楽天銀行カードローンは即日融資が不可!?即日希望ならプロミスが◎

「楽天銀行カードローン(楽天銀行スーパーローン)でなるべく早くお金を借りたい!」と思っているそこのあなた。

2018年1月から、楽天銀行カードローンは即日融資ができなくなったことをご存知でしょうか?

むしろ、即日どころか1、2週間かかるなんてこともあるんです……。

この記事では、なぜそんなにも融資までに時間がかかるようになってしまったのかを分かりやすく解説。

その上で、「なぜプロミスが即日融資におすすめなのか」も解説していきたいと思います。

楽天銀行カードローンは即日借りれられない

大手である楽天銀行カードローンは、利用限度額も大きく、金利も比較的抑えられているのが魅力です。

利用限度額10万~800万円
金利年1.9~14.5%
初回利用特典楽天スーパーポイントプレゼント

しかし、唯一の難点として「即日融資は原則不可」ということが挙げられます。その理由を順に見ていきましょう。

楽天銀行カードローンは最短でも審査に2日かかる

楽天銀行カードローンが即日融資できない最大の理由は、「必ず審査に2日以上かかる」ためです。

審査において、警察庁へのデータベース照会が必須となった

2018年1月、銀行カードローンの審査において「警察庁へのデータベース照会を必須」とする新規定が課せられました。

この警察庁へのデータベース照会にかかる時間が最短でも2日程度、長ければ1週間以上かかってしまうのです。

そのため、楽天銀行カードローンをはじめとした銀行カードローンは軒並み「即日融資が不可」となりました。

銀行が安易に融資をおこない過ぎだと問題になったための措置

2018年より上記の対応が取られることになった原因には、「銀行カードローン利用による自己破産者が増加している」のがまずひとつ。

そのほか、「暴力団など反社会的勢力でも審査に通過してしまう可能性が高く、事実上支援していまっている」ことが背景にあります。

つまりは「安易に貸しすぎだ」と社会的問題になってしまったんですね。

今後は更に審査が厳しくなるのではないかという見通し

2018年以降、「収入証明書の提出を必要とする希望額を引き下げる」などの対策をおこなっている銀行カードローンも増えています。

楽天銀行カードローンにいたっては、申込金額に関係なく収入証明書の提出が必須になりました。

この通り、すでに各銀行は以前よりもカードローンの新規契約に消極的になってきています。

近年は銀行カードローンの実態調査として、立入検査が行われることもありますし、社会全体の流れが銀行カードローンを厳しく見る傾向に……。

この流れはおそらく止まらないでしょう。その結果として、この先もどんどん銀行カードローンは審査が厳しくなるのではないかといわれています。

そもそも楽天銀行カードローンは審査通過が難しい

2018年に新たな規定が制定されたことで、原則即日融資ができなくなった楽天銀行カードローン。

しかし、それ以前よりも口コミでは「即日融資してもらえた」という声は少なく、「2、3日~1週間かかった」といった声が多かったのが実情です。

低金利であることは審査の厳しさに直結する

審査が厳しく、時間がかかりやすいというのは、何も楽天銀行カードローンに限ったことではありません。

銀行カードローンは低金利が魅力ですが、傾向として低金利であればあるほど、審査に時間がかかり、即日融資が難しくなります

これは低金利であるほど銀行側の負担も大きく、返済してもらえなかった場合のデメリットも大きいため、利用者の見極めが重要になるためでしょう。

楽天銀行カードローンをやめて消費者金融を借りた人たち

つづいて、実際に楽天銀行カードローンでは即日融資が望めず、消費者金融を利用したという人たちの口コミをチェックしてみましょう。

楽天銀行カードローンから音沙汰なし……

楽天銀行カードローンに申し込んで早1週間が経とうとしていますが、審査通過の連絡がありません。まだかかるのかと問い合わせてみましたが、答えることができないということだったので、結局、楽天銀行カードローンはキャンセル。即日融資OKとサイトに記載されているプロミスに申し込みました。こちらは午前中に申し込んだら、昼過ぎには審査通過の連絡があり、無事に即日融資を受けられました。

東京都/20代・男性/フリーター

楽天銀行カードローンで早めの融資は無理

即日融資はできないと知っていたものの、まさか2週間近く待たされるとは思いませんでした。しかも結果は契約不可。その後、急いで即日可能な消費者金融に申し込みをしましたが、こちらはすぐに反応があり、審査も通過しました。はじめからこっちにしておけばよかったなあ、と。

大阪府/30代・男性/会社員

金利が低いのはメリットばかりじゃない

以前、消費者金融を使っていたことがありますが、そのときの感覚で楽天銀行カードローンを使ったら、融資までが長すぎて驚きました。楽天銀行の口座を持っているにも関わらず、5日もかかりました。金利が低めなのは良いですが、急ぎのときに使うものじゃないですね。

東京都/30代・女性/会社員

即日融資で借りるならプロミスがおすすめ

ここまで解説した通り、即日融資を望んでいるのなら元より、「せめて翌日……」などスピーディーな対応を求めているときに楽天銀行カードローンは向きません。

早めの融資を求めているのなら、即日融資に対応している大手消費者金融『プロミス』を頼ってみましょう。

即日融資OK!ネット完結で人バレもしにくいプロミス

ここでプロミスと楽天銀行カードローンをそれぞれ比較してみましょう。

プロミス楽天銀行カードローン
利用限度額1万~500万円10万~800万円
金利4.5~17.8%年1.9~14.5%
初回利用特典30日間の無利息期間付き楽天スーパーポイント付き

プロミスは1万円から気軽に借りられる!

プロミスと楽天銀行カードローンを比較すると、利用限度額の上限は楽天銀行カードローンのほうが高め。

しかし、その一方で下限はプロミスのほうが低いため、「足りない5万円だけを借りたい!」といったときにも気軽に利用できます。

また、希望額に関係なく収入証明書類を提出しなければいけない楽天銀行カードローンに対し、プロミスは下記条件に当てはまらなければ、原則不要です。

  • プロミスへの希望額が50万円以上
  • プロミスへの希望額と他社の利用残高が合わせて100万円以上

やや準備の面倒な収入証明書類を用意しなくて良いのは、これまた気軽に借りやすいポイントでしょう。

プロミスは無利息期間あり!

金利ではどうしても楽天銀行カードローンには叶いませんが、消費者金融の多くが最大金利を18%としている中でプロミスは17.8%。小さいながらお得です。

そのうえ、プロミスなら初回利用時に30日間の無利息期間がついてくるため、この期間内ならそもそも金利はゼロ%!利息なしで借りることができますよ。

即日融資を希望するなら、今すぐの申し込みが吉

銀行カードローンのあおりを受けて、今後はプロミスも新規契約が難しくなる可能性はあるので、ご入用の際はなるべく早めの申し込みをおすすめします。

プロミス

プロミス 新キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン