解約はもったいない!三井住友visaカードを持ち続けるメリットを紹介

この記事は、「三井住友カードを解約しようかな」と考えている人に向けて書きました。

「年会費を支払うのが厳しい」

「他のカードに比べて還元率が悪いんだよな」

そんな風に思っていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?実際には、そんなことはありません。

この記事では、三井住友カードを解約せずにお得に持っておく方法を紹介します。

最後にどうしても解約したい方に向けて、解約方法を説明します。

解約前に見直そう!三井住友カードの魅力

三井住友カードは、会員数が2800万人を超える日本でも有数のカードです。付帯サービスも充実していて、手放すのはもったいないです。

ここでは、三井住友カードの魅力をもう一度確認します。

三井住友カードは安心の最大手、業界最高水準のセキュリティ

三井住友カードといえば、誰もが知っている最大手のカード会社です。セキュリティにも力をいれています。

業界最高水準の不正使用検知システムを導入し、カードの不正利用をチェックしています。

また、紛失・盗難時も24時間対応のオペレータが受け付けてくれます。

安心と信頼のクレジットカードというだけあって、安心してカードを利用することができます。

三井住友カードの充実の付帯サービス

三井住友カードの付帯サービスは充実しています。見逃しているサービスはないか、確認してみてください。

電子マネーサービスはApple Payとも連携

三井住友カードの電子マネーサービス三井住友カードiDを利用すると、チャージ不要でポイントも貯まりやすいです。Apple Payとも連携させることができます。

海外旅行傷害保険

海外旅行中のもしものときに安心できる保険が三井住友カードについています。

1番スタンダードなクラシックカードでも、最高2000万円の保険がつきます

ショッピング補償

三井住友カードで決済して購入した商品が壊れたり、盗まれたりしたときに補償を受けることができます。

1番スタンダードなクラシックカードでも年間100万円のお買物安心保険がついています。

追加カードの発行

通常よりも少ない年会費で家族を追加できる家族カードや、ETCカードのような便利なカードを追加できます。

三井住友カードのポイント還元率が実はおトク

三井住友カードを解約しようと考えている人の中には、ポイント還元率が他と比べて低いと思っている人もいませんか?

そんなことは決してありません。おトクにポイントを貯める方法を紹介します。

コンビニ、ファストフード店でポイント5倍

全国のセブン‐イレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドでの店頭で三井住友カードを利用できます。

しかもポイントが5倍で貯まるのでお得です。

2019年の3月から始まったサービスなので、初めて知った方も多いと思います。

これを機にコンビニやマクドナルドで三井住友カードを使ってみてはいかがでしょうか?

