急にお金が必要なときはどうすればいい?すぐにお金を借りる方法と注意点を解説!

この記事は、突然の出費で「急にお金が必要で困った!」という方に向けて書きました。

  • いきなり車が壊れてしまった
  • 葬儀が入って今日中に現金が必要

まとまったお金が急に必要になったときは焦りますよね。

急いでいるときでも、ひとりひとりの状況に合わせて適した資金調達を選べば、後々の返済に困りません

この記事では、即日でお金を手に入れる方法を説明した上で、あなたに向いている方法を解説していきます。

さらに、お金を借りるときの注意点も述べたので、ぜひ参考にしてください。

急にお金が必要!すぐに現金が手に入る3つの手段

まずは、急にお金が必要になって自力で賄えないときに、即日で現金が手に入る方法を3つ紹介します。

  • 人にお金を借りる
  • クレジットカードのキャッシング
  • カードローン

それぞれの方法をもう少し深く解説していきますね。

人にお金を借りる

貸してくれるアテがあり、必要金額が小さいならば一番手っ取り早い方法です。

ただし、今後の人間関係に影響を与える可能性もあるため、しっかりと事情を説明しなければなりません。

万が一返済が遅れたり踏み倒したりすると信頼関係が崩れます。

事前にしっかりと話し合い、双方が納得した上で貸し借りできるように気をつけましょう。

クレジットカードのキャッシング枠を利用

すでにキャッシング枠付きのクレジットカードを持っている場合は、特別な手続きがいりません。

ATMに行くだけですぐにお金を引き出せるので、とても手軽でしょう。

ただし、クレジットカードのキャッシングは利息が高めです。

18%程度が相場になるため、高額もしくは長期間の借り入れには向きません。

すぐに全額返済できる目処があり、額も大きくない場合は一番便利な方法です。

カードローンを利用

額が大きい場合には資金調達しやすいのはカードローンでしょう。

定期的な収入がある方であれば即日審査、借り入れができるところもあります。

カードローン会社によって、融資までのスピードや金利が異なるのが特徴です。

急いでいる場合でもしっかりと比較して選ぶことをおすすめします。

急にお金が必要!どの方法でお金を手に入れるのがいい?

急な場合でもお金を調達できる方法を3つ紹介しましたが、どれが向いているのか迷ってしまいますよね。

ここでは状況別にどの方法が適しているのか解説していきます。ぜひ参考にして、資金調達方法を検討してください。

お金を借りるあてがすぐに見つかるなら人に借りる

クレジットカードを持っておらず、審査が不安という人は、知人に借りるのが一番現実的でしょう。

ただし、お金を借りるためには誠意を見せ、相手が納得できる理由を正直に説明することが必要です。

また、返済の予定についてもあらかじめ話すとトラブルになりません

人にお金を借りたい人の注意点は後ほど説明するので、こちらも参考にしてくださいね。

未成年でも使えるのは学生ローン

もしあなたが未成年で、親戚を頼れない場合は学生ローンが頼りになります。

20歳未満の場合はカードローンが使えず、クレジットカードにキャッシング枠がついていないことも多いからです。

なお、学生でも20歳以上でアルバイトの収入がある場合は、より利便性の高いカードローンをおすすめします。

詳しくは「学生が借りるべきカードローン」をご覧ください。

すでにクレジットカードの枠があるならキャッシング

すでにクレジットカードにキャッシング枠をつけている人は、キャッシングが良いでしょう。

追加の審査がいらずに、お金を手に入れるにはATMにいくだけです。

使用した分は普段のクレジットカードの登録口座から自動で引き落としされるので、返済を忘れる心配がありません。

返済の手軽さも含めて、おすすめできる方法です。

クレジットの枠を作っていないなら審査が早いのはカードローン

クレジットカードのキャッシングに比べ、カードローンは審査が早いです。

土日でも即日融資ができるところもあり、審査は早ければ30分で済むこともあります。

クレジットカードにキャッシング枠を付けていないならば、借りる先はカードローン一択です。

まとまった額が調達しやすいのはカードローン

急に多額の現金が必要になった場合に、調達できる可能性が高いのはカードローンです。

クレジットカードはあらかじめ決められた枠の中でしか利用できません。

また、高額を知人に借りるのは気が引けるでしょう。

カードローンの場合は初回の融資を一定期間無利息にしているところもあるので、まとまった金額を借りたい人におすすめです。

おすすめはプロミス

プロミス 新キャプチャ プロミス 利用可能額 ボタン

人にお金を借りるときに使える理由と注意点は?

