三井住友VISAクラシックカードをマスターせよ!まるごと解説

この記事は、三井住友カードクラシックについて知りたい人のために書きました。

「三井住友VISAクラシックカード」は三井住友カードの中でもスタンダードなクレジットカードです。

とはいえ、ブランド力の高い三井住友カードならではのメリットや特典はクラシックでも盛りだくさん!

この記事ではそんな三井住友VISAクラシックカードの概要を解説するとともに、賢くポイントを貯める方法などの豆知識も紹介していきます。

これから申し込もうという方も、すでに利用中だという方も、三井住友VISAクラシックカードを使いこなす知識をゲットしましょう!

三井住友VISAクラシックカードの基礎

まずは三井住友VISAクラシックカードの年会費や利用限度額、審査基準など、概要をチェックしていきましょう。

年会費・カード利用枠(限度額)などの概要

年会費
  • ネット入会で初年度無料
  • 通常:1,250円(税別)
家族カード年会費
  • 初年度無料
  • 通常:400円(税別)
カード利用枠(限度額)
  • 総利用枠:10~80万円
  • カードショッピング利用枠:10~80万円
  • リボ払い・分割払い利用枠:10~80万円
  • キャッシング利用枠:0~50万円
支払い方法
  • 1回払い
  • 2回払い
  • 分割払い
  • ボーナス一括払い
  • リボ払い
締め日・支払い日
  • 15日締め、翌月10日払い
  • 月末締め、翌月26日払い

三井住友VISAクラシックカードは、インターネットから入会を申し込んだ場合に限り、初年度の年会費が無料になります。

また、通常の年会費も1,250円(税別)と比較的安く、誰であっても持ちやすいクレジットカードといえるでしょう。

カード利用枠(限度額)や支払い方法なども、すべてごくごく一般的です。

申込基準と審査基準

三井住友VISAクラシックカードは、「満18歳以上(高校生は不可)」であれば、誰でも申し込みが可能なクレジットカードです。

審査基準については特別明かされていませんが、特別なサービスが付帯されたカードではないため、さほど厳しいものではないでしょう。

それでも審査が不安という方は、申し込み時にキャッシング枠の金額を0円。利用しない設定で申し込んでください。

そうすることで多少なりとも審査に有利となります。

会員特典

  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの優待
  • 公演チケットの先行販売や優待割引
  • 国内ゴルフエントリーサービス
  • トラベルサービス など

三井住友VISAクラシックカード会員になると、このような特典を受けることができます。

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの優待

三井住友VISAクラシックカード会員になっていると、定期的にユニバーサル・スタジオ・ジャパンの特別なキャンペーンを利用できます。

たとえば、抽選でユニバーサル・スタジオ・ジャパンのパーク貸し切りイベントへ招待など、ファンには見逃せないキャンペーン内容です。

なお、以前はスタジオパスを割引購入できるサービスをおこなっていましたが、2019年現在は終了しているため、注意してください。

公演チケットの先行販売や優待割引

三井住友VISAクラシックカード会員は、宝塚歌劇をはじめとした演劇やコンサートのチケットを一般よりも優先的に購入可能です。

チケット情報は毎月10日・25日に更新されるため、気になる方は三井住友カードのVpassサイトをチェックしてください。

Vpass内では、宝塚歌劇ニュースとして花組トップスターである「明日海りお」さんによる月替りメッセージなども公開されています。

国内ゴルフエントリーサービス

三井住友VISAクラシックカード会員は、日本国内のゴルフ場(約700コース)のプレー予約を電話一本で取ることができます。

エントリー代行手数料として1人につき500円(税別)がかかってしまいますが、慣れない方でも手違いなく、手間なく予約が可能です。

利用したい場合には、ゴルフエントリーデスクまで電話をかけ、「希望のプレー日」、「組数」、「ゴルフコース」を伝えてください。

電話番号・受付時間
  • 東京:03-6627-4125
  • 大阪:06-6228-1227

どちらも平日の9:00~16:30までの受付です。(土日祝日のほか、12月30日~1月3日も休み)

