HOME  投資信託ほったらかし投資とは?初心者におすすめのやり方や注意点を解説

投資信託
ほったらかし投資とは?初心者におすすめのやり方や注意点を解説

ほったらかし投資とは?初心者におすすめのやり方や注意点を解説

この記事は、「ほったらかし投資」が気になっている、あなたのために書きました。

ほったらかし投資は初心者さんでも始めやすい投資方法で、手間がかからないのが最大の魅力!

ほったらかし投資はやり方がいくつかありますが、種類を選べば税制優遇も受けられます。

今回はほったらかし投資の基礎ややり方はもちろん、注意点や参考にしたい本などを解説します。

今は低金利時代で老後資金2000万円不足問題など、お金にまつわる不安を抱える時代。

資産運用に興味がある方は、ぜひ記事の最後まで読んでください♪

ほったらかし投資とは?投資初心者におすすめする理由

ほったらかし投資とは、「投資環境を整えたらあとは手間をかけずに放置」する投資方法のことです。

ほったらかし投資はいくつかやり方がありますが、全てに共通しているのは「長期間」かけて少しずつ「積立投資」することで利回りを期待します。

ほったらかし投資は知識が乏しい初心者でも始められるし、基本はほったらかしておくだけなので一切手間もかかりません。

ほったらかし投資がおすすめの人をまとめたので、1つでも当てはまる人はぜひこの記事をじっくり読み進めてください。

ほったらかし投資がおすすめの人
・資産運用に興味がある
・投資の知識がない初心者さん
・投資に時間をかけられない(サラリーマンや主婦)
・将来の老後資金を貯めたい

ほったらかし投資は王道の「投資リスク回避」を抑えている

ほったらかし投資は資産運用の初心者におすすめですが、実は投資のリスク回避の王道パターンを網羅した投資方法です。

投資にはリスクも伴うため、以下のようなリスク回避対策(リスクヘッジ)が欠かせません。

投資の3大リスク回避方法
  1. 銘柄分散する(被るリスクを最小限にする)
  2. 長期運用する(収益を安定させる)
  3. 時間分散する(平均値をキープさせる)

ほったらかし投資は、この投資の3大リスク回避対策がされている投資方法!!

