三井住友カードのリボ払いは3種類!メリット・デメリットまで紹介

この記事は、三井住友カードのリボ払いについて知りたい人のために書きました。

三井住友カードを使っていて、「今月はちょっとお財布が心もとない。けど、どうしても欲しいものがある」といったとき。

そんなときこそ支払い負担の減る「リボ払い」を使いたくなるものです。

ただ、三井住友カードであってもリボ払いにはメリットがある反面、大きなデメリットもあります

この記事では金利など金融関係の知識がゼロの人でも分かりやすいように、三井住友カードのリボ払いについて解説!

リボ払いを利用しようか悩んでいる人は、まずこちらをご一読ください。

三井住友カードのリボ払いのメリットとデメリット

まずは三井住友カードのリボ払いを本当に使うべき状況かどうか判断するために、メリットとデメリットをチェックしてみましょう。

そもそも分割払いとリボ払いの違いとは?

  • 分割払い……返済回数を決めて支払う方法
  • リボ払い……月々の返済金額を決めて支払う方法

分割払いとリボ払いには、このような違いがあります。

どちらにしても「一括で支払うにはちょっと負担が大きい……」といったときに使うことが多いでしょう。

ただ、この支払い方の違いにより、これから紹介するメリットとデメリットのどちらもが分割払いよりも大きくなるのがリボ払いです。

メリット:月々の返済負担がぐっと抑えられる

月々の返済金額を決められるということは、たとえ少し使いすぎてしまった月であっても、出ていくお金は毎月変わりません

そのため、収入に関係なく負担は少なく感じられるでしょう。

また、リボ払いの登録をしていない状況で「使いすぎて口座残高が足りない!」といったことになったとき。

このようなときに支払方法をリボ払いへと変更すれば、延滞を避けることにも使えるでしょう。

デメリット:使い方によっては返済不能な利息になることも

月々の返済負担が減ることは大きなメリットですが、それは支払いを先延ばしにしているのと変わりないことを理解しておかなくてはいけません。

リボ払いとは一時的に支払いを肩代わりしてもらっている状態であり、その期間に応じて利息がかかります。

そのため、あまり月々の返済額が少ないと完全返済までの期間が延び、気づけば本来の支払額の何倍も利息を払っていたということにもなりかねません。

それに気づき、「リボ払いをやめたい」と思っても、場合によっては利息がふくらみすぎていて返済不能。

一生をかけて支払い続けることになったり、自己破産など債務整理をしなくてはいけない事態になったりする恐れもあるのです。

目先の楽さに惹かれ、返済できる目処も立てないままリボ払いを利用することは避けましょう。

リボ払いのデメリットについて詳しくは「リボ払いによる借金地獄の理由と借金地獄から抜け出す方法」をご覧ください。

三井住友カードのリボ払い3種

メリットとデメリットを理解した上で、三井住友カードのリボ払いを利用したいのなら、概要や使い方もチェックしていきましょう。

三井住友カードには、「お店でリボ払い」「あとからリボ」「マイ・ペイすリボ」という3種のリボ払いが用意されています。

お店でリボ払い

手数料実質年率15.0%
リボ払い利用可能枠0~200万円
支払日毎月15日締切、翌月10日支払い(または、毎月末日締切、翌月26日支払い)

お店でリボ払いは、三井住友カードで買い物をする際に、「支払方法はリボ払いで」と伝えることで利用できます。

特別、申し込みや問い合わせは必要ありませんが、月々の支払額などの設定は三井住友カードのVpass(ブイパス)にログインしておこなっておきましょう。

あとからリボ

手数料実質年率15.0%
リボ払い利用可能枠0~200万円
支払日毎月15日締切、翌月10日支払い(または、毎月末日締切、翌月26日支払い)

あとからリボは、すでに三井住友カードで済ませている買い物をリボ払いに変更できるサービスです。

三井住友カードのVpassにログインし、「あとからリボを申し込む」のタブから設定を進めてください。

また、あとからリボには申込期限があり、これは金融機関によって決まっています。

詳しくは、公式サイトのあとからリボ解説ページをご確認ください。

マイ・ペイすリボ

手数料実質年率15.0%
リボ払い利用可能枠0~200万円
支払日毎月15日締切、翌月10日支払い(または、毎月末日締切、翌月26日支払い)