トラベルサービス

三井住友VISAクラシックカードは、国内旅行においても海外旅行においてもさまざまなトラベルサービスを受けられます。

たとえば、宿泊先の予約や飛行機、ツアーの予約を代行してもらったり、三井住友VISAクラシックカード会員用にもうけられた宿泊プランを利用したりです。

そのほか、海外旅行の際には英語が堪能でなくてもVJデスクを通すことで通訳をしてくれるなどといったサービスもあります。

トラベルサービスはかなり幅広く扱っているため、詳しくは公式サイトをご覧ください。

そのほかにも数々の優待あり

ここまで紹介してきた会員特典のほかにも、提携レストランやスポーツ施設、エステサロンなどでさまざまな優待を受けることができます。

中には別途年会費がかかるサービスもありますが、日々を彩るために賢く利用してみてください。

三井住友カードのセキュリティ

三井住友VISAクラシックカードを提供している三井住友カード株式会社は、セキュリティの高い企業として、「VISAインターナショナル」から表彰を受けています。

そのようなセキュリティの中でも特に個人に関係するものを挙げるなら、まず24時間365日に渡り不正システムを活用しています。

そのため、不正利用があった場合には早期発見。なおかつ不正利用があった際には、届出日から60日前までの分は補償が付いています。

つまり、60日前までに誰かに何十万と利用されていたとしてもその金額は三井住友カードが補償。一切支払う必要がありません。

また、希望があればクレジットカードを顔写真付きにも変更できるため、よりセキュリティを強化したい方はこちらもご検討ください。

利用できる電子マネー

三井住友VISAクラシックカードは電子マネーの「iD」を利用できます。

「iD」は事前にチャージする必要がないほか、利用後のサインも不要のため、クレジットカード以上にスマートな会計が可能でしょう。

また、iDを使用してもワールドプレゼントポイントが貯まり、なおかつクレジットカードの利用分と合算。

そのため、少額のときはiD、高額のときはクレジットカードというように使い分けも簡単です。

三井住友VISAクラシックカードのポイントシステム

つづいて、三井住友VISAクラシックカードのポイントシステム(ワールドプレゼントポイント)について詳しく見ていきましょう。

ポイントシステムの概要・還元率

ポイントプレゼント額1,000円(税込)あたり1ポイント
還元率0.5%
※1ポイントあたり5円
ポイント有効期限ポイント獲得月から2年間

三井住友VISAクラシックカードでは、還元率が0.5%とごくごく一般的な数値です。

またポイント有効期限もごく一般的なため、特別ポイントの貯めやすいカードとはいえないでしょう。

賢くポイントを貯める方法

三井住友VISAクラシックカードは何も考えずに使っていてもポイントがどんどん貯まるといったクレジットカードではないからこそ、賢く貯める方法は押さえておきたいところです。

大手コンビニやマクドナルドで使う

  • セブン・イレブン
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • マクドナルド

上記の店舗で三井住友VISAクラシックカードを利用すると、ポイントが最大5倍になります。

これらの店舗を利用した際には、忘れずに三井住友VISAクラシックカードで会計をしましょう。(iDでも可)

