SMBC(三井住友)デビットカードはスマホの利便性が更に充実

この記事は、三井住友カードの「SMBCデビット」をすぐに使いたい、スマホ決済に活用したいという人のために書きました。

「デビットカードをすぐに使いたいけど、発行までに時間がかかる?」
「本当にデビットカードはお得? どんな店で使える?」

といった疑問もサクッと解決。

アプリからの申し込みで「SMBCデビット」をすぐに使える便利な方法を紹介します。

クレジットカードと比較した「SMBCデビット」のメリット&デメリットも必見です。

SMBCデビットはスマホ利用がしやすい

「SMBCデビット」は、三井住友銀行の口座をお持ちの15歳以上の方なら誰でも作ることができるデビットカードです。

クレジットカードとは異なり、発行にあたって審査が一切ありません。

また三井住友銀行の口座をお持ちでない方も、アプリやホームページからの申し込みでデビットカードの番号を即日発行することができます。

さらに、SMBCデビットは「三井住友銀行アプリ」「Google Pay」などのスマホアプリと連動させることで更に便利に使うことができます。

SMBCデビットをGoogle Payに登録

三井住友銀行アプリを使えば楽に家計管理ができる

三井住友銀行の提供している「三井住友銀行アプリ」を使うと、SMBCデビットをいつ・どこで・何に使ったかをすぐに確認することができます。

さらに、家賃や光熱費など月々の支払いを三井住友銀行の口座から支払っている場合は、SMBCデビットで支払う細かな支払いも全てまとめて確認できるので、家計管理がグッと楽に!

Google Payと連携して店舗でのスマホ決済が可能に

SMBCデビットはGoogle Payに対応しています。

スマホのGoogle PayアプリにSMBCデビットのカードを登録しておけば、「iD」支払いに対応した店舗でスマホ決済に使うことができます。

SMBCデビットがGoogle Payに対応開始

前述のように、SMBCデビットは2019年5月29日からGoogle Payに対応し、スマホをかざすだけで店舗での決済が完了できるようになりました。

どう便利になったのか、どんな風に使えるのかを解説します。

「iD」決済対応の全国約94万店舗で支払いに利用できる

SMBCデビットをGoogle Payアプリに登録すると、全国の「iD」決済に対応した店舗でスマホ決済ができます。

デビットカードを持ち歩かなくてもスマホひとつあれば買い物ができるので、とても便利です。

「iD」決済に対応しているコンビニ

セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンなどの主要なコンビニは「iD」決済に対応しています。

コンビニはちょっとした買い物に利用することが多いため、小銭を出さずにサッと支払える「iD」決済は便利ですね。

「iD」決済に対応している飲食店

ガストやバーミヤンなどの全国チェーンのレストラン、マクドナルドやすき屋などのファストフードも「iD」での決済に対応しています。

タリーズや魚民などのカフェ・居酒屋でも、対応している店舗が多数あります。

「iD」決済に対応しているスーパー・ドラッグストア

イトーヨーカドー、イオン、ウエルシア薬局など、日常的に利用するスーパー・ドラッグストアの多くが「iD」決済に対応しています。

その他 こんなところでも「iD」決済ができる!

コンビニや飲食店以外にも、大手家電量販店や大型書店でも「iD」決済が可能です。

大金やカードを持ち歩かなくても買い物ができるのは安心感があります。

店舗でGoogle Payを利用して支払う方法

Google Payに登録したSMBCデビットで支払うには、会計の際に「iDで」と告げてスマホをかざすだけ。スマホのロックを解除したりアプリを起動したりする必要はありません。

