HOME  投資信託  投資の不安【5分でわかる】20代の平均年収~収入アップにおすすめの方法も紹介!

投資の不安
【5分でわかる】20代の平均年収~収入アップにおすすめの方法も紹介!

【5分でわかる】20代の平均年収~収入アップにおすすめの方法も紹介!

この記事は「20代の平均年収が知りたい!」という人に向けて書きました。

他の人がどのくらいの年収をもらっているかは気になるものの、年収はデリケートな話題なため、大っぴら他人へ聞くこともできないケースが多いです。

そこでこの記事では、20代の平均年収を調査してわかりやすくまとめています。

当記事をお読み頂ければ、20代の平均年収がどのくらいなのかがすぐにわかります。

また、「現在の年収が適正が調べる方法」と「収入アップにおすすめの方法」も紹介していますので、そちらも参考にしてください。

20代の平均年収は国税庁によると約280万円

国税庁が実施した「平成 26 年分民間給与実態統計調査」によると、20代の平均年収は「約280万円」です。

男女別にわけると以下のとおりです。

性別平均年収
男性約296万円
女性約264万円

男女に差がでる理由は次の2つであるとされています。

  • 非正規雇用の割合が女性のほうが高い
  • 女性が多く就いている職業は賃金が低い傾向がある

20代前半の平均年収は約248万円

20代前半の平均年収は「約248万円」であり、男女別の差は次のようになります。

性別 平均年収
男性約265万円
女性約231万円

※国税庁「平成 26 年分民間給与実態統計調査」調べ

20代前半ですとまだ会社に入ったばかりの人が多く、新米扱いなため、上記のような低めの金額しかもらっていない人が多いようです。

20代後半の平均年収は約344万円

20代後半の平均年収は「約344万円」であり、男女によっては次のような違いがあります。

性別

平均年収
男性約378万円
女性 約297万円

※国税庁「平成 26 年分民間給与実態統計調査」調べ

20後半になると重要な仕事を任せられたり、課長などの役職などについたりする人も多いため、20代前半の頃よりも年収が上がる人が多いようです。

広がった男女差は、世界各国と比べて日本は就業者および管理的職業従事者に占める女性の割合が異常に低いことに原因があります。

「2020年30%」の目標の実現に向けて

画像引用元:内閣府

20代の平均年収を職種と業種でも調査してみた

年収は職種や業界によっても異なります。

そこで、20代の平均年収を職種と業種でも調査してみました。

今回は、2018年9月~2019年8月の1年間に「dodaエージェントサービス」に登録した人の平均年収データを参考にしていきます。

職種別の平均年収は専門職ほど高い

職種別の20代の平均年収は次のとおりです。

職種 平均年収
専門職(コンサルティングファーム
/専門事務所/監査法人)
475万円
企画/管理系391万円
技術系(電気/電子/機械)383万円
営業系375万円
技術系(IT/通信)373万円
技術系(建築/土木)367万円
技術系(メディカル/化学/食品)347万円
金融系専門職335万円
クリエイティブ系 318万円
事務/アシスタント系
300万円
販売/サービス系296万円

平均年収が一番高いのは、コンサルティングファームや専門事務所、監査法人などの「専門職」で475万円と抜きんでいます。

次いで、企画や管理系、技術系(電気/電子/機械)が並んでいます。

この結果を見ると、特別な能力が求められる職種ほど年収が高くなるようです。

業種別の平均年収は総合商社とメーカがトップ

業種別の20代の平均年収は以下のとおりです。

業種

平均年収
総合商社 370 万円
メーカー 370 万円
IT/通信 368 万円

金融366 万円
建設/プラント/不動産 364 万円
インターネット/広告/メディア 350 万円
メディカル 346 万円
専門商社 344 万円
サービス 322 万円
小売/外食
306 万円

