即日融資OKで在籍確認なしの会社って?危険性と注意点を解説

「今すぐお金が必要、この際カードローンを利用したいけれど、ややこしそうな本人確認はできれば避けたい」

在籍確認なしで即日融資はできるか?

結論から申しますと、合法的な金融業者であれば何らかの形で確実に本人確認は実地します

金融業者にとっては、債務者の返済能力を見極める避けられないプロセスです。

この記事では、急ぎで融資を受けたい場合に有効な方法や、陥りがちな注意点などについてくわしく解説していきます。

在籍確認なしで即日融資の会社はある

たしかに、在籍確認なし&即日融資を標榜する金融業者も見かけます。

しかし、容易な融資には深刻な危険が伴います

つまり「ヤミ金」であったり、限りなくグレーゾーンに近い街金などです。

甘い審査、在籍確認なし、こんなキャッシングは危険

急ぎの借り入れについて、WEBで調べていると・・・

  • ブラック融資OK
  • 親切&丁寧対応、在籍確認なし
  • 個人信用対象外

などと書いた金融業のページに出会うことがあるかと思います。

これらのページは、固定電話の番号も掲載され、サイトデザインもおしゃれであり、一見すると良心的な業者のようです。

しかし、金利をみると法外な金額であり、サイト名に堂々と闇金を標榜していることもあります。

これらは、近年登場した「ソフト闇金」などとよばれる違法業者です。

一般的に、闇金という場合トイチ、トゴといった法外な利息の請求と恐喝など違法な取り立てを行う業者のことです。

ヤミ金などの悪徳業者についてもっと「審査なしで即日お金が借りられる!?悪徳業者の罠にご注意!」で詳しく解説しています。

ではソフト闇金とは、どのような立ち位置の業者なのかを具体的に解説したいと思います。

ソフト闇金の特徴

①堂々と、明確な基準で違法貸付している

「ソフト闇金XXでは、新規の方でも2週間30%という長い周期と安い利息でご融資可能です。御融資限度金額はXX円、自営業、水商売、ブラックの方など他社で断られたかたにも最速で融資いたします。お気軽にお申し込みください」

これは、実際のソフト闇金のサイトを基にした典型的な掲載文です。

ちなみに、一般的な闇金業者の名前を検索しても、これらの業者はヒットしないようになっています。

このような業者は、闇金であることを堂々と標榜することが多いのが特徴です。

明確な基準を設け、法外な金利を請求するのも特徴といえます。

無店舗であることが多く、インターネットやFAXを使い取引します。

また、返済期間が2週間程度とごく短く設定されていて、1回あたりの貸し付け額は小口なのも特徴です(業者によっては、在籍確認を設けていたり、無職お断り、といった制限があったりします)

②心理に漬け込む巧妙な手口

ソフト闇金は、債務者に対してとても親切に接してくる特徴があります。

中には、就職先を紹介するなど、通常の金融業者では考えられない対応をする業者もあります。

債務者を信頼させることで、警察や弁護士への駆け込みを未然に防いでいるのです。

さらに、これらの業者は信頼関係を利用した巧妙な手口も使います。債務者を徹底的に信頼させ、お金に困っている知人や友人を紹介させます。

紹介された人も「知り合いが紹介してくれたし、とても良心的な業者ということだし」と安心します。

そうして、抵抗感なく借り入れを行い、別の知人に紹介のチェーンを広げてゆくのです。

悪質業者は、高い利息の返済が困難であると知っています

そして、債務者が返済困難に陥ってくると、知り合いの間で連帯責任を負わせるようにします。債務者が業者に返済困難を相談すると「元金の返済が困難なら、うちから借りている友人どうしで助け合いなさい」と持ちかけてきます。