マイ・ペイすリボは三井住友カードでの買い物をすべて自動的にリボ払いにしてくれるサービスです。

マイ・ペイすリボに登録することで年会費が無料、または半額になる特典や、ワールドプレゼントポイントが2倍になる特典もあります。

ただ、何も考えずにすべての支払いをマイ・ペイすリボでしてしまうと、先にもお話したように利息が恐ろしいほどふくらむ恐れも……。

このあとでマイ・ペイすリボの活用方法を改めて解説しますが、計画的な利用を心がけましょう。

なお、マイ・ペイすリボは三井住友カードのVpassからの申し込みが必要となります。(※未成年の場合はネットからの手続きが不可。問い合わせて申込書を請求してください)

どれも手数料は変わらない!使い方が違うだけ

三井住友カードのリボ払い3種ですが、手数料にしろ利用可能枠にしろ、どれも変わりはありません

そのため自分の使い方にあったものをその都度、選んでください。

ただし、マイ・ペイすリボに関してだけは、ちょっと変わった使い方ができるので次はこちらもチェックしていきましょう。

必見!マイ・ペイすリボを実質リボ払いにしないお得な使い方

これはマイ・ペイすリボを使ったちょっとした裏ワザです。

支払額を上限に設定すれば手数料ゼロ!年会費無料!

マイ・ペイすリボを登録後、月々の支払額を上限に設定してください。(※上限は三井住友カードの契約条件により異なります。カード到着時の封筒などから利用枠を確認してください)

こうするとリボ払い設定であっても、実質は一括払いとなるため手数料は一切かかりません

しかし、マイ・ペイすリボ登録後に年1回以上三井住友カードを利用といった条件を満たすことができるため、年会費が無料、もしくは半額の特典を受けられるのです。

ただし、ワールドプレゼントポイント2倍については手数料が発生した場合のみ対象となるため、この方法だと除外されます。

とはいえ、ポイントが2倍になったところで手数料も多いようでは仕方がないので、年会費を安くするためにマイ・ペイすリボを使うのはおすすめです。

「リボ払い手数料ゼロ」にするための金額変更手続き

マイ・ペイすリボの支払金額変更は、三井住友カードのVpassにログインして進められます

「リボ払い&キャッシング」のページにて、マイ・ペイすリボの「お支払い金額変更」へのリンクを見つけ、変更手続きを進めてください。

変更手続きの完了は登録メールとVpassから確認できるほか、後日、自宅に手続き完了のお知らせハガキが届きます。

三井住友カードの裏ワザについて詳しくは「三井住友VISAカードを年会費無料で使う方法とリボ手数料をなくす方法」をご覧ください。

リボ払い専用の三井住友カード「エブリプラス」もお得に使える

年会費永年無料
申し込み対象者高校生を除く満18歳以上
家族カード年会費永年無料
利用可能枠10万~80万円
リボ払い金利実質年率18.0%
電子マネー三井住友カードid・Apple Pay・WAON・PiTaPa

三井住友カードには、リボ払い専用の「エブリプラス」というクレジットカードがあります。

こちらはリボ払い専用というデメリットがある反面、ワールドプレゼントポイントが3倍

ポイント還元率になおすと1.5%になりますが、これは三井住友カード以外と比較してもかなり大きいです。

とはいえ、何も考えずに使っていると貯まるポイント以上にリボ払い手数料を取られてしまうでしょう。

一般的な三井住友カードのリボ払いよりも3.0%も金利が高くなっていますしね。

そこで必要となるのが手数料額の調整です。

手数料額の調整方法

ワールドプレゼントポイントが3倍になるのは、リボ払い手数料が発生した場合に限ります。

そのため、月々の支払金額よりほんの少し飛び出る程度の利用を心がけてください。

たとえば、支払金額が月20,000円で2,100円使った場合のリボ払い手数料は、約14円。

一方、ポイントは1,000円に対し3ポイント貯まりますが、1ポイントが5円相当のため、15円還元となります。

大幅に手数料を上回ることはありませんが、手数料のデメリットを打ち消せるでしょう。

また、セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、マクドナルドで三井住友カードエブリプラスを使用した場合には、250円につき+1ポイント

優待サイトでのネットショッピングを利用した場合には、ポイントが2~20倍といった特典もあるため、利用方法によってはもっとポイントを稼げるでしょう。

安易なリボ払いはしない!デメリットについてよく考えよう

リボ払いは賢く使えばとても便利なサービスです。

時によっては、延滞のピンチを切り抜けるのにも使えるでしょう。

しかし、その反面、何も考えずにリボ払いを選択してしまえば、返済地獄へと陥る可能性もゼロではありません

デメリットについてもよく理解し、返済計画を立てたうえでの利用を心がけてください。

三井住友VISAカード

三井住友VISAカード メイン 三井住友VISAカード 年会費 ボタン 三井住友VISAカード ポイント