詳しくはこちらをご覧ください。

ポイントUPモールで最大20倍

ネットショッピングを頻繁に行う方はポイントUPモールを利用しましょう。

ポイントUPモールにアクセスしてお買い物をすることで、ポイントが2~20倍になります。

20倍だと還元率10%、10倍でも還元率5%で大変おトクです。

ポイントUPモールについて、詳しくはこちらをご覧ください。

ココイコ!の活用でポイント最大18倍またはキャッシュバック最大8.5%

ココイコ!でスマホで買いに行く予定のお店にエントリーするとおトクです。

画像はエントリー画面の例です。

エントリーしたお店でお買い物をすると、ポイント還元率を高くする、またはキャッシュバックを受けられます

スペシャルオファーを受けたお店で購入するとさらにポイント還元率が高くなります。

ココイコ!について、詳しくはこちらをご覧ください。

マイ・ペイすリボでポイント2倍

マイ・ペイすリボというサービスに登録してリボ払いの手数料が発生する月はポイントが2倍になります。

ただし、リボ払いの金利手数料は決して安くないので注意が必要です。

提携カードでおトク

提携カードは160種類以上あります。

ANAやAmazonなど、よく使うサービスに特化した提携先のカードを使うとお得にポイントを貯められたり、割引サービスを受けられたりします。

三井住友カードは解約不要!2つのおトクな持ち方

三井住友カードのおトクな使い方をおさらいしたら、今度は解約せずにもっとおトクに活用する方法を紹介します

たくさんの優待を受けたい方、年会費の負担を減らしたい方、必見です。

三井住友カードは解約せずに2枚持つのがおトク

今持っているカードのほかにもう1枚カードを持つのもおトクです。三井住友カードを2枚持ちするのがおすすめの理由を紹介します。

プロパーカードと提携カードを作れば、異なる優待を受けられる

2枚持ちをする場合は、プロパーカード(提携していない普通の三井住友カード)と提携カードを1枚ずつ持つのがよいです。

プロパーカードは先程見てきたように、サービスが充実しています。一方、提携カードはポイント還元率が高く、提携先の商品の割引といった特典が充実しています。

ライフスタイルに合わせたカードを持つことで、付帯サービスや特典を同時に受けることができます。

利便性・安全性の向上につながる

すでに異なる会社のカードを複数枚持っている方もいるかもしれません。複数枚のカードを持つ際は、管理に注意が必要です。

カード発行会社を統一することで、お財布ごと盗まれてしまったといった、万が一の際に一括で対応でき、リスクを最小限に抑えられます。

特に三井住友カードは業界最高水準のセキュリティです。もし、カードをまとめることを考えているなら、三井住友カードにまとめるのがおすすめです。

年会費がネックなら、ダウングレードで持ち続けよう

年会費が高くて、解約を検討している方は、ダウングレードを検討するのもありでしょう。資料請求して、申込書を書くだけです。

ダウングレードの資料請求はこちらからできます。

有効期限月の2ヶ月前までにカードの切替え手続きを終えれば、古いカードの年会費を請求されません。

ダウングレードをしても、ポイントは引き継がれ、ポイントサービスは変わりません。

クラシックカードにすると、マイ・ペイすリボに登録して年1回以上利用することで、年会費は無料になります。年会費の負担を減らしたい人におすすめです。

そもそもクレジットカードの解約は面倒&損する可能性

三井住友カードを解約する前に考えるべきことがたくさんあります。ここでは注意点を紹介します。

解約前の支払い方法を変更が面倒

公共料金や携帯電話料金の支払いを三井住友カードで行っていませんか?その場合は、解約前に支払い方法を変更しなければなりません。

もし、支払い方法を変更していないと、延滞することになってしまいます

面倒な手続きをしたくなければ、解約しない方がよいでしょう。

分割払い・リボ払いを利用している場合は未払い額の確認が必要

解約時に未払い額が残っているかの確認も必要です。

三井住友カードでは残高がなくなるまで契約内容にしたがって、リボ払い・分割払いができます。解約時の1回払いもできます。

ポイントを使い切っていないと損

せっかく貯まったポイントを使い切っていないのはもったいないです。

もし、もう少しでほしい景品と交換できる場合は解約せずに、使用を継続したほうが良いでしょう。

年会費が発生していたら損

すでに払ってしまった年会費の返金はありません。

支払い済みの場合は、様々なサービスが利用できるので、カードの解約を見直すことをおすすめします。

まとめ~三井住友カードは解約せずに持っておこう

この記事では、三井住友カードの魅力をもう一度振り返りました。

様々な付帯サービスがありますし、コンビニやマクドナルドでポイントをお得に貯められるので、解約しないのが吉です。

年会費がネックの場合はダウングレードを検討するとよいでしょう。

ライフスタイルにあわせて提携カードとプロパーカードの異なるメリットを得たい場合は、2枚持ちがおすすめです。

安心と信頼の三井住友カードで、キャッシュレスライフを楽しみましょう!

ANAカード

ANA 一般 キャプチャ ANA VISA 一般 年会費 ボタン ANA 一般 ポイント

それでも三井住友カード解約したいあなたへ

ここまで読んで、それでも三井住友カードを解約したい方に、解約方法を説明します。

基本的に、クレジットカードの解約は本人以外が行うことができません。自分で行うようにしましょう。

三井住友カードの解約方法

電話でのみ解約を受け付けています。電話番号は次の通りです。

FORYOUデスク 0570-004-980

自動音声サービスで解約できます。クレジットカードの会員番号が必要です。

解約時に未払い額が残っていた場合、契約内容にしたがって、リボ払い・分割払いができます。解約時の一回払いも可能です。明細は郵送されます。

キャッシュカード機能付き:SMBC CARD/One’s CARDの解約方法

    

三井住友銀行窓口で手続きしなければなりません。銀行印、カード、本人確認書類、通帳が必要です。

クレジット機能のみの解約でも同様です。