債務者は友人や知人に迷惑をかけたくない思いから、高い利息を払い続けるスパイラルに陥ってしまうのです

③ソフト闇金は逮捕されにくい

しかし、なぜここまで悪質な業者が公然と利用者を集められるのでしょうか。

通常、貸金業を営むためには、都道府県による営業許可が必要です

そのためには、貸金業法を遵守した営業が求められます。

ソフト闇金は、闇金というくらいなので未登録営業です。

ここがトリックとなっていて、彼らは「あくまで未登録の個人がお金を貸していますよ」という立場をとります。

個人間のやりとり、とすると未登録でも営業できてしまうのです。

また、個人の貸し借りにおいては、基本的に金利の規制がありません。ゆえに、暴利で貸付することができます。

さらに、個人間が了承した取引に警察は「民事不介入」という立場をとります。そのため、刑事告訴されにくいのです。

このような事情もあり、グーグルやヤフーなど検索サイトも堂々と対応策を講じられていないのが現状です。

法の網をくぐりぬけた業者を利用する、ということは法にすら守ってもらえなくなることを意味します。

借り入れに気が急くあまり、こういったソフト闇金に接触するのは基本的に厳禁といえます。

即日融資で注意すべき点

ここまでは、ソフト闇金の危険性について見てきました。

しかし、一般の金融業者から即日融資を受けようとする場合でも、気をつけるべき点はいくつかありますので、紹介したいと思います。

①借りている意識を忘れがち

即日融資を受けると、大金がすぐ手元にくるため気が緩んでしまうことがあります。

お金を借りている自覚がなくなることで、滞納などにつながる危険性があります。

事前に返済計画を作るなどして備えることは即日融資において、特に大事です。

また、カードローンの場合限度額までは何度も再融資が受けられます。特に初めて利用する時、便利さゆえに味をしめ借り過ぎてしまう危険があります。

カードローンは大変便利なものですが、借金があるという自覚だけは常に持つようにしましょう。

②即日融資のカードローンは金利が高め

気軽に借り入れしたばかりに、返済不能(貸し倒れとも言います)に陥る人がいます。

業者は即日融資が返済不能になりやすいことを知っています。貸し倒れのリスクを軽減するため、通常の融資より高めに金利を設定しているのです。

利用者も、金利が高い分より多くの利息を返済しなくてはならないリスクがあります。

まず、借金をする自覚を持ち正しい知識を身に着けましょう。悪徳業社に貶められたり、借り過ぎで身を滅ぼすことはなくなります。

デメリットを知った上での、計画的な借り入れ実行がポイントです。

一般的な金融でもスピーディーにキャッシングできる

ここまで、即日融資に潜む危険についてふれてきました。

では、安全に素早い融資を受けるためには、どうすればよいでしょうか。この項で、いくつかポイントを紹介したいと思います。

①即日融資と即日審査の違いを知っておく

即日融資と即日審査、似た言葉ですが意味は異なります。

「即日融資」は文字通り即日入金を意味します。しかし、「即日審査」だとお金の振込は後日になる可能性があるということです。

言葉の意味を間違えてお金を借りると、融資までの時間が驚くほど変わってしまうことがあるので、注意しましょう。

また、たとえ即日融資ができるとなっていても、必ずその日にお金が借りられるとは限りません

「即日融資」とはあくまで最短で審査が終わり融資完了となるまでの目安なのです。

審査が長引いてしまうなどの理由で、翌日以降の融資になってしまう可能性もあります。

ただ、即日融資を売りにしている会社のほうがより早く対応してくれると考えて良いでしょう。

②事前準備で時間短縮

近年は、IT技術の発展で審査などにかかる時間がかなり短縮されています。

そのため、一般的な消費者金融の融資も、かなりスピーディになっています

しかし、場合によっては審査に数日かかることもあります。そのため、事前にカードローンの申し込みだけをしておくと、いざ借り入れとなったときにより短時間で借りることができます

また、借り入れには

  • 免許証など身分証明書
  • 収入証明書(源泉徴収票など)
  • 確定申告所のコピー(個人事業主の場合)

