三井住友カードではじめてのカードを作ろう!JCBよりおすすめ

この記事は「はじめてクレジットカードを作るなら、三井住友VISAカードとJCBカードのどちらにしようかな」とお悩みの方に向けて書きました。

どちらも銀行系のプロパーカードでどちらにしようか悩みますよね。でも、どちらかといえば三井住友カードのほうがおすすめです。

最初に、三井住友カードとJCBカードの基本的な性能について一緒に見てみましょう!

それから、三井住友カードがおすすめの理由を紹介します!

三井住友VISAカード

三井住友VISAカード メイン 三井住友VISAカード 年会費 ボタン 三井住友VISAカード ポイント

【徹底比較】三井住友カードもJCBカードもほぼ同じ性能

クレジットカードを作ろうとしていて、三井住友カードとJCBカードでお悩みの方、結論から言うとほとんど差はありません

どちらも銀行系のプロパーカードとして優秀です。年会費や還元率、付帯サービスにもこれ、といった大きな差があるわけではありません。

まずは、スタンダードな三井住友カードのクラシックカードとJCB一般カードの基本情報を比較してみましょう。

三井住友カードもJCBカードも年会費は無料にできる

三井住友カードJCBカード
1250円(+税)
初年度無料(ネット申し込み)
2年目以降も条件付き無料
1250円(+税)
初年度無料(ネット申し込み)
2年目以降も条件付き無料

三井住友カードのクラシックカードもJCBの一般カードも年会費は、どちらも1250円(+税)です。ネット申し込みをすれば、どちらも初年度は無料になります。

2年目以降も、三井住友カードはマイ・ペイすリボに登録して年に1回でも利用することで年会費が無料になります。

JCBカードは、MyJチェックに登録し、年間50万円(税込み)以上ショッピングで利用することで年会費が無料になります。

三井住友カードもJCBカードも還元率は0.5%

基本の還元率はどちらも0.5%です。 また、特定のお店で利用すると還元率が上がるサービスがあるのも共通しています。

三井住友カードもJCBカードも付帯サービスはほとんど同じ

クレジットカードの魅力の1つに旅行保険やショッピング補償といった付帯サービスがありますよね。

三井住友カードとJCBカードで主なサービスはほとんど同じです。

旅行保険

三井住友カードJCBカード
海外旅行傷害保険
(最大2000万円)

(最大3000万円)
国内旅行傷害保険×
(なし)

(最大3000万円)

旅行傷害保険はJCBの一般カードの方が一見優れているように感じるかもしれません。

しかし、三井住友カードもクラシックカードとほぼ同条件のクラシックカードAがあります。

こちらのカードでは、最高2500万円の海外・国内旅行傷害保険がついています。

クラシックカードAもクラシックカードと同様にして年会費を無料にできるため、大きな差ではないでしょう。

ショッピング補償

三井住友カードJCBカード
海外利用
(年間100万円まで)

(年間100万円まで)
国内利用
(条件付きで年間100万円まで)
×
(なし)

ショッピング補償もほぼ同じです。

三井住友カードは国内での補償もありますが、リボ払いか3回払い以上の分割払いを利用する必要があります。

条件があるため、大きな差にはならないでしょう。

追加カード

家族カードやETCカードを作成することができます。作成時の費用についてもほとんど差はありません。

三井住友カードJCBカード
家族カード400円(+税)
初年度無料
2年目以降は条件付きで無料
400円(+税)
条件付きで無料
ETCカード500円(+税)
条件付き無料
無料

家族カードの年会費はどちらも400円(+税)です。条件を満たせば無料になる点も共通しています。

三井住友カードは、2年目以降もショッピング利用が3回以上あれば家族会員の年会費が無料になります。

JCBカードは、本会員の年会費が無料なら、家族会員の年会費も無料です。

三井住友カードのETCカードは一見年会費がかかるように見えますが、年に1回でもETCカードも利用があれば無料になります。

三井住友カードもJCBカードも電子マネーに対応

三井住友カードはiDを申し込むことができます。

一方JCBカードはQUICPayを申し込むことができます。

どちらもApple Payに対応しています。最近では、コンビニなど様々なお店で使うことができてとても便利です。

次に三井住友カードをおすすめする理由を見てみましょう。

ステータスで勝負するなら三井住友カードの方がおすすめ

クレジットカードを作るとき、ステータスを気にする人も多いのではないでしょうか。

大事な場面でカードを出すとき、かっこよく見せたい。そんなあなたには三井住友カードがおすすめです。

VISAは世界一の国際ブランド

クレジットカードと言えば、誰もがVISAカードを思い浮かべるのではないでしょうか?