ただし、通常のポイント+250円ごとに1ポイントという仕組みになっているため、1,000円未満の会計だと最大5倍にはなりません。

たとえば会計999円だと3ポイント、1,000円だと5ポイントというようにたった1円でもポイント差が生まれてしまいます。

ネットショッピングはポイントUPモールで

三井住友VISAクラシックカード会員の場合、ポイントUPモールを経由してネットショッピングをおこなえば、ポイントが最大20倍になります。

ポイントUPモールが仲介しているネットショップもAmazonや楽天をはじめ、家電やファッション、美容、旅行と幅広いため、利用しやすいでしょう。

リアル店舗の利用前はココイコ!をチェック

ネットショッピングだけでなく、リアル店舗でのお買い物に関しても、事前に「ココイコ!」でエントリーしておきましょう。

エントリー後に三井住友VISAクラシックカードを利用すれば、ポイントが何倍にもなったり、キャッシュバックされたりなどの特典がもらえます。

事前エントリーが必要な点がやや面倒ですが、こちらも百貨店から家電、雑貨、レストランなど幅広く利用可能です。

年間利用額を増やしてボーナスポイントをもらう

  • V1⇒50万円以上100万未満
  • V2⇒100万円以上300万円未満
  • V3⇒300万円以上

三井住友カードでは、1年間の利用額に応じて、V1・V2・V3のステージが用意されています。

ステップアップとなる年間利用額は上記の通りで、V1になった年は50万円到達時に50ポイント。以降、0万円利用するごとに10ポイント。

V2になった年は、50万到達時に75ポイント。以降、0万円利用するごとに15ポイント。

V3になった年は50万到達時に150ポイント。以降、10万円利用するごとに30ポイント。

というようになっています。

ただ、こちらのサービスは2021年で終了になるとのこと。その後、また別のサービスが始まるかもしれませんが注意してください。

ポイントの使い道

  • キャッシュバック
  • オンラインギフトカード
  • 景品交換
  • マイレージ移行
  • ポイント移行

貯めたワールドプレゼントポイントは上記のような使い道があります。

この中で一番レートが高いのは、1ポイント5円換算で交換できる「オンラインギフトカード」か「iDバリューへのキャッシュバック」です。

また、交換後にあまった中途半端なポイントは「カード利用代金へのキャッシュバック」を利用しましょう。

カード利用代金の支払いにあてることができ、1ポイント単位で使用できます。

1ポイント3円のレートとやや低くなってしまいますが、ポイントを失効しそうだが使い道がないといったときに便利です。

ポイントの交換について詳しくは「三井住友VISAカードのポイントはAmazonか楽天で交換するのがベスト」をご覧ください。

三井住友VISAクラシックカードの付帯保険

つづいて、三井住友VISAクラシックカードに無料でついてくる保険2つ(海外旅行傷害保険、お買物安心保険)について見ていきましょう。

海外旅行傷害保険

担保項目保険金額
傷害死亡・後遺障害最高2,000万円
傷害治療費用1事故につき限度50万円
疾病治療費用1疾病につき限度50万円
賠償責任1事故につき限度2,000万円
携行品損害1旅行中かつ1年間につき限度15万円(1事故につき自己負担3,000円)
救援者費用1年間につき限度100万円

三井住友VISAクラシックカードに付帯している海外旅行傷害保険は上記の通り、あくまで最低限といった印象です。

「これがあれば海外旅行も安心」とは、残念ながら言い難いでしょう。

そして、どの担保項目についても日本出国前に航空機や電車などの交通費、またはツアー旅行費などを三井住友VISAクラシックカードで支払っている場合のみ適用されます。

また家族特約もないため、あくまで三井住友VISAクラシックカード会員にだけ適用となる点も注意が必要です。

お買物安心保険(動産総合保険)

補償限度額100万円
対象となる利用地域海外・国内ともに可
対象となる利用方法リボ、もしくは分割(3回以上)を利用
自己負担額1事故につき3,000円
対象期間購入日および購入日の翌日から90日間(2019年6月1日移行は200日間)

三井住友VISAクラシックカードに付帯しているお買い物安心保険は上記の通り、こちらもあくまで最低限といった印象です。

特に気になるのは対象となる利用方法がリボ払いか3回以上の分割払いを利用していなくてはいけないということ。

実質、補償をつけるために手数料を少なからず支払わなくてはいけなくなってしまいます。

また、事故が起きたあとにあとからリボやあとから分割に切り替えても補償対象とならないため気をつけてください。

三井住友VISAクラシックカードにまつわるFAQ

ここまでで三井住友VISAクラシックカードの特徴をさらってきました。

ここではテーマから少し逸れてしまうものの三井住友VISAクラシックカードについて寄せられることの多い質問に回答していきます。

Q.三井住友VISAクラシックカードAとの違いは?

