10万円を確実に即日融資&計画的に返す方法

この記事は、10万円を即日融資で借りたいという人のために書きました。

「今日中にお金を借りたい」
「少額融資におすすめの会社は?」

ここでは、すぐに10万円借りられるスピード対応可能な金融機関はどれか解説します。
また、スムーズに審査をパスするための準備もアドバイス。

もしあなたがまた急いで借りたいと焦っている場合、返済まで気が回っていないかもしれません。そのために、安心して返せるように返済計画も詳しく解説します。

この記事を読めば誰でもスムーズに10万円の即日融資を受けられて、計画的に返済できるでしょう。

10万円程度の即日融資なら消費者金融がいい

10万円の即日融資は、消費者金融系のカードローン事業者が断然オススメです。同じカードローンに銀行系もありますが、なぜ消費者金融系がオススメなのでしょうか?

銀行よりも消費者金融をオススメする理由

銀行系ではなく消費者金融系のカードローンをオススメする理由は極めてシンプルです。

なぜなら、銀行系カードローンのほとんどは即日融資に対応していないからです。

消費者金融系は即日融資に対応しているため、すぐに10万円借りたいと考えているなら、消費者金融系のカードローン一択になります。

消費者金融系に比べて銀行系カードローンは金利が高く設定されていますが、即日融資が必要なほど急いでいる場合は、そのデメリットには目を瞑りましょう。

クレジットカードのキャッシング枠でも即日可能

10万円を即日融資してもらうときに、消費者金融系カードローンに並んでもうひとつオススメの方法が、クレジットカードのキャッシング枠で借りることです。

クレジットカードのキャッシング枠とは

クレジットカードには、買い物の支払いに使えるショッピング枠に加えて、お金を借りられるキャッシング枠というものがあります。

キャッシング枠に収まる金額なら、ほぼ確実に借りられるというメリットがあります。キャッシング枠が10万円あるなら、こちらを利用する手もオススメです。

ただし、すでに契約・発行されているクレジットカードでなければ使えないので、クレジットカードを1枚も持っていなかったり、キャッシング枠を設定していない契約だったりする場合は、即日融資はできない点に注意しましょう。

クレジットカードのキャッシングについて詳しくは「キャッシングとは何か-クレジットカードのキャッシングの全て!」をご覧ください。

ショッピング枠とキャッシング枠の関係

ショッピング枠とキャッシング枠は連動しており、キャッシング枠で借りた金額分だけ、ショッピング枠の金額が減少します。

ショッピング枠が50万円合った場合、キャッシング枠で10万円借りると、ショッピング枠がマイナス10万円されて40万円に減ってしまう、というわけです。

キャッシング枠の年率

主な大手クレジットカードのキャッシング枠に設定されている金利(実質年率)をまとめた表がこちらです。

カード名実質年率
イオンカード年7.8%~18.0%
JCBカード年15.0%~18.0%
三井住友VISAカード年15.0%~18.0%

クレジットカードでキャッシングすると、多くの場合、金利は上限の年率が適用されます。

上記の表でいえば18.0%の金利で、消費者金融系のカードローンの上限金利とほぼ同じ数値です。

金利について、クレジットカードのキャッシング枠と消費者金融系カードローンで差はほとんどないと言えます。

クレジットカードよりも消費者金融がいい理由

では、10万円の即日融資を申し込む場合、クレジットカードのキャッシング枠と消費者金融系カードローンは、どちらでもいいのでしょうか?