世界でのシェアは第1位です。世界一の国際ブランドと言えるでしょう。

国内での普及率も75%と圧倒的です。JCBは日本唯一の国際ブランドですが、VISAに押されてしまっています。

デビュープラスから使えばランクアップしやすい

カード会社のステータスが気になる方は、カードそのもののステータスも気になるのではないでしょうか。 その場合、三井住友カードの方がよいです。

25歳以下の方限定のデビュープラスカードに申し込むと、26歳以降では自動でプライムゴールドカードにランクアップします。

その後、30歳になると自動でゴールドにランクアップします。

デビュープラスははじめてカードを持つ人に向けたカードなので、審査の難易度が低めと言われています。

将来的にゴールドカードやプラチナカードを持ちたい方は、三井住友カードがおすすめです。

プラチナカードに自分から申し込める

三井住友カードのもう1つの特徴は、トップランクのプラチナカードに自分から申し込めることです。

JCBカードのトップランクのカードは JCB THE CLASS です。こちらはインビテーション制でJCBカードのクレジットヒストリーが重要と言われています。

三井住友カードはインビテーション制をやめて、プラチナカードの発行枚数が増えたそうです。

最高峰のカードを手に入れやすいのは、三井住友カードの方でしょう。

三井住友カードは学生や若者でも申し込みやすい

三井住友カードは申し込み対象が「満18歳以上の方」となっています。

一方、JCBカードは申し込み対象が「18歳以上で、御本人または配偶者に安定継続収入のある方。または高校生を除く18歳以上で学生の方」となっています。

収入面に言及されていない分、三井住友カードの方が申し込みやすくなっています

三井住友カードのほうが学生向けのカード(デビュープラスなど)に力を入れていることと関係しているのかもしれません。

利便性も三井住友カードの方が上

クレジットカードを使う上で、どこでも使えて、普段からなるべくお得に使えたら、うれしいですよね。

利便性も三井住友カードの方が上回っています。

世界の加盟店数が多い

三井住友カードの発行しているVISAカードは、全世界で3850万店が加盟しています。

一方、JCBカードは全世界で3000万店が加盟しています。

並べるとそこまで大きな差に感じないかもしれないですね。しかし、850万店もの差があると考えたら、三井住友VISAカードの方が使い勝手がよいのは明らかです。

コンビニでの利用がおトク

さきほど還元率が0.5%で変わらないと述べました。しかし、皆さんが普段から使っているコンビニでは圧倒的に三井住友カードがおトクです。

三井住友カードでは、コンビニやマクドナルドでポイント還元率が5倍になります。

JCBカードもセブンイレブンではポイント還元率が3倍になりますが、三井住友カードには及びません。

まとめ

このページでは、三井住友カードとJCBカードについて比較しました。

基本的な性能は同じですが、三井住友カードの方が以下の点で優れています。

  • ステータス性
  • 申し込みやすさ
  • 利便性

これからカードを作ろうと考えている方は、三井住友カードを作ることをおすすめします。

三井住友VISAカード

三井住友VISAカード メイン 三井住友VISAカード 年会費 ボタン 三井住友VISAカード ポイント

三井住友系でJCBブランドを使いたい方にSMBC JCB CARDの紹介

最後に、三井住友系列でどうしてもJCBブランドのカードを使いたいという方にSMBC JCB CARDを紹介します。

三井住友銀行のキャッシュカード機能付きのクレジットカードでセディナが発行しています。

SMBC JCB CARDの基本情報

年会費は初年度無料で、2年目以降もカードを一度でも使えば年会費は無料です。通常の年会費は1080円です。

ポイント還元率は0.5%です。三井住友カードやJCBカードと同様、特定の提携先のお店でカードを使うと、還元率が上がります。

SMBC JCB CARDの付帯サービス

三井住友カードJCBカードSMBC JCB CARD
傷害保険
(海外)

(最大2000万円)

(最大3000万円)

(最大1000万円)
傷害保険
(国内)
×
(なし)

(最大3000万円)

(最大1000万円)
ショッピング
海外利用

(年間100万円まで)

(年間100万円まで)

(年間50万円まで)
ショッピング
国内利用

(条件付きで年間100万円まで)
×
(なし)

(年間50万円まで)

付帯サービスには、海外旅行傷害保険、国内旅行傷害保険、ショッピング保険があります。

電子マネーはiDを同時に申し込むことができます。

これらのサービスについては三井住友カードやJCBカードの中間の存在と言えるでしょう。

三井住友銀行の口座を持っている人はATM手数料が無料になるため、検討してみてもよいかもしれませんね。