HOME  投資信託  投資の不安投資におけるリスクの種類とは?初心者でもわかる簡単解説!

投資の不安
投資におけるリスクの種類とは?初心者でもわかる簡単解説!

投資におけるリスクの種類とは?初心者でもわかる簡単解説!

投資をはじめるにあたって、誰もが怖いのは「リスク」。つまり損失です。

投資をしても、お金が増えないどころか減ってしまったらと考えると、二の足を踏んでしまいますよね。

でも投資におけるリスクは、一般的な考え方でいうところのリスクとはちょっと違うものなんです!

ここでは「投資におけるリスク」を正しく押さえていきましょう。

投資に関してまったくの初心者であってもわかりやすいように、専門用語は少なめでお送りします。

投資はリスクを恐れていたら始まらない!?

投資には必ずリスクがつきものです。ただしそこで勘違いしてほしくないのが、投資のリスクはギャンブルのリスクとは全く違います。

なかにはギャンブルのような運頼みの投資を行う人もいますが、本来の投資とは、運ではなく知識や技術でリスクを回避することで稼ぐ方法です。

そして今回の記事で特に覚えていってほしいのが、「投資のリスクとリターンは必ず比例する」ということ。

リスクが怖い、リスクを回避する自信がないと考えている投資初心者は、まずは大きく稼ぐことは考えず、リスクもリターンも小さい投資方法を選ぶのが鉄則です。

投資のリスクとリターンは比例する

投資と一口にいっても、多くの種類があります。

  • 国債
  • 投資信託
  • iDeco(個人型確定拠出年金)
  • NISA、積立NISA
  • 不動産投資
  • 株式投資
  • 仮想通貨
  • FX(外国為替取引)

上記は投資のあくまで一例ですが、リスクの低い順に並べてみました。

上から下にいくにつれて、リスクが大きくなる代わりに、リターンも大きくなります。

たとえば「国債」は国が発行しているため、破綻するリスクが非常に小さいのです。

ただしリターンも非常に小さくなり、1,000万円を5年満期で投資したとしても、1年でもらえるのは約5,000円。「銀行口座に預金しておくだけに比べれば、まだマシかな」といったぐらいなんですね。

そのため生活に余裕をもたせるためや、老後資金のためを考えて投資を始めるのであれば、投資信託以降の方法をおすすめします。

投資の種類について詳しくは「投資を始めたいけど怖いというあなたへ!初心者向けの投資を知ろう」 をご覧ください。

投資におけるリスクにはさまざまな種類がある

投資のリスクとリターンは必ず比例するとお話しましたが、投資におけるリスクはさまざまな種類に分けられています。

ここからはリスクの種類についての解説です。なるべく分かりやすく解説しますが、やや専門的な話になるため、投資初心者の内はざっくりと概要をつかんでおくだけでOKです!

1.価格変動リスクor金利変動リスクor為替変動リスク

購入した株式・債券・通貨などの価格や金利が時間とともに変化することで起こるリスクの種類が「価格変動リスク」・「金利変動リスク」・「為替変動リスク」です。

どのような投資においても、これらのリスクだけは避けづらく、代表的なリスクだといえます。

ただし国債に関してだけは、最低金利が保証されているため、金利変動リスクは小さいです。

2.信用リスク

株式や債券などを発行している企業や国に対する信用に関するリスクの種類を「信用リスク」といいます。

たとえば株式を発行している企業がなんらかの不祥事を起こした場合、社会からの信用を失うでしょう。

それにともない株価の下落、ひどいときには暴落が起きることもあります。これが信用リスクです。

信用リスクもどのような投資においても避けづらく、代表的なリスクだといえます。

3.流動性リスク

購入した株式や債券などを売ろうとしても買い手がつかないリスクの種類を「流動性リスク」といいます。

たとえば倒産間近であることが分かった企業の株式は、買い手がつかなくて当たり前です。

流動性リスクを避けるためには、そもそも信用リスクの大きい経営が不安定な企業の株式は買わないのが鉄則。

また周りが買い始めたから買う、売り始めたから売るのではなく、市場の動きをしっかりと観察して、買い時や売り時を見極めるための知識もしっかりと身に付けておきましょう。

4.カントリーリスク

政治・経済情勢の変化や、金融危機が起こるなど、投資対象の国や地域において市場が大きく変化するリスクの種類を「カントリーリスク」といいます。

開発途上国ほどカントリーリスクは大きいとされますが、たとえば大規模な地震や台風など、自然災害でも起こり得るため、どのような国でもリスクがゼロではありません。

リスク管理に自信がないなら投資信託がおすすめ

くり返しになりますが、投資はギャンブルと違い、知識があればリスクを管理できます。

そしてリスクを管理することこそが、投資で手堅く稼ぐためには必要不可欠です。

しかし投資初心者からしてみると、投資の世界はあまりに未知すぎて、「リスクを管理できるのか自信がない、怖い」と、なかなか一歩を踏み出せません。

そこで投資初心者におすすめしたいのが、「投資信託」です。

投資信託とは、投資のプロ(企業)の手を借りて、自分の代わりに資産運用をしてもらうタイプの投資方法。そのため、必要な知識は主に「よい投資信託先を選ぶ」ことだけなのです。数あるリスクは投資のプロがしっかりと管理し、対処してくれます。

また投資信託なら数百円から始められるのも、ポイントです。

投資初心者が投資に慣れるためにはうってつけですので、「知識はまだあまりないけど、投資を始めてみたい」と考えているのなら、ぜひ投資信託を検討してみてくださいね。

投資信託について詳しくは「投資初心者にゼロから解説 はじめての投資は投資信託がおすすめ」 をご覧ください。