【ホントに必要?】学生がクレジットカードの作り方を学ぶ前に知っておきたいこと

周りがクレジットカードを持ち始め、「私も欲しい・・・」と思う学生は多いのではないでしょうか。

しかし、クレジットカードは作れる学生と作れない学生、作らない方がいい学生と作るべき学生がいます。

クレジットカードの作り方を学ぶ前に、「自分はクレジットカードが作れるのか?」「自分は本当にクレジットカードが必要なのか?」と一度考えてみましょう。

1. クレジットカードを作れる学生・作れない学生

クレジットカードは、年齢によって作れる学生と作れない学生が決まっています。

①17歳以下・高校生はクレジットカードを作れない

現在の日本の法律では、ザンネンですが17歳以下の人はクレジットカードを作れません。

高校生・中学生・小学生のみなさん、ごめんなさい!

また、中学や高校で留年した人・中退した人もいるかもしれませんが、たとえ18歳以上であってもこの場合はダメです。

②18歳以上の大学生・短大生・専門学校生・大学院生はクレジットカードを作れる

クレジットカードを作れるのは、18歳以上の大学生・短大生・専門学校生・大学院生です。

18歳・19歳の人は親のオーケーが必要

ただし、18歳・19歳の人は、親権者の同意が必要です。

言い出すのに勇気が必要かもしれませんが、親の同意をしっかり取りましょう。

「ネットショッピングをしたい!」「もういい加減、自立したい!」などなど、クレジットカードを作りたい理由は人それぞれだと思いますが、

「とにかく私にはクレジットカードが必要なんだ!」ということをアピールできれば、親もわかってくれるはずです。

③予備校生・浪人生は、無職として扱われる

予備校生・浪人生もクレジットカードを作ることはできます。

しかし予備校生・浪人生は学生とはみなされず、無職として扱われてしまいます。

どうしてもクレジットカードを作りたければ、親に頼んで家族カードを作ってもらうか、審査に通りやすいカードを選びましょう。

2. クレジットカードを作らない方が良い学生・作るべき学生

クレジットカードを作らない方が良い学生・作るべき学生もいます。

①ズボラな人はクレジットカードを作らない方がよい

ズボラな人は、クレジットカードを作らない方がよいです。

普段から親や友達にお金を借りている人や、家賃を滞納している人はやめておきましょう。

お金の自己管理ができない人は、まず「ずぼらな人でも今日からできる!お金を貯めるたった9つの方法」でお金の貯め方を学んでください。話はそれからです。

②フリーターになる可能性のある人は学生のうちに作るべき

学生の特権といえるのは「年収0円」でも審査に通過できることです。

社会人になると、クレジットカードの審査はキビシクなります。

収入が低い人は審査でハジかれる場合もあるのです。

たとえいま使う機会がなくても、学生のうちにクレジットカードを作っておくことを強くオススメします。

3.学生のためのクレジットカードの作り方

クレジットカードを作るときに気になることをまとめました。

クレジットカードの申し込みに必要なもの

クレジットカードの申し込みは、ほぼすべてスマホで出来ます。

ただし、必要なものが3つあります。

①本人確認書類

本人確認書類は、マイナンバー、運転免許証、健康保険証のうち1つがあれば大丈夫です。

ネットからの申し込みであれば、ほとんどの会社がスマホで撮影した画像を送るだけでオーケーです。

②銀行口座

あなたが持っている銀行口座であれば、何でもオーケーです。

まだ銀行口座を持っていなければ、クレジットカードを申し込むときに同時に口座を開設できます。

③備えあれば憂いなし!学生証のコピーや画像

学生証については、コピーや画像でも大丈夫なクレカが増えてきています。

絶対に必要というわけではありませんが、不安な人は準備しておくとよいでしょう。

年収欄はどうすればいい?