Google Payは、「iD」支払いに対応したAndroid搭載のスマートフォンで利用することができます。

ただ、「iD」決済はiPhoneでは利用できないので注意が必要です。

Apple PayでSMBCデビットを利用する方法

Apple PayはSMBCデビットに対応していないため、iPhoneのユーザーはSMBCデビットでのスマホ決済はできません。

Suicaチャージで間接的に利用可能

ただ、Apple Payと連動したSuicaにSMBCデビットからチャージすることができます。

利用はSuicaでの決済ができる店舗に限られますが、このようにしてSMBCデビットを活用したスマホ決済をすることができます。

利用直後にメール通知&アプリで出金確認ができる

SMBCデビットは利用した直後にメールでの通知が来ます。

さらに三井住友銀行アプリとも連動しているので、利用直後から出金の明細が確認できます。

SMBCデビットはアプリからの申し込みで即日発行・即日利用できる

SMBCデビットのお申込みは簡単です。

三井住友銀行の口座を持っている方

三井住友銀行の口座を持っている方なら、三井住友銀行アプリからSMBCデビットの申し込みをすると最短3分で発行が完了します。

発行されたSMBCデビットのカード番号はすぐにインターネットショッピングに利用でき、Google Payに登録すれば即日スマホ決済に利用することができます。

SMBCデビットのお申込みはこちら

三井住友銀行の口座を持っていない方

三井住友銀行の口座を持っていない方も、銀行窓口だけでなく「口座開設アプリ」や公式ホームページからすぐに口座開設の申し込みが可能です。

口座開設から1~2週間程度でキャッシュカードが送付されますので、その口座でSMBCデビットの申し込みを行いましょう。

SMBCデビットのメリット・デメリット

SMBCデビットはスマホ決済に便利ですが、それだけではありません。

SMBCデビットのその他のメリットや、クレジットカードと何が違うのかを解説します。

SMBCデビットのメリット

審査なしで15歳以上から取得できる

SMBCデビットは、中学生を除く15歳以上の方なら誰でも申し込むことができます。

審査もありませんので、収入のない方や主婦の方でも気軽に作ることができます。

年会費無料でキャッシュバックあり

SMBCデビットのキャッシュバック率は0.25%です。

1,000円の買い物をすると、2.5円のキャッシュバックが自動的に口座に振り込まれます。

使った分だけ自動でキャッシュバックされるので、換金のし忘れ等で損をすることはありません。

キャッシュバック⇒SMBCポイント付加(還元率0.5%)に変更できる

SMBCデビットのキャッシュバックは、SMBCポイント付加のサービスに変更できます。

SMBCポイントへの還元率は0.5%で、1,000円の買い物をすれば5ポイントが付加されます。ポイントは景品と交換できたり、他社ポイントへ移行できたりとお得に活用できます。

三井住友カードのポイント利用については「三井住友VISAカードのお得なポイント交換先一覧」で詳しく解説しています。
SMBCポイント利用の注意点
  • 三井住友VISAカード(クレジットカード)を持っていないとポイントを利用できない
  • SMBCデビット申し込みの時点では利用得点の変更はできない
  • SMBCデビット申し込みから2か月間は強制的にキャッシュバックになる(SMBCポイント付加は3か月目以降から)

世界のVisa加盟店約4,400万ヵ所で使える

SMBCデビットは世界中のVisa加盟店約4,400万ヵ所で利用することができます。

店頭やレジにVisaのマークがあれば、カードのタッチや暗証番号の入力・サインなどで簡単に利用できます。

海外での現地通貨引き出しに使える

SMBCデビットは、海外の「Visa」または「Plus」マークのついたATMで現地通貨の引き出しに使えます。

海外旅行に行った際に、わざわざ日本円を持ち歩いて現地で外貨両替する必要はありません。

海外キャッシングについては「海外キャッシングは両替より断然お得!クレジットカード活用術」でも詳しく解説しています。

海外ショッピング保険・不正利用補償で安心

海外でSMBCデビットを利用して購入した商品には「お買物安心保険」が適用され、購入日より90日以内に破損・盗難などの損害を被った場合、100万円まで補償されます。

