老後を楽しく過ごすために「金を殺すな」と、オババが言う

『アメリッシュガーデン改』というブログをご存知ですか?

わかっています、ご存知ないってことは。
もう、ただね聞いてみたかった。
ちょっとお聞きして、全員の方から「知ってる!」ってそんな歓声を聞いてみたかった。

ごめんなさい、初心者ブロガーの夢です。

はじめまして

半年ちょっと前に『はてなブログ』を始めたアメリッシュです。
家族のアレやコレやを書いています。

このアレやコレやは、おそらく初めての方には想像の右90度くらいのお話で、私のありえない姑オババが脇役のブログです。決して姑が主役じゃありません。嫁の愚痴を書いてます。

そう、愚痴ブログなんです。

飽きもせず日々、姑の愚痴を書き続けた半年間。
事態は予期せぬ方向に向かって、向かいきっておりまして、宝石店に行きたいのに、到着したのは八百屋だったみたいな。
大根じゃない、欲しいのはダイヤなんだってくらい予期せぬ方向で・・・

あろうことか、姑オババに多くのファンができてしまった。
わたしではなく、姑オババのファンです。
嫁代表としては忸怩(じくじ)たるものがあります。

半年間でブログの総アクセス数が33万PV。その中のコアな読者の方、もれなくオババファン。

頑張ってブログを書き、苦しい胸のうちを明かし、少しでも誰かの同情が欲しいと考え、日々ブログに勤しんだ、その結果が姑ファンの爆増。

不愉快になってオババの話をやめたら、「オババロス」とまでコメントされました。

むなしいです・・・。

ディズニーオタクとオババの金銭感覚

オババは大変なディズニーオタクです。ディズニーと聞いただけで、羽生選手の追っかけも真っ青ってくらい、もうとてつもない神追っかけします。
血管内を赤いミッキーと白いミニーが手を取り合って流れてるんじゃないかって、そんくらいオタクです。

ここまでを基礎知識として、
「お金」と「わたし」です。

お金。そう、お金のコラムです。ついでに「わたし」も付け加えてと、

   ・

   ・

   ・

お金、なんですが。

あの、えっとね、その、もうね1時間。
書くことがなんも頭に浮かんでこないで、もうね小1時間。
パソコン画面が真っ白のまま。
冬の八甲田山でホワイトアウトかってくらい、真っ白。
なんなら冬のエベレスト、登頂してもいい、そんくらい真っ白。

私、平凡が絵になったような普通の生活をしており、お金で何か書くほどの縁もなく、このまま字数制限まで、金、金、金の一文字で終わらせたいって、それほど書くことがない。

「先ほどからパソコンを見つめるだけで1時間すぎておりますが」と、オババから声がかかりました。

オババ、リビングにちょこんと座り茶をすすっています。
同居してるわけじゃないんですが、ときどきリビングにおります。
座敷わらしかってくらい怖いです。

「1時間? 気のせいです」
「そんなにパソコンが好きですか」
「お金をテーマに書いているのです」
「書いてるようにみえませんが」
「・・・」
「書くことがないのですか」
「・・・」

オババ、右唇の端をぐっとあげ笑い顔を作ってます。私も、ぐっと左唇をあげて対抗しました。

「なるほど。ないのですね」
「・・・」
「お金の金言を知りたいですか? 例えば、大金持ちの家に生まれたお嬢様も、お金のために75歳で路頭に迷うって、そんな話を」

知りたい。もう、この際ね、なんでもいいから言って。

「人間、70年以上も生きていますとね。幼馴染の行く末とか、知り合いの人生の結果が見えてきますから、そういう人もいますよ。ひとりだけですが」
「それは辛いです。年を取ってからお金がないのって」
「そうです。それはお金の使い方を知らずに生きてしまった結果です」

オババ、また、お茶をすすってから、ニヤリとしました。

「お金には、生きた金と死んだ金と殺した金の3種類があります。大抵の場合、年寄りは死んだ金にしがみついてますが。ともかく、この3種類の金を使いわけて上手くやれば、人生、そこそこ成功です。1種類に偏ると困ったことになります」
「はあ」
「わかってないようですね」
「完璧にわかっています」

ふん、わからんでか。あんたの考えることくらい、マルッと全部、お見通しだい。

「では、生きた金とは!」
「うまく使って、身のためになるお金です」
「そうです。では、死んだ金とは?」
「使わずにタンスに眠ったお金・・・」
「よい答えです。死んだ金を持っておくことも必要ですからね。いざってときの蓄えです。では、殺した金とは」

私、聞こえなかったフリして立ち上がり、台所で湯を沸かしはじめました。

「殺した金とは!」

ええい、しつこい。

「して、その答えは!」

ちっ、こうなるとオババ、追求の手を緩めません。
仕方ねえぇ!

「ヤリで刺した金!」

ごめんなさい。
今、ブログで織田信長について書いているのでヤリをだしてみました。

「アメさん、少しは常識を知りなさい」

あんたが言うか!

「お金を使って、お金を蓄えて、最後に槍で刺すって、イミフです」
「イミフ? なんですか、それ」
「意味不明ということです。孫に聞きました。知らないのですか?」
「最近、子どもとの会話が少ないもんで」
「おや、私とはよく話しますよ」

あのやろ!

「殺すお金とは、バカなものに使ってお金を無駄にして殺すことです。稼いだお金を、生かして使い、無駄なもので殺さず、そして、残った金を死なせておく。そうしていけば、人生に困りません。シンプルです」
「さすがです」
「これこそが、我が家の家訓。子どもたちに伝授しておくように」
「しかと受け止めました」
「では、次に行くディズニーですが」

行くんかい。

「ディズニーランド、入場料を値上げしましたし、もったいないかと」
「愚か者! ディズニーで使う金こそ、生きた金」
「・・・」
「考えてもみなさい。年をとり、楽しみもなく、嫁いじりに徹する年寄りほど醜いものはない」
「な、なるほど。さすがでございます。3つのお金の使い方、心得ておられるようで」

オババ、いきなり横を向くと、テレビ画面を見ながら再び茶をすすっています。聞こえなかったフリしています。

こうなるとね、こう、ちょっとね。よぎるものがあるんです。これまでの経験上でね。
怖いものは見たくない。そういう気持ちはある。断然あるんですが、あふれる好奇心が邪魔して地雷を踏むんであって。

「3つの使い方、オババ様は完璧ですよね!」

しばらく、沈黙が続きました。
私、ニコって笑ってみました。
オババもニヤってしました。

「ま、・・・そうでもない」

え? なんちゅうた?

「ちなみに、そうでもないって」
「死んだ金じゃ」

や、やっぱり!
70代で一番、アカンやつだ。
貯金0なんか? まさかのゼロなのか。

「これからの老後は」
「なるようになる!」

ならんわ!
ぜったい、ならん!!

「お金がなくなった場合、どうなさるおつもりで」
「ケーキを食べればいいだろう」

あんたはマリー・アントワネットか!

ブログのご紹介『アメリッシュガーデン改』

https://funyada.hatenablog.com/

4月からブログをはじめ、ほぼほぼ半年になる雑記ブログです。 愚痴じゃなかった嫁と姑の優しい関係をブログに書いて半年。9月で義理のいとこが結婚したことで、嫁姑シリーズは終えました。 10月からは「明智光秀の謎」という歴史シリーズを書いています。