10万円程度なら無利息サービスがある消費者金融系がお得

消費者金融系のカードローンには、クレジットカードにないメリットとして無利息サービスがあります。

これは、一定の条件を満たして返済した場合、利息がかからないというものです。

無利息サービスの条件を満たせそうなら、消費者金融系カードローンの方がオススメです。

無利息サービスについて詳しくは、後述の「10万円の少額融資なら無利息が効く」で詳しく解説しているので、そちらを参考にしてください。

おすすめはプロミス

プロミス 新キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン

消費者金融は即日融資に対応してくれる

10万円の即日融資に対応してくれる貸金業者は、ほぼ消費者金融系に絞られます。

ここでは、そうしたスピード対応を可能にしている消費者金融系のサービスについて解説します。

即日融資のためには、申込者側もスムーズに手続きを進める準備が大切です。

カードローンの申し込み手続きについて詳しくは「カードローンの申し込み方法と借り入れまでの流れ」をご覧ください。

ネット申込に対応している

今やほとんどの消費者金融は、ネット申込に対応しています。

サイトやアプリから必要事項を送信することで、すぐに事業者側に申込情報が届くので、スピード融資が可能というわけです。

なお、修正や確認によるロスを防ぐために、入力内容に間違いや記入漏れがないか、送信前に必ず確認することを忘れずに。

無人店舗での契約・申込もOK

近所に消費者金融の無人店舗(自動契約機)がある場合は、それを利用するのもいいでしょう。

審査が通りさえすれば無人店舗で現金を受け取ることができるのは、嬉しいポイントです。

ただし、どれだけ審査がスムーズに進んでいても、結果が出るまでは無人店舗内で待たされることになります。

申込はインターネットで行い、審査を通過して融資が下りたら無人店舗に出向いて現金を受け取るという手順が、もっともスムーズでしょう。

消費者金融で即日融資を受けるためのポイント

では、消費者金融ならカンタンに即日融資してもらえるかというと、いくつか注意点があります。

スムーズに審査に通るだけの信用があっても、即日融資のためには準備とタイミングが重要になります。

コールセンターに電話

申込はインターネットから行うにしても、まずコールセンターに電話を入れて、「急いで融資して欲しい」という点を伝えましょう。

オペレーターにこちらの事情を伝えれば、優先的に審査に回してくれたり、スムーズに手続きを行うためのコツをアドバイスしてくれたりするはずです。

即日融資に対応できる時間帯を確認

即日融資は、申込者と事業者のどちらにとっても時間との勝負になります。

もし営業時間ギリギリになって即日融資を申し込まれても、物理的に時間が足りないことになってしまいます。

できれば融資希望日の前にコールセンターに電話をして、即日融資に間に合う申込タイミングを教えてもらいましょう。

何にせよ、営業開始時間すぐに申し込めば、ほぼ間違いありません

いちばん効率的な契約方法を聞く

「消費者金融は即日融資に対応してくれる」で、インターネット申込がもっともロスがなく、その次に無人店舗(自動契約機)がオススメと説明しました。

ただし、事業者によっては無人店舗からの申込が効率的な場合もあるので、コールセンターでいちばん効率的な契約方法を確認するのが確実と言えます。

土日祝日の申込に対する対応可否について

一般的に金融機関は、土日祝日は送金や融資に対応してくれません。

しかし、消費者金融は土日祝日も申込を受け付けてくれます

ただし、審査に通っても10万円を受け取る手段が限られるのです。

平日なら銀行振込にも対応していますが、土日祝日は一部の事業者・一部の銀行しか銀行振込は対応していません

どの事業者でも確実に10万円を受け取れる方法は、無人店舗(自動契約機)での受け取りです。

土日祝日での即日融資を確実に進めたいなら、無人店舗での受け取りを選択しましょう。

土日祝日のキャッシングについて詳しくは「土日・祝日に即日キャッシングする最速の方法を解説」をご覧ください。

必要書類をあらかじめ用意しておく

即日融資の成功率を大きく左右するのが、必要書類の準備です。

重要な2つの書類について解説します。

本人確認書類

本人確認書類として要求されるのは、主に下記になります。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • パスポート
  • (外国籍の申込者の場合)在留カードまたは特別永住者証明書など