人にお金を借りようと決めた方に向けて、納得してもらえる理由と注意点を説明します。

知人に頼るのは手軽ですが、トラブルの原因になりがちです。

ぜひしっかりとこの章を確認し、人間関係にヒビが入らないように気をつけてください。

人にお金を借りるときに使える理由一覧

お金を貸してほしいときに納得してもらいやすい理由を紹介します。

  • 冠婚葬祭でお金が必要になった
  • 引っ越しの費用がまかなえない
  • 交通違反や事故で急に出費が必要になった
  • 生活費を支払えない
  • 怪我や病気で病院代が必要
  • 財布を落としてしまった
  • 会社の付き合いや取引先との関係性での飲み会が重なった
  • どうしても購入しなければいけないものがある

ポイントはどれも想定外の出費であり、そのお金を使う必要性があるということです。

贅沢をしたいといった理由ではまずお金を貸してもらえないでしょう。

計画性がないと思われないためにも、予定外の出費が重なったことをしっかりと伝えることが大切です。

人にお金を借りるときの注意点

人にお金を借りてトラブルを起こしてしまうと、その後の人間関係に影響を与えてしまいます。

後々揉め事をおこさないために、以下の2点に気をつけましょう。

  • 嘘をつかない
  • 借用書を作成する

嘘をつかない

お金を借りる理由が正直に話しにくいものだったとしても、嘘をついてはいけません。

内容にもよりますが、悪質な嘘でお金を騙し取ると詐欺罪になってしまいます。

犯罪までいかないとしても、嘘をついた情報が出回れば仲間内全体からあなたの信用が落ちてしまうでしょう。

後のことを考えて正直な理由を伝えるようにしてください。

借用書を作成する

借りる金額が大きい場合は、友人であっても借用書を作成することをおすすめします。

書面に残すことで相手が安心するだけでなく、自衛にも繋がるからです。

個人のお金の貸し借りで起きやすいトラブルを紹介します。

  • 返済日の認識にズレがある
  • 借りた金額の認識に差異がある
  • 後から利息を求められた

これらはすべて、口約束でお金を借りてしまったことが原因です。

最初にしっかり借用書を作れば認識のズレがなくなるので、自分のためにも書面化することをおすすめします。

言い訳をしてお金を借りるならカードローンの利用も検討するべき

お金を借りるために言い訳をしたり、金額について後から揉めたりするのが面倒くさいと思う方はカードローンの利用も検討しましょう。

カードローンならばお金を借りる具体的な理由も求められず、先に返済金額もわかるのでトラブルになりません。

後々の煩わしさを回避するには有効な手段です。

急にお金が必要でカードローンを使うときの注意点は?

今日中にお金が必要なのにアテがないとき、頼りになるのはカードローンです。

ただし、急いでいてもしっかりと会社選びをしないと損する原因になります。

会社選びのときに注意すべきことは2点です。

  • 即日融資してくれるところを選ぶ
  • 審査があるところを選ぶ

それぞれ説明していきますね。

即日融資してくれるところを選ぶ

審査に時間がかかってしまってはいつまでも資金調達できません。

会社によっては即日融資に対応していないので、事前にしっかりと確認しましょう。

特に、土日審査に対応しているところは限られているので注意が必要です。

なお即日融資が出来るカードローン会社は「即日発行が可能なカードローン【2019年最新版】~口コミ&条件で徹底比較~」をご覧ください。

急いでいても審査があるところを選ぶ

どんなに時間がない場合でも、審査を行っているカードローンを選んでください。

無審査でお金を貸してくれるのは闇金だけです。焦っていても、絶対に借りてはいけません。

速いところなら、1時間程度で審査が完了します。

急にお金が必要でクレジットカードを使うときの注意点は?

最後に、クレジットカードのキャッシング枠を使ってお金を調達したい人への注意点を解説します。

  • ショッピング枠に注意
  • 金利が高いので返済時期に注意

詳細を確認していきましょう。

キャッシング分ショッピング枠が減る

クレジットカードのキャッシング枠は、ショッピング枠の中に含まれています。

そのため、キャッシングをしてしまうと、その分だけショッピングに使える金額が減ってしまうのです。

すでにショッピング枠をギリギリまで使っている場合は、キャッシングができないので注意しましょう。

クレジットカードの利用枠についてさらに詳しく知りたい方は、「キャッシングの利用枠って?クレジットカードの「枠」を徹底解説」で説明しています。

金利は高めなので早めに返済しないと利息がかさむ

クレジットカードのキャッシング枠の金利は18%に設定されているものが多いです。

カードローンに比べて金利は高めになるため、気づけば利息がかさんでしまうこともあります。

少額ならば大きな影響はありませんが、まとまった額を借りる場合は注意が必要です。

急にお金が必要なときでも状況に合わせた調達方法を判断しよう!

急にお金が必要になった場合でも、即日で資金を調達する方法はいくつかあります。

返済するときに後悔しないためには、焦らずに状況に合わせた方法を選ぶことが大切です。

トラブルが起こらないように、しっかりとお金を借りる方法を検討してから行動しましょう。