HOME  投資信託儲かる副業の条件を分析した 儲けやすい副業ランキング

投資信託
儲かる副業の条件を分析した 儲けやすい副業ランキング

儲かる副業の条件を分析した 儲けやすい副業ランキング

この記事は儲かる副業を知りたい人に向けて書きました。

副業で儲かるか、たくさんお金が稼げるかどうかは、自分に合った副業のやり方を見つけることです。

在宅やスマホなど、仕事のしやすい条件は人によって違います。

自分のスタイルに合った副業なら長く続けられるので、コツコツやれば儲かるでしょう!

儲かる副業かどうかを決めるポイント

せっかく副業をするなら、少しでも儲かるものにしたいと思うはずです。

高収入な副業が見つかればいいですが、そうでない場合はいかに効率よく稼いで儲けを増やすかがポイントになります。

副業に充てる時間はできるだけ短くして本業に影響が出ないようにする

本業と副業では本業の方が優先になるので、副業にあまり時間をかけてしまうと、本業に支障が出てしまうでしょう。

副業はできるだけ短時間で完了するようにすれば、本業と無理なく両立できるので、長く続けられて儲けることができます。

副業を始めるのに必要なお金は少なく抑えるのがおすすめ

副業を始めるときに必要な出費があると、収支がマイナスからのスタートになります。

あまり大きな出費が必要な副業だと、マイナス分を取り戻すのがそれだけ大変になります。

副業をするのに有料サービスへの加入が必要だったり、新しい機材を買ったりする必要がある場合は、できるだけ出費を抑えるようにしましょう。

リスクが低く継続して続けられる仕事を選ぶことが重要

たとえ1回の報酬が少なくても、数をこなせばそれだけ儲けも大きくなります。

長く続けられそうな案件があれば、多少報酬が少なくてもぜひ取り組みたいところです。

副業に割く時間が短いかどうか

副業で儲けるひとつの方法として、作業時間が短くすぐに終わる作業にしたり、時間に融通が利く状況を作ったりすることです。

短時間で効率よくこなせれば、それだけ報酬も速いスピードで得られるので、結果的に大きく儲けることができるでしょう。

時間や場所に拘束されるタイプの副業は厳しい

仕事に割く時間が決まっている副業は、時間の調整で本業との両立に苦労するでしょう。

また、どこかに出向かないといけないタイプの副業は、移動時間がそのままロスになってしまいます。

副業をするときの負荷が大きいため、効率があまりよくない状況といえます。

在宅で副業に充てられる時間を自分でコントロールできることが理想

理想的な副業の形態は、自宅で自由なタイミングで作業できることです。

好きなタイミングで作業できれば、本業に影響が出ることは少ないでしょう。

また急用や体調不良などで作業できない状況になっても、他の日に作業を振り替えるなど柔軟性のある働きかたができる点もメリットです。

本業の隙間時間にできる仕事だと効率がよくおすすめ

本業と副業のどちらもパソコンで文書を作るなど、作業方法が同じなら並行して作業できて効率的です。

たとえば会社のパソコンで本業の作業をしているときに、ちょっと時間が空いたら副業の作業を進める、といった方法ができます。

ただし、会社でやる場合は副業の作業だと他の人に知られないよう注意しましょう。

初期投資が少ないかどうか

副業を始めるために必要な初期投資が高い場合、儲けるためには初期投資分を回収できるだけの収入を得る必要があります。

その苦労をできるだけ少なく抑えるためにも、初期投資はできるだけ少ない副業がおすすめです。

理想はパソコンやスマホ1台で始められる副業

パソコンやスマホは誰もが持っているので、それをそのまま副業の作業に使えれば初期投資はゼロで済みます。

原稿の執筆やアンケート回答などなら、特殊なアプリも必要ないのでおすすめです。

デザイン系など専用のアプリケーションが必要な副業は、すでにそのアプリを持っているならいいですが、副業用に新たに買うとコストがかかるため、きちんと回収できるか見通しを立てましょう。

投資系の副業もあり

投資は株や外貨などの金融商品を買うことから始めるため、その資金が必要です。

とはいえ、数万円から数十万円などまとまった金額が必要なイメージがありますが、最近は楽天ポイントやTポイントで投資ができたりワンコインからできる投資方法もあります。

