HOME  投資信託投資初心者にゼロから解説 はじめての投資は投資信託がおすすめ

投資信託
投資初心者にゼロから解説 はじめての投資は投資信託がおすすめ

投資初心者にゼロから解説 はじめての投資は投資信託がおすすめ

この記事は、はじめて投資をする投資初心者に向けて書きました。

投資をしたことがない人が株や不動産を買うのはリスクが高くおすすめできません。

投資信託なら投資未経験でも簡単に買えて難しくもないため、投資初心者におすすめの商品です。

そこでこの記事では、投資初心者でもわかりやすく投資信託について解説します。

投資信託はプロが運用してくれるので初心者でも利用しやすい

投資信託が投資初心者におすすめの理由は、投資信託は自分ではなくプロが代わりに運用してくれるからです。

信託会社のファンドマネージャーがプロの経験と知識を活かして、資産を増やしてくれます。

投資信託は投資の知識や経験がない人でも簡単に投資ができるので、初心者に最適な投資方法なのです。

投資信託は投資が初めての初心者向けの条件が揃った投資商品

投資信託はプロが運用してくれる以外にも、初心者におすすめの理由がたくさんあります。

特に大きな理由が低額で始められることで、まとまった資金が必要ありません。

場合によっては100円などワンコインで始めることも可能なので、人によってはリスクを気にすることなく投資できるでしょう。

ワンコインで始められる「単元未満株」については「1株ずつ買える「単元未満株」ならタピオカ感覚で株銘柄を選べる!」こちらをご覧ください。

株やFXなどに比べてリスクが低い

投資といえば株やFXをイメージする人は多く、実際多くの人が株やFXで投資をしています。

株やFXはうまくいけば大きく利益を出せますが、損害を多く出してしまう可能性もあります。

投資信託も損をする可能性はありますがプロに任せるぶん、初心者が株やFXをやるよりもリスクは低く抑えられるでしょう。

投資信託は税金の優遇があるNISAやiDeCoと相性がいい

NISAやiDeCoは投資で得た利益の税金が優遇される制度で、投資を促進することが目的です。

多くの人に投資をしてもらうために投資初心者でも利用しやすくなっており、投資信託と組み合わせる方法がポピュラーなのです。

多くの信託会社がNISAやiDeCoと投資信託をセットでおすすめしています。

元本保証がなく損をする可能性も忘れずに

投資は利益が得られるメリットがあると同時に、損をしてしまうデメリットがあることを忘れてはいけません。

投資信託も同じで、初心者向けだからといってリスクがゼロというわけではないため、必ず覚えておきましょう。

投資信託が初心者におすすめの4つの特徴

投資信託は投資がはじめての初心者におすすめの理由がたくさんあります。

ここでは、おすすめの理由を4つに整理して解説します。

1.少額から始められる

投資信託が初心者におすすめできる大きな理由が、少額から始められることです。

100円や1,000円といった低額なら、気軽に取り組むことができるでしょう。

銀行や証券会社ごとにさまざまな金額の投資商品を用意していますが、ネット証券系の投資信託が安い傾向があるので、ぜひチェックしてみましょう。

2.投資のプロが代わりに運用してくれる

投資といえば経済や市場の動向をチェックして分析のもとに運用していくといった、難しいイメージがあります。

そんなイメージで投資に手を出しにくいという人は多いでしょう。

投資信託なら信託会社のファンドマネージャーが代わりに運用してくれるので、投資の経験や知識は必要ありません。

自分は投資の資金を払うだけでよく、あとは投資のプロが代わりに運用してくれるので安心なのです。

3.分散投資するのでリスクを軽減できる

投資信託は信託会社が複数の投資先を用意して、資金を分散して運用してくれる仕組みです。

資金を分散させればどこか一つの投資先が損を出しても、他の投資先で利益を出せばカバーできるため、リスクが軽減されるのです。

複数の投資を運用するのは初心者には難しいため、ファンドマネージャーが代わりにリスクを軽減するよう投資してくれるのは心強いでしょう。

4.個人では投資しにくい銘柄や商品にも投資できる

ファンドマネージャーが用意する投資先の中には、個人では投資しにくいニッチでマイナーな商品もあります。

投資のプロだからこそ用意できる商品で、そこに初心者が投資できるのは投資信託ならではのメリットです。

株式投資やFXは初心者にはハードルが高い

株式投資やFXは、投資のポピュラーな方法の一つです。

株は株式会社の発行する株を買って、株価が上がれば利益になります。

FXは買った外貨が円安になれば(日本円に換算して値段が上がれば)、その分が利益となるのです。

ただし、投資信託に比べて判断することが多く初心者には難しいといえます。

株式投資は業界や銘柄ごとの情報収集が必要

株価はその会社の業績や経営方針、業界動向などに影響されて変わります。

株価が上がるかどうかは銘柄に関する情報を集めて分析して、予測を立てる必要があるのです。

経済にかなり精通していないと正確な予測を立てることは難しく、プロの投資家でも読み誤ることは珍しくないため、初心者がついていくにはかなり厳しいでしょう。

FXは値動きが速く初心者は変化に追いつけないことも

FXは外国の通貨を使った投資なので世界の経済に目を配る必要があり、1日中値段が変化します。

その動きをチェックするだけでも大変で、1円未満の変化が常に起こっているので、それだけ細かい数字が損なのか特なのかを迷っていると、どんどん流れに取り残されてしまうでしょう。

