HOME  カードローン部  お金借りるソフト闇金は審査なしで借りられるって本当!?実態を徹底解説します

お金借りる
ソフト闇金は審査なしで借りられるって本当!?実態を徹底解説します

最近、「ソフト闇金」という言葉が注目を集めています。

闇金とちがい、審査なし、在籍確認なし、ブラックでも借りられるといった点を売りにしていますが、果たして安全なのでしょうか?

この記事では、「そもそもソフト闇金って何?」といったことも含め、ソフト闇金の実態を詳細に解説します。

ソフト闇金は闇金とちがって安心?

結論からお伝えすると、ソフト闇金は「闇金」と変わりません。つまりソフト闇金だから安全ということはなく、その実態は闇金と変わらないのです。

しかしソフト闇金は、闇金とちがい、あえて自分たちが闇金と開き直ることで親しみやすさを演出しています。

さらにソフト闇金は、以下のような甘い言葉で近づいてくるので注意が必要です。

  • 「審査がない」 「審査が甘い」
  • 「ブラックでも貸します」
  • 「在籍確認しません」

それぞれの言葉に潜むリスクを紹介します。

「審査がない」「審査が甘い」

ソフト闇金は、「審査なし」や、「独自のゆるい審査基準で審査します」といった言葉を頻繁に使います。

しかし、貸付にあたり「審査なし」といったことはあり得ません。審査は、法律で義務付けられているからです。

そもそもカードローン契約にあたり審査が行われるのは、借り手側・貸し手側双方のリスクを減らすためです。

借り手側は、審査がないと大金を借りられることになります。この場合、返済が立ち行かなくなるリスクが出てきます。特に、自分の返済能力が高くないのに借りてしまうと、日々の返済で困窮してしまう可能性が高いでしょう。

一方で貸し手側としては、借金を返してもらえないと利子収入などの利益が得られません。そのため審査を行うことで、貸し倒れのリスクを減らせるのです。

逆にソフト闇金は、返済能力がない人にもお金を貸します。なぜなら、たとえ元本が返ってこなくても、法外な利子をかっさらうことで収入を得られるからですね。
そのため「審査なし」といった文句で近づいてくる消費者金融は、違法集団と思って間違いないのです。

さらに、「審査が甘い」と言いつつも、貸付にあたって収入証明書の提出を義務づけているソフト闇金もあります。ソフト闇金といえども、ほとんど返済できないような人には貸付は行いません。

つまり審査はしっかり行われていると思ったほうが良く、逆に言うと返済能力が少しでもあると思われると「カモ」にされてしまう可能性が高いのです。

「貸金業法」で審査は義務付けられている

審査は、「貸金業法」という法律で定められた義務です。

2000年前半ごろまでは、借り入れが重なり、返済できなくなる人(多重債務者)の存在が問題視されていました。返済ができない人が増えるのは、貸し手側の金融機関の経営にも大きなダメージを与えます。

そこで2010年に貸金業法が改正され、貸付にあたって抜本的な対策がとられるようになりました。そのなかで上限金利の基準などと共に、「返済能力調査」の義務化、つまり与信審査についても改めて明文化されたのです。

審査基準は金融機関によって異なり、その基準は明らかにされていません。しかし「審査なし」で貸し付けることは違法なため、正規の金融機関であれば貸付にあたって審査は必ず行われています。

「ブラックでも貸します」

ソフト闇金は、「ブラックの人にでも貸します」と言って近づいてきます。

そもそもブラックとは、信用情報機関に「事故情報」が記載されている状態のこと。事故情報とは、たとえば「返済に遅れた」といった個人の信用に関わる情報のことです。

金融機関は、事故情報がある人には基本的に貸付を行いません。なぜなら、事故情報があるということは返済能力が低いということだからです。つまり、貸したとしても返済してもらえる可能性が低いため、金融機関としてはリスクを背負うことになるからですね。

一方でソフト闇金は、こうした信用情報をある程度無視して貸付を行います。

消費者金融などのローン審査に落ち続けた人にとって見れば、ソフト闇金は救世主として映るでしょう。しかしソフト闇金から借りられたとしても、自分自身は返済能力がないことに変わりありません。

