HOME  お役立ち記事学生やフリーターなど立場で異なる 親に内緒でお金を借りるための方法

お役立ち記事
学生やフリーターなど立場で異なる 親に内緒でお金を借りるための方法

学生やフリーターなど立場で異なる 親に内緒でお金を借りるための方法

この記事は親に内緒でお金を借りたい人に向けて書きました。

親に内緒でお金を借りるときは、借りる人が学生かフリーターか、未成年か成人しているかなど、条件によって方法が分かれます。

そこでこの記事では、学生・フリーター・未成年など状況ごとに親にバレずにお金を借りる方法について解説します。

親に内緒でお金を借りるのは成人していれば難しくない

親に内緒でお金を借りるのは成人していれば難しくない

カードローンや消費者金融は契約者本人に連絡をしてきますが、その連絡を親に知られてしまうことが、お金を借りていることがバレる要因になります。

親に連絡を知られてしまうのは親と同居している場合に多く起こり、未成年や学生、フリーターなどは親と同居しているケースが多いでしょう。

親に内緒でお金を借りるためには、借りた先からの連絡を親に見られないようにすることが重要なのです。

学生でも成人しているなら消費者金融でお金を借りられる

消費者金融は20歳以上の成人であれば、学生やフリーターでも申し込みできます。

20歳以上の人は、消費者金融からの連絡を親に知られないよう工夫すれば、親に内緒でお金を借りることは難しくないでしょう。

消費者金融は工夫すれば親にバレずにお金を借りることも可能

消費者金融からの連絡を親に知られないためには、郵送物を使わず形に残らない方法で連絡を受ける方法がおすすめです。

パソコンやスマートフォンでのやり取りをメインにして、郵送物のないWeb完結なら、安全性が高いといえます。

未成年は親の同意がないとお金を借りられない

未成年は消費者金融と契約できないため、カードローンでお金を借りることはできません。

学生ローンは未成年でも申し込めますが、親権者の同意が必要なので親に内緒で借りることはできません。

20歳以上で安定した収入があれば消費者金融のカードローンを借りられる

20歳以上で安定した収入があれば消費者金融のカードローンを借りられる

消費者金融で借りられるのは、20歳以上で安定した収入がある人です。

成人している人なら自分の判断で誰でも消費者金融に申し込めるので、20歳以上の人が親に内緒でお金を借りるなら、消費者金融のカードローンがいちばんおすすめといえます。