この中でもっともオススメなのが運転免許証やパスポートなど、顔写真入りのものです。

本人確認書類が、健康保険証など顔写真が入っていないものの場合、住民票や本人名義の公共料金の領収書などもセットで提出を求められる場合があり、やや面倒です。

収入証明書

収入証明書とは、源泉徴収票や給与明細書など、申込者の収入を証明するための書類です。

本来なら50万円以上などの高額な融資の場合に要求される書類なので、10万円なら必要ない場合が多いです。

ただし、本人の信用情報が悪いなど、審査の状況によっては、収入証明書を求められる場合があるので注意してください。

万が一の場合に備えて、給与明細は準備しておくと安心です。

要求されなくても、本人確認書類と一緒に送付すれば、より確実と言えます。

勤務先への本人確認対策

融資において必須となるのが、勤務先への本人確認です。ここをスムーズに通過できるかどうかが、即日融資の大きなポイントのひとつです。

本人確認は原則として必須

本人確認は、申込者の返済能力の裏取りとも言える作業で、原則として必ず行われます

具体的には、消費者金融事業者が申込者の職場に電話をかけて、申込者が確かに在籍しているかを確認するのです。

そのため、勤務先が電話に対応できる時間帯に行われるように申し込む必要があります。早い時間帯に申込を行いましょう。

なお、勤務先に消費者金融に融資をお願いしていることがバレてしまうような確認の仕方はしないのでご安心を。

本人確認を回避できるケースとは

本人確認は原則として必須の作業ですが、場合によっては回避することも可能です。

それは、事前に電話で「本人確認なしを希望する」ことを伝えたうえで、申込時に「勤務先の名前が入った社会保険証」と「給与明細」を提出することです。

ただし、これで確実に本人確認を回避できるとは限らない点に注意してください。

あくまで「回避できる可能性がある」のに留まり、審査状況によっては書類を提出しても本人確認が行われる場合もあります。

10万円の少額融資なら無利息が効く

消費者金融系カードローンの特徴に無利息期間があります。一定期間内に返済すれば利息がかからないというお得なサービスです。

ここでは、無利息期間について詳しく解説します。

「短期間で返済する」が鉄則

30日間=1ヶ月以内に返済することは、数千円ならともかく10万円の場合は短期間と言えるかもしれません。

そのため、借りてから1ヶ月以内に10万円を全額返金できるメドがある場合に限って、無利息サービスの利用を検討するのがいいでしょう。

また、返済を1ヶ月ギリギリまで引き延ばすのではなく、10万円を用意でき次第速やかに返済してしまえば安心です。

無利息期間を利用する場合のコツ

無利息サービスを有効に活用するために、サービスの詳細について知っておきましょう。

無利息サービスを提供している事業者

無利息サービスを用意している主な消費者金融系カードローンは、

  • プロミス
  • アコム
  • アイフル

などがあります。

無利息サービスが適用される条件

いずれの事業者にも共通するのが、

・初回契約時のみ
・30日以内に返済すること


の2点です。

それ以外に、事業者毎に条件が設定されているので確認しましょう。

プロミスの無利息サービス適用条件

・メールアドレスを登録する
・書面の受取方法で「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択する
・出金の翌日から30日の間に返済

プロミスの無利息サービスについて詳しくは「プロミスの無利息サービスが他社よりも優れている3つの理由」をご覧ください。
アコムの無利息サービス適用条件

・契約日の翌日から30日の間に返済
・無担保カードローンで借り入れ
・返済期日を35日ごとで契約すること

アイフルの無利息サービス適用条件

・契約日の翌日から30日の間に返済
・無担保キャッシングローンで借り入れ

短期間で返済すれば利息が抑えられて総返済額が減る

無利息サービスがオススメな理由は、利息がなければ返済総額が借りた金額と同じ10万円に抑えられるためです。

もし無利息期間に間に合わない場合は、できるだけ早く完済するようにしましょう。

短期間で完済すれば、そのぶん支払う利息が少なくなり、返済総額を少なく抑えられるからです。

返済が長期化すればするほど利息も増えていき、返済総額が高くなっていくことに注意してください。

10万円借りた場合の利息は上限金利

消費者金融系カードローンで10万円を借りた場合、金利はいちばん高い上限に設定されることがほとんどです。

なぜ上限金利になるのかは、10万円は融資額として少ないので、事業者は利益確保のために高い金利を設定するからです。

融資額が高くなるほど、金利は下がっていきます。例えばアイフルの場合、融資額の違いに対する金利設定は以下の通りです。

  • 50万円以下……年18.0%
  • 100万~300万円……年15.0%
  • 300万円超……年12.0%

どの消費者金融も、10万円の融資額に対する金利は、上限となる年率18%前後に設定しています。

返済期間ごとの返済シミュレーション比較

10万円を借り入れたときの金利が年率18.0%の場合に、返済期間ごとの返済シミュレーションを見てみましょう。

返済期間返済回数毎月の返済金額返済総額利息総額
6ヶ月6回¥18,000¥105,245¥5,245
12ヶ月12回¥10,000¥109,217¥9,217
18ヶ月18回¥7,000¥113,450¥13,450
24ヶ月24回¥5,000¥119,850¥19,850

返済が長引くほど利息額も増えて返済総額がかさんでいくので、返済期間ごとの返済総額の差は、融資を受ける前にしっかりと確認しておくことが大切です。

返済金額と返済期間の関係

返済シミュレーションの表を見てみると、以下の法則があることがわかります。

  • 返済期間を短くすると…
    毎月の返済金額が高くなり、返済の負担が重くなる
    利息を支払う回数が少ないので、支払総額が低くなる
  • 返済期間を長くすると……
    毎月の返済金額が低くなり、返済の負担が軽くなる
    利息を支払う回数が多いので、支払総額が高くなる

返済期間を短くして支払総額を抑えるか、返済期間を長くして毎月の返済負担を軽くするか、自分に合った返済プランを選びましょう。

10万円を即日融資してもらうのにおすすめはプロミス

では、実際に10万円の即日融資を申し込むのに最適な消費者金融系カードローンはどこなのでしょうか?