始めるハードルはかなり低いといえます。

副業を始めるときに注意すべきポイント

副業も仕事のひとつなので、きちんとスケジュール通りに成果物を完成させることが前提です。

そのために注意すべきポイントを解説します。

本業と両立できて安全かどうかきちんと確認しておく

副業をするときは、副業に時間と手間をとられて本業がおろそかになってはいけません。

本業に支障を出さず、副業と両立するよう調整しましょう。

また、副業でトラブルが起きてしまうのも避けたいところです。

やろうとしている副業に、どんなトラブルが起きうるかを事前にチェックしておき、対応できるよう安全策を整えておきましょう。

継続して続けられるかどうかは収入に大きく関わる

高収入の案件を1回やるよりも、ある程度の報酬の案件を継続してこなす方が、トータルの儲けは多くなるでしょう。

単発の報酬の多さにこだわらず、長期にわたって案件が受けられるかどうかを重視することが、副業で儲けるポイントです。

毎年確定申告を忘れずに行うこと

副業で得た収入には所得税がかかるので、確定申告をしなければいけません。

確定申告は1年間で得た収入を国税局に申告することで、正しい税金の額を確定させる手続きです。

サラリーマンは会社が代わりに申告を行ってくれるため原則必要ありませんが、副業で得た収入について会社は把握していないため、自分で確定申告をする必要があるのです。

なお、1年間で得た副業の収入が20万円以下の場合は、確定申告は必要ありません。

儲けが期待できるおすすめの副業ランキング

ここまで解説した儲かる副業のポイントを踏まえて、どんな副業がおすすめかをランキング化しました。

自分のスタイルに合ったポイントを備えた副業を選んで、収入アップを目指しましょう。

少ない時間で稼げるおすすめ副業ランキング

副業にかける時間が少なければ、余裕をもって稼ぐことができます。

空いた時間を他の副業をこなすなどすれば、さらに儲けを増やせるでしょう。

1位:株や外貨などの投資

投資は金融商品を買ったら基本的には値上がりするのを待てばOKで、ほとんど時間を取られません。

買ったときよりも高く売れればその差額が利益になるので、株や外貨、金などいろいろな金融商品を買っておけば、それだけ儲かるチャンスも増えます。

投資で得た利益が一定額免税になるNISAやつみたてNISAを併用すれば、税金のぶんも儲けとして自分の手元に残るので、ぜひ利用しましょう。

2位:アンケートモニター

アンケートモニターは1回10分ほどで終わるので、時間のない人でもできる副業です。

アンケート1回当たりの報酬は少なめですが、いろいろなアンケートに回答すればそれだけ報酬が得られるので、数をこなせるのもメリットです。

初期投資が少ないおすすめ副業ランキング

初期投資が少なければ副業を始める金銭的なハードルが低く、投資分を取り返す手間も少なくなるので効率がいいといえます。

1位:本業のスキルが活かせるもの

本業のスキルが活かせる副業にすれば、副業に使う道具をそのまま流用できるでしょう。

たとえばパソコンで原稿を書く副業をする場合、本業でも同じ原稿執筆や書類作成の仕事をしていれば、そのスキルを使って副業の原稿を書けるので、初期投資はゼロです。

2位:データ入力

データ入力はパソコンがあればできる副業で、今やパソコンはほとんどの人が仕事で使っていたり、自宅にもパソコンを持っていたりします。

データ入力はそのパソコンでもできる副業なので、初期投資がかかりません。

継続して稼げるおすすめ副業ランキング

継続して稼ぐには、需要の多い仕事を選ぶことがポイントです。

需要の多さは業種によって違いますが、高いスキルや専門技術を持っていれば、そのぶん多くの案件を受けられますが、ここでは副業を始めたばかりの人でも継続が期待できるものを紹介します。

1位:Uber Eatsの配達

Uber Eatsは飲食店のメニューを届ける配達サービスで、配達パートナーの登録をすれば誰でも始めることができます。

感染症予防対策としてデリバリーを始めた飲食店が増えているので、Uber Eatsのような宅配サービスは需要が見込めるのです。

2位:ネット物販

メルカリやラクマといったフリマアプリを利用して、個人レベルのネット通販を行う人も増えています。

扱う商品によっては多くの需要が見込めるので、商品選定によっては継続して稼ぐことができます。

ただし、人気商品を買い占めてフリマアプリで高額販売する手口が後を絶たず、問題視されていることを忘れてはいけません。

新発売の商品は正規の販売店に任せて、中古や競争率の低いニッチな商品などを扱うなど、節度を守って販売することが大切です。

まとめ

副業で稼ぐには儲かる案件を見つける以外にも、効率よく報酬を得る工夫をすることも有効です。

手間を減らす、初期投資を抑える、継続して続ける、この3つのポイントを満たせるような副業のやり方を探してみましょう。