収入が安定していれば学生やフリーターでもOK

消費者金融は収入が安定していれば、申込者の就労形態は関係ありません。

たとえ学生やフリーターであっても、アルバイトなどで毎月安定した収入を得ていれば返済能力があると見なされます。

あとは収入の金額に応じて借りられる金額の上限が決まりますが、総量規制によって年収の1/3までと定められています。

総量規制について詳しくは「カードローンの総量規制ってなに?5分でわかる総量規制」 をご覧ください。

安定した収入の目安は2ヶ月以上月収を得ていること

消費者金融から収入が安定していると見なされるのは、2ヶ月以上が目安です。

その理由は、収入証明書の提出を求められた場合、2ヶ月分用意するケースが多いためです。

学生やフリーターの場合、アルバイトを2ヶ月以上続けるのがいいでしょう。

短期アルバイトはどんなに収入が高くても審査で返済能力が不安定とされる

単発や短期のアルバイトで得た収入は、どんなに金額が高くても安定した収入とは見なされません。

金額が低くても継続的な収入がある人の方が、返済能力があると消費者金融は判断します。

親に内緒でお金を借りるために気をつけたいポイント

親に内緒でお金を借りるために気をつけたいポイント

借りた先からの連絡を親に見られないようにすることが、親に内緒でお金を借りるための重要なポイントです。

ここでは、具体的にどんなことに気をつけたらいいかについて解説します。

親と同居している場合は自宅への郵送物は避ける

親をはじめ同居している家族にお金を借りていることがバレるケースとして多いのが、自宅に届く郵送物を見られてしまうことです。

消費者金融を契約すると自宅にいろいろな郵送物が届き、その多くは契約直後に郵送されてきます。

WEB完結を選べば基本的に何かが届くことはありませんが、そうでない場合は契約直後にバレる危険性が高いので、何が届くかをしっかり把握しておきましょう。

カード

カードローンを契約すると、消費者金融のカードが発行されます。

消費者金融を利用したことがある人でなければ持っていないカードなので、見つかってしまうとお金を借りたことがバレてしまいます。

返済し終わった後でも他人に見つからないように注意しましょう。

契約書

消費者金融との契約が成立すると送られてくる書類です。

重要な書類なので捨ててしまうのはNGのため、見つからないよう厳重に保管しておきましょう。

利用明細

借りた金額や毎月の返済額を記録した書面です。

ATMを利用すると毎回発行されるので、ポケットなど無造作にしまっておくと、ふとしたときに他人に見られてしまうこともあります。

利用明細は早急に処分した方がいいでしょう。

増額のお知らせ

増額とは、消費者金融が貸せる金額が増えることです。

追加で利用してもらうための営業連絡ともいえるので、お知らせはいらないと事前に伝えておけば連絡が来ることはありません。

最初の契約のタイミングで増額のお知らせは送ってこないよう消費者金融にお願いしておきましょう。

本人確認の電話は冷静に対応

消費者金融の審査では、電話で確認するステップがあります。

主な電話確認が、職場で本当に働いているかをチェックする在籍確認です。

消費者金融から職場に電話がかかってきますが、会社名を名乗らないので他人にバレる可能性は低いといえます。

怪しい電話だと勘違いされないよう、冷静に対応すれば問題ありません。

在籍確認について詳しくは「消費者金融の在籍確認の内容や電話のタイミング~バレない方法~」 をご覧ください。

滞納すると督促状が届くので絶対に延滞しないこと

返済が滞ると、消費者金融は支払いを催促する督促状を送ってきます。

督促状は無視されないよう大きく重要書類と書かれるなど、目立つ封筒で送られてくるため、事情を知らない他人が見てもひと目で特殊な郵送物だとわかります。

親に見られたら間違いなくバレてしまうので、滞納は絶対にしないよう注意しましょう。

未成年の場合は親に内緒でお金を借りることは難しい

未成年の場合は親に内緒でお金を借りることは難しい

親に内緒でお金を借りたいと思っても、未成年の場合は方法が限られます。

ここでは、未成年が親に内緒でお金を借りるのが難しい理由と、内緒で借りられる可能性のある方法について解説します。

消費者金融は未成年では借りられる可能性ゼロ

消費者金融と契約できるのは20歳以上の人なので、未成年は消費者金融からお金を借りることはできません。

アルバイトをしていてどんなに収入が安定していても年齢で契約対象外となってしまうため、消費者金融で借りることは諦めましょう。

学生ローンで借りるには親権者の同意が必要

学生ローンは未成年でも借りられる消費者金融ですが、未成年が契約する場合は親権者の同意が必要になります。

親から学生ローンを借りることにOKをもらう必要があるため、内緒で借りることができないのです。

自分のクレジットカードを持っていればキャッシングなら可能性がある

すでにキャッシング枠のあるクレジットカードを持っている人は、キャッシング枠でお金を借りるのがいいでしょう。

キャッシング枠は消費者金融のような契約手続きがなしでお金が借りられるため、親に内緒で借りやすいからです。

ただし、学生や未成年のキャッシング枠は低めに抑えられているため、あまり多くの金額は借りられない点に注意しましょう。

もしキャッシング枠がついていなかったらキャッシング枠をつける手続きが必要ですが、そこで親権者の同意を求められた場合は親に知られてしまいます。

親に内緒でお金を借りる方法でおすすめなのは大手消費者金融

親に内緒でお金を借りる方法でおすすめなのは大手消費者金融

成人していて親に内緒でお金を借りたい場合は、大手消費者金融がおすすめです。

大手消費者金融は申込窓口が複数あり、Web上ですべてのやり取りを行うWeb完結や、カードや契約書を直接受け渡しできる店舗や無人契約機が充実しているからです。

おすすめはWeb完結で、スマホやパソコンで申し込みから融資まで郵送物なしで行うことができます。

店頭や無人契約機は出向く手間があり他人に見られるリスクがゼロではありませんが、ネットでの契約に自信がなければこちらの方がいいでしょう。

大手消費者金融ランキング1位 プロミス

プロミス 新キャプチャ

ボタン

1位に選んだ理由

プロミスは非常にバランスがいいカードローンです。

  • サービス
  • 審査スピード
  • 金利
  • 利便性
  • 安心感

あらゆる部門で高いレベルを達成しているので、万人におすすめできます

大手消費者金融のなかでは最も金利が低く、最短審査30分は業界最速です

実際の利用者の口コミからも満足度の高さが分かります。

プロミスの口コミは「プロミスの評判を口コミ・2ch・知恵袋から考察~審査・増額・おまとめ」で多数紹介しています。

カードローン選びで迷ったら、まずはプロミスを検討しましょう。

まとめ

親に内緒でお金を借りるには、成人していれば学生やフリーターであってもそれほど難しくありません。

郵送物を見られないように注意したり、郵送物が来ない方法で契約したりすれば、親にバレるリスクを低くできます。

未成年は消費者金融を借りられず、学生ローンは親権者の同意が必要なので、親に内緒でお金を借りるのはかなり難しい状況にあります。

未成年が親に内緒でお金を借りるには、友人や知人などにお願いするのが現実的ですが、トラブルに発展しないよう誠意を持って対応することが大切といえます。