いちばんのオススメはプロミスで、次点でアイフルと言えます。

プロミス

プロミスはメガバンクのSMBCグループに属する消費者金融系カードローンで、消費者金融事業者の中では最大手のひとつです。

プロミスが即日融資してくれるかどうか

メガバンク傘下ということもあり、プロミスの審査は職場への在籍確認を必ず行う、無利息サービスの利用条件にメールアドレスの登録が必要など、融資するかしっかりとジャッジしていると言えます。

信用情報に不安や傷があると即日融資は難しいかもしれませんが、問題なければ早ければ1時間ほどで融資が実行されたという口コミもあります。

プロミスは、即日融資が期待できると言えるでしょう。

プロミスで10万円借りた場合の返済シミュレーション

6ヶ月or12ヶ月で完済した場合
返済
回数
返済期間:6ヶ月返済期間:12ヶ月
1回あたりの
返済金額
うち
利息分
1回あたりの
返済金額
うち
利息分
1回目17,5421,4839,1581,483
2回目17,5421,2459,1581,369
3回目17,5421,0039,1581,253
4回目17,5427589,1581,136
5回目17,5425099,1581,017
6回目17,5442569,158896
7回目9,158774
8回目9,158650
9回目9,158523
10回目9,158395
11回目9,158265
12回目9,156133
合計105,2545,254109,8949,894
18ヶ月or24ヶ月で完済した場合
返済
回数
返済期間:18ヶ月返済期間:24ヶ月
1回あたりの
返済金額
うち
利息分
1回あたりの
返済金額
うち
利息分
1回目6,3711,4834,9821,483
2回目6,3711,4104,9821,431
3回目6,3711,3374,9821,378
4回目6,3711,2624,9821,325
5回目6,3711,1864,9821,271
6回目6,3711,1094,9821,216
7回目6,3711,0314,9821,160
8回目6,3719524,9821,103
9回目6,3718724,9821,045
10回目6,3717904,982987
11回目6,3717074,982928
12回目6,3716234,982868
13回目6,3715384,982807
14回目6,3714524,982745
15回目6,3713644,982682
16回目6,3712754,982618
17回目6,3711844,982553
18回目6,360924,982488
19回目4,982421
20回目4,982353
21回目4,982285
22回目4,982215
23回目4,982144
24回目4,99272
合計114,66714,667119,57819,578

「返済期間ごとの返済シミュレーション比較」で解説した通り、返済が長引くほど利息額も増えて返済総額が増えていくことが分かります。

ただしプロミスの特徴として、上限金利が17.8%と、他の事業者の上限金利18.0%に比べて0.2%低い点に注目です。

そのため、同じ金額・返済期間で比較しても、他の消費者金融で借りるよりも利息金額が0.2%分少なくなるのです。

そのため、少しでも返済金額を少なくしたいという人にとって、プロミスはおすすめです。

プロミスの無利息サービス

プロミスの無利息サービスは、

  • メールアドレスを登録する
  • 書面の受取方法で「プロミスのホームページにて書面(Web明細)を確認」を選択する
  • 出金の翌日から30日の間に返済

上記3つの条件を満たせば適用されます。

メールアドレスの登録とWeb明細の選択は他の事業者にない条件ですが、それほど難しい条件ではないので、ぜひとも利用しましょう。

プロミス 新キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン

アイフル

次点のアイフルは、無利息サービスの条件が契約日翌日から30日間で、・無担保キャッシングローンで借り入れすることなど、プロミスに比べて若干条件が緩くなっています。

しかし、上限金利が18.0%とプロミスより0.2%と高いので、この点においてプロミスに及ばないと言えます。

もしプロミスで審査が通らなかった場合は、アイフルを検討してみましょう。

アイフル キャプチャ アイフル 金利 ボタン アイフル 3つのポイント

まとめ

10万円を即日融資してもらうための情報をまとめると、

  • 銀行系より消費者金融系のカードローンを使う
  • クレジットカードのキャッシング枠もおすすめ
  • 無利息期間があるぶん、消費者金融系がベスト
  • 事前にコールセンターで申込手順を確認してスムーズに手続きする
  • 必要書類はあらかじめ顔写真入りの本人確認書類を用意
  • 収入証明書があればより確実
  • あらかじめ返済のメドをたてておいて無利息サービスを利用
  • 短期間で返済して利息金額を抑える
  • 上限金利が0.2%低いプロミスがおすすめ

となります。

即日融資を希望するとなると、急ぎで資金が必要で焦っているかもしれませんが、決して慌てずに返済プランも織り込んだうえで、申し込みを行うことが大切です。

CTA

クレカ大バナー

ローン大バナー