そのため返済が滞ってしまうことで厳しい取り立てに遭うなど、大きなリスクを背負うこともあるのです。

「総量規制」で貸付額が決められている

ちなみに、ソフト闇金は独自の貸付額の基準を持っていることが少なくありません。つまり、「ほかの金融機関で借金があっても貸付できますよ」と言い寄ってくるんですね。

しかし、貸付額に関しても貸金業法で明確に定められています。

具体的には「総量規制」といって、金融機関は借り手の年収の3分の1を超える額を貸し付けてはいけないルールがあるのです。

つまり年収300万円の人には、それぞれの金融機関合わせて100万円を超える額の貸付ができないんですね。

一方でソフト闇金は、総量規制を無視して貸し付けてきます。これは明らかに違法なのですが、ソフト闇金のなかには「総量規制を守っていません」と開き直っているところも……。

こうしたソフト闇金から借りてしまうのは、知らぬ間に違法行為に手を貸していることにも他なりません。「ブラックでも貸せます」「融資が断られた場合でも貸せます」といった言葉は絶対に信じないようにしましょう。

「在籍確認しません」

在籍確認をしないことを強くアピールしてくるのも、多くのソフト闇金が使う手口のひとつです。

ほとんどの消費者金融では、お金を貸し付けるときに在籍確認を行います。

在籍確認とは、勤務先などに電話し、本人が在籍しているかを確認すること。個人の存在が確認されてから、はじめて貸付を行っているのです。

一方でソフト闇金は、在籍確認を行わないことがほとんど。消費者金融を利用していることを周りに知られたくない人や、借りるのに後ろめたさがある人などをターゲットにしているんですね。

しかし在籍確認をしなくても、申し込みの際に勤務先の住所や電話番号を書かせることも。そして、返済が滞ると態度が急変し、場合によっては勤務先に繰り返し電話をかけてくることもあります。

そのため「在籍確認しない」と近寄ってきたら、まずは疑ってかかるようにしましょう。

ソフト闇金でお金を借りるリスク

ソフト闇金でお金を借りてしまうと、大きなリスクが伴います。気づいたら金利が膨らんでしまい、心身ともに追い詰められていくことも……。

特にソフト闇金には、以下の4つのリスクがあります。

  • 法外な超高金利
  • 手数料が高額
  • 強引な取り立てに遭う
  • 口座凍結の可能性がある

それぞれのリスクについて説明します。

法外な超高金利

ソフト闇金は、法外の超高金利で貸し付けてきます。

たとえばA社では、1週間で20%の金利が設定されています。
ここで気をつけたいのが、「1週間」という期間。正規の消費者金融であれば、「年利」が基本です。

1週間で20%の金利を年利に直すと、なんと年利1042%貸金業法では、年利は最大でも20%までと定められているので、1042%という金利がどれほど大きい値が分かるでしょう。

この場合、1万円を1年間借りたら単純計算で10万4200円まで利息が膨れ上がってしまいます。

なかには月利を設定するソフト金融もありますが、違法金利で貸し出していることには変わりありません。

違法な超高金利で借りてしまうと、返しても返しても金利支払いに追われて元本をなかなか返済できない「負のループ」に迷い込んでしまいます。「1週間」「1ヵ月」といった単位での貸付条件を見たら、まずは怪しいと思うようにしてください。

手数料が高額

ソフト闇金から借りるリスクとして、手数料の高さも挙げられます。金利支払いで困っている借り手に追い打ちをかけるように、手数料もかなり高額です。

具体的には、多くのソフト金融が1回あたりの貸付手数料を「3,000円」としています。一方で、通常の消費者金融の入金手数料は、高くても数百円程度です。

さらにソフト闇金は、手数料を引いた額を入金することがほとんど。つまり1万円を借りた場合、手数料の3,000円が引かれた7,000円だけが振り込まれるのです。

なかには、利息分を前もって引いた額を入金する(先引き)、かなり悪質のソフト闇金も存在します。

ソフト闇金は、手数料だけ見ても正規の消費者金融の約30倍です。「手数料がかなり高額」ということも、ソフト闇金の特徴として覚えておきましょう。

強引な取り立てに遭う

多くのソフト闇金は、「闇金と違って悪質な取り立ては行わない」とホームページに明記しています。しかし実態は、返済が少しでも滞ると、職場や自宅に電話をかけ続けるといった行為に及びます。