長期間かけて少しずつ積み立てることで「②長期運用」と「③時間分散」ができ、様々な銘柄を購入することで「①銘柄分散」が可能なのです。

投資初心者におすすめの「ほったらかし投資」のやり方

ほったらかし投資にはいくつかやり方がありますが、投資初心者さんにおすすめなのは以下の2つのやり方です。

ほったらかし投資のやり方【初心者向け】
①つみたてNISAを活用した投資信託
②ロボアドバイザー

どちらのやり方もおすすめですが、あなたの投資目的に合った種類を選ぶことが大切です。

答えを言うと…

  • つみたてNISA…税制優遇を受けたい人におすすめ
  • ロボアドバイザー…完全に運用を任せたい人におすすめ

ほったらかし投資のやり方として、「iDeCo(個人型確定拠出年金)を活用した投資信託」という方法もあります。

ただしiDeCoは60歳まで解約ができないため、「老後の生活費の積立を目的」としたほったらかし投資であればおすすめです。

さらにiDeCoは口座開設費用や維持管理費用がかかる点も、留意しておかなくてはいけません。

iDeCoについてもっと詳しく知りたい方は、「iDeCoの「いつまで」に回答~年齢・掛け金・運用・年末調整&確定申告 」をご覧ください。

ほったらかし投資①つみたてNISAを活用した投資信託

ほったらかし投資の王道といえば、「つみたてNISA」を活用した投資信託です。

自分で決めた一定の期間毎に、口座から自動積立をすればほったらかし投資ができます。

NISAといえば「つみたてNISA」と「一般NISA」がありますが、ほったらかし投資をするのであればつみたてNISAの方がおすすめです。

 つみたてNISA 一般NISA
投資額の非課税枠 年間40万円 年間120万円まで
非課税期間 最長20年 最長5年

つみたてNISAは投資拠出可能期間が2037年末(2042年末まで延長予定)と一般NISAよりも長く、最大800万円まで非課税となります。

さらにつみたてNISAはファンドが厳選されているため、銘柄選定のミスも起こりにくいというメリットもあります。

つみたてNISAについてもっと詳しく知りたい方は、「投資信託はNISAやiDeCoと組み合わせられる 」をご覧ください。

ほったらかし投資②ロボアドバイザー

ロボアドバイザー(ロボットアドバイザー)とは、AI(人工知能)がアドバイスや運用をしてくれる金融サービスのことです(WealthNaviやTHEOなど)。

ロボアドバイザーには「アドバイス型」と「投資一任型」の2種類がありますが、ほったらかし投資をするなら「投資一任型」がおすすめです。

投資一任型のメリット
・投資先を選定して運用してくれる
・リバランスなどのメンテナンスもしてくれる

投資一任型のロボアドバイザーでもリスクの許容レベルは自分で設定できるため、AIが勝手に資金を使いすぎることはありません。

ロボアドバイザーは資産運用を完全自動化できるというメリットがありますが、つみたてNISAのような税制優遇はなく、運用手数料1%程度発生するデメリットもあります。

自分で銘柄を選定する手間はかかりますが、アドバイス型であれば一般NISAと組み合わせることも可能です。

ロボアドバイザーについてもっと詳しく知りたい方は、「ロボアドバイザーとは?一般NISAとならどっちらが良いか徹底比較! 」も併せてご覧ください。

ほったらかし投資を始める前に知っておきたい重要ポイント

ほったらかし投資を始める上で必ず覚えていただきたいのが、「株価の値下がり=損」ではないということ。

「株価が値下がりして大損した!」なんて話を聞いたことがあると思いますが、これは短期の一括投資(株式投資)の話です。

ほったらかし投資の重要ポイント
・投資した商品の価値が下がってもOK
・長期間投資を継続すること

ほったらかし投資は「長期×積立×分散」のため、株価が値下がりした時ほどチャンス!!

株価が値下がりをすれば、同じ資金で数(株数や口数)を沢山購入できます。

そして長期間運用することで将来価格が上昇すれば、一気に利益を出せる可能性があるということです。

ほったらかし投資で最悪なのは「焦って売却」すること

ほったらかし投資で最悪なのは、「値下がりしたから」と怖くなって焦って売却に走ることです。

せっかくコツコツ積立てたのに値下がりしたからと売却に走るということは、リスクのみを被る最悪の行為です。

「値下がりしている時は買い時!」と頭を切り替えて投資を続けることで、将来的に大きく成果を上げることに繋がります。

ほったらかし投資は読んで字のごとく「ほったらかす」投資方法、10年20年後を見据えた資産運用を心がけましょう。

ほったらかし投資を始める前に参考にしたい本

ここまででほったらかし投資のやり方や注意点を解説してきましたが、成功のノウハウを知っておくことも大切です。

ほったらかし投資の成功例や失敗談が紹介されている、おすすめの本を紹介しておくのでぜひ参考にしてください。

全面改訂ほったらかし投資術 インデックス運用実践ガイド(山崎元/水瀬ケンイチ)

【出典:楽天ブックス

2010年に出版されたロングセラー「ほったらかし投資術」に、iDeCoやNISAを最大限に活用する方法が加わってバージョンアップ! ETF(上場型投資信託)についても詳しく紹介されており、投資初心者に向けてさらに分かりやすく解説されています。 ほったらかし投資を始める前に、必ず読んでおきたい一冊です。

ほったらかし投資完全ガイド最新版

【出典:楽天ブックス

ほったらかし投資とiDeCoやつみたてNISAの組み合わせや、投資ブロガーたちの儲けの極意までを完全網羅! ほったらかし投資をやるべき理由はもちろん、その年の最強ファンドがランキング形式で紹介されています。 毎年「最新版」が発売されるため、ほったらかし投資の最新情報を手に入れたい初心者さん必見の一冊です◎

月5000円からはじめる 最新! ほったらかし投資(頼藤太希監修)

【出典:楽天ブックス

人気ファイナンシャルプランナー頼藤太希氏が提唱する、資産を10年で1.79倍にする「最新!ほったらかし投資術」を紹介するマネー実用本です。 年利2%~6%を狙うコースまで解説されているため、ご自分に合った投資スタイルを見極めるためにも、ぜひ参考にしてください。

ほったらかし投資は投資初心者におすすめ

ほったらかし投資は資産運用の初心者さんにおすすめの投資方法ですが、まずはあなたに合ったやり方を見極める必要があります。

今回解説した内容を、ここでもう一度復習しておきましょう。

ほったらかし投資まとめ

  • ほったらかし投資とは「長期の積立投資」
  • 税制優遇を受けるなら「つみたてNISAを活用した投資信託」
  • 運用を完全に任せるなら「ロボアドバイザー」
  • ほったらかし投資は「値下がり=購入のチャンス」
  • 最悪なのは焦って売却に走ること

ほったらかし投資は手間も時間もかからないため、本業が忙しいサラリーマンや主婦でも始められる投資方法です◎

まずは基礎知識を理解した上で、正しい「ほったらかし投資」を始めましょう。