またSMBCデビットの偽造・盗難などで第3者による不正利用が行われた際には、年間100万円まで損害が補償されています。

SMBCデビットのデメリット

SMBCデビットはクレジットカードに比べてどのようなデメリットがあるのでしょうか。

三井住友VISAカード(クレジットカード)と比較すると、不便な点もあるようです。

支払いに利用できない場合がある

ガソリンスタンドや各種公共料金、高速道路などではSMBCデビットを利用できない場合がほとんどです(一部利用可能な場合もあります)。

金額の大きくなりがちな生活経費にデビットカードが使えないと、少し不便に感じる方も多いようです。

紛失・盗難時の補償内容に差がある

万が一の際の補償内容という点から見ると、SMBCデビットはクレジットカードに劣ります。

三井住友VISAカードは海外旅行傷害保険が付帯しており、カードのグレードによっては国内旅行傷害保険、航空便遅延保険などもついています。

しかし、デビットカードにはそれらの保険はありません。

三井住友VISAカードの補償内容や特典については「三井住友VISAカードで利用できる特典まとめー一般~プラチナカードー」で解説しています。

ポイントサービスが使いづらい

SMBCデビットはクレジットカードに比べて還元率が高いのですが、公共料金など毎月の大きな支払いに使えないことが多いです。

そのため、ポイントがややたまりづらくなっています。

また三井住友VISAカードのように、指定店舗での購入で獲得ポイントが高くなるキャンペーンや入会時のポイントアップ制度なども今のところ行われていないようです。

三井住友VISAカードのキャンペーン情報については「三井住友カードのキャンペーンがお得!入会前に知りたい3つの強み」で解説しています。

SMBCデビットの利用者の声

●スマートフォンのアプリで口座を管理できる

事情があってキャッシング機能の付いているクレジットカードを持つことが出来ないために、デビットカードを利用することになりました。もともと三井住友銀行の口座を持っていたので、三井住友銀行デビットカードを申し込んで利用し始めましたが、スマートフォンのアプリで口座を管理することが出来、デビットカードとも連携することが出来るのでATMに行かずとも買い物が出来るようになり、残高照会も常にスマートフォンから出来るのでとても便利です。

埼玉県/31歳・男性

●日常的な買い物はデビッドカードを使うことが多い

私がSMBCデビッドを作ったのは未成年の時で、口座開設と同時に作りました。デビッドカードはクレジットカードと同じように使える場面もそれなりに多かったので、まだクレジットカードを持てなかった私にはとてもありがたかった覚えがあります。支払いがキャッシュレスな分かなり楽でした。そして口座から引き落としで払えなくなるほど使いすぎることがないので、その辺の心配が少なかったのも私にはメリットでした。また、使った分の数パーセントくらいが月の後半にキャッシュバックで戻ってくるのも少し嬉しかったことの一つです。今ではいざという時はクレジットカードで決済していますが、日常的な買い物はデビッドカードを使うことが多いです。

東京都/21歳・女性

●タッチだけで決済可能なので、使い勝手が良い

デビッドカードということでクレジットではなく、残高から即時決済できるというのが一番魅力的です。なので、一ヶ月に使う分を入金しておけばその範囲でやりくりが可能です。また、暗証番号を使わなくてタッチだけで決済可能というのは、暗証番号で迷子になる自分には使い勝手が良かったです。クレジットカードと同じようにネットショッピングが可能となっていますが、これもすごい機能だと思います。なかなか使う機会がありませんが使いこなせるとクレジットカードと変わらないくらいの優れものだと思います。

埼玉県/36歳・女性

SMBCデビット まとめ

ここまで三井住友カードの「SMBCデビット」について解説しましたが、いかがでしたか?

クレジットカードとは異なり、口座にある金額だけ使えるデビットカードは使い過ぎの心配がなく、審査なしで15歳から申し込めます。

ですので、お子様にも安心して持たせることができます。

Visaマークのある世界中の加盟店で使えるほか、最近ではアプリと連携した店舗でのスマホ決済も充実しており、ますます便利なデビットカードになっています。

SMBCデビットはアプリを使って即時発行が可能なので、今すぐデビットカードを使いたい!という方はぜひ申し込みをしてみてください。

SMBCデビット

SMBCデビット キャプチャ SMBCデビットの年会費とポイント還元率 ボタン SMBCデビットカード ポイント