それだけ変化が早い投資商品に初心者が手を出すのは無謀といえるかもしれません。

株式投資やFXはハイリスク・ハイリターンな投資商品

株式投資やFXは自分でやるには難しい投資ですが、高いリターンが期待できるため人気があります。

ただし、適切な情報収集や素早い判断ができないと損をする可能性が高いので、リスクも高いことから初心者には向きません。

やはり初心者は投資信託から始めることをおすすめします。

投資信託はNISAやiDeCoと組み合わせられる

投資信託を始めるなら、ぜひNISAやiDeCoと組み合わせることをおすすめします。

NISAやiDeCoは投資に関する一部の税金が優遇される制度で、個人の投資や資産運用を後押しすることが目的です。

投資信託とも相性がよく、税金のぶんだけ利益が減ることを避けられるので、利用しない手はありません。

NISA

NISAは株式投資や投資信託で得た利益にかかる税金が非課税になる制度です。

通常のNISAとつみたてNISAの2種類があります。

投資初心者にはつみたてNISAがおすすめ

つみたてNISAは通常のNISAに比べて年間投資可能金額の上限が少ないですが、免税期間が長く設定されており、長期間活用できます。

また初心者向けの投資商品がつみたてNISA用として金融庁に指定されているので、安心して投資することができるメリットも、投資未経験にとってうれしいポイントです。

NISAとつみたてNISAはどちらか片方しか利用できないため、投資の経験がある人はNISA、これから投資を始める人はつみたてNISAを選びましょう。

NISAとつみたてNISAの違いを以下の表にまとめました。

  NISAつみたてNISA
利用条件日本在住で20歳以上の人日本在住で20歳以上の人
非課税対象株式・投資信託等への投資から得られる配当金・分配金や譲渡益一部の投資信託への投資から得られる分配金や譲渡益
非課税投資枠毎年の新規投資上限額120万円(最大600万円)毎年の新規投資上限額40万円(最大800万円)
非課税期間最長5年間最長20年間
投資可能期間2023年まで2037年まで

自分で年金を積み立てて運用するiDeCo

iDeCoは個人型確定拠出年金という、自分で申し込む年金です。

年金は所得の一種のため、通常は受給時に所得税がかかりますが、iDeCoで受け取った年金には所得税と住民税がかかりません。

また、iDeCoの運用で得た利益も非課税になるうえ受給額に加算されるので、利益を出せば出すほどお得になります。

iDeCoもNISA同様、専用の口座を開設して積み立てていきます。

1月あたりの積立金額は最低5,000円から1,000円単位で増やせますが、職業によって上限額が違います。

iDeCoの職業ごとの上限額の違い

職業
上限金額
公務員月額1万2000円
会社員(企業年金あり)月額1万2000円・2万円
会社員(企業年金なし)月額2万3000円
専業主婦(夫)月額2万3000円
自営業月額6万8000円

iDeCoは国民年金または厚生年金の保険料を収めないと利用できないことと、60歳まで受け取ることができない点に注意しましょう。

投資信託を買う方法

ここまで、投資が初めての人には投資信託がおすすめな理由について解説してきました。

最後は実際に投資信託を始めるにあたって、必要な手順や考え方を解説します。

投資信託を扱っている証券会社を選ぶ

投資信託は銀行や証券会社など、多くの投資会社が取り扱っています。

投資信託を始めるにはその会社で口座を作る必要があるため、預金口座を持っている銀行が投資信託を取り扱っている場合、そこを利用するのも一つの手です。

自分に合った投資商品を選ぶ

投資信託は多くの信託会社がさまざまな種類の商品を用意しています。

その中から選ぶとき、将来利益が見込めることはもちろんですが、自分の考え方に合った商品にすることも大切です。

ライフスタイルから選ぶ

投資信託を老後の資金作りのひとつとして人生設計に組み込む場合、リスクを抑えたバランス型の投資信託がおすすめです。

バランス型の投資信託とは、値段の動き方が異なる複数の投資対象に分散して投資することで、ひとつの投資先が値崩れしても他でフォローできるようにしたファンドのことです。

興味のある商品から選ぶ

投資信託には自動車やAIといった、特定の分野に関連した銘柄を集めた商品もあります。

興味のある分野へ投資すれば高い関心を持ってチェックするようになるため、投資のいい経験となるでしょう。

ただし、もしその分野の関連銘柄が値下がりした場合、大きく損をしてしまう可能性があることは覚えておきましょう。

まとめ

投資がはじめての初心者に投資信託がおすすめなのは、プロが代わりに運用してくれる点がもっとも大きな理由です。

本来、投資は自分の考えと決断に基づいて運用するものですが、プロに任せることでそのハードルの高さを解消できるからです。

投資信託は買ってプロに任せきりにせず、その後の動向をしっかりチェックして投資の経験を積んでいき、将来もっと高度な投資ができるよう目指してみましょう!