A.クラシックカードAは250円ほど年会費が高く、その分、付帯保険がやや充実しています。

とくに国内旅行傷害保険がクラシックカードAでは付くのが最大の違いでしょう。

そのほかの差は特別ないため、保険を少しでも充実させたいのなら三井住友VISAクラシックカードAがおすすめです。

とはいえ、それでも十分であるとはいえない程度の保険のため、どうしても国内旅行保険が欲しいという訳でなければ、クラシックカードで問題ないでしょう。

クラシックとクラシックAの違いについて詳しくは「三井住友VISAクラシックカードとクラシックAの違いを徹底比較」をご覧ください。

Q.三井住友VISAデビュープラスやアミティエカードとの違いは?

A.デビュープラスは還元率が1%と高く、年会費も実質無料。アミティエカードはクラシックカードの女性向け版と考えてください。

三井住友VISAデビュープラスは18歳~25歳までの申し込み限定ではあるもののポイントも貯まりやすく、年に1度でも利用すれば翌年の年会費は無料などとてもお得なクレジットカードです。

また、26歳になった時には、三井住友VISAプライムゴールドカードへと自動的にランクアップできるのもポイントでしょう。

アミティエカードについては年会費もクラシックカードと変わらず、基本的なサービスに変更はありません。

ただ、海外旅行傷害保険の最高補償額が500万円高く、国内旅行傷害保険も付帯。

携帯料金の支払いに登録するとポイントが2倍になるといった変化があります。

デザインがピンク色のため女性向けとしていますが、男性でも利用は可能です。

デビュープラスカードについて詳しくは「デビュープラスカードを徹底解説&他カードと比較|三井住友VISAカード」をご覧ください。
また、アミティエカードについて詳しくは「アミティエカードを徹底解説&4種のカードと比較|三井住友VISAカード」をご覧ください。

Q.SMBC JCB CARDクラシックとの違いは?

A. 三井住友VISAクラシックカードは三井住友カード株式会社のクレジットカード、SMBC JCB CARDクラシックは株式会社三井住友銀行のクレジットカードです。

というような差はあるものの、どちらも三井住友フィナンシャルグループ企業であり、カードの発行元はどちらも三井住友カードという少々ややこしい関係になっています。

年会費が還元率、付帯保険などはどちらも変わらず、唯一違うのは年会費が無料となる条件です。

三井住友VISAクラシックカードは「マイ・ペイすリボ」の登録と年1回以上の利用。

SMBC JCB CARDクラシックは年1回の利用のみです。

こうして見ると「SMBC JCB CARDクラシックのほうがお得なのでは」と思うかもしれませんが、知っておきたいのがJCBはVISAに比べて加盟店が少ないということ。

つまり使い勝手的にはVISAが優秀なため、そのあたりも考えて選びたいところです。

VISAとJCBの違いについて詳しくは「三井住友カードではじめてのカードを作ろう!JCBよりおすすめ」をご覧ください。

Q.学生でも三井住友VISAクラシックカードは作れる?

A.18歳以上の大学生であればOKです

残念ながら高校生は申し込むことができません。

なお、18歳~25歳の大学生なのであれば、どちらかといえば三井住友VISAデビュープラスをおすすめします。

Q.三井住友VISAクラシックカードからゴールドに切り替えできる?

A.ゴールドカードは30歳以上、プライムゴールドであれば20歳以上30歳未満なら切り替え可能です。

ゴールドカードへと切り替えるためには、自分で申請するほか三井住友カードからインビテーションと呼ばれる招待が届くこともあります。

どちらにしても最終的には申請を送ることになりますが、インビテーションが届いた場合のほうが審査に通過しやすい傾向にあるでしょう。

申請は申込書の送付か、三井住友カードのVpassサイトから可能です。

なお、審査に通過できるかどうかは収入が安定しているかどうか(返済能力の高さ)や、これまでの利用態度などが関係してきます。

いつかゴールドカードへ切り替えたいと考えている場合には、少なくとも支払いの延滞などを起こさないよう気をつけてください。

Q.キャッシング機能はカードローンと比べてどう?