など必要な書類があります。自分に必要な書類を漏れなく準備しておくと良いでしょう。

③WEBで申し込む

WEBで申し込むことで、無人契約機や店舗に出向く時間が省略できます。

特別な理由がない限り、WEBで申し込むと良いでしょう。

④契約にもポイントあり

WEB申し込み後、審査に進んだら契約となります。

ここでも、WEB契約と店舗での契約を選べます。手続きをネットのみで完結できるという利点を考えると、契約までWEBで完了が良いと言えます。

しかし、WEBで当日振込み融資を受けるには、平日14時までにWEB契約を完了しなくてはなりません。

もし、平日14時までにWEB契約できない場合、無人契約機に行って即日融資を契約します。無人契約機にはATMがありますので、すぐにお金を引き出すことができます。

⑤その他のコツ

また、最初にお金を借りる時の限度額は10万円から50万円の範囲であることが多いです。

もし、これ以上の借り入れをしたい場合、一旦少額を借り入れ、そのまま返済するという方法があります。

業者からの信頼が高くなるので、借り入れ金額が増やせるのです

フリーローンの審査について

フリーローンは、主に銀行が扱っている個人を対象とした融資サービスのことです。

フリーローンはカードローンとどこが違うのでしょうか。見て行くことにしましょう。

①システムの違い

フリーローンの一番の特徴は、何度も借入をできないことです。

改めて借入するときは、再度申し込みが必要であり。必要書類の再提出が必要な場合もあります。

また、公表はされていませんが一般に消費者金融よりもフリーローンのほうが審査基準が厳しいと言われています。

カードローンの場合、上限額までなんども借りることができるのに対し、フリーローンは一度に借りて月々返済してゆきます。

②金利の違い

一般的に、フリーローンのほうがカードローンよりも金利が低い傾向があります。

ただし、カードローンの金利を年1.8%から14.6%、フリーローンの金利を年5.475%(変動金利)としている三菱UFJのような例もあります。各銀行のホームページで金利を比較しておきましょう。

利用目的が明確でまとまったお金が必要な場合、フリーローンが便利といえます。

ブラックリストとは

「ネットで記事を読んだり、準備万全でいざ申し込んだのに、融資の審査に連続して落ちてしまう。もしかしてブラックリストに入っている?」過去に借り入れがあった方には、そんな体験をされた方もいるかもしれません。