もっとも平均年収が高い業種は「総合商社」と「メーカー」で、金額は370万円です。

続いて、「IT/通信」が368万円、「金融」が366万円です。

手取りは現金給与額の80%程度になる点に注意

ここまで紹介した平均年収のデータは「現金給与額」であり、所得税や住民税、保険料などを含めていません。

このため、「手取り」の金額は違うと知っておきましょう。

手取りがどのくらいになるかは、一人一人の置かれた状況によって違いますが、一般的には現金給与額の80%程度です。

以下に、現金給与額ごとのおよその手取り額を算出しておきましたので参考にしてください。

現金給与額 手取り
250万円 200万円
300万円 240万円
350万円 280万円
400万円 320万円
500万円 400万円

※手取り=現金給与額の80%として計算

あなたの年収は適正?「年収査定」ならそれがわかる

「自分の年収は本当に適性なのか?少なくすぎやしないか?」このような疑問がある人も多いでしょう。

そんな場合は、doda(デューダ)の「年収査定」を試してみるのも手です。

年収査定とは、あなたのこれまでの経歴から適正年収を算出してくれるサービスです。

3分程度で終わる簡単な情報入力をするだけで、「AI(人工知能)」が186万人の転職者ビッグデータを利用し、あなたの適正年収を算出してくれます。

また、今後30年間の年収推移をグラフで表示もしてくれます。

この年収査定はdodaに会員登録(無料)するだけで利用できるため、試しに査定を受けてみてはいかがでしょうか。

自分の年収に不安や不満があるなら「投資」も検討

今の年収に満足できないのであれば、資産形成として「投資」という選択もあります。

投資は「怖い」・「難しそう」といったイメージがあるかもしれません。

確かにそういった面があるのは間違いありません。

しかし、投資の中でも「投資信託」なら、安全かつ手軽に資産形成が可能です。

投資信託とは

投資信託とは、ファンドが投資家から集めたお金を投資資金とし、その投資結果を投資家に還元する金融商品です。

簡単に言えば、ファンドにお金を預けて代わりに運用をしてもらうと覚えておけばOKです。

このため、仕組みとしては次のとおりになります。

  1. 投資がファンドにお金を預ける
  2. ファンドが投資先を選んで投資をする
  3. 利益がでたら投資家に還元する

投資信託はこんなメリットがある

投資信託のメリットは次の5つです。

  • プロが運用してくれる
  • 分散投資なのでリスクが低い
  • 低予算からスタートできる
  • 副業にならない
  • 副業よりも税金面で有利

それでは、それぞれのメリットを以下より解説していきます。

プロが運用してくれる

投資信託の運用はプロの「ファンドマネージャー」がおこないます。

ファンドマネージャーとは、金融商品の運用をおこなう専門職であり、いわば投資のプロです。

そのファンドマネージャーに運用を任せられるため、投資に詳しくない人でもはじめやすいというメリットがあります。

分散投資なのでリスクが低い

投資信託は「分散投資」です。

分散投資とは、ひとつの投資先に投資するのではなく、複数の投資先に投資をする運用方法です。

ひとつの投資先だけですとその投資先が暴落した場合、大きな損がでてしまいます。

その一方で、複数の投資先に投資をしておけば、ひとつの投資先が暴落したとしても他がカバーしてくれます。

このため、リスクを抑えながら運用ができるというメリットがあるのです。

低予算からスタートできる

投資信託は非常に低予算からはじめることが可能です。

会社によっては100円から購入できるケースもあります。

多額の資金は不要ですので、あまりお金がない人でも取り組みやすいです。

副業にならない

投資信託は資産運用であるため副業になりません。

扱いとしては、銀行の定期預金と同じだからです。

勤め先によっては副業禁止の人もいるかと思いますが、そうした人でも心配することなくはじめることができます。

副業よりも税金面で有利

投資信託は副業よりも税金面で有利になります。

投資信託の税金は、所得税及び復興特別所得税が「15.315%」、住民税が「5%」の合計「20.315%」です。

それに対して、アフィリエイトや転売などの副業として扱われるものは、本業と合わせて330万円を超えると「30%(所得税20%+住民税10%)」の税金が発生します。

このため、投資信託のほうが副業よりも「約10%」も税金面でお得なのです。

まとめ

  1. 20代の平均年収は約280万円となり、男性が約296万円・女性が約264万円
  2. 職種別の平均年収が高いのは、コンサルティングファームや専門事務所、監査法人などの「専門職」
  3. 業種別の平均年収は総合商社とメーカが高い傾向にある
  4. 手取りは現金給与額の80%程度になるので実際に受け取れる金額はデータよりも少なくなる
  5. doda(デューダ)の「年収査定」なら自分の適性年収がわかる
  6. 年収を増やすために「投資信託」で資産運用をするのもおすすめ