこでも利用可能となっています。

キャッシングの大きな特徴の一つとして、海外でも利用できる海外キャッシングというサービスがあります。

海外旅行などで両替所を利用するよりもお得に現地通貨が手に入れやすく、また、現地でも提携しているATMがあればどこでも利用でき大変便利です。

2-2.キャッシングのデメリット

キャッシングのデメリット

キャッシングは金利が高めに設定されていることが多く、またプロミスやアコムといった大手消費者金融のカードローンのように無利息サービスもないため、利息が高くなりやすくなっています

また、キャッシングもローンであるため、あまりにも多用してしまうと新たなローンを組めなくなる可能性もあります。

そしてキャッシング機能を付ける上での注意点として、「キャッシング枠の不正利用は補償されない可能性が高い」という点があります。

クレジットカード会社各社のホームページを見ると、ほとんどの会社は「暗証番号を使用するサービスの不正利用は補償対象外です」といった記述があります。

キャッシングは暗証番号を使用しますので、キャッシング枠で不正に引き出された金額であっても、クレジットカードの名義人に支払いの義務が生じてしまうのです。

3.キャッシングとカードローンは何が違う?

キャッシングはクレジットカードカードローンは銀行や消費者金融で契約して借りるものです。

キャッシング カードローン 比較

キャッシングは一括返済での利用が主流のため、金利が高めに設定されており、金利が低めの銀行や無利息サービスなどを利用できる消費者金融のカードローンに比べ、長期利用は向いていません

また、カードローンよりも限度額が低いため、少額での利用が前提となります。

融資スピードについては、キャッシング機能が付いている場合はカードローンよりもはやく借りることができますが、付いていない場合は別途審査を受けることになりますので、カードローンよりも借入までに時間がかかりやすくなります。

4.キャッシングとカードローンで迷ったら?決めるポイント

キャッシングとカードローンそれぞれの利用に向いているポイントを確認してみましょう。

4-1.キャッシングに向いている人

キャッシングに向いている人

カードローンは、利用するまでに申込から契約まで手続きが必要となりますが、キャッシングはクレジットカードが手元にあればすぐに借りることができます。

そのため、「いますぐにお金が必要」「手続きが面倒…」という人はキャッシングの方が向いています。

ただし、金利が高め・無利息サービスなどがない、という点がありますので、できれば一括返済できる額だけ利用するのがよいでしょう。

また、海外キャッシングは為替レートがお得になりやすいため、海外旅行などの際に「お得に現地通貨がほしい」というときにも便利です。

4-2.カードローンに向いている人

カードローンに向いている人

総量規制の対象となる消費者金融では、借入金額を年収の1/3までに制限されます。

総量規制

そのため、年収の1/3以上の金額を借りたい場合は銀行のカードローンを利用する必要があります。

審査基準についてですが、大手消費者金融では安定した収入があればパート・アルバイトでも審査対象となるため、自分の属性に自信がない人は消費者金融の方が融資してもらえる可能性が高くなります。