債務の返済が滞った、破産が生じたなど金融事故を起こした顧客は、各金融機関が共有し合っている個人信用情報に登録されます。この信用情報一覧がブラックリストです。

このリストに掲載されると、キャッシングや新規クレジットカードの発行ができなくなります。また、各種ローンの利用も制限されます。

ブラックリストに載ったとしても、一生制限が続くわけではありません。

管理する会社にもよりますが、制限は理由となった金融事故の解消から5~10年程度となります

個人信用情報機関で管理する情報は、自分の情報であれば1,000円程度の手数料を支払うと確認できます。

過去に延滞などの心当たりがある場合、現在の自分の状況を知るため開示請求してみると良いでしょう。

ブラックリストに登録されると、保管機関はどうしても情報が消せません。

また、改正貸金業法によって借り逃げ状態の債務者については保管期間を撤廃することになっています。そういったケースでは、債務整理がおすすめです。

在籍確認は信頼の証となる

冒頭で、合法的な金融業者は必ず在籍確認、または本人確認を行うということにふれました。

では、実際の在籍確認はどのように行われるのでしょうか。

金融業者は会社や身内に知られたくない、という顧客の不安を理解しています。

そのため、在籍確認はプライバシーを遵守して行われます。

業者は、本人以外に社名は出しません。あくまで個人あての電話として「ooさんはいらっしゃいますか?」という体裁でかかってきます。

人違いを防ぐため、必ずフルネームでの確認です。

このとき、本人がいなくても同僚の方などが不在さえ伝えてくれれば、在籍確認完了となります。時間にして10秒から30秒ほどで確認は終わるのです。

通常、仮審査から30分ほどで在籍確認が行われます。

ですが、自分の会話をどうしても会社に聞かれたくない場合、業者に自分の休日を告げましょう。不在日にあわせて在籍確認してくれます。

また「アイフル」などは、勤め先が休みの土日の融資は書類のみで在籍確認の代わりにしてくれます。

それでも、不安があるという方にはWEBのみで身分証明書などのやりとりをして本人確認できる「SMBCモビット」のような業者も存在します。

会社に勤めている方であれば、会社名が入った社保証、給与明細などを持っていると思います。

それらの提出で在籍確認ができるというわけです。企業に勤められているかたにおすすめの方法といえます。

正直、WEB完結もなく在籍確認が省略できると標榜する業者はおすすめできません。

在籍確認は、相手に「自分は信頼できるものです」と表明することですので、無用なトラブルを避けるためにも在籍確認をしてくる業者を選ぶべきでしょう。

派遣社員でも即日融資可能

正社員と比べて、審査に通りづらそうなイメージがある派遣社員ですが、問題なく即日融資の対象です。

申し込み条件には「20歳以上の安定収入のある方」と記載されており、カードローンに雇用形態に関する規定はないのです

安定した収入があれば非正規雇用者でも審査に通過できるのです。

実践的な審査対策

ここでは、即日審査を通過するためのより具体的なポイントを見てゆきましょう。審査通過率を上げるため、いろいろな対策を知っていると有利になります。

①短期間に複数のキャッシングに申し込まない

一ヶ月以内などに、複数の業者に融資を受けようとすると審査に落ちやすくなります

例えば、A社を利用する予定なら、B社からの借り入れは考えないほうが得策です。

②希望借入額は少なめに

希望借入額が10万円を超えるようだと、審査が厳しくなり時間もかかってきてしまいます。

場合によっては収入証明証の提出を求められることもあります。それでは、余計な手間がかかってしまいますので、借入額はなるべく少なくしましょう

③申込書は嘘偽りなく作成する

審査に有利になるようにと、申込書に嘘を記入する方がいます。

しかし、申し込み情報に嘘が発覚した時点で審査に落ちてしまいます

また、会社の電話番号を間違えて記載したことが虚偽申告とみなされ、審査落ちした事例もあります。

自分の勤め先の記載など間違えないよう、提出書類と同じ内容で正確に記入しましょう。

④提出書類は不備なく提出する

提出書類に不備があると、再提出を求められ即日審査結果を受けとれなくなります。

必要な書類については、抜けのないようしっかりと確認しておきましょう。

⑤審査の甘い業者に申し込む

これは、実際に申し込んだ人の口コミ、株主向けに公開されている審査通過率などをネットで見て審査に通りやすい業者を選ぶという方法です。

アコム、アイフル、プロミスなど一部の大手消費者金融は、月々の成約率として審査通過率を公開しています。

そもそも申し込むカードローンの審査が甘い場合、審査に通過しやすいのです。

また、アコム、プロミスなどの大手ではなく、街金と呼ばれるような中小消費者金融の審査は審査が甘いと言われます。

大手消費者金融は、銀行が母体となっているため、審査基準がより厳しいのです。
事前に情報収集して、有利に、迅速に審査を進めましょう

⑥審査を早く終わらせたければ、電話してみる

電話で直接急ぎであることを伝えると、審査を早めてもらえることがあります

ネットで申し込みをした後、電話をかける流れでも大丈夫です。

⑦公式サイトの診断機能も活用してみる

金融会社には、公式サイト上に借入診断を設けている会社があります。

これは、必要事項を入力するだけで借入可能かが即表示されます。借入に不安がある場合など活用してみましょう。

即日融資対応の各社を比較!

すべての消費者金融が最短即日融資を行っているわけではありません

例えば、「オリックスVIPローンカード」の場合、申し込み後ローンカードを受け取ってからの利用となります。

2018年現在、最短即日融資が可能な大手消費者金融のカードローンは、以下になります。

  • アコム
  • プロミス
  • アイフル
  • SMBCモビット
  • レイクALSA

では、各カードローンの特徴をみてゆきましょう。

アコム

アコム キャプチャ ボタン
  • 30日間は金利0円
  • 手続きWEB完結対応
  • ネット、ATMで24時間借入可能
  • 公式サイトで3秒診断実施
  • 採用が決まり、出勤日が決まった時点で申し込み可能