A.カードローンをメインとしている企業よりも金利が高めです。

三井住友VISAクラシックカードのキャッシング金利は実質年率15.0~18.0%と高めの設定。

たとえ300万円借りたとしても15.0%となっているため、これでは消費者金融系カードローンよりも割高な利息になってしまうでしょう。

一方、5万や10万など少額をキャッシングした場合には18.0%となりますが、この金額は消費者金融系カードローンの一般的な金利のため、差は感じられません。

しかし、これが銀行系カードローンとの比較になると圧倒的に三井住友VISAクラシックカードのキャッシングは金利が高くなってしまいます。

銀行系カードローンでもお金を借りることができそうなのであれば、そちらを選ぶのが妥当でしょう。

(※ただし銀行系カードローンの場合、即日融資が原則できません。急ぎの場合は三井住友VISAクラシックカードのキャッシングも検討してみましょう)

キャッシングについて詳しくは「三井住友カードのキャッシング枠とは~金利・審査・返済方法~」をご覧ください。

Q.三井住友VISAクラシックカードの解約手続きはどこでできる?

A.カードの解約(退会)は、自動音声応答による電話にて手続きできます。

FORYOUデスク(0570-783-940)まで電話をかけて、会員番号と暗証番号を入力し、解約を進めましょう。

FORYOUデスクの営業時間は9:30~17:00。土日もつながりますが、12月30日から1月3日は休みです。

三井住友VISAクラシックカードの口コミ

最後に三井住友VISAクラシックカードを実際に使っている人たちの口コミをチェックしていきましょう。

自身と照らし合わせてみて、三井住友VISAクラシックカードが合っているかどうかを検討してみてください。

ブランドに対する信頼性とセキュリティの高さが魅力

クレジットカードといえば三井住友カードというぐらいの知名度の高さはどこで出しても恥ずかしくない印象です。また、三井住友カードはセキュリティ対策と補償が充実しているため、海外用としても使いやすいかと。初めての1枚におすすめです。

愛知県/30代・男性/会社員

可もなく不可もなく

ごくごく普通のクレジットカードといったところです。不便と感じた点もありませんが、この点がほかよりも優れていると挙げるのであれば、三井住友カードというブランド力が高いというだけかな、と。とりあえずの1枚としては優秀だと思います。

東京都/30代・男性/会社員

デザインが格好良い

ほかのクレジットカードだとスタンダードなカードはちょっと微妙なデザインが多いと思うんですが……。三井住友カードはどのカードも大人っぽく落ち着いたスタイリッシュなイメージがあります。そういった点でも長く使い続けたいカードですね。

北海道/20代・男性/派遣社員

デメリットはポイント還元率の低さぐらい

0.5%の還元率はごくごく一般的なんですが、1%以上のカードも中にはあることを考えるとちょっと見劣りしちゃいますね。とはいえ、ポイント還元率はあくまでオマケ的な要素だと思っているので、使いやすさから三井住友VISAクラシックカードを推します。

東京都/40代・女性/主婦

サービス対応がていねいで安心

これまで5枚ほどクレジットカードを利用してきましたが、三井住友カードのオペレーターはとても対応がよく感じます。説明もていねいですし、対応スピードも早いですね。

京都府/30代・女性/会社員

三井住友VISAクラシックカードをマスターして使いこなそう

三井住友VISAクラシックカードはとてもスタンダードなクレジットカードです。

しかし、スタンダードであるからこそ、三井住友カードならではのブランド力やサポート力が目立つというもの。

「ひとまず1枚クレジットカードを作ってみよう」というときには、三井住友VISAクラシックカードを手に入れて使いこなし、必要であれば次へのランクアップを検討してみてください。

三井住友VISAクラシックカード

三井住友VISAカード メイン 三井住友VISAカード 年会費 ボタン 三井住友VISAカード ポイント