長期的な利用の場合は金利の低い銀行カードローン、短期的な利用の場合は無利息サービスなどがある消費者金融カードローンが向いています。

借入までの時間ですが、銀行カードローンの場合1日~2日ほどはかかる傾向にあるため、急いでいる場合は即日融資可能な消費者金融カードローンを利用しましょう。

5.お得な利用方法

キャッシングとカードローンのお得な利用方法を紹介します。

5-1.キャッシングのお得な利用方法

キャッシングの場合、借入方法や利用中ではなく、返済方法を少し工夫することで節約しやすくなります

キャッシングのお得な利用方法

利息は日ごとにかかってしまうため、はやめに完済すればそれだけ利息を抑えられます。

たとえば、金利18.0%20万円を借り入れた場合の一括返済月1万円ずつの返済では、約13倍も利息に差が出ます。

金利18.0% 20万円 一括返済 月1万円ずつの返済

どうしてもリボ払いで返済する必要があるときは、繰り上げ返済を利用し、なるべくはやく完済することで利息を抑えることができます。

ただし、繰り上げ返済をすると、約定返済日(もともとの返済日)にも引き落としが行われるため、お金に余裕があるときだけ行いましょう。

5-2.カードローンのお得な利用方法

カードローンのお得な利用方法

カードローンを初めて契約する際は、基本的に最大金利が適用されるため、最大金利の低いカードローンを選ぶとお得になりやすくなります

カードローン 金利表※金利は変動する可能性があります。

消費者金融ではプロミス、銀行ではみずほ銀行カードローンが低金利となっています。

また、消費者金融は金利が高めですが、30日間無利息サービスポイントサービスを実施しており、これららを利用することで利息を抑えることができます。

消費者金融 銀行 サービス比較

表の通り、プロミスではどちらのサービスも実施しています。

キャッシングと同様に、利息は日ごとにかかってくるため、毎回の返済額を多くしたり、お金に余裕があるときは追加入金を行い、なるべくはやめに完済しましょう。

6.おすすめのカードローン

消費者金融ではプロミスモビット、銀行カードローンではみずほ銀行カードローンがオススメです。

プロミス 

プロミス 新キャプチャ

ボタン

詳細

プロミスは、他社が提供しているほぼすべてのサービスを提供しており、最短即日でお金を借りることができ、お金を借りてから30日間の無利息サービスを受けることができます。

特に、プロミスオリジナルのサービスとして人気を集めているのが、女性オペレーター専用のダイアルであり、女性はもちろん男性でも疑問点や契約について女性オペレーターに確認することができます。

また、審査対象も広く安定した収入さえあれば正社員でなくても審査対象になるため、パートをしている主婦、アルバイトの学生でも審査に通る可能性があります。

しかも、最大金利が17.8%と他の消費者金融より低くなっているので、少しでもお得にお金を借りたいという人にも人気です。

SMBCモビット

SMBCモビット

モビット 限度額

ボタン

モビット ニュー3つのポイント

詳細

モビットは他のカードローンにはない、次の2つの特徴的なサービスが魅力です。

  • WEB完結で電話連絡なし
  • スマホでATMからお金を引き出す

モビットはWEB完結を利用することで、勤務先への電話連絡をなくすことができます。
※在籍確認は書類で行われます。

WEB完結では、書類も電子化できるので郵送物やローンカードを使わず、口座だけでお金の借入・返済を行えます。

モビットのアプリである「My モビ」を利用すれば、セブン銀行ATMからお金の借入・返済を行うことができます。

この方法を使えば、口座に情報が残る事もなく、ローンカードすら持たずにモビットを利用する事ができます。 

しかも、この方法であれば、銀行の営業時間や無人契約機を気にする必要がないので、モビットの審査対応時間である22時までに審査が完了すれば、その日のうちにいつでもお金を借りることができます。

これは全カードローンの即日融資サービスを踏まえても、最も優れたものと言えます。 

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローン

ボタン

年会費 -min

詳細

多額のお金や繰り返し利用するのであれば、やはり大手銀行のカードローンがおすすめです。

消費者金融カードローンは、初めて利用する方にはおすすめですが、複数回利用するのであれば金利の低い銀行のカードローンが最もお得になります。

例えば、無大手消費者金融でよくある金利18%で10万円借りた場合の年間の利息は1万8千円ですが、みずほ銀行の場合は1万4千円と4千円もお得になります。
※この利息は簡易的なものになります。毎月の返済額によって実際に支払う利息は異なります。

7.まとめ

キャッシングの不正利用は、起こってしまってからでは手遅れになる可能性が高いです。

日ごろからクレジットカードの管理には気を付け、不正利用の防止方法を確認しておきましょう。

不正利用の防止方法

クレジットカードにキャッシング枠を付けないのが一番安全ですが、キャッシングを利用する上ではそうはいきません。

暗証番号は身内であっても絶対に教えず、また一定期間ごとに変更するようにしましょう。

クレカ大バナー

キャッシング 利用方法