アコムは、審査が最短30分で完了する点、WEBで契約が完結する点などに特徴があります。また、24時間営業なので借りたいと思った時に申し込みできます。審査や在籍確認は、なるべく避けたいという方にはメリットのあるカードローンといえるでしょう。

プロミス

プロミス 新キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン
  • 基本的に在籍確認の電話あり
  • 30日間無利息サービスあり
  • カードレスで手続きWEB完結
  • 借入可能か3秒診断あり
  • 採用が決まり、出勤日が決まった時点で申し込み可能

プロミスならではのメリットとして、自社の無人契約機に加えて全国におよそ720台ある三井住友銀行のローン契約機(ACM)も利用できる点があります。

また、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座があると受付完了から10秒程度で瞬時に振込みしてくれる「瞬フリ」というサービスもあります。

アイフル

アイフル キャプチャ ボタン
  • カードレスで手続きWEB完結
  • 返済期日を選択できる
  • 契約日翌日から30日間無利息
  • 書類のみでの在籍確認に対応している
  • 急ぎ融資、女性のための専用ダイヤルあり
  • 家族にバレずにカードの受け取り可能
  • 融資の可否を1秒でシミュレート
  • 初出勤の翌日から申し込み可能

アイフルには、返済期日が2種類用意されています

毎月決まった日に返済する約定日制と、返済日の翌日から35日後が次回返済日となるサイクル制から選べるようになっています。

急ぎの融資、女性専用ダイヤルもあり、安心して融資の相談ができます。

また、指定日にカードを受け取れる「配達えらべーる」というシステムがあります。

加えて、カードがなくてもWEB手続きができる「カードレス契約」のサービスなどもあります。

これらを併用できますので、身内にばれずにすばやくお金を用意したいという方におすすめできます。

会社名: SMBCモビット

SMBCモビット モビット 限度額 ボタン
  • 10秒簡易審査
  • 申し込みから契約まで完全WEB完結
  • 無利息期間はなし
  • 金利は高め(上限18.0%)
  • 一ヶ月目の給料をもらった時点で申し込み可能

モビットの特徴は、10秒簡易審査にあります。

これは、他者の審査スピードに比べ圧倒的に優秀です。

ただし、30日間無利息のようなサービスはなく、金利も業界全体でみると低くはありません。

融資スピードを重視する場合、選択肢のひとつに入るといえます。

レイクALSA

レイク キャプチャ レイク 金利 ボタン
  • 融資スピード:最短即日
  • 手続きカードレスWEB完結対応
  • 融資のスピードは早い
  • アルバイトをはじめたばかりでも申し込み可能
  • 30日間無利息
  • 5万円までは180日間無利息で借りられる
  • 基本的に電話での在籍確認あり
  • 金利は銀行系カードローンでは1番高い
  • 採用され、一日でも出勤すれば申し込み可能

レイクALSAは2018年4月に誕生した新しいカードローンです。

最短で10分ほどで仮審査の連絡がくることもあるなど、スピード対応に強みがあります。

また、他社にはない「5万円までの融資は180日無利息」など、少額かつ急ぎで融資を受けたい方に便利なサービスが特徴です。

ここまで、主なカードローンの金利や特色を見てきました。「金利30日間無料」など、各社に共通するサービスもあれば、レイクALSAの「180日間無利息」など独自のサービスを用意している会社もあります。

どれが良いというものではありませんので、ご自身の状況にあった最適なサービスを提供する会社を選ぶと良いでしょう。

まとめ

今回は、急ぎの融資を考えている方へ即日融資の注意点や、少しでも早く借りるためのポイントをご紹介しました。

いかがだったでしょうか。WEB上には即日融資に関して様々な情報があります。中には、ソフト闇金のような魅力的な条件を提示している悪質業者もいるということを覚えておきましょう。

また、書類の準備など自分でできることで融資までの時間を短くすることもできます。事前に自分に必要なカードローンを調べ、融資のスピードを最大限あげることが大事なのです。この記事が皆さんの安全な借入の参考となれば、嬉しい限りです。

ローン大バナー