さらに悪質な場合は、深夜にも関わらず自宅に押し掛けてくることも。強引な取り立ては、貸金業法でも禁止されています。しかしソフト闇金にとって、こうした法律はあってないようなものなのです。

ソフト闇金は、申し込みまでは丁寧に、いわゆる「ソフト」な対応で接してきます。しかし、貸し付けてからは態度が一気に豹変することがほとんどです。

場合によっては、自分だけでなく、大切な人にまで被害が及んでしまうこともあります。

ソフト闇金は、「ソフト」と名がつくだけで、その中身は闇金と変わりありません。優しい態度や対応に騙されず、絶対に手を出さないようにしましょう。

口座凍結の可能性がある

ソフト闇金からお金を借りてしまうと、最悪の場合、口座が凍結されてしまうことがあります。

闇金業者は、詐欺グループと深いつながりがあることが珍しくありません。そのため入金口座として伝えた口座が、詐欺のための口座として勝手に利用されていることがあるのです。

この場合、犯罪として使われている口座だと発覚すると、その口座は使えなくなります。さらにその口座の持ち主も、今後一切、新たに口座を開設することができなくなる可能性があるのです。

銀行口座が開設できないと、生活全般が成り立たなくなってしまうことでしょう。

このように、深い考えもなくソフト闇金から借りてしまった結果、取り返しのつかない事態を招いてしまうことがあります。

犯罪の片棒を担がされないためにも、ソフト闇金には十分気をつけるようにしてください。

ソフト闇金の見分け方

ソフト闇金は、インターネット上で堂々と自分たちのホームページを出しています。

そのため、借りようとしている会社がソフト闇金かどうかは分かりやすいのですが、なかには正規の消費者金融を装っていることもあるので注意が必要です。

そこで、ソフト闇金の見分け方を3つお伝えします。

  • 貸金業登録番号を確認
  • 連絡手段が携帯電話かLINE
  • ホームページに会社情報の記載がない

貸金業登録番号を確認

ソフト闇金を見分けるうえで最も確実なのが、「貸金業登録番号」を確認することです。

貸金業登録番号とは、国や都道府県から認められた貸金業者にしか発行されない許可番号のこと。つまり、貸金業登録番号に登録されていないのに貸付を行おうとする会社は、違法組織ということです。

ソフト金融のなかには、適当な貸金業登録番号をホームページに載せていることがあります。この場合、「登録貸金業情報検索入力ページ」に番号を入力してみてください。検索してもヒットしなければ、その会社は国から認められていないということ。絶対にお金を借りてはいけません。

連絡手段が携帯電話かLINE

ソフト闇金の見分け方として、連絡手段を確認することも有効です。

具体的には、ソフト闇金は「携帯の電話番号」や「LINE」を連絡手段とすることがほとんど。これらを利用する理由は、万が一通報されても証拠を消しやすいからです。

「連絡が取りやすいのでLINEを使っています」といったように、あくまで利用者のことを考えて使っていると強調してきますが、実際は「逃げやすいから」というだけ。

ちなみに、ホームページに固定電話の番号を載せず、携帯電話の番号だけ載せている会社にも注意してください。なぜなら貸金業法では、固定電話の番号を掲載しなければならないと決められているからです。

そのためホームページを見て会社の固定電話番号が記載されてない場合は、ほぼ闇金と思って間違いないでしょう。

ホームページに会社情報の記載がない

ホームページに会社情報が書いてあるかも確認しましょう。

貸付業者は「ホームページ上に会社情報を記載すること」が必須とされていますが、ソフト闇金の場合はそのルールを無視していることがほとんど。つまり会社情報そのものの記載が全くない場合が多いのです。