クレジットカードの申し込みの際にイチバン迷うのが年収欄です。

年収を低く書きすぎると審査に通らないんじゃないか…?と思う人もいるでしょう。

ですが学生の審査は、たとえ20歳以上であっても、親の信用情報をもとに行われます。

なので、仮に年収が0円であっても審査に通る可能性は高いです。

クレジットカード会社も、そこまで正確な数字を知りたいわけではありません。だいたいの金額で大丈夫です。

それでも不安な人は、【0円でも審査通る?】学生がクレジットカードを申し込む時の「年収」計算法を読んでみてください。

手元に届くまでの時間

手元に届くまでの時間は、カードによりますが3日~1週間程度のものが多いです。

「即日発行可能!」と宣伝しているカードもありますが、これは発行が即日でできるだけで、手元に届くまでには時間がかかるというカラクリがあります

申し込みは、余裕を持って行いましょう。

4. 学生におすすめのクレジットカード

ここからは、学生におすすめのクレジットカードをご紹介していきます。

種類が多くて戸惑うかもしれませんが、クレジットカードの基礎知識を蓄える意味でも、ぜひ読んでみてくださいね。

とにかくトクをしたい学生向けのクレジットカード

とにかくおトクなクレジットカードが欲しい学生におすすめなのは、次の3枚です。

①楽天カード

楽天 キャプチャ 楽天の年会費とポイント還元率 ボタン 楽天カード ポイント

詳細

楽天カードはいわずとしれた高還元率カードになります。

最低還元率が1.0%と高く、楽天市場でカードを利用すれば、還元率は1.5%、2.0%と上がっていきます。

クレジットカードの顧客満足度調査でも、なんと9年連続1位を達成しています。ポイントをたくさん貯めたい学生には非常にオススメです。

②三井住友VISAデビュープラスカード

三井住友VISAデビュープラスカード キャプチャ 三井住友VISAデビュープラスカード 年会費 ボタン 三井住友VISAデビュープラスカード ポイント

詳細

三井住友VISAデビュープラスカードは、18歳〜25歳限定のクレジットカードであり、学生には最もおすすめのクレジットカードです。

年1回でも利用すれば、年会費は無料になります。

また、三井住友VISAデビュープラスカードは、20代後半になると自動的に別のカードに進化します。

26歳でプライムゴールドカードへのランクアップが可能で、30歳になればゴールドカードへの移行もスムーズに出来るのです。

将来的にステータスカードを持ちたい学生には、おすすめな1枚になります。

③JCB CARD EXTAGE

jcbカードエクステージ メイン jcbカードエクステージ 年会費 ボタン jcbカードエクステージ ポイント

詳細

JCB CARD EXTAGEは、18歳~29歳以下で持つことができるクレジットカードです。

通常のポイント還元率は0.5%ですが、入会後3カ月間は3倍、4カ月~1年間は1.5倍です。

また、海外での利用は常にポイントが2倍なので、海外旅行にいく学生にはお得なカードといえます。

年会費は無料ですが、5年以内に解約すると解約料2,000円を取られてしまうカードなので気を付けましょう。

オトナに挑戦したい学生向けのクレジットカード

もうコドモ扱いは嫌だ!という学生におすすめなのは、次の2枚です。

ただし一般カードなので、身分は学生でも、審査では社会人と同等に扱われます。

審査に落ちるリスクが上がるので、申し込む場合はよく考えてから行ってください。

①アメリカンエキスプレス・グリーンカード

アメックスグリーン紹介バナー アメリカンエキスプレスカード 年会費 ボタン アメリカンエキスプレスカード ポイント

詳細

ステータスカードといえば有名なのが、アメリカンエキスプレスカード=通称アメックスです。

世界の大富豪の多くが持っているカードです。例えば、マイクロソフトのビル・ゲイツも持っています。

年会費は12000円と高いですが、それなりの見返りがあります。とにかくモテます。

自分のステータスを見せつけてやりたい人にオススメのカードです。

②三井住友VISAカード

三井住友VISAカード メイン 三井住友VISAカード 年会費 ボタン 三井住友VISAカード ポイント

詳細

社会人になるとみんな持ち始めるのが、三井住友VISAカードになります。

というのも、誰もが知っている定番のクレジットカードであり、誰でも持つことができる嫌味のないステータスカードだからです。

逆にいえば、学生で持っている人はほとんどいません。周りを出し抜きたい人におすすめです。

5. まとめ

クレジットカードは、今後の人生でずっと付き合うことになる大事なパートナーです。

悔いのないよう、しっかり考えて申し込みましょう!

20代の学生や卒業間近の学生は、「20代におすすめのクレジットカード 一覧と知っておきたい使い方」も読んでみてください。

クレカ大バナー