仮に書かれていたとしても、所在地がでたらめなこともあります。

「なんか怪しい……」と思ったら、面倒でも会社情報の有無を必ず確認してみてください。こうした確認が、あとあと自分を守ることにつながります。

これから借りる場合は信頼の置けるカードローンを使う

カードローンは、正規の業者から正しい手順を踏んで借りれば、いわゆる「怖い存在」ではありません。

たしかに審査がありますが、これは自分自身が返済に困窮しないためにも大切なことです。

ただ、消費者金融のホームページは一見すると分かりづらく、比較しようにも何から手をつけて良いか分からないことも……。

その点、ソフト闇金のホームページはあえて簡素につくられています。分かりやすく易しい文章で親しみやすさを演出することで、集客しやすくしているんですね。

しかし、いずれにしてもソフト闇金は違法集団です。借りるのであれば、しっかりと信頼の置けるカードローンを利用しましょう。

以下の記事では、なかなか比較しにくいカードローンを分かりやすくランキング形式で紹介しています。サービスや金利、審査スピードなどが簡潔にまとまっているので、カードローン選びの参考にしてみてください。

【全93社からプロが厳選】カードローンランキングTOP10~2020年最新版~

ソフト闇金を使ってしまったら……?

この記事をお読みの方のなかには、実際にソフト闇金を使って焦っている方もいるかもしれません。

この場合、まずは以下を行ってください。

  • 返済しない・着信拒否
  • 警察に通報
  • 債権整理を考える

返済しない・着信拒否

まずは、これ以上返済しないことです。

ソフト闇金からの借り入れは、金利だけでも相当の支払いとなります。そのため返すことができず、また別のソフト闇金から借り入れる……といったことを繰り返す人も少なくありません。

そこで、自分自身をこれ以上苦しめないためにも、返済をストップしてください。おそらく取り立ての電話などが来るかと思うので、着信も拒否します。

そのうえで、すぐに警察に通報しましょう。

警察に通報

闇金被害者の多くは、警察への通報をあまりしたがりません。違法集団から借りてしまった後ろめたさがあり、通報を踏みとどまってしてしまうのです。

ただ、誰かの手を借りない限り、闇金業者から逃げることはほぼ不可能です。そのため、まずは警察に通報することを最優先に考えてください。

ちなみに、闇金の足取りは警察もなかなか掴めないのが現実です。なぜなら、被害者が警察に通報せず、通報したとしても闇金側には逃げる時間が十分あるからですね。

警察にすぐ通報することは、今後の被害者を増やさないことにもつながります。まずは勇気を出して助けを求めるようにしてください。

債務整理を考える

ソフト闇金からの借金が膨れ上がり、「もう返せない……」といった場合は債務整理を考えましょう。

債務整理とは、支払いに猶予を持たせたり、借金そのものを減額したりする手続きのことです。一般的には、債務整理を専門とする法律事務所に相談し、弁護士の手を借りて進めていきます。

しかし、「弁護士費用がそもそも払えない……」といったこともあるでしょう。こうした場合に頼りになるのが「法テラス」です。

法テラスとは、裁判などに必要な弁護士費用などを立て替えてくれる団体のこと。法律相談も無料なので、まずは電話をかけてみて、事情を説明することから始めてみると良いでしょう。

ソフト闇金の「審査なし」には騙されない!

ソフト闇金のホームページは、明るい雰囲気を演出していることが少なくありません。

しかしこれは、資金力に乏しい主婦や、金融知識のない若者などでも借りやすい雰囲気をあえてつくっているだけ。中身は闇金と変わらないことから、弱者を狙うかなり悪質な集団であることは間違いありません。

「審査なし」を強調するなど、あの手この手を使って忍び寄ってきますが、そのほとんどが違法行為です。一回でも借りてしまうと、ほとんどの場合返済できず、ひどい取り立ても待っています。

甘い言葉には、裏があります。ソフト闇金に出会っても、手を出さないように注意しましょう。

SMBCグループで安心のカードローン「プロミス」

プロミス 新キャプチャ

ボタン